団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

高齢者は鍛えないと、足腰は急速に弱ります

2017-07-31 09:20:05 | 健康・病気

70歳を過ぎると、筋肉は最盛期の20~30代に比べて、足は6~7割も低下するといわれます。腰は5割衰え、腕や握力は一番よく使うので低下率は低いものの、それでも2~3割低下するとされています。

これといった運動をしていない人たちがたどる筋力低下カーブです。新聞社を定年で退職した人たちがつづる旧友会報を読むと、70~80代になると、腰痛や膝痛の発症もあり、急速に足腰が衰えていく様子が記述されています。

「腰が痛くて、杖をたよりに歩いています」「遠出は無理な足です。家の中では不自由なことはないので、出来るだけ歩くようにしています」「運動不足で足腰が弱くなり、出かけるのが減りました」「すっかり足腰が弱くなり、出歩くのも辛く、庭に面した部屋から四季の移ろいを眺めるのが楽しみです」

「足が弱って歩かなくなったら、あちこち病気だらけです」「88歳。足腰が弱くなり、距離は歩けません」「自分でも信じられないような90歳という老いの坂を登っています。寄る年波は抗えず、部品の傷みは避けられません」

「パーツの劣化、いかんともしがたい」(70代後半の男性)という声もありました。

老いの坂は「いずれ下る道」であり、現在下っている坂道です。先輩たちの現状を受け止めながら、そうした事態を少しでも先送りできるよう、足腰を鍛えるロコモ体操に励みます。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三日坊主は脳のメカニズム! | トップ | 大病はQOLを大きく下げます »

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。