団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

何もしないと、サルコペニアの壁にぶち当たります

2017-05-26 09:31:50 | 健康・病気

新聞社時代の先輩、同僚、後輩が集まる旧友会に出たら、70代半ばを過ぎた先輩たちに今年は杖を使う男性が目につきました。杖を手にしないものの、脚力が衰え、よちよち歩きの人も目立ちます。

現役時代、さっそうと取材活動をしていたり、私たち後輩を叱咤激励したりした先輩たちの衰えた姿は、私が「これから行く道」ですから、他人ごとではありません。

75歳は「サルコペニア(筋肉減弱症)の壁」といわれます。75歳を境に足腰などの筋肉がめっきり衰え、杖なしでは歩けなくなったり、さらに弱ると車いすの生活になります。この壁を乗り越えられれば、「日常生活が制限されることなく生活できる期間」である健康寿命を先延ばしすることができるのです。

サルコペニアの次に訪れるのが、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)です。骨や筋肉、関節といった運動器の機能が衰える症状で、要介護、寝たきりになったり、そのリスクが高まったりします。

要介護・要支援が必要になった原因をみると、ロコモティブシンドロームから転倒しての骨折、膝関節症、股関節障害などの関節疾患は合わせて2割に上り、脳血管障害と同じ割合というデータもあります。

ロコモティブシンドロームを防ぐため、日本整形外科学会は、ロコモ体操として、スクワットと片脚立ちを推奨しています。私は相撲のしこのように片脚を上げる相撲スクワットを左右1分間ずつ、2.5キロのバーベル二つを両手に持ってのスクワットを30回、2セットを続けています。

最近、自転車に長い時間乗ると、時折、お尻が痛くなるようになりました。お尻の筋肉が少し衰えたのかな、と考え、スクワットでお尻を深く下げて、殿筋を鍛えています。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前立腺肥大って予防できるの... | トップ | 「とりあえず、安倍さん」 »

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。