かながわ いーとこ

神奈川県にはいろいろな景色があり、魅力に溢れています。ぶらぶら散策して見た風景・いいところを少しずつ紹介します。

盗人狩(三浦市)

2014年07月06日 | 神奈川のいいところ
かながわの景勝50選の「盗人狩」の紹介です。
今回は、かながわの景勝50選の石碑と盗人狩周辺を紹介します。

盗人狩に至る道については、
後日「関東ふれあいの道 神奈川県コース1 三浦・岩礁のみち」として紹介します。

岩礁先端付近からの眺め。

切り立った断崖です。

盗人狩の名前の由来は、昔、盗賊が追われてこの断崖の上まで逃げたものの、
下を見て足がすくんでたやすく捕まったためと言われています。

上の写真の断崖の間は入り江のようになっているため、
海側は向こう岸までだいぶ距離があきます。

左手にうっすらと城ヶ島と大橋が見えます。

かながわの景勝50選の石碑はどこかとうろうろ探すと、
ありました。

盗人狩には、2か所に木の橋が架かっていますが、
短くて太い海側の橋から海に向かって立つと正面にあります。

背後の黒い岩が大きいので海側から歩いていくと影になって見落とします。

入り江にかかる長い木の橋の海に向かって左側。

海に向かって右側。(宮川湾方面)


橋の上から断崖と入り江。

橋の上から海方面。


ここから、宮川湾方面に向かいます。
振り返ると、木の橋が2つ見えます。


黒くて固い凝灰岩と白くて柔らかい砂岩・泥岩が美しいです。

黒い岩のオブジェのようです。

正面に見える城ヶ島と大橋。

この辺りは、奇岩がたくさんあり、見ごたえがあります。

こちらも見事です。



『神奈川県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 剱崎 (三浦市) | トップ | 「かながわの景勝50選の一... »

あわせて読む