今、出発の刻(たびだちのとき)

車中泊によるきままな旅
<名所旧跡を訪ねる>

盛岡競馬場(岩手県盛岡市新庄)

2016年11月26日 | 放言大論
 
 盛岡競馬場(愛称はOROパーク)
 馬券を購入し始めてから、既に30年以上の年月が経過している。今も毎週末、馬券購入を続けている。
 そのようなこともあり、退職したら全国の競馬場巡りをしようと心に決めていた。
 
 

 この競馬場は地方競馬ではあるが芝コースもあり、建物も立派である。
 東京都知事選に立候補した元岩手県知事が在職していたときに建てたもので、その金額も話題になっていた。

 

 この競馬場に入り最初に視界に入るのがこの馬の像。
 背後にそびえるスタンドをペガサスの翼に見立てているという。(最初の写真)

 

 最近、渡邊ちょんとさんの水墨画を観たばかりなので、影響されて白黒にしてみた。
 フランス人彫刻家のアントワーヌ・ブールデルの作品。

 

 初めて訪れた競馬場のため、パドックやコースの場所を確認する。

 

 想像していた以上の競馬場でその豪華さに驚く。駐車場も3000台、考えられない規模だ。

 

 1Rの馬券購入のためにパドックへ向かう。この日は競馬新聞もオッズも見ないでパドックと返し馬だけで購入した。

 

 1Rは女性騎手がいたのでそこから流した。馬でなく騎手を参考に。パドックで何を見ていたんだということになる。
 馬券は的中したがトリガミ(当たってもマイナスの状態)

 

 盛岡競馬場の凄いところは大自然に囲まれていることだ。そこにいるだけで癒されていく不思議な魅力がある。
 家族連れやカップルが多い理由もよくわかる。

 

 昼食の時間になり屋台村に入る。目的は「元祖ジャンボ焼き鳥」、旅打ちの番組で紹介されていた。

 

 注文して30分、甘だれ味の焼き鳥が目の前に。確かに「でかくて美味そう」だ。さっそく、かぶりつく。
 味は最高でもう1本注文したくなったほどだ。
 私の愛機と上杉謙信の毘沙門天の「毘」の帽子。

 

 大きさを知ってもらうために私の肉太の手と比べてみる。
 上部を食いちぎっているので少し小さくなってはいるがそれでも大きい。

 

 8R中半分の4Rの馬券が的中した。普段なら大勝ちだがオッズを見ず購入しているため多くはトリガミ。
 予定金額(フェリー代)に達したために、場内を散策し帰ることにした。旅の終わりの息抜きとなった。

 

 馬券購入には夢があり、競馬場は私にとっては遊園地。実に楽しい。

 撮影 平成28年5月28日
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 法門山 福泉寺(岩手県遠野市... | トップ | みやこ浄土ヶ浜遊覧船「浄土... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

放言大論」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL