わたくし生活

20年暮らした猫も亡くなり、25年以上連れ添った夫も病死、仕事も辞めて50代後半の女性が被災猫ハッチと暮らす日々

新しい紙パック

2017年03月20日 09時36分38秒 | カルトナージュ

 先日、友人からもらったヨーグルトの空き箱で作ってみました。いつも作っている明治ブルガリアヨーグルトよりも容量が少し少なく、丈が短い箱でした。こういう時は、型紙を新たに作ります。外側の部分のと、内側のと2種類。昔のカレンダーの紙が、裏が白くてしっかりしているから重宝します。引っ越しの時に少し取っておいて持ってきたので、よかったです。それと、父の和紙で、外側の表示を見えなくするために下張りします。けっこう、面倒なんです。でも、外の裏側と中の底の部分は、ボール紙に容器を乗せて鉛筆でぐるっと回して印をつけ、はさみで切り取り、微調整すればいいので、簡単と言えば簡単です。

 ほぼ一日で作れます。悩むのは、どの生地を使うかです。

 左の白地に猫柄、よく見ると、「生乳100%」の文字が見えるんです、とほほ。

 この容器は、和t氏が利用するスーパーでは売っていなかったので、これが最後かもです。

 同じ形でも、丈の違いで、やはり、明治ブルガリアヨーグルトの時のとは、同じ生地を使っても感じが変わるみたいです。あの猫ちゃんは、丈ギリギリなので使いませんでした。そう、幅も微妙に違いますし。

 昨日は少しkぜひいたのかと気になりましたが、帰宅して入浴後は寒くなかったので、ようやく春になったのかと思いました。それでも、春のような陽気は今日までみたいですね。明日は雨で寒いとか。昨日は図書館の2階で、併設の資料室の「森田文庫展」の関連講演の江戸文化の話を聞いてきました。講師は中央学院大学の安田吉人氏。本物の古文書も見せていただいて、とても面白かったです。来週は、社会教育関係の講演を、公民館で聴いてきます。

 引きこもらずに、外に出て勉強しないと・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水切りカゴの保護用チューブ | トップ | 古楽の室内楽 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。