わたくし生活

20年暮らした猫も亡くなり、25年以上連れ添った夫も病死、仕事も辞めて50代後半の女性が被災猫ハッチと暮らす日々

初めての句会!

2017年06月18日 21時30分55秒 | 日常

 実は、先日の地元の公民館のお祭りの、広場での「歌声喫茶」に参加した時に、お隣の女性から勧められたコーラスと句会の、その句会の見学に昨日、行ってきました。そして、その会のメンバーに入ることになったのでした。まあ、地元のサークルに入るというのも、何かの縁だからいいことだと思っています。それに、そういうつながりで酒が飲めるというのは、ものすごくうれしいことだったのです。

 以前、古文書の勉強として、奥の細道を読破したのですが、それがその「俳句」につながっていくとは、ちょっと意外でした。とはいえ、私は下町出身で、それこそ、芭蕉記念館の近くに住んでいたのですし、縁といえば縁だったのでしょう。その句会の先生は、芭蕉記念館で句会を主催しているのでした。そして、こちらでの句会の帰りに、拝島駅周辺でメンバーとの飲み会。私が参加しないわけは、ありませんよねえ・・。うれしい縁です。

 今日は、地元の音楽祭を、市民会館大ホールで拝聴しました。その時に、誘ってくださった句会のメンバーから、古いけれど役に立てばと俳句の書籍を譲り受けました。

 これから、月に5つ、俳句を作ることになります。生まれて初めての俳句の世界です。本当に、何かの縁です。言葉の奥深い世界に、招待された私は、ビビるのとうれしいのと、半々の状態です。60歳目前の、日本人だからこその世界に出会えたことを、感謝します。まさに、「未知との遭遇」です。

 今日、拝聴した音楽祭、それぞれのサークルの発表会と、市民音楽講座の成果を聴きました。それはそれは、とても素晴らしく楽しいものでした。吹奏楽人たちの演奏は、星野源の「恋」が最後の曲で、ものすごくノリにノって、楽しかったです。コーラスもそれぞれに、素敵でした。なかでも、初めて聞いた「ひらがなの生き方」という曲には、思わず涙があふれてしまいました。

 あ、い、う、え、おからはじまり、か行、さ行、た行・・・、というように、頭に韻を踏んで歌詞が続くのですが、なかなかに泣かせるのです。たまりませんでした。

 音楽祭の副題が「みどりのハーモニー」とあるので、みなさん、緑色の衣装を選んでいました。福生のイメージキャラクターは、たっけーという竹の妖精?です。緑色の象徴ですものね。音楽も素晴らしく、この地に引っ越してきて、よかったと思います。終の棲家で、少しだけ、かかわりを持てたことを、うれしく思います。俳句の世界にも、60直前で入ることができたのも、きっと何かの縁だと思います。言葉で紡ぐ世界。私は小説もシナリオも挫折しました。俳句でリベンジというわけではないけれど、俳句を支えに、余生をハッチと楽しもうと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 萩生田議員が暗躍? | トップ | あなたのことはそれほど、最... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日常」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。