かながわ いーとこ

神奈川県にはいろいろな景色があり、魅力に溢れています。ぶらぶら散策して見た風景・いいところを少しずつ紹介します。

川勾神社(延喜式内 相模国十三社 相模国二宮)(二宮町)

2015年11月14日 | 相模国延喜式内社十三社
二宮町の川勾神社の紹介です。
10月末に訪問しました。

川勾神社は、927年に編纂された「延喜式」神名帳に記録された相模国の十三社のうちの一つとされています。
相模国二宮になります。
第11代天皇の垂仁天皇の時代に、当時この辺りの磯長国鎮護のために創建した。ともいわれています。

二宮町の名前も、相模国二宮が由来です。

鳥居の手前にある石碑


鳥居


鳥居脇に扁額があります。

伊藤博文氏の揮毫とのことです。
もともと古い鳥居の扁額としてあったもののようです。

階段を登ったところにある随神門


随神門には随身像が2体安置されています。

12世紀ごろのものとされています。

手水舎


拝殿


ご神木の杉の木

以前は2本並んで夫婦杉だったそうですが、倒れてしまったそうです。

下から撮影


狛犬(右


狛犬(左


拝殿正面から


本殿


拝殿脇から


拝殿を背にして随神門方面の境内


随神門と脇の色づいた木


静かで綺麗な境内ですが、荘厳な雰囲気のある神社でした。



<広告>
この記事の写真は キヤノンPowerShot G7X で撮影しました。
Canon デジタルカメラ PowerShot G7 X 光学4.2倍ズーム 1.0型センサー PSG7X
クリエーター情報なし
キヤノン








『神奈川県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 永福寺跡(鎌倉市) | トップ | 相模湖の紅葉・「かながわの... »

あわせて読む