団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

「年齢を重ねるほどにお金がかかるのです」

2016-10-14 09:38:48 | 健康・病気

朝日新聞の声欄に85歳の女性が「年をとってわかった厳しさ」というタイトルの投書が載っていました。「私も老後のお金については余裕をもって計算してきたつもりです。しかし、計画はままならないのが世の常です」と書き出しています。

 「この春、思いがけず大病を患いました。通院や買い物にはタクシーを使います。田舎なので1回の往復代金は多額になり、買い物そのものの代金より高くつきます。(中略) 性能のいい補聴器も欲しいですが、数十万円もして、一考を要します。視力が低下すればメガネを買い替え、入れ歯が合わなくなれば作り直さなければいけません。年齢を重ねるほどにお金がかかるのです」

「今の老人は決してケチではありません。戦後を支え、苦労してきた人たちが大半です。ただ、現実の生活が苦しいうえに先々の出費が見えないから、無駄遣いができないのです」

そのうえで「ただ今、暮らしの厳しさを実感中です」と締めくくっていました。

私たちの生活は病やケガで一変してしまいます。まして、大病や大ケガとなると、不幸のどん底に突き落とされます。経済的にも破たんする恐れが大きいです。

大病は避けたいと思っても、いきなり末期がんというケースもあります。こちらが交通ルールを守っていても、危険ドラッグのドライバーに車で突っ込まれたら大ケガどころか、そのままあの世行きになりかねません。大病や大ケガを逃れたいと、リスク要因はできるだけ減らそうとはしていますが、それでも‥‥。

結局、「私は運が良いから、そんな目に合わない」と信じるしか手はないようです。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自己負担が2割になる厳しさ... | トップ | 日本は世界第4位の軍事費大... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。