ミラクル ハッピー願望

眠れない夜

思い浮かんだ
言葉を
つれずれに…

心の葛藤

2017-05-14 06:10:27 | 日記
いつも私だけ
虫けらのように
嫌われた人生
だった。

五年ぶりに妹が
くると
会いたがってた弟ら …

それを嬉しそうに
話し
目の前の私を虫けらのように
シカトするすべての
存在を憎み

昨年の暮れ

母親の前で涙した。



どんなに尽くしても

いつも私だけが嫌われ、私だけが孤立した。

冷たい氷のように

私を恨み私を憎む。

どこにいても私は

一人だった。

さびしい。
かなしい。

にくい。

でも、私には
子どもたちが
いる。

子どもたちが
家庭を持つまでは
きっと大丈夫だ。

私の生き様は孤独な修羅の道。

生まれてきたのも
一人。
あの世に旅立つのも
一人。

裸で生まれ
裸で死んでいく


ならば楽しく
生きていきましょう。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅立ちの日に… | トップ | 混乱させる男… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む