団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

エアコンが壊れたら、やめようと思っていたのだが‥

2017-03-20 10:18:51 | 健康・病気

定年後、柔道整復師専門学校に3年間通って、国家試験に合格した私は、できるだけ経費をかけずに開院したいと考えました。そこで、整骨院をしていたところをそのまま借りて、開業することにしました。改装費も安くてすむだろうし、できれば、備え付けのエアコンがついているところがよい、と思いました。いわば、「ヤドカリ」開業です。

その条件にぴったりのところが見つかりました。マンション1階で広い表通りに面しています。経営できなくなって閉院した整骨院は採算が取れない原因がある、と友人・先輩が忠告してくれましたが、目当ての整骨院は流行っていたものの、家族の都合で大津市で開業するため、数年前に閉院したと聞きました。

天井取り付けのエアコンは時代物と感じましたが、最初はちゃんと動きました。ところが、2か月もしないうちE3マーク(室外機の高圧圧力上昇)が出て止まりました。近所のそば店の店主に聞いたら「室外機のフィルターが目詰まりすると、E3マークが出るよ」といわれました。

店主の指示通り、古い歯ブラシでフィルターをこすったら、真っ黒なゴミが出るわ、出るわ(あとで、エアコン修理業者に聞いたら、「フィルターが変形して目詰まりの原因になるので、やってはいけません」といわれました)。

E3マークが出なくなった、と思ったのもつかの間、再びE3が表示され、止まりました。それで、メーカーに連絡して、熱交換器の洗浄、室外機のセンサーを交換してもらい、修理費9万5000円を支払いました。

その際、修理業者から「1991年製なので基盤も古くなっており、誤った電流や振動が起こり、センサーが異常を感知しやすくなっています。E3が出たら、ブレーカーを落として再起動させてください」と指示されました。

フィルターは1週間に1回掃除するなど、だましだまし使って6年余。3月に入って、室外機の音が大きくなったなあ、と感じていたら、E0(室外機のエラー)が出て止まるようになりました。エアコンが壊れたら、整骨院をやめようと思っていましたが、その時期が予想より早く来てしまいました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医師から、2キロの減量を指... | トップ | 「もう少し、仕事をしなさい... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。