Bike&SlowLife

バイクとカメラを愛し、自然を愛し・美しい風景を愛して、ゆっくり生きてる奈良県に住むおじさんの雑記帳です。

金岳 銀岳

2012年04月27日 | ツーリングレポート

奈良県の五條市西吉野町と下市町の境界あたりに 『吉野三山』 と呼ばれる山がある。

・吉野郡下市町の栃原岳 ⇒ 金岳 標高531m
・五條市西吉野町夜中の銀峰山 ⇒ 銀岳 標高614m
・下市町貝原の櫃ケ岳 ⇒ 銅岳 標高781m
これらの頂上には神がいると伝えられているらしい



五條市西吉野町奥谷の西吉野柿選果場前を通り、県道138号を山の中へ入って行く ~急坂とクネクネでいったん止まったらズルズルと後退しそうな所も(汗)



無事に銀峰山の頂上へ到着

  頂上の波宝神社の鳥居です
ここからキツイ坂の参道を5分程歩いたら神社がある

  なかなか立派な風格の神社だ


吉野三山の一つ、銀峰山(白銀岳、標高614m) は、古くから神南備山として信仰されてきました。 この山頂に鎮座する当社の最古の記録は、「日本文徳天皇実録」 の天安二年(858年) 三月に官社となった記事です。 また、平安時代前期の 「延喜式」神名帳の中の大和国吉野郡十社の一つ 「波宝神社 鍬」 に比定されています。 ・・・・・以降略 ⇒ 現地の説明文より




  多分 南東の方だと思う、山また山

 こんな山間に民家がポツリぽつり

  山頂近くまで柿畑が、遠くに見えるのは五條の街並みか?

  少しモヤッてて クッキリの景色が拝めない



県道138号をどんどん奥へ進むと西吉野町十日市の県道20号に出会う

 県道138号 より、山郷の風景



県道20号に出た所で引き返して ~再び波宝神社前から 広域農道等々で下市町栃原の金峰山へ向かう、上栃原バス停前には 「右五条 左くまの道」の石標がある

石標のすぐ後ろに栃原岳頂上の波比賣神社鳥居がある、この鳥居をくぐって枯落ち葉林道をバイクで5分ほど登って行くと頂上の神社に着く

  神社本殿です

  
歴史ある神社のすぐ傍には、紅いモミジとピンクの八重桜と近代的な電波塔、、、、ちょっと有難味が薄れます


  八重桜の向こうには山々が連なる

   今が満開です




金岳も銀岳も山頂に “波” の神社がある、大和の吉野の山中に波の字がつく神社があるとは興味深い・・・・・


    バイクで吉野三山の内の二山を登った 穏やかな春の一日でした


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

渓流

2012年04月25日 | ツーリングレポート

暖かくなってきたら “水”
  今日は 山の中を流れる渓流の美しい自然の姿を・・・・


R165号から 三重県道567号に入り ~名張市の赤目四十八滝の約3Km手前で左折して 梶川林道へ入る ~この林道沿いの流れで、曽爾古道へ向かう道である。











大自然は “芸術家” です

単なる水の流れですが、時には滑らかに、時には激しく、時には滝となって 様々な美しい姿を見せてくれます
 


次に行動の滝見晴らし台へ
 今日も春霞で 見下ろす青蓮寺ダムはぼんやり霞んでいた

先日 訪れた時に つつじ が少し咲いていたので本日は見頃かも?

   


期待どおり咲いている、山景色の切り立った断崖の上に、鮮やかな紅のつつじが咲いていた



見晴らし台から曽爾古道入口へ戻り ~ダートの道 ~県道81号名張曽爾線へ入る・青蓮寺川沿いの香落渓である ~曽爾からR369号で御杖村の丸山公園へ

  丸山公園   数本の八重桜がまもなく満開か

ここも桜の名所である、しかし、桜はほとんど散って つつじが満開になっている、そして ピンクの 「桜まつり」 の のぼりが寂しげに微風にゆれていた



帰りは県道28号を通り 室生の竜穴の滝へ寄る
  滝は室生竜穴神社の奥、山手へ登って行った所にある


この滝のすぐ下に 「龍神が住む」 と伝わる “龍穴” があります



大自然の造りだす水の流れ・見晴らし台のつつじと絶景・龍穴と滝 等々 ~~ 奈良県から三重県にかけての 山間部180Kmのツーリングでした。。。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大滝峡

2012年04月24日 | ツーリングレポート

最近はあまり遠くへ行ってないので “ ちょっと走ろう ”  ・・・・ で、三重県大紀町の大滝峡へ行ってきた。

紀勢自動車道の大宮大台ICから南へ5Km余である。



時刻はちょうど10時、香芝ICから西名阪に乗って伊賀市の友生ICで降りて ~県道とか広域農道とかで ~R165号 ~青山トンネル を抜けて ~白山町で ~あっちこっち~~ 松阪ICから伊勢自動車道と紀勢自動車道で大宮大台ICで降りる、久しぶりに法定速度+αで走った、、、快適だ ~ここから道の駅奥伊勢おおだいへ


ここで弁当を買って南へ向かう、途中で荷物満載のスクーターを見かける 50ccの「横須賀ナンバー」 だッ!  エッ!! 横須賀から??

赤信号で止まった時に声をかけた、木つつ木館へ先に行ったらスクーター氏がやって来た


  
すごいですねえ、これが50cc横須賀ナンバー・荷物満載のスクーターです
これで横須賀から走ってるのです  今日で6日目とのこと、後ろに 大きく 「日本一周中」 と書いてある

これで日本一周するのです、なかなかやるもんだッ


少し話をして別れ ~ 大滝峡へ向かう



大滝峡の入口です
木つつ木館からここまで3Km余です

大滝峡の見どころは 大きな岩の中を流れる大内山川の姿です



日陰の散策路には緑の苔がいい雰囲気です



浅瀬の岩に当たって白い流れになる



コンクリの擁壁の上はJR紀勢本線





大滝峡の素晴らしい光景



先日の雨で水量は増えて豪快に流れる、しかし、写真でその雰囲気はイマイチ伝わらないようだ



大滝峡のすぐ上流は滝原ダム、この写真はダムの堰堤から撮ったものです


今日は暖かくて絶好のバイク日和

豪快な大滝峡の流れとツーリングを満喫した春の一日でした






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

桜だより 16

2012年04月23日 | その他

わが町 香芝市の上下水道部 のそばを通ったら みごとな八重桜が目に入りました

上下水道部の入口に こんなスバラシイ桜並木が 












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜だより 15

2012年04月21日 | ツーリングレポート

午前は 二上山へ サクラ登山

   午後も バイクで 宇陀市榛原の仏隆寺へ 桜ツーリング


13時半頃にスタート
中和幹線で桜井へ向かう、かなり強い風が吹いている、桜井警察前から長谷寺前への高架道路では吹き飛ばされそうになって恐ろしかった

そのうえ雲が厚くなって、空模様が怪しくなってきた、榛原へ入り~高井のあたりでポツリぽつりとしてきた、でも本降りにはならないだろう・・・と希望的観測・・・


寺前は車が渋滞、悪天候にかかわらず沢山の人出、撮影の好位置には三脚を立てた人が並んでいる



  
林道を登って 寺の上から眺める、ちょうど満開
一番左が千年桜です

雨がポツリポツリと降っている




レンズが雨に濡れて なかなか趣のある写真になっています??









ちょっと場所を変えて撮影、カラフルな花の向こうに 白っぽい千年桜の姿も なかなかオツなものです


ポツリポツリから ヤヤ強くなってきた ~本降りになる前に帰ろう 


帰りは やっぱり 針TRS へ寄って休憩、今日の針TRSには バイクは5台だけ

気温は少し下がって、走っているとやや寒かったが、ちょっと濡れただけで無事帰宅


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜だより 14

2012年04月21日 | 二上山

天気予報に反して空は青空

二上山に登ろう 雄岳の八重桜が咲いてるかも?

