目にも口にもごちそうさん(1)

2017年06月18日 | 日記
6月13日  朝のひと時、前に並べます。


ペチュニアなど水に弱い花にホースからの飛び跳ねた水がかからないようにするために
なるべく出来る日はやっています。

この日 黒と黄色のストライプのトンボが来ていました。
7~8cmで、このトンボの眼鏡は水色ではありませんでした。


お裾分けのエリザベスメロン。まん丸で、とても美しい黄色です。


果肉もちょうど熟れていて、美味しくいただきました。


6月14日 水やり後の朝の庭。この日はここにスポットライトが当たっているように
思えました。


摘んだ花を小さな器で。



おやつの時間


和菓子工房のほんの軒先で売られている六方焼き。いつも何気にほんの数口でパパッと食べてしまいます。
中のこしあんは甘すぎずしっとりしていて皮とマッチして美味しいのです。

食べてしまって、ふっと目をやった先の袋に、創業は文政年間(1818年から1830年)とありました。
江戸時代からあるのか~200年ちかくも続けておられるのか~と感心してたら、

小豆を炊いたり、さらしたり、練ったり、生地をつけて焼いたり、手間ひまかかっているものだな~と
そんなことがふとよぎりました。そんなことを言い出したら、野菜や果物もそうで、どんなものも
ごちそうさんと、食べられることの喜びが湧くのでした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨の庭ならでは (2) | トップ | 目にも口にもごちそうさん(2) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
🍈✨ (おひさま)
2017-06-20 11:11:31
ペチュニアが鮮やかで
美しいです
やっぱり暑くなり始めの太陽に向かうお花‥という色合いですね

🍈エリザベスメロン🍈でしたか〜
スマホ扉の写真で、何かな〜と思っていたんです
美味しそうです〜
こんばんは~♪ (アン~♪)
2017-06-20 19:10:55
おひさま
ありがとうございます~♪
ペチュニア。それぞれの花の色が
くっきり、はっきりしていて、朝は特に
咲きたてできれいです。

ちなみに今日20日のスマホの表紙は、今朝摘んだばかりの赤と白のペチュニアです。
摘むと、しばらくしたら新しくまたどんどん伸びて咲くというのも嬉しいものです

見かけない種類のメロン
黄色があざやかでした。頂いたものだからか、なんだか余計に美味でした~♪

盛りだくさん♪ごちそうさん(^^♪ (えっちゃん)
2017-06-22 21:59:21
こんばんは~☆
今回は、華やかなペチュニアとメロンに和菓子に、トンボ君まで、登場ですね

でも、全部、趣が違って、本当に楽しいです

ガラスにのった、立派なエリザベスメロンが、女王様の名にふさわしく、金のトレイに乗せられて、登場
涼やかなガラスに生けられたお花たちも、涼を楽しんでいるようですね
そして、最後は和の趣で、テレビの画面まで、ピッタリ
六方焼きは、六面を焼いているからでしょうか?
素朴で、おいしそう~

たくさんに、ごちそうさまでした~


日々のアラカルトで~♪ (アン~☆彡)
2017-06-22 22:33:19
えっちゃんこんばんは~♪
ひとつひとつ味わってもらってありがとうございます~

なにげない日常のひとこまや非日常の出来事を主に自分の覚書として始めた日記ももう6年目。そんなに書くことあるかな?と最初は思っていました。でも毎年咲く花は違うし、枯れたり、新しいものを植えたりして、結局日々新たなりで残しておきたくなるものが出てくるものなんですね。

和菓子の場面。画面は江戸時代の画家
円山応挙が子孫に残した手紙に
「ありのままこそ 我も人も共によろし」と
いう文言が心に響きました~


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事