かながわ いーとこ

神奈川県にはいろいろな景色があり、魅力に溢れています。ぶらぶら散策して見た風景・いいところを少しずつ紹介します。

大山登山(その2・阿夫利神社~山頂往復)

2015年05月21日 | 丹沢
大山ケーブルの車両の引退記念の大山登山のその2です。
大山登山(その1・男坂)の様子はこちらでご覧いただけます。

阿夫利神社の拝殿左奥にある登拝門から本坂(表参道)で山頂へと向かいます。

いきなりの急階段。


急階段から脇のかえでの新緑とツツジ。


新緑が気持ちいいです。


階段を登りきったところにある石碑脇から、岩の多い登山道になります。


どんどん登って行きます。


途中大きな岩の間をとおります。


大木と新緑と岩の登山道です。


やがて夫婦杉に到着。

樹齢500~600年とのことです。
少し登ったところから全景


大木が多いので楽しいです。


苔むした樹

アップ


登山道には、○丁目と彫られた道標があります。

ここは11丁目。登拝門から20分ちょっと。
約2~3分おきにあります。

登山道から横を見ると、斜度があるのがわかります。


14丁目のぼたん岩


15丁目の天狗鼻突岩


16丁目の追分の碑

開けてベンチがあります。

16丁目から18丁目付近までは、赤土の掘れた道です。


18丁目付近は岩が多くなり、19丁目からは岩が多い少し急登です。


山躑躅でしょうか。


引き続き急登を登りきると、20丁目の富士見台に到着。

登拝門から50分
残念ながら富士山は見えません。
富士見台から見る富士山を含んだ記事はこちらでご覧いただけます。

途中の木の階段。

帰りは登って来る人が多く、ここの上で少し待ちました。

ヤビツ峠の分岐に到着。

25丁目です。
ヤビツ峠への登山道は、イタツミ尾根です。
ヤビツ峠~イタツミ尾根~大山までの記事はこちらでご覧いただけます。

ヤビツ峠分岐から先は、岩の多い急登になります。


鳥居が見えてきます。

27丁目。あと一つです。

鳥居左奥にきれいなツツジが咲いていたので寄り道。


再び本坂に戻ってひとのぼりすると、山頂の鳥居が見えてみます。

28丁目。山頂です。
鳥居の奥に見えるのが?神を祀る前社。
登拝門から1時間15分でした。

雨降木


かながわの景勝50選の石碑

かながわの景勝50選をまとめたホームページはこちらでご覧いただけます。

社務所前の「やまなみ登頂スタンプラリー」のスタンプがあります。


本社裏の奥の院

大雷神(おおいかずちのかみ)を祀っています。

大山山頂の碑


休憩している間に本社は開きました。

大山祗大神(おおやまつみのおおかみ)を祀っています。

南側の伊勢原方面。

靄ってほとんど見えません。

東側。


トイレ裏のレーダー塔


レーダー脇の富士山スポット。

空気が澄んでいれば、塔ノ岳、富士山がきれいに見えます。

帰りは、ケーブルに乗るために元の道をひたすら降ります。
下り初めが9時半ごろのため、登って来る人がかなりたくさんいました。
細い岩の道もあるため、通過待ちで若干余計に時間がかかりました。
1時間くらいかかってしまいました。

帰りはほとんど写真を撮りませんでしたが、
通過待ちの脇の苔


阿夫利神社下社は、朝とは打って変わってすごい人でした。



ケーブルに乗って下り、引退するケーブルカーとお別れをしてきました。
ケーブルカーの様子はこちらでご覧いただけます。





『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大山登山(その1・男坂) | トップ | 城山公園のバラ園(綾瀬市) »

あわせて読む