今、出発の刻(たびだちのとき)

車中泊によるきままな旅
<名所旧跡を訪ねる>

2017年春 車中泊による放浪の旅 その5

2017年05月14日 | 車中泊

道の駅「宇津ノ谷峠」
幹線道路である国道1号線横にある道の駅。結論から言えば車中泊という観点からすると選択を誤ってしまった。
これまで経験した中で一番騒々しい道の駅である。



駐車場も狭く建物も新しいとはいえない。
快適な朝どころか夜中に何度も嫌な夢で目が覚めてしまう。いい経験になった。



登呂遺跡
歴史教科書で名前は知っていたが、現地を訪れたのは初めてである。
復元したものであるが、写真を撮っていると夢中になってしまう。



週末の体験学習で親子連れが火起こしに挑戦していた。見ていても楽しい。



この住居、キャンプをするテントの形とよく似ていると思った。



久能山東照宮
雨が降ったら県立美術館、晴れたら東照宮と二通り考えていたが、晴れていたので東照宮に行くことにした。
東照宮に行くには1000段超の階段で行く方法と、ロープウエイで行く二つの方法がある。



拝殿・本殿は国宝に指定されている。



「神廟」 家康の遺言通り「遺骸は久能山に埋葬」された。

 

清見寺
家康ゆかりの寺で葵の紋が各場所に使われている。



「玉座」 堂内の写真撮影はすべて許されている。



狭い空間に描かれている狩野派の八方にらみの龍



五百羅漢の一つ。お腹に注目。



寺から駐車場への帰り道「撮り鉄」の三人が構えていた。



駐車場で地元の女性に遠くからお参りに来てくれてありがとうございますと感謝された。
まだ富士山を見ていないというと、この時期は水蒸気が発生するのであまり見えない。秋から冬が一番きれいだと話してくれた。
富士山をみるなら山梨ではなく静岡からとも。

次回に続く
ジャンル:
文化
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年春 車中泊による放浪の... | トップ | 2017年春 車中泊による放浪の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様の連日… (OTETSUDAI @)
2017-05-15 14:38:44
連日お疲れ様です。こうしてホテル・旅館ではなく車中泊の旅が出来るというのは若い証拠でもあり体力もありますね。私なら一泊で降参するところです。
東照宮へは徒歩(階段)使用ですか、それともロープウエイ…健脚でしょうから1000段の階段でしょうか…帰路が大変ですね。
静岡県 の人は富士山は静岡からと言います。山梨県の人は山梨からと言います。知人に毎朝富士山を撮影している人がいます。山梨県の富士吉田市のカメラマニアです。
場内撮影可はいいですね。登呂の遺跡のようなもの…札幌の郊外にアイヌの展示場に似ているような感を受けました。
連日ありがとうございます。つまらないコメントでスミマセン!
ロープウエイを利用しました (2014kurumatabi)
2017-05-15 20:50:47
いつもコメントをいただきありがとうございます。
東照宮へは本来は階段を使うのが普通だと思います。階段のことは前日に話しかけてくれた旅行者から得た知識で、心の準備ができていなかったためロープウエイを利用しました。面目ありません。
神主や巫女は毎朝階段で上がるそうで、速い人なら7・8分でくるそうです。(普通は20分程度だそうです)

毎日、天気予報を見ていますが、静岡県からの富士山はあきらめ、すでに山梨県側に入っています。
コメントをお待ちしています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL