Bike&SlowLife

バイクとカメラを愛し、自然を愛し・美しい風景を愛して、ゆっくり生きてる奈良県に住むおじさんの雑記帳です。

瀧不動院から明神山へ

2016年12月20日 | その他
わが町・香芝市尼寺の瀧不動院から山の中の " へんろ道 " を 王寺町畠田の明神山へ

登山と言うほどのものではないが、ちょっとした山歩きである。
瀧不動院は住宅地から数百m離れた山の中で標高約100m、明神山は標高273.7m で現地の案内板には 約40分と書いてある



 明神山は王寺町の西端で、奈良と大阪との府県境にある山で標高は273.7mで 眺めも良く、奈良盆地や明石海峡大橋が見える見通しの良いところである。
 大字畠田の明神山の太神山さんは、文政13年に大日霊女尊をまつり、四国阿波(現徳島県)方面からも多くの人がお詣りされ大いに賑わった。
 昔は、道中にナツメ茶屋やシンコ茶屋、オーコ茶屋という茶屋があったらしい。 
                  ------ 山頂の説明文より抜粋





瀧不動院入口 ここから約60mの階段をのぼる



瀧不動院









自然林で落ち葉満載の中を上って行く












登山道もだんだん悪くなってくる






20分程歩いたら平坦な道になる ~少し歩いたら下り ~また上りの落ち葉道、落ち葉の景色を見ながら歩く
40分程歩いたら王寺町から上ってくる舗装路に合流した、山頂はもうすぐだ!





左の社が山頂です
案内版には40分で山頂と書いてあったが写真を撮りながらで50分余かかった



鳥居の手前には 「 永遠の愛を誓う  明神山 」 
  誓う相手がいない場合はどうしたらいいんでしょうか?



山頂の展望台からは視界360度  南には金剛山や葛城山



北には生駒山



悠久の鐘  向こうは明石海峡方面です 
 手前に LOVERS POINT と書いてある、ここも一人で来る場所じゃないのでしょうか?


山頂で30分程眺めを楽しんで引き返す
 
帰りは違うコースを歩いたら、虎シマロープのある急な斜面や崩れた登山道や荒れた渓流のひどい道だった



名残の紅葉






こんな渓流の中を歩いたりして無事下山



瀧不動院の滝、行場です



曇り空の午後のひと時、 山の中を 5,665歩の “ 遍路 ” でした。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南伊勢を走る | トップ | 濃霧の朝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL