かながわ いーとこ

神奈川県にはいろいろな景色があり、魅力に溢れています。ぶらぶら散策して見た風景・いいところを少しずつ紹介します。

神武寺(逗子市)

2014年04月23日 | 神奈川の神社仏閣
逗子市にある神武寺に行きました。
JR東逗子駅(改札口は逗子駅寄りのみ)の改札口を降りた右手すぐの踏切をわたります。
片側1車線の歩道のある道をまっすぐなだらかに登っていいきます。
500メートルほどで、道が左に大きくカーブするあたりに、
神武寺への登山口があります。

こちらからは表参道というようです。
階段を登って行きます。
はじめはコンクリートの段々の道です。

しばらく進むと、土に道になります。

森の中をなだらかに登って行きます。

やがて石の階段が現れて


しばらく進むと、総門が目の前に見えます。


総門をくぐると正面上部に屋根が見えます。
その屋根が、鐘楼です。


鐘楼脇に「かながわの景勝50選」の石碑があります。

「神武寺の晩鐘」は「三浦半島八景」の一つでもあります。

鐘楼の細工


神武寺本殿

立ち入り禁止になっていました。

薬師堂に登る坂から本殿が見下ろせます。


楼門


楼門の奥に薬師堂があります。

神奈川県の重要文化財です。

薬師堂の前にある「なんじゃもんじゃ」の木

「かながわの名木100選」に選ばれています。

神武寺からさらに鷹取山まで足を延ばしましたが、その様子は次回紹介します。
とりあえず帰り道です。

神武寺~鷹取山を往復したのち、薬師堂から総門まで戻ります。

神武寺周辺は「かながわの美林50選」にも選ばれています。

この木製の碑は総門近くにあります。

帰りはJRの東逗子までの表参道ではなく、
京急の神武寺駅まで降りる池子参道を通りました。
東逗子までの表参道と神武寺駅までの池子参道の分岐は、
総門の外にあるトイレの前にあります。

おりはじめ。


すぐに沢に沿って進む道になります。

ぬかるんでいる個所もあります。

10分ほどで何か小屋が見えたきました。


カーブを曲がると、たくさんの鯉のぼりが。

老人ホームのようです。

近くには、池子石の石切り場跡があります。


道沿いにたくさんの鯉のぼりがつるされていました。


舗装された道になり、中学校脇を進むと神奈川県道205号金沢逗子線に出ます。
交差点にハイキングコースの小さな看板がありました。








『神奈川県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横浜公園のチューリップ(横... | トップ | 神武寺から鷹取山(逗子市・... »

あわせて読む