わたくし生活

20年暮らした猫も亡くなり、25年以上連れ添った夫も病死、仕事も辞めて50代後半の女性が被災猫ハッチと暮らす日々

角川大歳時記、揃えました!

2017年09月26日 14時04分31秒 | 俳句

 先月、秋冬を買い、今回は残りの新年、春、夏3冊を買ったので、全部そろいました。電子辞書ではなくて、本でほしかったのです。高額の買い物をしてしまいました。しばらくは、本は買わないつもりです。とはいえ、今日から来月上旬まで中央図書館は蔵書整理でお休みです。

 私の趣味の中から、俳句が一番になってしまったのでしょうか、それはまだわかりません。古文書の魅力にも、取りつかれたままだし・・。

 本をぱらぱらめくると、面白い発見があります。知らない言葉だらけです。吾亦紅なんて、知らなかったし。

 このところ、嫌なことばかりブログに書いていました、ごめんなさい。少し、最近の夕焼けの写真でなごみましょう。

 不思議なのは、同じ時期なのに、夕焼けの色が違う。私は茜色が好きです。

 きれい。

 でも、同じ場所の夕焼けが、色が違うのです。

 

 毎日、ハッチと一緒に空を眺められるのは、幸せです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 好景気の実感、まるでないけど | トップ | 原発ゼロは、いいけど。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
嫌な人間界をしばし忘れ (Rook)
2017-09-26 15:20:46
同じ場所の夕焼けの色が違う、楽しみなことですね。
私もベランダから時々夕焼けを見ますが、見ている間に色度(色相と彩度)が変わっていくのは、自然の贈り物と言うしかありません。アップされた2枚の写真は随分違いますね。上の写真の方が時刻が後ですね。猫はよく窓辺で外を見てますが、一体何を見ているのかといつも不思議に思っています。
こういう自然や猫と対峙し、嫌な人間界をしばし忘れ癒されないと、身が持ちませんね。
茜色は、後なんですね (黒二毛(管理人))
2017-09-26 15:47:55
Rookさん、いつもありがとう。
夕焼けの空は、ほっとしますね。
茜色は、下の空よりも、後だったんですね。
そして、コバルトブルーに変わる・・。
夜空の前の、少しだけ明るい空が、大好き。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

俳句」カテゴリの最新記事