かながわ いーとこ

神奈川県にはいろいろな景色があり、魅力に溢れています。ぶらぶら散策して見た風景・いいところを少しずつ紹介します。

高来神社(大磯町)

2014年03月15日 | 神奈川の神社仏閣
大磯町にある高来神社に行きました。
国道1号線の高来神社入口交差点を曲がると、すぐに鳥居と石碑があります。

石碑の文字は、紀州徳川家第8代藩主徳川頼倫の筆のようです。

さらに進むとすぐに二の鳥居があります。

右の真新しい木造建築は、慶覚院のようです。
慶覚院は高麗寺の末寺でしたが、明治の神仏分離によって高麗寺が廃寺となり、
一部の仏像がこの寺に移されたそうです。

高来神社の狛犬と参道。


参道を進むと燈籠があり、奥に拝殿が見えます。

背後の左側が高麗山です。

横には「力石」があります。

江戸時代に若者たちが力競べで持ち上げたそうです。

大磯町の天念記念物のシイ・ニッケイ。

スダジイとヤブニッケイの2種が一体化した樹木だそうです。
手前のポールが邪魔です。

高来神社の本堂。

高麗寺の旧観音堂だったようです。

本堂の右に、神輿殿があります。


神輿殿脇にある御供水(高麗山霊水)。


本堂と神輿殿の間の奥に階段があり、その奥に平嘉久社という小さな祠があります。

ここは高麗山への登山口となっており、左右に男坂と女坂になっています。
高麗山の山頂には、上宮跡があります。
高麗山の山頂の様子は、過去の記事をご覧ください。

本堂と神輿殿の間の奥の階段脇に、かながわの景勝50選の石碑があります。

とても分かりにくいです。

なんと彫られているかも判読しにくいです。


アップで撮影してかろうじて「湘南平と高麗山」と判読できます。

かながわの景勝50選「湘南平と高麗山」の石碑はここにあったのですね。
湘南平にある石碑は何でしょう?




『神奈川県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 篠窪・晴れ富士山編(大井町) | トップ | 照ケ崎海岸(大磯町) »

あわせて読む