株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

海上自衛隊の戦闘艦艇は推進機関でも大きな遅れをとっています。

2010年09月03日 | 外交


by CyberBuzz

海上自衛隊の戦闘艦艇は推進機関でも大きな遅れをとっています。
しかも未だに統合電気推進システムIESを導入する気配もありません。


2010年9月3日 金曜日

クイーン・エリザベス級通常型空母


 

統合電気推進導入に大きく遅れをとる海自 8月30日 清谷真一公式ブログ

拙著、「防衛破綻」では水上戦闘艦の推進システムとして、統合電気推進システム(IES、Integrated Electric System)を紹介したかったのですが、紙面の都合で割愛しました。そこでIESに関してここでご紹介をしようと思います。

 現在米海軍を含めて先進国を中心に、水上戦闘艦艇の推進システムとして低燃費で、ライフ・サイクル・コストが低いなど多くのメリットがある統合電気推進システム導入のトレンドに加速がついています。

 ところが伝統墨守というか、海自はこのIESの導入に消極的です。
 
 海自の戦闘艦艇はステルス化でも大きく諸外国に遅れをとりましたが、推進機関でも大きな遅れをとっています。しかも未だにIESを導入する気配もありません。

 海自は現在3自衛隊でもっとも多くの燃料を消費してるにもかかわらず、です。
 
 このブログでも何度も紹介していますが、燃料費の高騰は人件費、装備の維持修理費などと共に、装備調達費を圧迫してます。燃料費の低減は海自に海自にとっては焦眉の急のはずです。

 例えば燃料費が3自衛隊で1000億円として、その2割が削減できれば、200億円、3割が削減できれば300億円が浮きます。逆に省エネをしないならば、それだけのカネを捨てているにの等しいことになります。

 諸外国では燃費を重視する艦隊補給艦などにはディーゼル・エンジンを搭載する例が多いのですが、海自はこれにまでガスタービンを採用しています。このため「ましゅう」などでは自艦の燃料消費が大きく、他の艦に補給する燃料が減ってしまっています。
 そこまでしてガスタータービン・エンジンにこだわらなければならない「大人の事情」でもあるのでしょうか。

 海自の水上戦闘艦が主流となっているCOGAGは複数のガスタービン・エンジンを組み合わせ、ギアボックスを通じて可変ピッチプロペラを駆動させます。また艦内への電力供給は専用の発電機が使用されます。

 対してIEPはガスタービンやディーゼルを発電機として使用し、推進用モーターを駆動させます。

 このためギアボックスが不要となります。ゆえに騒音の発生が大きく減少するし、耐久性、信頼性が向上します。 ガスタービンとディーゼルを混合することも容易です。従来のシステムだとガスタービン・エンジンとディーゼル・エンジンを組み合わせると個別にギアボックスが必要でしたが、IEPではその必要がありません。
 ですから高速に適したガスタービン発電機と、燃費に優れたディーゼル発電機を容易に組み合わせることができます。
 
 また高価で複雑な可変ピッチプロペラも必要ありません。ですから前後進の切替も簡単かつ迅速に行えます。更には艦内に電力を供給する専用の発電機も必要ありません。

 IEPは推進用のモーターとシャフトラインだけを艦底部に配置すればよいので、発電機、コンバーター、スイッチボードなどは艦底部におく必要がありません。
 例えばタービン発電機を上甲板に配置すれば、艦底部まで吸排気装置を引き込む必要がなくなるので、煙突などに必要なスペースが大きく削減できるだけではなく、発電機の取り外しや交換が極め容易かつ低コストで可能となります。
 
 つまり、船体がコンパクトでき、また設計の自由度があがります。また運用コストと整備にかかる時間が低減できます。

 速力に応じて必要な電力を供給すればいいので、低・中速時には1基のエンジンを動かせばいいわけで、エンジンを定格に近い状態で運転することによって燃費の向上が期待できます。
 水上戦闘艦艇が年間を通じて高速で航行する時間は極めて少ないわけで、大多数の時間は低速・中速で航行します。ですから低速・中速での燃費が向上すれば艦の燃費の向上は劇的に改善します。
 
 更に必要に応じて年次検査などをは無関係にエンジンを換装できるので、艦艇の稼働率が大きく向上します。
また艦内への電力供給に専用の発電機も必要ありません。

 更に、高度な自動化による省力化、省人化可能であり、乗組員を減らすことができます。これは特に人手不足の海自にとっては大きなメリットのはずです。

 つまりIESにはライフ・サイクル・コストの低減できるというメリットがあります。
 
 英海軍のケースだと旧式のタイプ42(5000トン級)に対して、IEPを採用したタイプ45(7000トン級)では、船体が1.5倍になっているにもかかわらず、燃料消費は半分以下となっており、単純比較でも45パーセントの燃料の節約となっています。

 仮に1日の30キロリットルの燃料が削減でき、年120日に航行するのであれば年間2億5千万円の燃料費が削減できます。

 問題は導入コストですが、例えばタイプ45と同様なIEPを導入する場合、価格は75億円(1ポンド140円換算)、ライセンス生産の場合、1.5倍として100億円程度でしょう。
 対してCOGAGを採用した19DDはタービン・エンジンと減速器、発電機などで概ね50億円です。

 輸入IEPのコストが約2倍。輸入ならば1.5倍程度です。燃料費や整備コストの低減、人員削減などの要素を加味すれば3~7年で初期投資の差は解消します。先の英海軍のケースだと約5年で価格差分を解消しています。

 また燃費の向上は燃料の中東依存を減らすことになります。さらに天然ガスやバイオマス、石炭からでも燃料が作れるFT法による合成燃料を税導入すれば、さらに劇的に燃料の中東依存が減り安全保障上メリットが大きい。
 米国防総省はすでにFT燃料の導入し、使用燃料の削減を精力的に推進しています。これは経費削減もさることながら、燃料の中東依存を減らして安全保障上のリスクを低減するためでもあります。

 また二酸化炭素の低減にもなります。
 現在国を挙げて二酸化炭素の削減に取り組んでいるわけです。経済的な価値を生み出さず、消費するだけの自衛隊が発生させる二酸化炭素を削減する意義は小さくないと思います。

