定年後の独り言

テレビ、新聞を見てのつぶやき、ガーデニング(ばら)、ウオーキング

4/17 朝日 森友8億円引き

2017-04-18 21:56:06 | ニュース

久ぶりに8億円土地問題が出た:http://www.asahi.com/articles/ASK4F3R4BK4FUEHF002.html

しかし籠池氏が昭恵夫人に頼んで急ぎ支払ってもらった有益費1億3.000万円にかかわる、地下3Mまでの地中ゴミ撤去について触れられていない。3Mまでは済んでいる話。

 

2009年度に大阪航空局が68地点で試掘調査をしている。地下3.3M迄。

2014年10月森友学園委託業者が2か所ボーリング調査をしている。地下21Mと46M迄

杭の部分は円柱でなければならない、その穴には杭が入り(工法によっては鉄筋やセメントが入る)、排出した土砂は綺麗な土でも捨てる土である。

参考:http://biz-journal.jp/2017/04/post_18667_3.html

1回目のごみの撤去は、森友学園が15年5月の借地契約後、7月~12月まで6カ月をかけて行い、その時にヒ素などが含まれていた土壌の除染も行い、その工事費に1億3176万円かかったとして財務省に請求している。

 昭恵夫人が森友学園の講演を行い、小学校の名誉校長を引き受けたのが、同年9月5日であり、その後、籠池氏が借地料金を安くしてほしいと昭恵夫人らに要望を出した際に、ごみの撤去費用の立て替え分を早く支払ってほしいと言ったのは、この1回目の撤去料のことである。

 

写真3の(1)~(3)それぞれの面積は以下の通り。

(1)校舎と体育館の基礎杭(それぞれ286本、96本の合計382本分)の合計表面積で、303平方メートル(つまり杭の表面積は一つ当たり約80平方センチメートルほど)

 303平方メートル ÷ 382本 = 0.793平方メートル すなわち約0.90メートル×0.9メートルの四角形で計算している。実際はドリルで穴を掘り、籠池側の地下9.9Mドリルの先端のゴミの写真で8億円を計算している。地下9.9Mにゴミなど有るはずもない。

 

参考:https://www.youtube.com/watch?v=Cxm6YoXgXL4

   https://www.youtube.com/watch?v=PFjS3ePfoFA

工事の最中に樹木が植わっていることは不自然である。1億3.000万円ゴミ撤去で3Mまでは全て掘り返したはずである。どなたか指摘してるように「googleストリートビュー」を見ても埋設物撤去前と撤去後の同じ場所に同じような樹木が植えられている。最も籠池氏は神風が吹いただけで、8億円引きの理由は知らなかったと言っているから、埋設物撤去等恐らくしていないだろう。下の写真で見える土の山は、382本の杭掘削と杭周りの基礎工事の為に掘り返した土だろう。この一部が今でも残っていてテレビに映っていた。確か作業員がビニール袋を持ち手作業でゴミ拾いをしていた。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菅野完氏の段ボールの中から... | トップ | 森友を報じなくなったマスコ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む