普天間基地 野嵩ゲートから

普天間基地、野嵩ゲートにて、オスプレイの配備撤回と基地閉鎖と撤去を訴えて2012年09月から抗議の行動を行っている。

正月という風情が無くなっている感じがした年明け。

2017年01月04日 | 日記
新しい年が明けました。
昨年は暮れ間際に仕事が2件続けざまに入り、しかも年明け早々には使いたいと言って依頼の品物を置いて行った。
正月は休まないで仕事してくれよって事でしょうか?
お陰で年末に納める予定の物も間に合わしきれなくなった。
体調不良も重なり年末年始はじっとしていました。

年末年始は米軍も休業してくれたお陰で静かな正月でした、米軍が居なければ此れが日常なんだなと思った年末年始。

正月早々からだらだらと仕事をしていて、今日から野嵩ゲートの抗議も始まりました、2019年2月までの5年以内の普天間基地閉鎖まで後25ヶ月、カウントダウンの横断幕の数字を今朝、差し替えた。

高江や辺野古の様子はどんな風なのか判らない、今朝は警察の車両と人員が何時もの2-3倍くらいゲートに詰めかけていた、何な事か有るのか?
高江、辺野古が小康状態なので予め予定していた警察官を急遽休みにする訳にも行かず、暇だから警察署に居るよりかは外にでも行こうかっ、て感じで野嵩ゲートへ来たのか?

暇なら暇で野嵩ゲートへ来る以前の警察としてやるべきことはもっと沢山有るんじゃないですか?思考停止、惰性で仕事はしないで下さいね、私達の税金から安くもない給料ガッポリ貰っているんでしょ、安倍を牽制しろよ、日本の将来が危ないですよ、警察の皆さん。
100人も人数増やしてどうするつもりですか?

米軍の車両もいつものようにゲートへ突っ込んで来るし、工事のダンプカーも荷台の煽りを外に倒して車体のナンバーを隠してとぼけてゲートに入ってくるし、目の前の国道もいつもの様に通勤の車両が行き交う、正月と言う感覚がもう完全に無くなっている。

私が変わって来ているのか、世間が変わって来ているのか判らないが正月という風情が無くなっている感じがした年明け。

今朝の野嵩ゲート






横断幕引き裂き魔のアダム、ゲートの奥から私達の抗議を撮影している。
































ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一刻も早く基地を閉鎖して沖... | トップ | 其れに乗っかる地元の詐欺師... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事