 海自で導入が進まない理由の一つとしては艦艇用エンジンメーカーの抵抗があるいわれています。いままで、必要だった減速機や可変ピッチ・プロペラが必要なくなります。
 その分の仕事減ってしまいます。またエンジンもCOGAGに比べてより小さなもので、済んでしまいます。また保守・修理の仕事も減ります。
 つまりエンジンメーカーとしては売り上げが大きく減り、商売の旨味が減ります。

 ですが、それは電気機関車やディーゼル機関車が導入される時代に、SLを作っている車輌メーカーが、自分の仕事が減るから電気機関車やディーゼル機関車の導入を妨害するようなものです。

 こういう利権で喰っていこうという会社は、生存競争から脱落します。この手の会社は他の分野でも同様なネイチャーで商売をやっている想像されます。それが世に言う「企業文化」です。

 米国の自動車メーカーのビッグスリーはハイブリッド車や電気自動車の開発に乗り遅れました。自動車は石油燃料のエンジンで走るもの。自動車の労組は細かく職能ごとに区切られていますから、新しいハイブリッド車や電気自動車を開発しても現場で生産ができない。労組が反対します。
 現在ビッグスリーがどうなっているか、いまさら述べる必要もないでしょう。

 さて、株安の昨今、このような体質の企業の株を投資家が買うでしょうか。


(私のコメント)
以前の株式日記で戦艦大和になぜジーゼルエンジンを採用しなかったのかと言う疑問を書きましたが、大型艦船の航続距離を伸ばすにはジーゼルエンジンがダントツの熱効率であり、大型軍用艦船においては航続距離の長さが致命傷になる。戦艦大和は結局のところ蒸気タービンエンジンで28ノットしか出ず航続距離も16ノットで7000海里程度しか走れない。

それに対するアメリカの戦艦はアイオワ級で33ノットの高速性能と15ノットで16600海里の航続距離も持っていた。性能からしてジーゼルエンジンと思ったのですが、週刊オブイェクトのJSF氏から蒸気タービンだという指摘を受けた。調べたら確かにそのとおりですが蒸気ギヤードタービンエンジンで21万馬力なのに対して大和は15万馬力で負けていた。

分からないのはアイオワがどうして16600海里も走れたのかと言う事ですが、ドイツのポケット戦艦は20、000海里の航続距離で大西洋を縦横無尽に走る事ができたのもジーゼルエンジンだったからだ。アイオワは減速機の進歩によって航続距離と高速性能を実現したのだろう。それに対して戦艦大和は片道沖縄までしか航続距離が無い。早さも東京湾の釣り船にも負けるだろう。

総合的に考えれば戦艦大和がジーゼルエンジンを採用して10000海里以上の航続距離を走れたとしても、随行する駆逐艦が燃料切れになっては意味が無いので燃料タンクを減らして7000海里になったのだろう。これが当時の帝国海軍の技術力の限界であり、だから大和はトラック島まで基地を移さなければならなかったのだろう。

南洋での艦隊決戦を想定したからでしょうが、トラック島に海軍基地を置いた事でアメリカ軍の空襲を受けて帝国海軍は大打撃を受けてしまった。結局は蒸気タービンエンジンでは燃料を食うので油輸送船団を伴って行動しなければならず海軍の作戦行動の制約になった。

現在では大型船舶用ジーゼルエンジンが作られていますが、最近では各国海軍も燃費の重視で補助艦艇にはジーゼルエンジンを使っていることが多くなりました。アメリカ海軍の航空母艦や潜水艦に原子力を用いているのも燃料の補給の心配が無い為であり、それほど軍用艦船においては航続距離の問題は重要だ。

最近では海上自衛隊も2万トンほどの多目的空母が近く建造されるようですが、それもガスタービンエンジンで30ノットは出るようですが、航続距離は現在の護衛艦と同じくらいだろう。イージス艦でも20ノットで6000海里ではインド洋や南太平洋に行くためには補給艦を伴うかあちこち立ち寄らねばならない。平時ならそれでもいいのでしょうが戦時になったら燃料の補給はままならなくなる。

だからこそ私は軍用艦船においてもジーゼルエンジン化が進むだろうと予想したのですが、イギリスの最新鋭空母には統合電気推進システムIESが採用される。つまり航空母艦にもハイブリッド化が進む訳であり、ガスタービンやジーゼルエンジンで発電しながら電動モーターで走るようになる。低速巡航時にはジーゼルエンジンの発電で走り高速時にはガスタービンの発電を加えるようなシステムでしょう。

電気推進システムの軍艦はとくに新しいものではなく、第二次大戦中のアメリカの戦艦ニューメキシコが蒸気タービンで発電して電動機で推進するシステムでした。しかし蒸気タービン発電では従来の戦艦と性能が大して変わりが無く後にギアードタービンに代えられた。

最近になって海上自衛隊でも「ひゅうが」「いせ」などの2万トン近い大型艦が作られるようになりましたが、清谷氏が指摘するようにガスタービン一辺倒なのはどうしてなのだろうか? 護衛艦のような沿岸警備用ならいいのでしょうが、多目的空母となるとインド洋や南太平洋まで行動半径が無ければ役に立たない。大戦中の航空母艦も18ノットで10、000海里程度の航続距離がありましたが、「しらね」や「いせ」はイージス艦と同じ6000海里程度の航続距離しかないのだろう。

イギリスの最新鋭空母のクイ-ンエリザベスはガスタービンやジーゼルで発電して電動機で走る設計ですが、これなら航続距離と高速性能を両立させる事ができる。IEPなら原動機と発電機を分離して自由にレイアウトできるから広い艦内を確保する事ができる。自動車では日本のハイブリッドカーが先頭を走っているのに、大型軍用艦においては統合電気推進システム(IES)は検討もされていないのは不可解だ。

戦艦大和が活躍できなかったのは重装甲の不沈艦として設計された為に高速性能も航続距離も少なく艦隊決戦用に作られたためだ。しかし戦艦大和は不沈艦ではなかった。金剛や霧島が高速と10000海里もの航続距離で活躍できたのに対して大和の設計思想が間違っていた為だ。

海上自衛隊は主力大型艦を作るに当たって同じ間違いを犯しているように見える。ガスタービンエンジンでは燃料馬鹿食いで航続距離が短くなる。海上自衛隊は沿岸警備用の海軍であり大型の軍用艦船は65年以上も作ってはいない。22DDHもガスタービンの多目的空母ですが、IESにすべきではないだろうか?

