Bike&SlowLife

バイクとカメラを愛し、自然を愛し・美しい風景を愛して、ゆっくり生きてる奈良県に住むおじさんの雑記帳です。

青い海、素晴らしき友ヶ島へ

2017年06月19日 | ツーリングレポート
和歌山市の加太沖に浮かぶ無人島群、瀬戸内海国立公園の紀淡海峡に浮かぶ 沖ノ島・地の島・虎島・神島、この4島を総称して友ヶ島と呼ばれている。

香芝から ~山麓線 ~京奈和道 ~岩出JC ~阪和道の和歌山北ICで降りて ~県道7号で加太へ向かう、 加太港から沖ノ島の野奈浦桟橋まで約20分の船旅である



戦争の痕跡を残す砲台跡や真っ白の灯台、緑の照葉樹林、そして海の景色を楽しみながらのハイキング、、、素晴らしい友ヶ島!!
いつもは加太の方から眺めているが、今日は友ヶ島へ渡って散策してきた。



加太港にて乗船 
 船名は 「 ともがしま 」 19トン、旅客人員最大110名 満員です


こんな景色を見ながら約20分で沖ノ島の野奈浦桟橋に到着
 最近どこへ行っても老老男女の世の中だが、ここは違った、老若男女である、平日にも関わらず若い人もかなりいてる


野奈浦桟橋の近くより


案内板もわかりやすく整備されている


第2砲台跡が見えてくる


第2砲台跡


第2砲台跡 海側から見れば相当壊れている


青い海、黒っぽい岩に砕けて白い波が美しい






灯台から大展望台へ向かう

▽ 大展望台より


白い灯台の向こうを船がゆっくり進む、その向こうは淡路島か?


ちょっと霞んでますがいい景色です


白い軌跡を残して小さな船が進む

2時間弱で島の西側だいたい見て廻った、
13時半発の船を逃したら、次は15時半発まで2時間も待たなければならない、暑くて歩くのも疲れたので友ヶ島とサヨナラしよう


友ヶ島の桟橋
 海の色が素晴らしい、手前は底まで見えています


沖ノ島の野奈浦


帰りも同じ船、来る時よりも乗客は少なかったが、それでも満席に近い


帰りの客を乗せた船は、野奈浦を後にして、船後の海水を盛りあげて力強く進む ~ ~ ~ 沖ノ島さん さようなら~

帰りも、往路と同じコースを走る、京奈和道途中の温度計は31度を表示していた

本日の走行距離は 192Km
 かなり暑い一日だったが、充分納得できる 友ヶ島 でした


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 茶臼山登頂! | トップ | 小雨降るなか ジャンジャン横... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして! (hetappy)
2017-06-20 11:41:33
はじめましてのご挨拶に、えっ?と思うほど、いつもいつも
見せていただいているこちらのブログです。
nakaさんにも、私どものブログの読者登録をしていただき、ありがとうございます。

本当にいつも出かける際の参考にさせていただいているのですが
先日はかざはやの里、行ってきました。
初めて聞く名前だったのですが、お写真を見せていただいて
これはもう行くしかないと思わせていただきました。
本当に圧倒されました。
これからも、多々参考にさせていただきたいと思いますので
いろいろなところ、教えてくださいませ。

友が島、ここも行きたいと思っているところなんですよねぇ~
hetappy さん (naka)
2017-06-21 07:54:39
こちらこそ 有難うございます。

かざはやの里はホントに圧倒!ですね、ここのアジサイを見たら、他のアジサイは霞んで見えてしまいそうです。
友ヶ島は、思っていたより良かったですよ、全島を歩いたらまだ1時間余りかかりそうなのと、疲れと、船の便が少ないのであきらめて帰りました。ぜひ訪ねてください、お勧めです。

私は、海・山・渓流や滝等の風景が大好きですが、高い山は体力的に無理なので、登山口から1時間程度で登れる山を捜してうろうろしています。

私も、いつもhetappyさんのブログを楽しみに見せていただいてます。 先月 アップされてた赤木城址も近々行ってみたいと思ってます。
今後もよろしくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL