わたくし生活

20年暮らした猫も亡くなり、25年以上連れ添った夫も病死、仕事も辞めて50代後半の女性が被災猫ハッチと暮らす日々

マンションの給水管補修工事

2017年11月12日 14時37分17秒 | 日常

 大規模修繕工事がはじまりました。私のところは、金曜日が補修工事で、翌日が水を流す日。

 こんな風に、キッチンまでシートを敷きました。

 この後、それぞれの蛇口にパイプをつなぎ、研磨剤の薬を入れ、それからライニング工事。給水管の中をコーティングするのだそうです。その作業の間は、廊下に太いパイプが何本も外に出て行って、ドアは半開き。結構寒いです。

 私は6階なので、この工事が上の階からはじまり、順番が早いほうでよかったです。6軒ずつ順番に行っていきます。

 去年リフォームして入ったので、築30年のその当時のままではないから、キッチンと洗面所、ユニットバスは心配でした。結局、ユニットバスのみ工事をしないことになりました。その後、まあ何かあってもその時対処するしかないです。どこから新しくしたのかわからないから・・。

 とはいえ、作業は朝9時から夕方まで。作業の人たちが入るので、トイレにも行かれません。1階エントランス近くのトイレを使わせてもらいました。結局、工事の二日間は便秘・・・。飼い猫ハッチとともに私も神経質なんです。

 作業が終わったら、キッチンに小さな臨時の蛇口が取り付けられ、再開までは水道はその一つのみ。トイレも、浴槽の水をバケツに入れて、使用後にせっせと流します。意外と重労働・・。もちろん、ウォシュレットもお湯も使えません。そんなわけで、金曜の夜はテートアテートで、おいしいラムステーキをいただきました。絶品でしたよ!外で食べたら洗い物もしなくて済む。

 便利になって気がつかなかったけれど、蛇口が一つだけというのはかなりつらい生活でした。水道のありがたみを改めて感じた次第です。大災害が起きればそれも当たり前、蛇口一つもない生活になるんですものね。再認識するには、いい機会だったと思います。

 黒い台の蛇口が、臨時のもの。

 外とこうしてつながっていました。とほほ・・・。

 人が大勢室内で作業するし、ドアは半開きだから、ハッチを入ってすぐの部屋に閉じ込めました。相当ストレスだったようです。おかしな声で鳴いて、しばらく吐いていました。

 来週は、消防設備の点検、これは全室なので、ハッチをどうしようかと悩みます。そして、排水管清掃が入ります。ハッチのストレス、たまりますね、ごめんね。

 でも、マンションに引っ越してよかったです。私一人では、とても最後まで戸建て住宅のメンテナンスはできませんもの。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八王子大陶器市 | トップ | PCが、壊れかけてる・・・ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大変! (笛吹きワイフ)
2017-11-14 21:57:57
こりゃあ、とても暮らしてられないです。こんなに大規模改修って大変だとは。でも、きちんと直せば後は安心ですね。こらえよ!ハッチイ!
まだ、あるんです (黒二毛(管理人))
2017-11-14 22:45:46
改修工事、更生工事は終わりましたが、金曜日の午前中は、消防設備点検があるし、土曜午後は排水管清掃。
まだまだハッチの受難は続きます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日常」カテゴリの最新記事