戦艦大和にジーゼルエンジンも採用していれば金剛や霧島のようにソロモン海で活躍できたいたはずだ。しかし当時の技術力では大型船舶用のジーゼルエンジンは出来なかった。しかし戦後になって商業船舶用の大型ジーゼルエンジンが出来るようになり大型タンカーやコンテナ船などはジーゼルエンジンが主力になりました。アメリカ海軍も強襲揚陸艦などがハイブリッド化されている。

海上自衛隊の幹部はおそらく頭が凝り固まって蒸気タービン→ガスタービンという事で凝り固まってしまっているのかもしれません。JSF氏は私をど素人の妄想と切り捨てられてしまいましたが、これからの大型軍用船舶もガスタービンとジーゼルの発電機との電気推進は、ど素人の妄想と切り捨てるのだろうか? 

戦艦大和は秘密兵器として作られましたが、出来上がってみると戦艦としても高速性と航続距離で問題があった。現在の海上自衛隊の建艦思想にも問題があるように見えます。素人は黙っていろとの発言は帝国陸海軍軍人の悪い癖なのでしょうが、22DDHなどがガスタービンで役に立つのだろうか? インド洋への給油活動でもイージス艦に補給艦がくっついて行きましたが補給艦がないとインド洋までの外洋を航行できないのがガスタービン艦の弱点だ。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (59)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカは借金というコカイ... | トップ | 小沢一郎は「海兵隊は必要な... »
最近の画像もっと見る

59 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
建艦思想 (太郎)
2010-09-03 17:52:23
大和の航続距離がすくなかったことは、多分その背後にある思想による。
 それは押し寄せる、亜米利加海軍を日本海海戦のようにして、迎え撃つということである。
 亜米利加は帝国海軍の艦船は人間が生活するスペースが狭いから、長期の海軍作戦には堪えられないと見ていた。ゼロ戦の設計思想と似たものがそこにあった。
 当時の国力としてはそれが精一杯で、その事自体、わが国の海軍が外洋海軍ではなかったということだろう。
西はインド洋スリランカ、東はハワイが無理をしていったに過ぎない。
 そもそも亜米利加と戦うようにはつくられてなかったし、戦うつもりもなかった。

 太郎は早急に子供手当てや高校授業料無料化などやめて、軍事予算増強をである。

ここ20年わが国は軍事予算を増やしていない。
これが致命的である。それほどアメリカに頼ってきた。
 これからソレヲすればいいが、それには国民オ気概が必要であるが、朝鮮学校の無料化で馬鹿をしているから、先はない。

所で在特会という面白い組織があり、その会員が京都府警に逮捕され、送検された。その経緯が瀬戸弘幸氏のブログに記されていたから、そ
れを紹介する。

引用開始

今回の事件を分かり易くその流れを見ると次のようになるのではないか。

 (1)公共の公園施設を朝鮮側が勝手に無断で使用していた。

 (2)地元の人達が公園の管理をしている役所に言っても何ら改善されなかった。何もしなかった。

 (3)警察に申し入れても警察も動かなかった。

 (4)この状態に憤慨した日本人が在特会や主権回復の人達に訴えた。

 (5)京都市も京都府警も何もしないのであれば、日本人の誰かがやらなければならないということで、これを撤去して朝鮮学校側に返した。

 (6)この時に在日朝鮮人側と口論になって、持っていた拡声器などで朝鮮学校の不正を糾弾した。

 (7)朝鮮総連や左翼はこの事が広くネット映像などで流れ、在日朝鮮人側の不当行為が野放しになっている事実が広まることを恐れて、左翼弁護士や評論家、マスコミを総動員して在特会を叩き始める。

 (8)巨額なパチンコマネーに汚染された京都府警は、自分達が在日朝鮮人の不正行為を見過ごしていたことが批判されるのを恐れ、そのような動きが出ないうちに不当な逮捕に踏み切った。

 (9)この事件の根本原因である朝鮮学校を略式でも起訴しなければ、更に国民の怒りが爆発しかねないと恐れた検察は朝鮮側も起訴することで相打ちを狙った。

引用終了

これが正しく、この情報が全国へと広がれば京都府警の本部長は首になるのではないか?
 愛知県においてへまをした本部長は香川県かどこかへ左遷されたそうだが、同じく京都府警の本部長も同じではないか。
 これほど頼まれもしないで京都府警は朝鮮とつるんでいますと分かることをするか?
 気違いの集まりかよほど国民をなめているということだろう。
 いや国民の目すら意識していないからだろうか。
 この京都府警と非常によく似た行動を帝国海軍がして、何故自分自身を明らかに海軍はするのかと不思議がったのが亜米利加だという。
 頼まれもしないで、海戦の損害の打撃度を発表していたという。
 在特会も裁判所へ移ったがこの裁判所も気印が多いところだから、どのような判決をするか見ものである。
 そもそもわが国の軍隊は自衛が基本だそうだが、この在特会の人々は文字どうり自衛をしたわけだが、それがいけないとなると、もはや国は崩壊していると宣言したことになる。
 従って、外国人はでかい面をし始めるだろう。

ここにと朝鮮ポチがワンワンと啼いているから正直爺さんである我々日本人は宝の山がそこにあるから、掘ることである。

京都府警に聞くが、、<あんた等、日本人なめとるとちがうん、帝国海軍が亜米利加をなめていたように>それとも<あんた等、ほんまに、日本の警察?>

ねえ、答えてよ。


これでは警察によく絡む太郎もやり方をかえる必要があるからさああ
Unknown (Unknown)
2010-09-03 17:53:15
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-ae47.html
http://blog.kaisetsu.org/
Unknown (Unknown)
2010-09-03 17:55:24
清谷をソースにすると…
Unknown (Unknown)
2010-09-03 18:09:59
非常に限られた予算の中では、非常に重要と思われるものでも、絞り込んだものを実施する以外にないでしょう。

海自の水上艦に対する要求としては、おおざっぱには、ミサイル防御プラットフォーム充実、NCWやCECなど先進情報共有・指揮管制統合などの拡大、現状の運用を円滑に行うための個別戦力・トン数、ヘリ搭載数などの維持向上、など でしょう。


ガスタービンからIEPへの移行は近未来も含めた運用に必須のものではありません。

戦艦大和が蒸気タービンだから負けたわけではないでしょう。国力の制限です。


IEPを採用すると業界が困るし、天下りできなくなる海自も困るという記述もありますが、
確かにそんなこともあるかもしれませんが、
実際にはごく一部の会社を除き、防衛事業部の人は死活問題であっても、会社としては対して儲からない事業をリストラしたい、すなわち防衛事業から撤退したいと思っているところは多いでしょう。

新しいことをやるなら、官庁の責任としてかかる費用を賄う予算を獲得せよということになります。
しかし、昨今の状況をみれば、内局を責めるのは酷というもの。




Unknown (Unknown)
2010-09-03 18:36:46
ところで子ども手当は自衛隊員の子どもの場合は防衛費から支出することになっている。

自衛官の子供ら約20万人に支給される子ども手当235億円

これを増額して他を一律10%減。
西南戦争 かよ (Unknown)
2010-09-03 19:23:14
我が国は戦闘艦艇の性能を上げるより、首相官邸の性能をなんとかせんと…

「海兵隊は不要」と代表候補のつぶやき。案外そうかもしれないが、難しいところ
米国の破産と中国の軍拡 (Unknown)
2010-09-03 20:16:34
2010年9月 3日 (金)
2010年10月22日の大暴落に備えよ
http://switch-to-hydrogen.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/20101022-a604.html

希望の船 (2007/12/14)
統合電気推進システムの挫折裏話
http://omohituki.blogspot.com/2009/04/20071214_22.html

中国は世界第2位の軍事大国で、その軍事費は、中国の旺盛なGDPを背景に、他の東アジア諸国の追随を許さないほど圧倒的なものになるだろうことを述べました。まして中国は有数の核保有国です。核ミサイルを保有している国は容易に攻撃されることはなく、圧倒的な軍事力を保有する国は直接武力を行使しなくとも有利に影響を及ぼすことができます。

核弾頭、世界に2万3300発=保有最多はロシア、中国は4番目―米核専門家
ttp://omoituki.xsrv.jp/blog/2010/09/2020-2-2.html
Unknown (Unknown)
2010-09-03 20:18:05
多目的の22DDHがガスタービンというのは、変ですね。
アメリカの目を気にして、足枷をつけたとか。
火葬戦記の読みすぎだ (Unknown)
2010-09-03 20:49:30
>戦艦大和になぜジーゼルエンジンを採用しなかったのか

普通に考えてジーゼル(笑)に使える品質の重油が確保できないからだろ?
当時の日本にそんな余力がないのは専門家を拠るまでもなくでも高校レベルの近代史知識で十分反証可能だぞ。

>これからの大型軍用船舶もガスタービンとジーゼルの発電機との電気推進は、ど素人の妄想と切り捨てるのだろうか? 

二種類のエンジン載せて、二種類の燃料を積んで(軽油(ガスタービン)と重油(ジーゼルw))発電(ハイブリッド)推進?どんだけ効率が悪いんだよ。
Unknown (Unknown)
2010-09-03 20:56:57
>こまでしてガスタータービン・エンジンにこだわらなければならない「大人の事情」でもあるのでしょうか。

強欲な官僚利権主義が跳梁跋扈しているからな。こどもの国の「大人の事情」だ。早く官僚を始末せんと国を食い潰すぞ。

>日本は発展途上国としての限界にぶち当たっている。

ヤマトはでかすぎて鈍重だからな。

>素人は黙っていろとの発言は帝国陸海軍軍人の悪い癖なのでしょうが、

だから沈没するんだよ、今の寄生官僚と同じだ。自浄作用がないから政治が主導しなければならない。それが解らないのが発展途上国の日本だ。
Unknown (Unknown)
2010-09-03 20:57:09
>こまでしてガスタータービン・エンジンにこだわらなければならない「大人の事情」でもあるのでしょうか。

強欲な官僚利権主義が跳梁跋扈しているからな。こどもの国の「大人の事情」だ。早く官僚を始末せんと国を食い潰すぞ。

>日本は発展途上国としての限界にぶち当たっている。

ヤマトはでかすぎて鈍重だからな。

>素人は黙っていろとの発言は帝国陸海軍軍人の悪い癖なのでしょうが、

だから沈没するんだよ、今の寄生官僚と同じだ。自浄作用がないから政治が主導しなければならない。それが解らないのが発展途上国の日本だ。
Unknown (Unknown)
2010-09-03 20:58:13
http://www.mof.go.jp/kaiken/my20100902.htm
Unknown (Unknown)
2010-09-03 21:04:36
http://www.nikkanberita.com/
Unknown (Unknown)
2010-09-03 21:10:36
>Unknown (Unknown)
2010-09-03 17:55:24
清谷をソースにすると…


同意する。w

田岡元帥とまでは言わないが
笑われる事には変わりは無い。


海自は世界屈指のASW専門艦隊なんだが。
潜水艦より足が遅くてどうするんだ。
戦闘速度を犠牲にしてまで燃費を重視する艦艇設計なんて聞いたことがない。
馬鹿みたいな妄想だな (Unknown)
2010-09-03 21:45:18
>22DDHもガスタービンの多目的空母ですが、IESにすべきではないだろうか?

導入実績が浅い(IESを採用している配備艦はイギリス海軍の45型駆逐艦だけ)うえに、高価(自衛隊に金がない)からだろ。
Unknown (Unknown)
2010-09-03 21:50:27
軍事オタは、なぜ偉そうにしか語れないのか?
Unknown (某電気屋)
2010-09-03 22:46:44
兵器の速度や航続距離などは、その目的によってもかなり違うので一概にはいえません。
ヤマトの当時、艦隊戦を実施する場合、旗艦である艦艇はスピードよりも火力や防御力を重視してます。またタービンエンジンは燃料を選びませんので日本海軍の状況としてそれを選んでいると思われます。
現在の海自がガスタービンばかり、というのも伝統かもしれなせんが燃料を選ばない利点を考慮してると思われますし、性質上(軍事行動が日本近海に限られる)燃費よりも整備性、安定性、高速性を採ってるのではと思われます。
ドイツのビスマルク級戦艦は、単独行動による(そうせざるを得ない状況)イギリス海軍との対決、という目的で作られた戦艦のため、あのようなスペックとなっております。もし外洋に出て大艦隊行動を取る場合は全く違ったコンセプトでドイツ海軍は作ったことでしょう。
アメリカの戦艦が高速、航行距離長いというのは多分南アメリカの先っぽ経由wでしか行き来できない(駆逐艦などはパナマ運河を通れる)ためではないかと。運用方法によっていろいろ変わってくるので一概にはいいきれないと思いますよ。
Unknown (某電気屋)
2010-09-03 23:04:35
目的外で使用して痛い目にあった例としては、バトルオブブリテンですかね?
戦闘機がイギリス上空30分しか滞空できなかったのでいたずらに消耗してしまいました。フランスから飛んでイギリス上空30分ですよ?ゼロの活躍で日本では考えられない数字ですが、世界的に見てこれが当時の普通ですw。いかにゼロが凄かったかわかるというものです。
これが成功してイギリスがドイツに占領されていたら歴史はかなり変わったでしょう。
博識だな (むう)
2010-09-03 23:27:47
全然理解できない今日の記事
TORA氏の言う、ゆとりなのか

それでもすごいと思う
たまに現実と情勢と乖離してるとこもありますが
ここは軌道修正できるのがいいと思う
Unknown (某電気屋)
2010-09-03 23:50:19
ちょっと訂正します。
近年の軍事用艦艇ガスタービン化は航空機用を流用して高出力軽量化を計ってるそうです。燃料何でもOKが理由ではありませんでした。
また、アメ海軍の戦艦はパナマ運河通れるようにできてました。アイオワ級の速力は当時の艦隊行動が高速化していたためそれに合わせるよう設計したそうです。
ちょっと調べて投稿すべきでした。訂正致します
素人は黙ってろ (Unknown)
2010-09-04 04:18:08
先に諸賢からのツッコミが入ってるのに安心。

補給艦を随伴しない艦隊は長期的な行動に大きな制限を受ける。

しかし、大概の補給艦は速度が遅いので艦隊の足を引っ張る。だからこそ海自の新鋭補給艦は速力を重視してる。

この性能の高さがインド洋の補給活動でどういう風に役立ったか、どれだけ日本の補給艦が重宝されたかについて何も知らないまま知ったかぶりでこの記事を書いたのだろう。管理人は一から調べ直すべき。

どういう状況を想定して運用するか、どれくらいの性能が必要なのか、それは各国の地政学的環境によって左右されるので性能の長短に違いが出るのは当然のこと。
最新のコンテナ船は28,5ノットで走る! (TORA)
2010-09-04 09:37:08
伝統の船名をより高いレベルで継承した
最大・最先端を誇る21世紀の
フラッグシップ


全 長 284.71m
全 幅 40.00m
深 さ 24.30m
喫 水 12.50m
重量トン数 71,376D/W
総トン数 68,687G/T
個数 5,600TEU
主機出力
(最大) 80,000ps
最大速力 28.5knots


 国際定期航路のコンテナ革命は1960年代の後半に幕を開けた。1968年に北米航路に就航した川崎汽船の初代「ごうるでんげいとぶりっじ(以下GGB)」は、我が国におけるコンテナリゼーションのパイオニア的役割を担った代表的な高速フルコンテナ船。以後この船名は、同社のコンテナ船隊のフラッグシップに与えられる由緒ある船名として受け継がれてきた。
 コンテナリゼーションの進展と世界貿易の拡大を受けて、コンテナ船は国際定期航路の主力の地位を確立し、船型も大型化に向かった。初代GGBでは716TEU(20フィートコンテナ換算積載個数)だったコンテナ積載能力が、85年に就航した二代目GGBでは2069TEUへと飛躍的に拡大している。
「GOLDEN GATE BRIDGE」は、表記は英語に変わったが、Kライン伝統のフラッグシップの名を受け継いで三代目に当たる最新鋭の大型高速コンテナ船。船型、積み個数、主機出力、速力のすべてにおいて、二代目GGBはもちろん、これまで同社の最大船型だった「せとぶりっじ(以下STB)」シリーズをも大きく上回る。
 とくに積み個数において5600TEUと国内最大級のスペックを実現したが、外観から見たサイズはSTBシリーズをさほど大きくは上回らない。目立つのはSTBシリーズの32.2メートルに対し40メートルに拡大された船幅で、これでSTBシリーズに対し積み個数が約50%アップしたことは、この間のコンテナ船建造技術の大きな進展を物語るものといえる。
▲大型ドックで姉妹船と
並んで建造中の
GOLDEN GATE BRIDGE



▲8万馬力の出力を誇る
最新型エンジン

 船幅の拡大はスタビリティー(安定性・復元性)の向上につながり、安定性確保のためのバラストスペースを小さくできる。これが見かけの大きさ以上に積み高を拡大できた秘密の一つ。さらに上甲板、外板、船殻の鋼材の板厚を上げて、ガーダーと呼ばれる縦方向の補強材を省略した、いわゆるガーダーレス構造としたことも、ホールド内の有効スペースを拡大した。
 こうしてSTBシリーズと比べ、ホールド積みは四列、デッキ積みは三列積載スペースが増えた。さらに深さをやや大きくし、ラッシング・ブリッジ・システムを採用したことで、オンデッキとホールドで各一段ずつ高さ方向に積載スペースを増やしている。
 ラッシング・ブリッジとはデッキ積みの貨物を固縛するために各ハッチ間に置かれた作業ステージで、高さはほぼコンテナ一段分あり、デッキ積みコンテナを従来より一段高く積むことを可能にする。 これらに対応して冷凍コンテナの積み個数もSTBシリーズと比べほぼ倍増の500個積みとなった。またホールド内は20フィート/40フィートのいずれも積める「ツー・イン・ワン方式」を採用。変動する積載パターンにも柔軟に対応できる。
 主機は最高八万馬力、常用6万8000馬力という世界最大級の出力を誇る最新型エンジン。これ以前に同社船に搭載された最大スペックの8万馬力エンジンと比べ大きさは約半分で済み、スペース効率の面でも大きく貢献している。速力は最大で28.5ノット、サービス・スピードが25ノットと、これも同社のコンテナ船の中では最速を誇る。
 さらに従来は5年に2回だったドック入りを一回で済ませることが可能な仕様も採用された。5年間塗り直し不要の船体塗料の使用と、エンジンの保守を軽減するセントラル・クーリング・システムの導入によるもので、スケジュール遵守が生命線となるコンテナ船にとってアキレス腱ともいえるドック入りの回数を軽減することで、運航効率をより向上させるアイデアだ。

http://www.jsanet.or.jp/newship/003.html
Unknown (通りすがり)
2010-09-04 12:05:43
とりあえず、本文中にあったJSF氏とのやりとりを貼っておきますねー。

