団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

指輪っかテストで「隙間あり」は、サルコペニアの危険が6.8倍

2017-05-15 09:34:20 | 健康・病気

千葉県柏市で、65歳以上の2044人(男1013人、女1031人、平均年齢73歳)を対象にした東京大高齢社会総合研究機構と柏市の「大規模高齢者フレイル(虚弱)予防研究」(柏スタディー)は2012年から始まりました。2044人を健常、サルコペニア(筋肉減弱症)予備軍、サルコペニアの三つのグループに分け、定期的に健康調査を続けています。

指輪っかテストで、ふくらはぎの一番太いところより指輪っかが大きくて「隙間あり」とされた人たちは、サルコペニアの危険性が「囲めなかった」人たちより6.8倍も高いことがわかりました。2年間のうちにサルコペニアが発症するリスクは3.6倍となり、死亡リスクも3.3倍とされます。

「ちょうど囲める」の人たちは、サルコペニアの危険性が2.4倍、2年間にサルコペニアを発症するリスクは2.0倍でした。

「囲めない」の人たちは当然ですが、サルコペニアの危険性も発症するリスクは「ゼロ」でした。

「隙間あり」の人たちを、体の筋肉量、体脂肪、水分量などを調べるバイオインピーダンス法で検査したところ、骨格筋量の低下が認められました。さらに、食事摂取量の低下、口腔機能の衰え、家族や友人らとの共食の少なさが目立ったといいます。

自分がフレイルであることがわかれば、適度の運動、社会的関わりを強めることで、元の健康状態に戻ることができます。ふくらはぎを太くするには、よく歩くことやつま先立ちが効果的です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分がフレイル(虚弱)かど... | トップ | 暴漢に備えて鉄パイプ2本 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。