株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

野党は森友・加計疑惑の批判を選挙戦で連日、繰り広げているが、「自民が圧勝すれば、禊(みそぎ)は済んだ

2017年10月20日 | 政治

21日の安倍首相は秋葉原リベンジ演説へ 野党は森友・加計疑惑の批判を
選挙戦で連日、繰り広げているが、「自民が圧勝すれば、禊(みそぎ)は済んだ


2017年10月20日 金曜日

安倍首相は秋葉原リベンジ演説へ 改憲大連立でオール保守「安倍翼賛会」誕生も! 週刊朝日 2017年10月27日号

 政界の一寸先は闇。希望の党の大失速で衆院選は迷走、自公が300議席を超える情勢だ。このままだと安倍3選は確実となり、国会はオール保守の「安倍大政翼賛会」と化す悪夢も……。果たしてそれでいいのか。

「最終日、秋葉原に立つよ。リベンジだ!」

 安倍晋三首相は選挙戦最終日の21日、東京・秋葉原で街頭演説を行う意向を側近に伝えたという。

 都議選最終日(7月1日)の街頭演説で、市民団体の「辞めろ」コールに“逆切れ”した安倍首相は「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と発言し、歴史的大敗となった。

「秋葉原のトラウマ」と官邸で呼ばれる曰くつきの聖地での演説は、「避けたほうがいい」と心配する声も出たが、首相はやる気満々という。

 政府関係者が首相の強気の背景をこう語る。

「10日に出た情勢調査は『自公で300議席超えの勢い』という結果でした。すぐに麻生太郎財務相や二階俊博幹事長らに連絡が行き、引き続き安倍政権で改憲を最優先に北朝鮮有事対応にあたることなどが確認されました。選挙が終われば、二階幹事長に『安倍3選』をアナウンスさせ、安倍政権続投の段取りが密議されました」

 一時はポスト安倍の筆頭候補とされ、小池百合子氏との連携も取り沙汰されていた石破茂元幹事長は安倍3選で外堀を埋められつつある。

「解散直後、安倍首相を批判した石破さんは当面は“蟄居(ちっきょ)”でしょう。同じくポスト安倍の岸田文雄政調会長も身動きが取れず、沈黙せざるを得ない。党内政局は当面はない」(総裁派閥の細田派議員)

 対照的に野党第1党だった民進党が合流した希望の党は、小池代表の「(民進党リベラル派の)排除」発言以降、失速が著しい。排除された枝野幸男氏らが立ち上げた立憲民主党のほうが勢いがある。

「9月下旬では自民80減という予測だったが、希望の自爆でオセロゲームのように情勢がひっくり返った」(自民党幹部)

 その野党は森友・加計疑惑の批判を選挙戦で連日、繰り広げているが、「自民が圧勝すれば、禊(みそぎ)は済んだものと捉える。選挙後、すぐ加計学園の獣医学部の認可発表の準備に入るという情報も出ている」(政府関係者)という腹積もりだ。

 反アベノミクスで消費増税の必要性を訴える自民党勉強会に所属するベテラン議員はこう吐き捨てた。

「せっかく表紙(安倍首相)が替わるチャンスだったのに、小池の馬鹿者は何であんな訳のわからない『選別発言』をしたのか! 民意は『安倍NO』で人柄を全く信用していないのに、こんな状況に陥ってしまった。政治は数が全て。彼女だって自民党に長くいたのだから身に染みてわかっているはずなのに。民進党を全部丸のみしていればよかったのに、ブレたね」

 ある政府高官は早くも周辺に「改憲大連立政権誕生だ」と明言。

「衆院解散で小池さんが表に出てくることは予知していたので、名指しの批判をしないことにしていた。選挙後も彼女とは改憲発議のような場面で協力できる環境をつくっておきたいと思い、裏で根回しをしてきた。しかし、小池さんが『排除』発言でコケた今は、われわれになびかざるを得ない。次の国会の首班指名でも、希望当選組は『安倍晋三』と投じるはずです」(同前)

 小池氏周辺は「改憲での連立は選択肢の一つではある」と言葉少なに語る。

「小池さんは選挙後、次の目を残すためには維新同様に与党の補完勢力になる道しか残っていない。そうなれば、改憲発議に必要な3分の2に手が届く。希望の党から勝ち上がった保守系数十人と維新、無所属を合わせれば、350議席以上になる計算です。自公プラス維新、希望合体のオール保守が形成される。まるで戦前の大政翼賛会の復活ですよ」(自民党幹部)

 その希望の党は選挙直後にも空中分解しそうな状況だという。

「議席を伸ばせなかった小池氏は求心力を失うだろう。民進党に籍を残し、希望へ合流した議員たちの不満はマグマのようにたまっており、分裂するのはもはや時間の問題です。民進党の小川敏夫参院議員会長は敗色が濃厚の希望との合流を否定し、議席を伸ばしそうな立憲民主党との連携による再結集を目指す意向を明言している。岡田克也氏ら無所属議員らも含め、旧民主の新党を年内に結党するだろう」(希望から出馬した民進党前議員)

 しかし、巨大オール保守与党が誕生すれば、野党は対抗する術もないという。

「憲法改正案をはじめ、法案は何でも通り、安倍さんのやりたい放題の国会運営になる。国民は本当にそれでいいのか? よくよく考えるべきと思います」(霞が関官僚)

 22日にはいよいよ審判が下される。(本誌・村上新太郎、小泉耕平、上田耕司、亀井洋志、直木詩帆/西岡千史)


(私のコメント)