NECも日立も、スパコンを止めてしまった。一番喜ぶのは米国メーカーである。
ttp://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/3ecc648cbd854dd73a366475c5b23cd1

良く知らない分野で知ったかぶりをする人間の大失敗
ttp://obiekt.seesaa.net/article/133918164.html

TORA氏の主張は過去・現在・未来の何れに置いても存在しない事象である
ttp://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/534f9a620ff53cb5a8637cfa9f53e524

高速戦艦は空母の直衛をすべきもの?
ttp://obiekt.seesaa.net/article/134102849.html

JSF氏の話し方には、議論が冷静に展開する余地がほとんどない。
ttp://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/b5215e816e6a765f734fa84e6b9d9349

最後まで誤魔化しと話題逸らしに終始したTORA氏
ttp://obiekt.seesaa.net/article/134384510.html

TORA氏は議論の末に
「こんな事を続けていればJSF氏は誰にも相手にされなくなるでしょう」
と予言なさっていますが、現状のJSF氏のアクセス数は2,870万程度。
この当時からたった800万しか増えていません。凋落ぶりは明らかですね。
TORA氏の予言が当たった形です。
Unknown (はる)
2010-09-04 12:24:16
海外派兵を除外しているので、航続距離の長いものを作ろうとしても反対されるのでは?
ディーゼルエンジンの欠点は、始動性の悪さ、騒音と振動(古いかな)。特に暖機運転に時間がかかり、全く冷えた状態からだと冬季には7時間程有した(20年前は)。
ガスタービンの利点は、始動性の良さと静かさ、何よりこの暖機がほぼ不要。前後進の切り替えもディーゼルよりも早かったような。
よって、平時はともかく危急の時を考えればガスタービンを選ぶのでしょう。
将来は、波動エンジンに波動砲ですかね。
IESだと可変ピッチプロペラがナゼ不要になるのかな?
Unknown (Unknown)
2010-09-04 13:13:47
http://www.ustream.tv/channel/dpj-channel
Unknown (Unknown)
2010-09-04 13:18:39
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-e715.html
http://www.amakiblog.com/archives/2010/09/03/#001661
Unknown (ponpon)
2010-09-04 13:25:38
> 高度な自動化による省力化、省人化可能
> 人手不足の海自

少子化によって、若手の優秀な人材はもっと減っていきますからねぇ。個人的には、劣子化による技術力低下、運用力低下が非常に気になります。モノを作る能力も低下、モノを扱う能力も低下していく日本…。既に色んな面で兆候が表れ始めています。

> 経済的な価値を生み出さず、消費するだけの自衛隊

防衛や警備というのは本来、国富を守るためのものですが、外債購入などで国富がどんどん流出している昨今、果たして自衛隊に防衛能力があると言えるのかどうか…。(笑)ま、カネ(紙切れ)が意味を成さなくなった時には重要な存在になるのでしょうが…。それにしても、最近の若者は体が貧弱ですね。学校で筋骨隆々に鍛え上げたほうが良いのでは?金融崩壊に間に合うように…。

> メーカーの抵抗がある
> 導入を妨害する

こういうのはいつの時代もあるんでしょうね。日本にバスが登場した時も、馬車業者の妨害が酷かったらしいです。でも、今は馬車は走っていない。旧勢力はいずれ消えてしまう運命…。

> 技術力の限界
> 設計思想が間違っていた

アイデアはあるけど技術力が足りない、技術力はあるけどそれを活かすアイデアが無い、というのはよくあるケースです。ま、企画屋、技術屋が適材適所に配置されていないせいでしょうが…。

> 当時の日本にそんな余力がない

戦時中の日本では、物資不足で竹筋コンクリートの橋が架けられていたくらいですからねぇ。今でも実在していますが…。

> 軍事オタは、なぜ偉そうにしか語れないのか?

弱い人間は強いもの、大きいものに憧れます。
強い人間は弱いもの、小さいものを慈しみます。

以上。(笑)
どうかな (太郎)
2010-09-04 13:28:58
>素人は黙ってろ (Unknown)
2010-09-04 04:18:08

<素人は黙ってろ>は確かに一面の真理をついているが、それよりも素人の意見は基本的には聞くことが大切であるが太郎の立場である。
 常務はよくお客の意見は聞け、特に素人のお客の意見を聞けと言った。
 
 人に沈黙を強いることはかえって害のほうが多い。其の意見が荒唐無稽でも。
 
Unknown (Unknown)
2010-09-04 13:36:47
http://www.ozawa-ichiro.jp/elections/
http://live.nicovideo.jp/gate/lv25848987
http://kannaoto.jp/index.html
Unknown (Unknown)
2010-09-04 15:35:23
自動化というのも問題はあるのです。

