株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

ドイツ銀行が破たんすると、世界はリーマンショック時よりも深刻な状況となります。史上最悪の金融パニック

2016年02月10日 | 経済

ドイツ銀行が破たんすると、世界はリーマンショック時よりも深刻な状況
となります。史上最悪の世界的な金融パニックを起こすことになります。


2016年2月10日 水曜日

ドイツ銀行が破たんの危機に! 2015年9月24日 日本や世界や宇宙の動向

どうやら。。。ゴールドマンサックスやJPモルガンなどの米シオニスト銀行よりもドイツ・シオニスト銀行がかなり危険な状態のようです。
ドイツ銀行が破たんすることで世界的な金融パニックが起こることになるとのことですが。。。それがいつ起こるのか。。。気になります。
ドイツ銀行が危ないなんて、シオニスト・メディアは一切伝えません。世界的に株価が相変わらず冴えませんので、株式市場も怪しいということは分かりますが。。。いよいよ、デリバティブに深く足を突っ込んでしまったドイツ銀行が破たんすることになるのでしょうか。

そういえば、今日は西洋諸国では9月23日になります。
本当に何かが起こされることになるのでしょうか?何もなければ良いのですが。。。

http://beforeitsnews.com/alternative/2015/09/deutsche-bank-is-headed-for-collapse-in-germany-3218300.html
(概要)
9月22日付け
ドイツ銀行が破たんの危機に。。。

 

ある情報筋によると、もうじきドイツ銀行が破たんする危険性が高くなりました。
破たんの時期は分かりませんが、ドイツ銀行が破たんすればリーマンショックの再来となるでしょう。ドイツはヨーロッパ経済を支えてきたと言われていますが、実際は非常に深刻な問題が噴き出しつつあります。
ドイツのDAX株価指数も大幅に下落しましたし、ドイツ銀行が破たんする兆しがいくつも見え始めています。
世界中の銀行の中で、ドイツ銀行ほど名声のある影響力の強い銀行はありません。

 

リーマン・ブラザーズのように大きすぎて潰せない銀行は一夜にして破たんなどしません。破たんの前には、必ずいくつもの警告サインがあります。

中略

大手銀行が破たんの危機にあるときは、次のような緊急対策を行います。
まずは大量のリストラです。最近、ドイツ銀行は23000人(主に技術者)のリストラを発表しました。これは全スタッフの4分の1にあたります。
また、ドイツ銀行は数々の法的問題を抱えています。
ドイツ銀行は過去3年間で訴訟の和解金に90億ドル以上も支払ました。4月には相場の不正操作で25億ドルを支払い、その後も数々の不祥事で巨額の賠償金を支払い続けています。

中略

このような法的問題はドイツ銀行が抱える問題のほんの一部に過ぎません。
ドイツ銀行は昨年春以来、次のような問題を抱えています。

・2014年4月・・・・ドイツ銀行は、ティアワンキャピタルの自己資本をさらに15億ドル追加せざるを得なくなった。
・2014年5月・・・・ドイツ銀行は80億ユーロ(最高で30%も値引きをして)もの株を売却。
・2015年3月・・・・ドイツ銀行はストレス・テストで不合格。資金構成を強化するよう警告を受けた。
・2015年4月・・・・ドイツ銀行はLIBORの不正操作に関して英米と和解。米司法省に21億ドルの賠償金を支払った。
・2015年5月・・・・ドイツ銀行のCEO(Jain氏)が理事会によって絶大な権限を与えられた。これはドイツ銀行が危機に瀕していることを物語っている。
・2015年6月・・・・ギリシャはIMFに返済できなかった。ギリシャがデフォルトすれば、ドイツ銀行は大きなダメージを受ける。
・2015年6月6日、7日・・・・ドイツ銀行の2人(Jain氏とFitschen氏)のCEOが突然辞任を表明。
・2015年6月9日・・・・S&Pはドイツ銀行の格付けをBBB+(ジャンクから3段階上)に下げた。これはリーマン・ブラザーズが破たんする3ヶ月前に格下げされたレベルよりも低い。

