団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

日本一の旅館に泊まりました

2017-06-15 09:34:48 | 健康・病気

「プロが選ぶ日本のホテル・旅館百選」で去年12月、総合一位に選ばれた福島県石川町の母畑温泉・八幡屋に宿泊してきました。それまで36年間連続一位を続けてきた石川県の和倉温泉・加賀屋を追い抜いての快挙で、旅行業界や旅行愛好者の耳目を集めました。

八幡屋がある母畑温泉は阿武隈地方にあり、冷泉しか湧かず、温泉は出ないというのが学会の通説でした。高校時代の友人で温泉発掘に長年取り組んできたN君が独自の理論で、阿武隈地方でも温泉が湧き出るということを講演で話しました。それに飛びついたのが、八幡屋の前社長の渡辺忠栄会長でした。

ところが、N君は数年前、脳こうそくを発症し、手足が不自由です。自らが発掘現場に行くことができないため、渡辺会長の要請を何度も固辞しましたが、発掘仲間が手足となって動いてくれることになり、承諾しました。

八幡屋は2億円を上回る発掘調査費を出しました。N君と仲間たちは、その期待に応えて地下1349~1405メートルから46~48度の温泉が毎分210リットルの温泉が噴き出す泉源を掘り当てました。その後、調整をして45度の温泉が毎分180リットルがこんこんと湧き出るようにしています。

温泉発掘が八幡屋のブランド力を上げ、日本一につながりました。渡辺会長から昨年末、そのことを電話で告げられたN君が高校時代の友人に連絡してきました。その友人の呼びかけで八幡屋に泊まろうとなりました。かけ流しの大浴場や露天風呂のほか、大きな花崗岩をくりぬいた十数人が入れる風呂や麦飯石のサウナを楽しんできました。その感想は次回に。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幼児との触れ合いで帯状疱疹... | トップ | 「日本一のホテル・旅館のサ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。