プラットファームとなる武器の場合は、ダメージコントロールという考え方も必要になります。

故障はもちろん、被弾した場合などでも機能性能が制限されてもなるべく動くことが必要になります。
自動化でそれが故障したらもうお手上げとなるのはまずいのです。

よってミッションクリティカルな系統に関しては冗長性をとるなりしていますが、
やはり自動化での一番のネックであるソフトウェアのバグには対応できません。

コンピュータでしか動かせないとなるのは、サバイバビリティが低くなってしまいます。
Unknown (Unknown)
2010-09-04 15:48:48
プラットファーム→プラットフォーム
技術力の差 (Unknown)
2010-09-04 19:49:58
大和はディーゼルエンジンにしたかったけれども、当時の技術力では大和に使える大馬力なディーゼルエンジンがなかったということでしょう。その大和用のエンジンのテストベッドとしての大鯨にエンジントラブルが頻発してやめたといいます。
ドイツは通商破壊用に大型艦に後続力を持たせるためにディーゼルエンジンを使いましたが、トラブル続きで実用性が低いものでした。あのドイツでさえですから、日本ではまして無理です。
そういった日本の基礎技術の低さは、蒸気タービンにおいてさえ高圧の缶を使えないという点でアメリカにも劣っており、それがアイオワと大和の性能の差となっています。
めちゃくちゃですねぇ (Unknown)
2010-09-04 22:31:18
突っ込みどころは多数ありますが、一つだけ

>大型軍用艦においては統合電気推進システム(IES)は検討もされていないのは不可解だ。

つ19DD

ちゃんと訂正をしてくださいね^^
Unknown (そう言えば過去に)
2010-09-04 23:52:28
「むらくも」型と「ちくご」型というディーゼル推進の護衛艦があったと思いますが、
そのあとに続く船がなかったのは何故なのか?

エンジンで発電機を回す電気推進については、
砕氷艦が採用するのみで他に拡がらないのは何故なのか?

この辺りに理由がありそうですね。
知ったかぶりは罪 (Unknown)
2010-09-05 23:48:42
どうかな (太郎)氏
2010-09-04 13:28:58

素人の意見を聞くという姿勢とは別。

全く以って勘違いも甚だしい世迷言が更に
別の素人を惑わせ、国を維持するのに必要
なあらゆる行動を無駄と称して削らせる。

それに気付いたデマゴーグが民主党。
民主制国家では、国民のレベルに合わせた
政権が誕生する仕組になっている。

この世に文言を公開する以上、最低限の
調査はするべきで自説をも検証するのは
発言者の責任である。

「私は素人だから」と言い訳をするなら
さっさとブログを削除して日記帳に妄想
を書き続けて引き出しに仕舞っておけばいい。
Unknown (Unknown)
2010-09-07 21:17:12
まず、オールガスタービンは機関部の自動化により人員の削減が可能。
また、始動性や加速性が高く、短時間に臨戦態勢に移行できる。
更に言うなら、さほど即応性能が必要とされていない輸送艦には海自でもディーゼル主機が採用されているし、海自所属の南極観測船や砕氷艦は統合電気推進システムを採用してる。
これは間違っても燃費目的じゃないが。
また、ガスタービンは回転域によって燃費が大きく異なる。
高回転域だとディーゼルより燃費が高くなることもある。

大和に関しては間違いだらけ。
大和は燃料満載時には11000海里以上の航続距離があった。
また、アイオワと大和だと満載時燃料量が違う。
大和が7000トン弱に対して、アイオワは10000トン弱燃料を搭載できる。
航続距離に差が出るのが当たり前。
けっして、「減速機の性能」とやらが理由じゃない。
Unknown (Unknown)
2010-09-07 21:20:45
追記
クイーンエリザベス級の主機はディーゼルじゃなくてガスタービン。
45型駆逐艦も同じ。
これらの燃費が改善したのは、統合電気推進システムのおかげではなく、ガスタービンが新型で燃費が向上してるせい。
Unknown (NNS)
2010-09-07 21:29:40
とりあえずさ~
日本は国産のジェットエンジンや船舶用ガスタービンエン
ジンを作れないとか言ってるおバカさんは「IHI」という会
社の存在を知らないのかな~
そしてその会社がT-4練習機やP-1対潜哨戒機向けに純国産
ジェットエンジンを作ってる事を知らないのかな~
統合電気推進はとってもコストが高くて次世代の大電力を
必要とするシステムでも搭載しない限りほとんど意味がない
事を知らないのかな~
まあ別に知らなくたっていいけど~そうやって自分で調べもせず
人が言った事を鵜呑みにする人って一生貧乏サラリーマンで
人生を終えると思うんだよね~
Unknown (オブイェクトから来ました)
2010-09-07 22:12:24
記念ぱぴこ
Unknown (Unknown)
2010-09-07 22:31:18
Unknown (通りすがり

アクセス数ちゃんと見ましたか?
やっちゃいましたね (オブイェクトから来ました)
2010-09-07 22:33:10
この記事を読んだJSF氏は大変にご立腹です。
いますぐこの記事を取り消して謝罪しないと
大変なことになりますよ?
失笑レベルです。 (おもしろいのでどんどんやれ)
2010-09-08 06:59:21
ドイツのディーゼル搭載艦は機関故障でドック入りしまくりだったりします。大和級にディーゼルエンジンを搭載していたら、故障で動かない、全く使えない船になっていたでしょう。
大和級が活躍できなかったのは、燃料不足のためです。大和一隻を動かす燃料で、金剛級2隻を動かせますから、経済性を考えれば当然でしょう。
お得意の経済関係の信憑性も疑わしくなるので、軍事関係の批評は止めた方が良いと思います。
でも、素人かんがえで、間違った前提で間違った結論を導くようすは、おもしろいのでこれからも続けてください。

Unknown (Unknown)
2010-09-08 09:21:14
大和級戦艦の航続距離は計画値で16ノットで7200海里、実際は16ノットで11000海里を超えていましたよ。
ついでに言えば速度についてもアメリカ戦艦と同じ計測方法で測れば29ノット以上に達します。充分に高速戦艦です
Unknown (Unknown)
2010-09-08 09:30:17
未だにディーゼル機関の長所と短所を理解していないのですか、
あなたみたいな人がいるから、経済畑の人が「文系脳」とひとくくりに馬鹿にされてしまうのですよ。
Unknown (Unknown)
2010-09-08 11:14:18
>未だにディーゼル機関の長所と短所を理解していないのですか、
あなたみたいな人がいるから、経済畑の人が「文系脳」とひとくくりに馬鹿にされてしまうのですよ。

とらちゃんは、わざとやってるんだろ?
わざとじゃないと痛すぎるよw
Unknown (Unknown)
2010-09-09 01:35:22
>それに対して戦艦大和は片道沖縄までしか航続距離が無い。

