かながわ いーとこ

神奈川県にはいろいろな景色があり、魅力に溢れています。ぶらぶら散策して見た風景・いいところを少しずつ紹介します。

日向薬師・宝城坊本堂見学会(伊勢原市)

2015年06月05日 | 神奈川の神社仏閣
先月開催された、日向薬師の見学会の様子です。
日向薬師は現在「平成の大修理」という350年ぶりの大改修中です。

2011年から始まった修理も終盤に入り、屋根の茅葺きが始まり、
その様子の見学を募集していたので、申し込みをして行きました。

日向薬師の宝城坊の屋根は、茅葺きですが、
約1000平方メートルあり全国最大規模の茅葺きとなるそうです。

本堂はこのように、工事用の囲いに覆われています。

よく見ると、屋根の上部が見えます。


受付を済ませ入場待ちです。

ヘルメット着用です。

本堂左の空間から入るようです。


入って行く際に、本堂が見えました。
どんな色合いになるかは、工事用の囲いが取れた時のお楽しみですので
ここではお伝えしません。

急な階段を登ります。


屋根の高さに足場があり、そのスペースでお話を聞きます。


大修理は、まず解体から行われ、柱の修復や発掘調査などを行い、
元通りに組み立てていくそうです。

これらの茅は、御殿場の茅場と熊本の茅を約100トン使うそうです。

茅自体も立派なものを使っています。


葺く途中です。

竹の骨組みの上に茅を葺いていくそうです。
茅葺きは京都の会社が請負い、伊勢原に泊まり込みで作業しているそうです。
今これだけの茅葺きができる職人さんは非常に少なくなっているそうです。

屋根の庇の部分。

非常に美しいです。

この修理用の屋根。

風雨から守っているそうです。

文化財を守って行くことの重要性と大変さを感じる見学会でした。
また、茅葺きや寺社建築などの技術の伝承という点でも意義がある
のではないかとも感じました。
見学させていただきありがとうございました。

カナコロ(神奈川新聞)の記事はこちらでご覧いただけます。
日向薬師の公式ホームページはこちらでご覧いただけます。
※どちらも掲載期間に限りがあると思われます。リンク切れの際はご容赦ください。



さて、過去に何度か訪問し、そのたびに撮影している杉があります。
かながわの名木100選に選ばれている幡かけのスギです。

神奈川県の天然記念物にもなっており、樹齢800年と言われています。
今まで撮れなかった角度で撮影。
手前の池越しに。

下から

お約束の「かながわの景勝50選」の石碑。

過去に紹介した「日向薬師」は次のとおりです。
2014年12月(関東ふれあいの道の一部として紹介しています)
2014年2月(かながわの景勝50選として紹介しています)
2012年6月(日向山ハイキングと併せて紹介しています)


日向薬師のそばにある、よく訪問するスポットにも立ち寄りました。

ちょうど田植えが終わったばかりのようでした。




『神奈川県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 丹沢湖とダム広場(山北町) | トップ | 信玄の旗立松(愛川町) »

あわせて読む