このようにドイツ銀行は健全な経営をしていないことが分かります。ドイツ銀行の無謀な行為により経営は益々悪化しています。
ドイツ銀行はデリバティブに約75兆ドルもの資金を投入してきました。
ドイツの年間GDPはわずか4兆ドルです。このようなことからも、ドイツ銀行は破たんすることが確実視されています。しかし、ドイツ銀行が破たんしても、ヨーロッパも、世界のどこを探しても、ドイツ銀行を(十分な資金で)救済することも、混乱を解決することもできません。
ドイツ銀行は金融大崩壊という兵器を所持しているのです。
ドイツ銀行が破たんすると、世界はリーマンショック時よりも深刻な状況となります。ヨーロッパの金融システムを破壊し、史上最悪の世界的な金融パニックを起こすことになります。


(私のコメント)

最近の株価暴落は石油暴落や中国のバブル崩壊などが原因だろうと書いてきましたが、それならば予測がついたことなのですが、ぐっちーブログなどでも書いていましたがドイツ銀行が危ないらしい。ジョージ・ソロス氏が言っていたのはドイツ銀行の事なのだろう。

しかしマスコミがドイツ銀行の事を全く報道しません。日経新聞が少し記事にしていますがネットでは読めません。ネットでの記事を探しても最近のものは僅かしかなく、去年出来てた記事の焼き直しが多い。リーマンショックの時もぐっちー氏が3月ごろサブプライム債が危ないと書き始めて、9月にリーマンが破たんした。

ドイツ銀行も去年の6月ごろに悪いニュースが出てきて、いよいよ最終局面が来たのかもしれない。ドイツ銀行のCEOの二人が辞任しているのが一番気にかかりますが、23000人ものリストラはとてつもない危機がドイツ銀行内に隠されているのだろう。

あいにく日本の金融マンでもドイツ銀行事情に精通した人がおらず、日本の経済記者も記事に出来ないのだろう。ギリシャがらみでの危機なら分かりますが、ギリシャがらみのデェリバティブ債に原因があるらしい。LIBORがらみの賠償金も足を引っ張っている。

リーマンショックの時はアメリカ政府が80兆円も出して危機を救いましたが、ドイツ銀行が破たんしたらドイツ政府は公的資金を負担できるのだろうか? そうでなくとも今や100万人もの中東からの避難民を抱えてドイツ国内は揺れている。

フォルクスワーゲン社も何兆円もの賠償金を支払う問題を抱えてドイツ銀行を揺さぶっている。これだけ悪材料が並んでいるのだからドイツ銀行問題が大きく報じられないのは不思議でならない。ベンジャミン・フルフォード氏が次のように書いている。


ドイツ銀行、ギリシャと共倒れ危機 衝撃的な格下げ 欧州崩壊待ったなし 2015年7月7日 ベンジャミン・フルフォード ZAKZAK


■CEO辞任と衝撃の格下げ!ドイツ銀行破綻で欧州崩壊

 ギリシャ経済の破綻のときが刻一刻と近づいている。現在、毎月訪れる融資の返済期日を国有資産の“叩き売り”によって凌いでいるが、7〜8月に期限を迎える100億ユーロの国債償還については、目処が立っていない。さらに今月(編注:6月)に入り、国内の銀行から1日当たり約5億ユーロが引き出されており、すでに取り付け騒ぎが起きている状況なのだ。

 そんななか、ギリシャと共倒れする危機に瀕しているのがドイツ銀行だ。EUの優等生であるドイツ最大の同行は、ドイツのGDPの20倍に及ぶ54・7兆ユーロものデリバティブ(金融派生商品)取引をしており、その経営は実にハイリスクなものだ。そのなかには、ギリシャの債務支払いを債権者に担保するような内容のものがかなり含まれている。

 ’10年に表面化したギリシャの経済危機以降、同国はゴールドマン・サックスをはじめとする世界の金融機関から融資を受け、借金によって借金を返済する自転車操業を続けてきた。そしてドイツ銀行はデリバティブ取引により、ギリシャの借金の事実上の保証人となってきた。そのため、ギリシャがデフォルトに陥った場合、同行は無限の損失を被ることになる。