どこをどう間違えればこういう不思議結論が出てくるのか?呉ー沖縄間は500海里ちょっとなんだけど。
Unknown (Unknown)
2010-09-09 21:30:07
いや、アイオワってね、目いっぱい燃料の重油積み込むと1万トン近いんだよ
大和は最初6000トンほど積んで、それで12000浬/16ktの航続力を持っていることが試験で判明し、
あまりにも過大だということで4000トン強まで燃料の搭載量を減らしたんだ。
7200浬ってのはその4000トン強の燃料を使い切って走れる距離だよ。
Unknown (Unknown)
2010-09-10 22:35:32
侮辱する気はないんだけど、この人はアスペなんじゃないかと思う…

ちょっと叩き過ぎだぞお前ら
Unknown (Unknown)
2010-09-14 13:57:08
懐かしの「株式日記と経済展望」のTORA氏の再登場です。相変わらず初っ端からあらゆる箇所を間違えています、学習能力無いんでしょうかこの人・・・。
Unknown (tac)
2010-09-20 21:04:54
各所で物笑いのネタになっているので拝見しに参りました。
少しはWikipediaあたりでも見て自分の文書を推敲しては如何でしょうか。
TPOを考えずに他所はこうやってるからそうするべきだ論は、常識ある人間からは唾棄すべきものに見えますね。
Unknown (Unknown)
2013-01-04 07:14:20
素人なら、もう少しお勉強しましょうね。
アメリカの圧力と諸外国の目、憲法の制約 (日本防衛を懸念)
2013-07-30 23:36:47
単艦艇で外洋に出れないようにされているのは、U+2460日本の自衛隊装備は、アメリカの同意が必要なこと。U+2461中国等の干渉を気にしていること。U+2462憲法の制約で攻撃力を持った武器が持てないことです(外洋=先制攻撃力)
Unknown (Unknown)
2013-09-27 15:56:26
とりあえず突っ込み。
自衛隊装備になんで高速を求めるの?
自衛隊は基本日本海・太平洋近海での作戦行動しか考えてないしそもそも艦隊行動では一番遅い船に速度を合わせるんだが…

ついでに言うと自衛艦は単艦で外洋行動できるからな?
ハワイ沖まで普通に無補給で動けるからな?
あと戦時でなんでインド洋まで行く必要があるのさw
何処と戦争する気?
しらせ (Unknown)
2014-04-17 21:15:16
統合推進なんての英米の新鋭艦にようやくでしょ?

しかし突っ込みとして、何故、自衛艦しらせがでてこない? むしろ実証的に取り組んでいる三番目の海軍ではないでしょうか。
Unknown (Unknown)
2014-08-18 17:31:43
筆者は勘違いをしていると思う
ガスタービンのディーゼルとの大きな違いは即応性とエンジンの小ささの割に大きな出力がでることですガスタービンはもともと航空機向けのエンジンを艦船ようにしたものであるゆえにレスポンスがディーゼルとは比較にならないです。それにディーゼルは燃費がいい代わりに騒音が大きい上にガスタービンと違い排気ガスが黒く露呈しやすくなってしまいます航続距離と仰いましたがその為に海自には多数の補給艦がいるのです。結論を述べますとディーゼルを艦艇に導入するメリットよりもデメリットのほうが上回るということです。
Unknown (Unknown)
2015-03-18 20:48:10
アイオワと大和は運用目的が全く違うので比較するのはどうかと思いますよ?アイオワは空母機動部隊随伴の高速戦艦であって、高速で航行するために砲撃戦を行う戦艦としての能力が不足しています。ですから高速で当然な訳です。大和型と比較するのであれば同世代のアメリカの艦隊決戦型戦艦であるサウスダコタ級が相応しいです。
Unknown (もも)
2015-03-23 16:35:10
>戦艦大和は片道沖縄までしか航続距離が無い

あんまりデタラメ書かない方が良いですよ。
大和の航続距離は実際は11000海里で、
本土と沖縄間を3往復出来ます。
いまだに大和が片道燃料を積んで出撃したとか言うデマが信じられていて困った物です。

速度もアメリカ海軍の空荷出の計測なら29ノット以上でます。おまけに168,000馬力出せる所を、 150,000馬力に制限して使っているのでさらに速度は出せます、おまけに日本のボイラーは実戦で規定出力が出せなかった時の責任を回避するためにかなり過小に主力が見積もられているので、さらに出力を出す事が出来ます。
エンジンフェチではだめですよ (元海士長)
2015-09-14 02:30:03
艦船としての機関的な分野に関しては一理あるかもしれませんが、現代の軍艦の使命をもう少し考えて下さい。ガスタービンは対潜上静粛性に優れ大型ディーゼルは騒音面に難が有ります。故に米海軍そして自衛隊含め諸外国でも主機に採用されてます。軍隊なので燃費至上主義の発想にはなりません。その為の補給艦です。
Unknown (通りすがり)
2015-09-15 00:29:52
清谷信一の記事を引用している時点でねぇ…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
戦艦大和復元プロジェクト (森羅万象の歴史家)
 戦艦大和復元プロジェクト第四章は余分だった。的外れな俗説を連発する半藤一利のうざさは、ドキュメント番組に登場する雛壇芸人なみである。 ・歴史の真実を胸に刻み、日本国はシーレーンおよび排他的経済水域を防衛するための海自戦力の増強に邁進しなければならない...
海兵隊に再び「最後通牒」 (東京の郊外より・・・)
12日、ゲーツ長官は海兵隊記念協会で演説し、海兵隊に対し21世紀の環境にふさわしい戦力組成について再検討するよう命じたことを明らかにしました。昨日は「率直な地域情勢認識」部分についてご紹介しましたが、本日は「海兵隊の将来像」に関してです
政治と国防 (政治の本質)
皆様、こんにちは。 ロベルト・ジーコ・ロッシです。 政治の本質 第6回です。 今回は、政治と国防について皆様と一緒に考えていきたい...
中国病院船がアフリカ往診 (東京の郊外より・・・)
病院船“Peace Ark”がアフリカ東部海岸沿いの諸国、ジブチ、ケニア、タンザニア、セイシェル、更にバングラディッシュを計89日間かけて訪問し、病院船の機能を活用した医療サービスを提供すると発表