8時半頃に登山口へ到着、かなり暖かい、絶好の登山日和・ハイキング日和 で家族連れなど老若男女がたくさん来ている、、、 約1時間で雄岳頂上へ



雄岳の八重桜は まだちょっと早いようです




雄岳から雌岳のサクラを眺める、まだ散っていない、春の日差しを受けて美しく輝いている



雄岳から馬の背へ降りて桜の中へ行く



ハイキングコースは淡いピンクで飾られた “さくらロード” になっていた

そして、頭上からは桜の花びらが ゆら~りユラリ~~~ユラ~リゆらり と漂い降ってくる


  時折流れる春風に 淡いピンクの花びらは その数を増して“桜吹雪” となる
吹雪の中、急いで写真を撮る


  
“桜ロード” は一段と輝きを増す


サクラ吹雪の中を抜けて雌岳頂上へ向かう

  頂上のサクラはかなり散っていた
温度計は17.5℃ を示している、穏やかな日差しを受けて 20人程の人がくつろいでいた



  下山途中 雄岳中腹より大和盆地を望む
            今の季節にしてはかなりクッキリと見えていました


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

曽爾古道 のぞき岩~

2012年04月19日 | 車でお散歩

今日は 曽爾古道の 「のぞき岩見晴らし台」 から 「大のぞき見晴らし台」 を歩いてきました。



8時過ぎに家を出て、香芝ICから西名阪 ~小倉ICで降りて ~やまなみロード ~R165号で赤目四十八滝方面へ向かう ~途中で 梶川林道へ入って曽爾古道の入口へ、ちょうど9時半

空地へ車を停めて古道へ入って行く



3分ほど歩くとこの案内板
今回は右の 「のぞき岩 見晴らし台コース」 へ向かう


行動川の浅瀬を渡って登り道に


いきなり こんな道に・・・ 古道か? 渓流か? これでも曽爾古道のようだ! でも こんな道はちょっとだけだった



次は上りを400m



ここまで30分弱   まず左へ向かう、のぞき岩はすぐにあった



  のぞき岩です
断崖の上に岩が突き出ている感じだ

  岩の先端に松が一本
この写真では 緊張感はないが、岩の上に立つと足が竦んでゾオッ~とします

 
岩の直下200mに 青蓮寺川沿いの道路が見えます

この地は明治の頃までの名張から曽爾村に至る古道です。 香落渓の屏風岩の尾根を往環する道路で、大正8年に直下の 「県道名張~曽爾線」 が開通して廃道になりました。 この場所を 「のぞき」 と地名に記された300メートルの断崖から青蓮寺川を見下ろすと足が竦みます ⇒⇒のぞき岩見晴らし台 現地の説明文より



竦んだ足で緊張しながら写真を撮り、岩から転落せずに無事古道に戻り ~ 次に 「大のぞき 見晴らし台」 に向かう



 10分余で到着
はるか下方に~直下250mに青蓮寺川と県道が見えます


でも、ここは木々のせいで視界が狭くて迫力がイマイチでした

この場所は、香落渓の 「天摩峰」 の頂上に位置し、直下に見る風景は青蓮寺川と河鹿橋の上流 「屏風岩」 「亀の瀬」 付近とのことです。




さらに この先を進むと 「しし落し岩」 があるらしい、距離はどれくらいかわからないが、せっかく来たのだから見に行く ~ 植林や自然林の中、人の踏み跡も無い古道をひたすら歩く 「しし落し岩」 はどこだッ! 

「大のぞき 見晴らし台」 から40分余 歩くがわからない ~ さらに 山のなかをウロウロさがすが解からない、、、、そのうちに 「曽爾古道地蔵」 に着いた。 ここは古道の終点間近である、すぐ先に三重県道・奈良県道784号赤目掛線=通称「今井林道」が見えている


諦めて引き返す ~ 



帰りに 「行動の滝 見晴らし台」 に寄る、古道へ入った最初の分岐から10分余で到着


  行動の滝 見晴らし台 から青蓮寺ダムを望む
                 山の斜面をサクラが美しく飾っている


  見晴らし台から少し下りたら 「1の滝」 です


 見晴らし台から岩壁の先端にゆくと 「2の滝」 の滝の落ち口へ

この先は 高さ200mの屏風岩を一直線に青蓮寺ダムへ落ちて行きます。 残念ですが、ここは断崖の先端のため滝の写真は撮れません



写真ではわからないが、後ろは高~い高~い断崖絶壁です


雨がポツリぽつりと落ちてきた、急いで帰らなくちゃ!! 本降りにならないうちに車へ到着、14時37分だった。

歩数計は 13,675歩を示していた。

たった一人の・誰にも出会わず、5時間余りの山の中、曽爾古道の徘徊でした。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