 こうした状況を前に、6月9日、米スタンダード・アンド・プアーズは、同行の格付けを2段階引き下げ、「BBB+」とした。破綻直前のリーマン・ブラザーズですら「AA−」だったことを考えても、これはかなり衝撃的な評価だ。格下げ発表の直前、同行の共同CEOの2人は、沈みゆく船の船長よろしく、辞任を表明している。(後略)



ジャンル:
経済
コメント (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジョージ・ソロス、をはじめとし... | トップ | 金融マンは「もう投資先が無い」... »
最近の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
♪ 財務省は喜び庭かけ回り、日銀はこたつで丸くなる ♪ (Unknown)
2016-02-10 14:09:30
日本経済、完全崩壊!
ムノウ日銀とゲスキワ財務省は喜んでケツ舐めに勤しんでます!

日銀ホームページ http://www.boj.or.jp/
『 日本銀行は物価の不安定化と金融システムの混乱を目的とする、日本のインチキ中央銀行です! ヘヘヘ 』


ニュース速報: 日経平均が前日比で一時600円を超える下落=東京株式市場≫ 

〔マーケットアイ〕[東京 10日 ロイター] -
<13:10> 日経平均は軟調継続、追い証懸念でポジション落とす動き
日経平均は軟調継続。下げ幅は再び400円を超えている。
市場では「個人投資家の売買では現物で拾う動きも見られるが、信用では売り越しとなっている。追い証発生を見越してポジションを落とす動きが強まっている」(国内証券)との声が出ている。
ドイツ銀行破たんか? (Unknown)
2016-02-10 14:15:48
(ブルームバーグ):ドイツ銀行のジョン・クライアン共同最高経営責任者(CEO)は、同行が「完璧に安泰だ」との書簡を行員宛てに送った。8日の株価急落を受けて行員および市場の懸念払拭(ふっしょく)を図った。 9日に公開された書簡でクライアンCEOは、ドイツ銀が法的費用を賄う能力について不安はないと強調。法的問題に対する引当金を今年積み増さなければならないのは「ほぼ確実」だが、それは既に財務計画に織り込み済みだと説明した。 「未解決の規制および法的問題を迅速かつ成功裏に解決するため私が自ら指揮を執っている。

衝撃! 昨年12月の消費支出が ・・・ (Unknown)
2016-02-10 14:19:36
実質消費支出(二人以上の世帯/前年同期比)
2014年
 01月 1.1
 02月▲2.5
 03月 7.2
 04月▲4.6 *
 05月▲8.0 |
 06月▲3.0 |
 07月▲5.9 |
 08月▲4.7 |
 09月▲5.6 | 2014年度平均 ▲5.025
 10月▲4.0 |
 11月▲2.5 |
 12月▲3.4 |
2015年
 01月▲5.1 |
 02月▲2.9 |
 03月▲10.6 *
 04月▲1.3
 05月 4.8
 06月▲2.0 ←消費税導入後より更に消費が減ってる(悲)
 07月▲0.2 
 08月 2.9 
 09月▲0.4 
 10月▲2.4 悪化
 11月▲2.9 さらに悪化してる(悲)
 12月▲4.4 年の瀬12月なのに ・・・
http://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/ (速報/直近4ヶ月)

実質賃金(数値の改竄を始めました!)
2014年
  1月▲2.1
  2月▲2.4
  3月▲1.6
  4月▲3.6 *
  5月▲4.0 |
  6月▲3.6 |
  7月▲2.1 |
  8月▲3.4 |
  9月▲3.4 |
  10月▲3.4 |2014年度平均▲3.0!!!
  11月▲3.1 |
  12月▲2.0 |
2015年
  1月▲2.3 |
  2月▲2.3 |
  3月▲2.7 *
  4月▲0.1 速報値を盛って盛ってプラス発表 → 確報値はマイナス!
  5月 0.0 辛うじてプラス発表。でも実際は ・・・
  6月▲3.0 速報値から更にマイナス(哀)
  7月 0.5 ついに数値の改竄を始めたか!?
  8月 0.1 速報値 0.2 から下方修正
  9月 0.3 ついに数値の改竄を始めたか!?
  10月 0.4 ついに数値の改竄を始めたか!?
  11月▲0.4 ついに数値の改竄を始めたか!?
  12月▲0.1 (速報値)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/30-1a.html
(月を選択 →「時系列第6表 実質賃金指数」又は PDF「概況」)
Unknown (Unknown)
2016-02-10 14:27:29
>最近の株価暴落は石油暴落や中国のバブル崩壊などが原因だろうと書いてきましたが、それならば予測がついたことなのですが、ぐっちーブログなどでも書いていましたがドイツ銀行が危ないらしい。

だんだん賑やかになってきたね、期待どうりに起こってくれるかどうか。
それより (noname)
2016-02-10 14:40:51
アベノミクスの正当性を強弁するための頼みの綱である株価が年金資金溶かしまくっても支えられていない方がやばいんじゃないですか?

年金資金溶かしたことに対しての賠償(憂さ晴らしにしかならないでしょうが)責任はどこにも無いんでしょうね。罪にも問えないでしょうし。

同じようにお馬鹿さんの判断で自衛隊をどっかの戦争にかり出して、損害があっても園判断に対する責任はせいぜい政治家じゃなくなるくらいなんでしょうね?戦争始める権限には失敗したら罪に問われる責任もセットにして欲しいですね。
Unknown (笑氏)
2016-02-10 14:58:12
経済のことはワカランが、嬉々として書き込んでる者は、何が起こっても自分だけは安泰なのかね?
恐慌とバブル崩壊は同じ現象だ。 (Unknown)
2016-02-10 15:09:43
グローバル経済は他国を犠牲にして経済発展できるような経済システムでないのだ。

ユーロ圏で一人勝ちのはずのドイツの金融システムは悪化する一方だ。

ユーロ通貨がギリシャのようなユーロ圏の弱小国に流れて、投資が活性化して、経済が好調な時は弱小国の債務返済に支障がない。

しかし、投資の流れが、止まると、ユーロ通貨を使っている弱小国は大幅な賃金の低下がなければ、企業の国際競争力を復活できない。賃金の低下と国家債務の返済がこの後、何十年も続く。これは、地獄のような経済を選択することである。今、気づかなくても、年月が経つほど、はっきりと認識する。

ユーロ圏にとどまっても、絶対に得にはならない。

ギリシャがユーロ圏に入って、国内が経済が再生して資本が増えて、国家債務を返済しなければ、その分がタダ得になる。返済を選べば、この得は帳消しだ。ギリシャが他の破綻国と決定的に違うことは国民がユーロ通貨を貯蓄していることだ。この貨幣としての債権が存在することだ。彼らは債務者ではない。ユーロ通貨を保有する債権者だ。

この債権価値を行使して、ドイツ人たちをタダ働きさせて、さらなるタダ得をすることができる。

ユーロ離脱はギリシャにとって、ユーロにとどまり、国家の尊厳をなくして未来をあきらめるよりましだろう。

最終的にユーロの運命はドイツの経済的大敗北で幕が下りるだろう。ドイツ人のためにもユーロは解体されるべきだ。
Unknown (たし)
2016-02-10 15:23:10
ドイツ銀行 破綻……… 下らん! 税金投入して終りですよ。
あまり馬鹿を煽る記事はどうか (♪)
2016-02-10 16:01:21
デリバティブでドイツのGDPの20倍?
仮にそうだとしても、先物やオプションの片張りでそんだけ突っ込んでると思う?
デリバティブの知識のない人間はそう思うんだろうな。
でもそんなこと証拠金の計算方法からしてできるわけがない。
デリバティブの総額がGDPの20倍に及ぶとしても、それは売り100兆、買い101兆みたいな形になるから、差額を計算すれば、せいぜい中くらいの国がひとつ飛ぶくらいのダメージだろ。
火に油?(株価暴落のドイツ銀行の発表) (stopchina)
2016-02-10 16:10:07
GlobalEye という悲観論が大好きなサイトが有ります。ですが、これは事実でしょう、たぶん。

