品質測定ワークショップ

ISO9001と10012及び5Sを利用して測定力をシステム的に発揮する方法

プリスPHV60カ月の燃費/3Dプリンターの故障

2017-09-13 21:39:17 | 品質計量管理

プリスPHVは無故障、無事故、無違反である。

3Dプリンターは良く故障する。6月に購入して大きな故障が2回起きた。

「トコトンやさしい3Dものづくりの本」著者 柳生浄勲、結石友宏、河島巌 著、 日刊工業新聞社

によれば、1980年小玉氏が特許出願とあるので、歴史が浅いから故障も当然であろう。

利用者が高齢であるからマイコンやNC旋盤の普及の経過を見てきたいるからそれなりに理解できるが、それにしても現在であるからISO9001の設計・開発の要求事項は参考にしていてほしい。

ISO9001のコーチング(模擬演習)に、事業所で製造中の部品とよく似た模擬部品を3Dプリンタで製作中であるので困ったことになった。

上記の本では、修理の方法はわからないのでメーカーのサポートセンターに問い合わせる。サポートセンターという名称は、ユーザーをサポートするのではなくてメーカーを守るための存在であるから、時々理解しにくいと感じている。

老人のぬいぐるみ
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 準備の続き | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

品質計量管理」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。