団塊タケちゃんの施術日記

一人二人生の旅立ち

若さの目安は、大腿四頭筋

2016-11-07 09:28:31 | 健康・病気

一日寝たきりでいると、心肺機能を示す最大酸素摂取量が0.9%低下するーーロンドン五輪(2012年)のチームドクターを務めた順天堂大大学院スポーツ医学の櫻庭景植教授が報告し、「一日ベッドに寝ていると、一日寿命が縮まる」と指摘しています。

日経Gooddayの「若さの目安 シミ・シワより大腿四頭筋」に書かれています。ただ、これは寝たきりの超初期のことで、その後も同じスピードで心肺機能が低下するわけではない、と加えています。

加齢に伴って、目立って衰えてくるのが下肢の筋肉です。日本人約4000人の筋肉量の変化を調べた結果、20歳を過ぎると、下肢の筋肉量は腕や手、体幹より早く大きく減少していきます。その目安になるのが、太ももの前にある大腿四頭筋です。25歳くらいでピークに達し、60歳では25歳のときより約60%にまで落ちるといいます。

筋肉量とは別に、筋力の低下を示したデータもあります。60~70歳の筋力を、20~30歳と比較すると、脚の筋肉は60~70%も低下する、と東京都リハビリテーション病院の林泰史院長は報告していました。ちなみに、腰の筋肉は50%、腕や手の筋肉は20~30%の低下といいます。

ただ、筋力は100歳になっても、鍛えれば向上することも実証されています。そのためには、自らの筋力を正確に知らなければなりません。大腿四頭筋の筋力を測る方法は次回に。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「サロン文化を日本にも根付... | トップ | 椅子の座り立ちで大腿四頭筋... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。