****以下、全文引用
http://www.globaleye-world.com/2016/02/319.html
ドイツ銀行株が暴落してきており、昨日も4%を超える下落となり、今年に入っての下落率は40%を超えてきています。

この暴落の原因はこの4月末に予定されています3億5000万ユーロの利払いができるかどうかとなっているのですが、この市場の懸念に対してドイツ銀行はとんでもない発表をしています。

『約10億ユーロの支払い余力がある』

1300億円しか払う資金がないと発表したのです。

この発表を受けて世界中の金融機関がドイツ銀行から資金を引き揚げたり、個人が預金を引き揚げたらどうなるでしょうか?

ヨーロッパ最大規模の銀行であるドイツ銀行が一瞬にして預金払い出し不能となりましても不思議ではない事態になります。

良かれとして発表した数字がかえって不安を高めたもので、折からドイツ国内の政治情勢が混乱に入りつつある中、ヨーロッパ最大規模のドイツ銀行が機能停止する事態になれば、世界中の金融機関も一蓮托生となります。

金融市場がメルトダウンを起こし始めており、日本を含め世界中の銀行株等金融株が暴落してきていますが、今後本格的な市場崩壊が襲うことになるかも知れません。
すべて「2016年2月19日にドルが完全崩壊して・・・ (前コメ/インチキ株式市場は必ず損をする)
2016-02-10 17:12:16
>NISA壊滅 日本/年金GPIF崩壊 401K養分 投資信託 全滅! (Unknown)2016-02-09

インチキ株式市場は必ず損をする!いよいよ預金封鎖か?

「2016年2月19日、米ドルは完全崩壊する」元連邦議会議員ロン・ポールの予言
http://www.mag2.com/p/money/7294
>それが、2月19日、ドルの完全崩壊とともに始まる、という予言です。
これまで何度か、彼は議会をはじめ、公式の場で、明らかに予言とされる謎めいたスピーチを行ってきました。たとえば、2013/08/23配信の「米国崩壊!ロン・ポールの予言と金融メルトダウン前夜の恐怖」などです。ところが、今度は、ロン・ポールだけでなく、ドナルド・トランプも、例のシュミ─タの謎を解き明かしたユダヤのラビ、ジョナサン・カーンも、その他、どこかのコメンテーターも、一般の陰謀論を解明しようとしている人々も、すべて「2016年2月19日にドルが完全崩壊して経済が破壊される」と訴えています。一大キャンペーンが展開されている。
デリバティブに深く足を突っ込んでしまったドイツ銀行 (リーマンショックの再来!)
2016-02-10 17:17:49
ドイツ銀行が破綻すればリーマンショックの再来!

 ドイツ銀行が危ないなんて、シオニスト・メディアは一切伝えません。世界的に株価が相変わらず冴えませんので、株式市場も怪しいということは分かりますが。いよいよ、デリバティブに深く足を突っ込んでしまったドイツ銀行が破たんすることになるのでしょうか。金融大崩壊という兵器を所持しているドイツ銀行が破たんすると、世界はリーマンショック時よりも深刻な状況となります。ヨーロッパの金融システムを破壊し、史上最悪の世界的な金融パニックを起こすことになります。
2016/02/10(水) 億トレーダー
ドイツ銀行の破綻(はたん)はなし (三毛猫歌人)
2016-02-10 19:50:37
素人なりに判断した。
ドイツ銀行の破綻はない。ドイツ銀行破綻から来るリーマンショックの再来はない。

