団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

歯髄炎で壊死した歯に起こる歯根のう胞でした

2017-06-22 09:50:06 | 健康・病気

歯の神経細胞が炎症を起こす歯髄炎には急性と慢性があります。急性歯髄炎は激しい痛みが伴います。原因は虫歯が進行してそこから菌が侵入して発症したり、歯が割れたりしたとき起こります。私はサケの骨を噛んだとき、右上の4番目の歯が割れ、急性歯髄炎になりました。痛くてものが噛めなくなり、神経を抜く脱髄の処置を受けました。欠けた部分はセラミックで補いました。

今回の上の左の前歯の歯髄炎は激しい痛みはないので、慢性のようです。酢豚を噛んだとき、痛みが走り、歯肉炎が起こったと思いましたが、すでに慢性歯髄炎を発症していて、そのため、歯肉が痛くなったようです。

慢性も虫歯や歯の割れが引き金になりますが、私の前歯は虫歯も割れもありません。硬いものを噛んだ物理的な刺激が原因になると知って驚きました。私はスルメや焼き肉のミノといった硬いものが好物です。長年、硬いものを噛み続けてきた結果、慢性歯髄炎を発症したようです。

歯髄炎は放置したままにすると、歯根がもろくなり、ひどい場合、歯が抜けてしまうといいます。早めに治療を受けて良かったと受け止めています。

前歯上部の浮腫は、歯髄炎で壊死した歯に起こる歯根のう胞とわかりました。歯の先端を通じて顎の骨に膿がたまり、炎症が強く、のう胞が大きくなると歯根の周りの顎の骨を溶かし、さらに歯根も溶かしてしまいます。

3DCTを撮ると、前歯の上の上あごの骨が溶け、歯根の先が少し溶けていました。初期だったので、歯根の洗浄、消毒する根管治療を続ければ、顎の骨は復活するとのことです。長い戦いになりそうです。

それにしても、ここ30年の歯科治療技術の発展には感謝しています。30数年前でしたら、歯髄炎でも抜歯する歯科医が多数派でした。その体験は次回に。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7028の喜びもつかの間! | トップ | 歯髄炎で抜歯を歯科医から提... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。