桜だより 13

2012年04月17日 | ツーリングレポート

かなり暖かくなって いよいよバイクのシーズン到来

本日は 室生方面をウロウロと徘徊



香芝から中和幹線 ~R165号で室生へ



室生ダムです、サクラは無いが この景色が好きだ



室生の大野寺、ここは人が多すぎてパス、境内へ入らず 外から撮っただけ、満開でした



次にやまなみロードへ入って 室生区小原の極楽桜へ






極楽桜は ほぼ満開で 一番いい時期だった



  室生区下田口の教安寺のシダレ桜です、ふるさと元気村の隣です



教安寺近くの風景





県道から少し山寄りへ入ったら伊勢本街道で こんな石碑がありました

廻國供養碑
徳川吉宗が享保の改革を始めた頃(1700年代の前半)菅野村(現御杖村)出身の行脚僧行悦が各地を供養して回り、多くの石碑 「回国供養碑」 を残したとされている。
いずれも長谷寺と伊勢宮川への距離が示され東西の旅人にとって便利なものであったと思われる ⇒⇒ 現地の説明文より抜粋


  供養碑近くの風景
中央の木は 2~3分咲のサクラなんですが、未熟な腕のせいでよく解かりません



  高台より眺める 室生寺 です






西光寺の城之上桜
  ここも絶好の見頃になっていました



この西光寺の前の道路を山の中へ入って行けば唐戸峠を越える林道で仏隆寺へ続いている



林道の途中から仏隆寺の千年桜を眺める
  残念だが、千年桜はまだ少し早かった、あと4~5日で咲くだろうか?


10時半頃に家を出て~~18時に帰宅、室生界隈の桜を求めてウロウロ徘徊、122Km走行の サクラ撮影ツーリング でした









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜だより 12

2012年04月16日 | 二上山

今日は 二上山 の桜

本日 二上山は桜前線にすっぽりと覆われ、雌岳頂上付近一帯は桜色に染まっていました




  雄岳中腹より雌岳を望む


  雄岳から眺めていた “ 桜の杜 ” です



  雌岳頂上より
中央の桜の隙間に葛城山方面が見えます


  
雌岳頂上、満開の桜
気温は15度近くあり、穏やかな気候に誘われて 30人程が満開の桜を楽しんでいた


  登山口の鳥谷口古墳の桜
新緑と白い花びらが清楚な美しさを醸し出しています


  穏やかな春風に乗って桜の花びらが舞っています ~桜の下は黄色いタンポポと花びら模様



   ***** 穏やかな 風に流れる さくら花
             なぜか哀しき ふたかみの里 *****





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜だより 11

2012年04月15日 | ツーリングレポート

今日もサクラ  に誘われてウロウロ

中和幹線から 西大和ニュータウンの中を通って ~~~山の辺の風景を見ながら ~天理の石上神宮前の歩道はサクラの花びらできれいに飾られていた ~~名阪国道に乗って ~上野ドライブインから北上 ~広域農道やら、、、桜のありそうな道を走って ~滋賀県甲賀市土山町の青土(おおづち)ダムへ

ダムの湖畔や近辺は桜の名所である。しかし、まだほとんど咲いてなかった、せっかちな桜が数本、所々に花をつけているだけである。だけど訪れる人は多い

かもしか荘へ行っても、当然まだツボミは固い。 昼食&休憩して引き返す




  
伊賀市西高倉付近




伊賀市治田・名阪国道の治田IC付近


ここから 一旦 針TRSへ帰ったが、家へ帰るにはちょっと早すぎるので、仏隆寺と悟眞寺へ行く




仏隆寺
千年桜はまだまだでした、一週間くらい先が見頃でしょうか




  榛原区自明にある 曹洞宗 自明山 悟眞寺 です、寺の建物は桜の後ろにあります

かなり高い場所にある、1速で急坂の曲がり道を登って行く、いったん止まったらズルズルと後退しそうだ

メインは樹齢200年のシダレ桜、なかなか立派な桜だ、今が盛り、満開である










桜前線がやって来たと思ったら、もうあちこちで散り始めている、花の命は短いものですね

走行距離 273Kmの お花見ツーリングでした・・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加