>そうでなくとも今や100万人もの中東からの避難民を抱えてドイツ国内は揺れている

同じコーカソイドだからな。せいぜいドイツは難民を受け入れればよいと思う。

下にはさらに下がいた (kashin)
2016-02-10 19:59:24
日本の公的資金運用もヒドいが、下にはさらに下がいたのですね。
Unknown (Unknown)
2016-02-10 22:43:10
ドイツ銀行が破たんすれば、一気に世界中に銀行破たんが連鎖する。 グローバル化で世界中の銀行は相互にCDS(Credit default Swap)というデリバティブで保証し合っている。 これは市場を介さず、OTC(Over The Counter)という相対取り引きなので誰がどことどの位損失補償をし合っているか定かではないが、ドイツ銀行に限らず米やEUの銀行はリーマンショック時以上のデリバティブを抱えている。 また、米ではシェールガス関連のジュンク債が原油価格下落で暴落状態であり、こっちもいつデリバティブに引火してもおかしくない。 世界中は今、リーマンの何倍もの真に崩壊の危機にある。 その時、ドルを始めとするpaper moneyは信用を失い、Goldが輝く時である。
Unknown (sankei)
2016-02-11 08:45:34
ヒラリー氏予想外の大敗喫す

8日の春節(旧正月)、7日から13日まで7日間の大型連休中・・ 爆買いの飛行機に業界団体が「10の警告」 「通路で子供に大便させるな」って?
Unknown (米匪“どぶ板”選挙戦?)
2016-02-11 09:07:04
【米大統領選】「大丈夫かい」不動産王のトランプや元ファーストレディーも“どぶ板”選挙戦?
【米大統領選】民主サンダース 非主流派の勝利 「改革」の訴え、どこまで広がるか
【米大統領選】クリントン、想定外の惨敗 無党派層取り込めず
【米大統領選】「非主流派」サンダース、トランプが勝利 ニューハンプシャー州予備選
【米大統領選】トランプ勝利 「怪物」が「本物」に レーガン元大統領と同じ対話の名手?
【米大統領選】トランプに対抗 共和党主流派が望み 共和党指名候補争いは長期化の様相
Unknown (M)
2016-02-11 11:21:01
えー?ドイツ銀行の云々は去年のギリシャショックのちょっと後くらいから言われていますが・・・

再度のギリシャショック警戒で再燃している感じですよね。

年初か緩和でカチ上げた所で空売って持ったままならウハウハでしたね。
>ドルを始めとするpaper moneyは信用を失い、Goldが輝く時である。 (金塊密輸)
2016-02-11 11:37:59
史上最大の金塊密輸、香港・韓国ルート急増…消費税アップで、利ざやを稼ぐ爐Δ泙澂瓠〜楮催局は厳戒態勢 ・・・ 130キロの金の延べ板。金銭に換算すると計6億400万円
http://www.sankei.com/west/news/160211/wst1602110004-n1.html
日本の銀行株も弱い…(苦笑) (ponpon)
2016-02-11 16:57:31
> ドイツ銀行が危ないらしい

株価チャートを見てみると、確かに弱いですねぇ…。
↓ドイツ銀行チャート
http://bigcharts.marketwatch.com/quickchart/quickchart.asp?symb=DB&insttype=Stock&freq=2&show=&time=20

ドイツの代表的株価指数とは全く様相が異なりますが…。
↓DAX指数チャート(※表示期間を「1」にして下さい)
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0465&asi=3

というか、「対岸の火事」と笑っていられないのですが…。(苦笑)
↓日本の都銀3行のチャート
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=8306&asi=3
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=8316&asi=3
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=8411&asi=3

冒頭の2行はこちら…
↓ゴールドマンサックスチャート(※表示期間を「1」にして下さい)
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0557&asi=3
↓JPモルガンチャート(※表示期間を「1」にして下さい)
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0567&asi=3

> 日本の金融マンでもドイツ銀行事情に精通した人がおらず

ドイツといえば「武者」、「武者」といえばドイツだと思いますが…。(笑)
Unknown (貼り付け)
2016-02-12 21:42:21

2016年02月12日

最近の金融商品 COCO債など


ドイツ銀行の信用不安が高まり、COCO債なる商品が注目されている。
http://blog.livedoor.jp/shinkozo/archives/47793007.html

2016年02月11日

ドイツ銀行は本当に危ないのか
http://blog.livedoor.jp/shinkozo/archives/47787895.html

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。