雑記帳

豊田市在住 あきたんの日記風ブログ 様々なジャンルのブログです。

手順が大事…ミシン問う。

2016-10-14 08:24:49 | 報道
■なぜ「宣言」した日が重要なのか…国籍法14条は、20歳未満の人が日本国籍と外国籍の二重国籍になった場合、22歳になるまでにいずれかの国籍を選択しなければならないと規定している。外国籍のみを有する人が日本国籍を単独で取得する場合、(1)日本国籍を取得(2)日本と外国籍のどちらを選択するか宣言(3)日本国籍を選ぶ場合、速やかに外国籍の離脱手続きを行い、手続きを終えた証明書を自治体に提出する-という手順を踏まなければならない。…ので、「宣言」は大切なのである。…さて、連邦ちゃんは、その「宣言」をいつ行ったかということを「言わない」「公表しない」「情報公開しない」「説明しない」などと言われてますが…連邦ちゃんははこれまで「昭和60年1月、17歳で二本国籍の取得手続きを行った」と説明していたが、今年9月6日、大弯当局に大弯籍の残存を照会するとともに、改めて離脱手続きを行ったところ、同月12日に大弯席が残っていたことが判明。同月23日に大弯席の離脱証明書を受け取り、区役所に提出したと述べた。ただ(2)の宣言日については言及していない。…なぜか?…二本国籍を選択宣言すると、戸籍に宣言日が明記。二本国籍とコメ国籍の二重国籍状態が発覚した馴染ん党のお~野田山陰議員は、7月の山陰選出馬前に二本国内でコメ国籍を放棄すると宣言し、二本国籍を選択。宣言の日が明記された戸籍謄本を自身のフェイスブックに公開。…さて、連邦ちゃんは???…国籍選択は「義務手続き」。その上で「連邦ちゃんはいつの時点で二本国籍を選択したか明らかにしていない。各寮や主将補佐官になる前に宣言を行ったのか明らかにしないのなら大問題だ」…ということですね。大弯席を放棄したのはいいが、日本国籍取りますよ!と宣言するのは「義務」なのだそうな。…さて、滑稽偽印ともあろうものが、義務を果たしたかどうか、なぜ公表できないか???
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.10.13(木)☀☁ | トップ | 今日の昼食 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。