わたくし生活

20年暮らした猫も亡くなり、25年以上連れ添った夫も病死、仕事も辞めて50代後半の女性が被災猫ハッチと暮らす日々

お友達内閣?

2017年06月13日 13時21分51秒 | 社会

 お隣の韓国の朴前大統領と同じようなことが、日本でも起きているのではないでしょうか?トップ本人が指示したのかどうかにかかわらず、周りがトップの意向とかトップの考えとかで動いてしまうのって、取り巻きとその関係者が利益を奪い取るとういう、非常に不平等な政治がおこなわれているわけです。当然、最高責任者はそのトップです。

 おそらく、異論を認めないという横暴な彼おやり方が、この忖度傾向を生んだのではないでしょうか?ひどい社会になりました。国連や、外部から散々、共謀罪がおかしいと言われているのに、何も改めないで、そんな「お友達」忖度政治のことでお重めして、恐ろしい法律が知らないうちに誕生してしまうという現実、それこそが、横暴内閣の失態です。それでも改めようとしないのなら、本当に国の未来や国民の利益を考えているとは、どうしても思えない。

 嫌な社会ですね・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ツバキ文具店 | トップ | やっちまった、また失敗!! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
嫌なお友達内閣です (Rook)
2017-06-14 20:34:58
嫌なお友達内閣です。
公に実のある政治をする誇りもないのでしょう。
義家先生も魂を売ってしまいました。
管官房長官も恥を忘れてしまいました。
大臣もお友達に与えられた役職で、大臣になっただけで目標達成している志の低い人達です。
本当につける薬がありません。
あの法案も通っちゃいましたね (黒二毛(管理人))
2017-06-15 11:54:49
先日、返事を書いたものが消えてしまいました。
心配な法案も、通っちゃいました。議論していないのに、なぜ?
時間の無駄遣いばかりしている国会って、どうなのでしょう?
多数決で何でも通しちゃう政治って、怖いです。

お友達内閣の、何も反対しない頭数だけの政府って、それって、「傀儡」っていうのでは?
おじいさんを尊敬し、彼の遺志をついでという政治が、今の社会で認められるのか?
オリジナリティーのない人間がトップって、怖い。ありすぎても怖いけど。
国民のためではなく、彼の考えている国家のためにやっているんですよね。

CRISIS最終回録画を見ました。あきれた内容で、消化不良でした。
総理の息子の罪を隠すために命がけで任務をやらされるのって、ばかみたいと思いましたが、本当にそうなる可能性もあるのかな、と今の総理で思いました。
「小さな巨人」では、殺人だけはだめだと言っていたけれど。
国家という怪物に、国民が虐げられる時代がやってきたのかもしれません。
ああ、長生きはしたくないものです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。