江戸川教育文化センター

「教育」を中心に社会・政治・文化等の問題を研究実践するとともに、センター内外の人々と広く自由に交流するひろば

ネトウヨと言われる人たち

2017-07-13 | 随想
「オレ達にも表現の自由があるんだ!」
と、ヘイトスピーチやネットへのえげつない書き込みを繰り返す人たちがいます。

客観的な立場で見ていても気分が悪くなるものですが、直接自分が当事者となった時などえも言われぬ気持ちになります。
時には怒り心頭に達したり、心臓の鼓動が高まることさえあります。
ヘイトを発する人たちからすると、それがねらいでしょう。

時には「ザケンナ! この野郎!」
なんて、声を出してしまう自分の低レベルさに気が付いて笑ってしまうこともありますが、しょっちゅうヘイトに晒されている人の身になれば笑って済ませる問題ではないでしょう。

ある意味で、言葉の暴力の方が肉体的暴力よりも人を傷つける場合があるかもしれません。


これらネトウヨや街頭ヘイト集団の特徴は、その表現に用いる語彙や言葉の使い方がえげつないのと表現内容の脱知性&脱論理にあります。
比べるのもどうかとは思いますが、昔の右翼と言われる人たちはそれなりに勉強しただろうと思わせるものがありました。
いや、それどころか思想的にもキラッと輝くものも見られました。

その意味では、今のネトウヨと言われる皆さんは本当の右翼(この表現は曖昧だが)ではなく、私たちやメディアが勝手にそう呼んでいるだけの話かもしれません。
同列に並べるのは、それこそ脱知性と言われてしまうかもしれませんね。

そういう枠付けやグルーピングに意味を見出す作業も面白そうですが、彼らのような人々が今の日本社会に一定数存在して日々発信している事実は重いものがあります。
何故なら、現政権の存立基盤の一端をある側面から荷なっているからです。
俗に言うところの政権サポーターであったり、実動部隊として活動することも少なくありません。

安倍政権の誕生が潜在的なサポーターを掘り起こし、SNSの発達と相俟って雪だるま式に膨れ上がったとも言えます。
歴代自民党政権は、少なからず右翼によって支えらてきた部分もありますが、むしろ勝手連的な関係性にあったと思います。
しかし、安倍政権においては、言ってみれば彼らは市民権を得て堂々と表舞台へ進出してきました。


安倍政権の位置づけは視点によって異なるものの、政治思想的には極右と見る目が一般的です。
特に、外国のジャーナリストは自国の価値基準に合わせて判断しますから、日本の首相は極右だと思われても不思議ではありません。

ここで私たち自身も留意すべきは「レッテル張り」です。
先の文言を使えば「枠づけ」です。
レッテルを張ることによって中身は深く吟味せず片づける・・・。
これは、ある意味で合理的ですが、立場を変えて見ると真実を見ずして切り捨てることにもなります。

それを予防するのは知的感性と関係性の構築です。
ある時は対話であり、ある時は学習・分析が必要です。

右翼だから悪いとか間違っているわけではありません。
何故、極右と言われ避けられたり批判されたりするのか、その理由こそ肝心なものです。

例に挙げるのが適当ではないかもしれませんが、あの北一輝を右翼だと決めつけて避けていては日本の近代以降の思想が理解できないばかりか、混迷を深める今日の思想状況を切り開くことができません。

要するに、国の政治家だったら自分の幸せだけではなく国民の幸せを保障する政治を行うことです。
全ての人々の人権を守り生活を豊かなものにする政策を、民主主義の原則に従って実践すべきです。
そういうことが担保される政治思想であるのか?ないのか?
そこが問われるわです。


さて、それでは、ネトウヨと言われる人たちや街頭ヘイト集団をレッテル張りしないで対話したり共に学習したりできるでしょうか?
SNSでは、それを試みている人々は少なくありません。
何とか関係性を確立して討論しようとする真摯な姿勢が見られますが、残念なことに大半は討論になりません。
話の前提になる事実問題さえスルーしたり誤認を押し付けてきたりするため、そこから先には進まず結果的に彼らは相手を罵倒して終わる流れが多いようです。

安倍首相が秋葉原の演説で、「あのような人たちには負けるわけにはいきません!」と言いました。
私は、それを聞いてネトウヨと似ているなぁと思いました。
何故自分が批判されているかを考えないばかりか、批判を聞く耳を持たず一方的に相手を決めつけて罵倒するからです。
「みなさん、誹謗と中傷からは何も生まれません!」と発言した言葉をそのまま首相に返してあげたい気持ちです。

国家権力という強大な権力を持つ人間に対しては、攻撃的な言葉や未熟な表現で対抗するのはありです。
むしろ、そうすることによって気付いてもらうしかないことがあります。
権力によって抑圧される国民は、抵抗権を行使して立ち向かうしかないのです。
ネトウヨたちに対するのとはわけが違うのです。

トランプ現象以降、「反知性主義」という言葉が日本でも広がりその意味するところを巡った論争もありますが、Anti-intellectualismという表記のみから受け取る印象では、知性主義に反対する思想あるいは知性そのものに反対若しくは反する主義主張の何れかということになるでしょう。
そこはおいておくにしても、「知性」をキーワードにするなら、ネトウヨたちは知性主義に反対している様には見えませんし、かと言って知性に反発している様にも見えません。
ただただ左翼とかリベラルに対する反発、あるいは難癖をつけているに過ぎません。
その意味では、討論もできない知性に欠ける人々と定義されても仕方ないでしょう。

それと符合するかのように、昨今の国会における安倍政権の人々がその実態を示してくれています。
私たちはネトウヨと言って軽視するのではなく、現政権と一体になった政治勢力として批判・追及していくべきでしょう。
これは彼らに対する最大限の賛辞ではありますが……。


<アベは辞めろ!>







『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民大敗! 民進埋没!  | トップ | ノウゼンカズラの夏に思う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。