今、出発の刻(たびだちのとき)

車中泊によるきままな旅
<名所旧跡を訪ねる>

東京国立博物館2(東京都台東区上野公園)

2017年03月06日 | 博物館・美術館・記念館
 最近では東京を訪れる機会があったとき必ず立ち寄る場所が「東博」である。
 常設展示だけでも十分満足できるのだが、特別展で「禅-心をかたちに」と「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」が開催されていた。

 埴輪 挂甲武人(国宝)
 挂甲と頬当・錣の付いた衝角付冑に身を固め,両腕には籠手をつける。鞆を巻いた左手には弓を執り,右手を大刀の柄にかけ,完全武装の東国武人の姿を表している。*説明文は東博HPから

 

 
 

 銅鐸(国宝)
 銅鐸は弥生文化を特徴づける国産青銅器である。この銅鐸は様々な原始絵画が描かれた銅鐸として著名なものである。こうした絵画は,銅鐸が農耕祭祀と深い関わりを持った祭器であるという解釈の重要な拠り所ともなっている。

 

 ハート形土偶(重要文化財)

 

 銅鐸(重要文化財)
 20センチ前後の大きさの「かね」として誕生した銅鐸は,徐々に音を奏でることのない大型で装飾性のきわめて高い祭器へと変質した。それは「聞く銅鐸」から「見る銅鐸」への変貌というにふさわしい。この銅鐸は最も新しい型式に属し,高さ・重量ともに日本最大の銅鐸である。

 

 斜縁二神二獣鏡(重要文化財)

 

 三角縁神獣鏡(重要文化財)

 

 変形方格規矩文鏡(重要文化財)

 

 画文帯同向式神獣鏡(重要文化財) 

 

 三角縁同向式神獣鏡(重要文化財) 

 

 神人車馬画像鏡(重要文化財)  

 

 狩猟文鏡(重要文化財)

 

 埴輪 腰かける巫女(重要文化財)
 両肩に襷を掛け,意須比と呼ばれる右前合わせの衣に,幅広い帯を締める。髪は島田髷に結い,輪状の髪飾りをつける。二重の頸玉・足玉に,手玉・耳飾と盛装し,左腰には鈴鏡と香袋を帯にとめる。

 

 腰掛けは古墳に副葬される石製品や埴輪の椅子に似ており,この埴輪が神に仕える神聖な巫女を表現したものであることを窺わせる。

 

 須恵器 蓋坏、堤瓶残欠(重要文化財)

 


 

 王者の武装(国宝)
 1 金銅龍文帯金具 2 金製品残片 3 刀装具

 

 横矧板革綴短甲(国宝)

 

 竜文素環頭大刀(国宝)

 

 鉄剣(国宝)

 

 中国鏡と国産鏡(国宝)

 

 金銅製沓(国宝)

 


 

 埴輪 猿(重要文化財)

 

 蔵王権現像(重要文化財)

 

 押出蔵王権現像(重要文化財)

 

 鴟尾

 


 

 次回に続く

 撮影 平成28年11月9日
ジャンル:
文化
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三縁山 広度院 増上寺 その2... | トップ | 東京国立博物館2 その2(東... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感謝のみです (OTETSUDAI @)
2017-03-07 19:58:58
私は教養のない人間ですので、舞台や芸術品を愛でる気持ちがありません。でも歳だけは確実に老いていき体力・金力が衰えていきます。
昨年、黒川清輝の絵画展に行きました。場所はまさしく同じ東京博物館でした。絵画の撮影は「禁止」でしたが、それ以外は結構許可されていて「カメラの不携行」を悔やみました。見事に一品ずつ綺麗にそして鮮明に撮影されて見事です。毎度の事ながら東京見物をありがとうございます。
私は博物館の売店に「花押」が売られていました。凸凹の二種類があり、どちらを買おうかと迷いまして結局買わず仕舞いでした。今考えると両方交えば良かった…と後悔しています。家人は「百均に売ってる」と言うけど売っていません。私の知る百貨店にもありません。でも退職後は手紙・ハガキを書く機会も少なくなりました。貴重な写真をありがとうございました。

コメントを投稿

博物館・美術館・記念館」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL