ゆるねじ。

ぐだぐだ星人による、ぐだぐだ星人のための、ぐだぐだ雑記帳☆ヽ(^∀^)ノ

おとしどころとしてのネガ

2016-10-16 23:10:39 | がんめんたる☆
46歳最後の日

この日も私の中のネガチョフがひょいと顔を覗かせて

同僚で友人のMさんのこと

ちょっと困らせちゃったよ(´・ω・`)ゞ



47歳の私も、きっとネガ発言は続くだろう・・




だってネガティブってラクだからさ



私にとってネガは

1歩踏み出すために欠かせない要素の1つで



《この先短いんだろうか?》

っていくら考えたところで答えのでないことを

堂々巡りで考えてるよりも



《先は長くないだろう》って答えを置くことで

その問い(呪縛?)から解放されて

先に歩を進めることができる



つまり

答えの出ない事柄に対して落としどころを作っているわけだ



ならば

《先は長い》って答えでもいいんじゃないかと思うんだけど



ポジでいて、ほんの少しの悪い結果にも軽い失望を重ねるよりか


ネガでいて、ほんの少しの良い結果で小さな幸福を感じ続けた方が・・よくない???
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 正面衝突事故の目撃者 | トップ | よいネガ、わるいネガ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。