品質測定ワークショップ

ISO9001と10012及び5Sを利用して測定力をシステム的に発揮する方法

データの不正を無くしたい積木の製作

2017-11-26 11:51:18 | 品質計量管理



データの不正が頻発している。

科学技術の教育が不十分であるか。

経営者管理者に科学技術の理解がないのか。

正しい測定と、データ処理をしないと、積木を高く積めないことを体感する積み木を3Dプリンターで作成した。

たかが積木であるが、たかがノギスの測定であるが、足し算と引き算の計算であるが、間違いなくやらないと積み木を10個積み上げることはできない。

もしも、データを不正に使えば当然積木は倒壊するので、直ちにわかる。

ISO9001規格の箇条10.2.1の方法で測定も、データ処理も失敗を繰り返さない方法を構築している。

11月16日の西尾街のふれあい教室に展示した。次回来年の3月のふれあい教室には、改良してやさしく積みあげることができるように準備している。

目先の利益のためにデータ不正が行われたという報道もあるが、不正が直ちにわかればデータ不正をやらないであろう。

老人のぬいぐるみ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プリウス62カ月の燃費

2017-11-17 20:23:09 | 品質計量管理


今月も無事故無違反無故障であった。

しかし、EVヒューズのリコールが来た。

取り換えてもらうしかない。

初代のプリウスからプリウスに載っているが、リコールは始めてである。

取り換えてもらうことにする。

老人のぬいぐるみ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

データ不正と経営的デメリット

2017-10-27 09:12:11 | 品質計量管理

自動車の検査では、検査する力量の無い人に検査をさせていたデータのとり方こ間違いがあった。

アルミの検査データは、データが規格から不足していても出荷していることに間違いがあった。

JIS制度とISO9001も運用していても間違いが起きている。

データ不正の背景は単純ではないが、現場の状態が複雑で文書・データや映像による情報では経営トップに届きにくいことが大きく関係していると思う。

経営トップが文書・データや映像による情報から現場の状態が理解できないと思われる。理解できていれば品質を維持するために現場がどうなっていればよいかがわかるので、大きな損失が起きないように現場改善にコストをかけていたと思う。

JIS制度とISO9001も文書・データと簡単な現地審査では不正は見抜くことは困難であり、審査を警察の捜査のようにやるとしたら膨大なコストがかかるから性善説による現状の方法に大きな問題はないと思う。

経営の各段階において、文書・データのとり方、映像に対する理解力アップが一連のデータに係わる問題を解決するため必要である。

老人のぬいぐるみ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プリウスPHV61カ月の燃費

2017-10-20 10:08:37 | 品質計量管理


今月もプリウスPHVは、無故障、無違反、無事故であり、燃費も前月に続いて良好である。

この頃、データの不正と車の検査の不正が大きく報道されている。
40年前のデータの不正という報道には、そこまで報道しなければならないのか報道の仕方に違和感を覚える。

22日は選挙である。妻は認知症であり、もう政治のことはほとんど判断がつかない。どうしたらよいものか。

候補者も、最近はよいことばかりを言っている。どうしたら良いものか。

候補者が最近発言していることは、無視した方が良さそうである。

戦後、お祭りなどの人の多く集まるところでは戦争で手足を失った兵隊さんが、空き缶を前にして黙って寄付をお願いしていた。

戦争になっては経済の発展も価値がない。

軍事力による問題の解決と交渉による解決では、交渉による解決の方が時間が多くかかり、費やす方法の難しさの度合いが大きいようである。

軍事力によらない政治をする候補者に投票する。

老人のぬいぐるみ






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

データの不正は基盤技術の低下であり、国難ではないか?

2017-10-13 11:07:11 | 品質計量管理
報道によれば、アルミ製品の品質データに不正があって企業のトップが謝罪している。

この数年、免振ゴム、マンションのパイル、自動車の燃費などのデータの不正が起きている。

企業が喜んでデータの不正をしているわけではないので、基盤技術が低下して不正でもして良く見せかけなければ経営ができないこの状況は国難といってもよいであろう。

報道のあった企業を数年前に訪問したことがあるが、現場が無理しているとトップが説明しているが、無理をしないで品質を確保するためには膨大な資金が必要と思えた。無理しているのは現場は当然であるが企業全体のように思える。

話は、飛躍するが中小企業向け基礎測定技術講習会には、この数年間補助金が出ていない、補助金の出し方にも基盤技術が低下している。これも国の基盤が衰退している現象であり国難といえないか。

老人のぬぐるみ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平和を作る ICAN平和賞受賞

2017-10-09 19:55:04 | 品質計量管理
平和を作るための努力されている方々へ感謝申し上げます。

わかる人からこの運動を進めるしか方法はない。

アメリカのトップも、北朝鮮のトップも理解するには時間がかかりそうである。

アメリカは緊張で短期的には景気が出るが、5年もたたずに不況が来るであろう。

日本がアメリカに負けた子どもの頃に、大人達は戦争はもう絶対にやってはいけないと言っていた。

アメリカは悪い国とは誰からも聞いた覚えはない。

最近のアメリカは、銃の乱射がたびたび起きてよい国とは思えない。

リンカーン大統領が活躍した時代のように、白人が黒人を嫌っている。

アメリカの不況がトランプ大統領を選んで、その結果が緊張を高めているように思える。

核廃絶NGOのノーベル受賞は素晴らしい。

老人のぬいぐるみ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

測定と統計手法の実習

2017-10-02 16:03:04 | 品質計量管理












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プリスPHV60カ月の燃費/3Dプリンターの故障

2017-09-13 21:39:17 | 品質計量管理

プリスPHVは無故障、無事故、無違反である。

3Dプリンターは良く故障する。6月に購入して大きな故障が2回起きた。

「トコトンやさしい3Dものづくりの本」著者 柳生浄勲、結石友宏、河島巌 著、 日刊工業新聞社

によれば、1980年小玉氏が特許出願とあるので、歴史が浅いから故障も当然であろう。

利用者が高齢であるからマイコンやNC旋盤の普及の経過を見てきたいるからそれなりに理解できるが、それにしても現在であるからISO9001の設計・開発の要求事項は参考にしていてほしい。

ISO9001のコーチング(模擬演習)に、事業所で製造中の部品とよく似た模擬部品を3Dプリンタで製作中であるので困ったことになった。

上記の本では、修理の方法はわからないのでメーカーのサポートセンターに問い合わせる。サポートセンターという名称は、ユーザーをサポートするのではなくてメーカーを守るための存在であるから、時々理解しにくいと感じている。

老人のぬいぐるみ
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

準備の続き

2017-09-02 21:45:04 | 品質計量管理
計量値と計数値の実習ができる3Dプリンターの作品(写真が上手く写せない失礼します)

ISO9001の初期では統計的という要求事項があって科学的な管理をISOやったので製造業では品質が向上したが、2000年以降はサービス業まで9001が普及して製造業特有の用語が使われなくなって、製造業では品質が向上しないという説明が一般化した感じがする。

時代遅れであるが製造業のISO9001に科学的な管理を取り入れるために、監視及び測定の実習を取りれてISO9001コーチングをやっている。

ここまでは前回の補足であるが、科学的な管理を具体的に実施るためには監視及び測定の実習が必要であるから、測定物及び測定機器を準備した。測定器は手軽なノギスやマイクロメータであるが、測定物は事業所で製造中の物がセキュリテイの関係上使うことができないので、3Dプリンターで製作した。

これで、計量値と計数値の管理図ができるので、科学的な管理の入門ができて科学的なISOコーチングの準備ができた。

提案の内容は、後日書く。

老人のぬいぐるみ














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ISO9001:2015 8.5.1の演習教材の準備

2017-08-27 20:15:04 | 品質計量管理
ISO9001:2015のモノを取り入れたコーチングを行うための演習教材の作成をしている。

必要なもの。
1.課題
改善が望ましいと思える工程
2.必要なもの
1)要求事項
8.5.1 製造及びサービス提供の管理 
 組織は,製造及びサービス提供を,管理された状態で実行しなければならない。
管理された状態には,次の事項のうち,該当するものについては,必ず,含めなければならない。
a) 次の事項を定めた文書化した情報を利用できるようにする。
 1) 製造する製品,提供するサービス,又は実施する活動の特性。
 2) 達成すべき結果
b) 監視及び測定のための適切な資源を利用できるようにし,かつ,使用する。
c) プロセス又はアウトプットの管理基準,並びに製品及びサービスの合否判定基準を満たしていることを検証するために,適切な段階で監視及び測定活動を実施する。
d) プロセスの運用のための適切なインフラストラクチャ及び環境を使用する。
e) 必要な適格性を含め,力量を備えた人々を任命する。
f) 製造及びサービス提供のプロセスで結果として生じるアウトプットを,それ以降の監視又は測定で検証することが不可能な場合には,製造及びサービス提供に関するプロセスの,計画した結果を達成する能力について,妥当性確認を行い,定期的に妥当性を再確認する。
g) ヒューマンエラーを防止するための処置を実施する。
h) リリース,顧客への引渡し及び引渡し後の活動を実施する

2)擬似製品
・3Dプリンターで製作した擬似製品

3)管理図関係
・X-Rs
・C管理図

4)手順書
・インフラ関係
・測定器校正成績書
・うっかりミス防止
・設備管理記録
・要員の力量記録
・出荷検査要領

5)品質記録
・管理図作成用のデータ

上記のうち、
・X-Rs管理図を作成用する擬似部品30個と手順書ができた。
・C管理図用の手順書ができたので、次に欠点のある擬似部品をこれから製作する。

3.伝え方
9001:2015の伝え方として、モノを取り入れてコーチングをこうなう準備をしてきて約1年経過して、擬似部品の作成が3Dプリンターで製作できるようになったので、従来の文書やコーチングを取り入れた解説よりも効果的に伝えることができるようになったと自己満足をしている、しかし、まだまだやるべきことが沢山ある。

老人のぬいぐるみ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加