衆議院選挙もいよいよ大詰めを迎えましたが、事項連立政権の圧勝が予想されている。偏向マスコミがいくら反安倍記事を書きたたても、ネット化社会では通用しなくなり、新聞記者や放送記者は単なるアジテーターに過ぎなくなった。「株式日記」と「二階堂ドットコム」あたりを読めば政治動向はわかります。

マスコミにしてもいったん偏向報道をしてしまうと、元に戻しても一度失われた信用は二度と戻らなくなります。モリカケ報道は最初からひどいものであり、いったんは成功しかけたが、青山繁晴参議院議員の特別審査会のテレビ中継で、テレビによる偏向報道ぶりがバレてしまった。これではテレビは何を言ってもダメになる。

半年もモリカケで騒いでも、贈収賄に繋がるような証拠が出てこなければ辞任に追い込むことは無理だ。しかしマスコミでこれだけ騒げば安倍内閣の支持率が落ちてきたのは事実であり、それはTBSなどの偏向報道によるものだ。日本のマスコミは報道の自由を意味を間違えて理解しており、TV新聞はシナリオを作って、それにあう事実しか報道してこなかった。

加戸前愛媛県知事の発言は、シナリオに反するものであり、朝日や毎日などは加戸発言をほとんど報道してこなかった。これでは国民の判断も間違えるし、安倍総理が辞任してから無実がわかっても意味がなくなる。マスコミには成功体験が有り、90年代の細川非自民政権誕生に貢献した。90年代はマスコミの報道しだいで世論も動いた。

安倍政権はネットによって誕生した初めての政権であり、ネット上ではアンケートをとっても安倍支持が圧倒的に多い。だからマスコミ論調とネット上の意見には相違が有り、今回の衆議院選挙はネット対マスコミの選挙とも言える。そしてネットが圧倒的な勝利を迎えるだろう。

それを証明するのが、明日の21日の秋葉原にける安倍総理の街頭演説であり、当初は「安倍やめろ!」の妨害コールが起きていた。これもマスコミによる「ヤラセ」臭いのですが、選挙が進むに従って阿部支持者による「頑張れコール」が優勢になってきた。テレビなどは画像編集で「安倍辞めろ」ばかり写すのでしょうが、「TBSは偏向報道やめろ」といったプラカードを近くで示せばカットできなくなる。

都議会議員選挙の時は、最終日に秋葉原で街頭演説をしましたが、マスコミは仕込んであった「安倍辞めろ」コールに対する「こんな人たちに負けるわけにはいかない」という発言を、「一般市民に負けるわけにはいかない」といった意味で伝えた。しかし「安倍辞めろ」コールは明らかに常連の活動家たちだった。

あの頃は稲田大臣の問題やら、豊田真由子議員の「このハゲー!」発言があった時でも有り、特に女性からの反発が大きかった時だ。私も「このハゲー!」発言が耳につくほどテレビはこの放送を繰り返して放送した。そのことが都民ファーストへの票につながった一面もあるのだろう。

今回の衆議院選挙では、モリカケ問題で野党は攻勢をかけていますが、国民の反応はモリカケ問題には飽きが来ている。贈収賄の事実がなければ辞任は無理だという国民の判断がくだされる時が来た。明日の21日には日の丸を持って秋葉原に集結して「安倍辞めろ」コールを封殺しよう。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカが20世紀に覇を唱え... | トップ | 野党各党は、この最大の争点... »
最近の画像もっと見る

36 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-10-20 13:31:47


秋葉原で最終日に首相街頭演説

パヨク&マスゴミ VS 安倍親衛隊の攻防戦、場外乱闘必至
 
プロレスより面白い 参加予定の方、動画の準備乞う

めちゃくちゃですねw (noname)
2017-10-20 14:22:14
>「自民が圧勝すれば、禊(みそぎ)は済んだ

丁寧な説明をした状態で投票日を迎えたのならともかく、なんの説明も無いまま選挙をやったから禊ぎが済んだとか言うのは無理があります。

事実関係が明らかにされたわけでもないです。丁寧な説明をするための国会を開かずに安倍首相は臨時国会から逃げたので質疑応答も充分に行われていません。選挙前に説明をしていないのですから、選挙が終わったら事実関係の確認、それに関する質疑応答など先送りにしたことが蒸し返されるのが当然です。
野党のお粗末さ (Unknown)
2017-10-20 14:26:13
>今回の衆議院選挙では、モリカケ問題で野党は攻勢をかけていますが、国民の反応はモリカケ問題には飽きが来ている。

モリカケなんて、野党は戦術を間違えている。
明らかに与党のためのプロレスであり、過去の社会党と同じ。

国民の支持を得るには、安全保障・財政出動などを避けてはいけない。
少なくとも「国防は日本国民主体でやる」と主張すべき。
嘘です (しまったなあ)
2017-10-20 15:30:49
「小池さんが『排除』発言でコケた今は」
これウソです.小池百合子氏が民進党全員を受け入れれば,人気はもっと低下している.看板を赤いきつねから緑のたぬきに変えただけだと非難されている.
このウソは,「こんな人たち」を勝手に「一般市民」に言い換えたのと同じテクニックですな.言論テロリストの常とう手段.
期日前投票大盛況! 台風21号直撃予報で (時系列)
2017-10-20 15:33:57
クリスチャン夫婦の退位19年3月末

改元4月で調整

比例 立憲民主が第2党勢い

日本地図に北方領土が無い!「失望の党」説明は韓国と同犯だった

希望の分裂、民進なだれ込み組で進む小池離れ

自民 秋に9条改正案提示も (失望党マスゴミ系列)2017-10-17 10:22:27比例で希望、立憲民主が拮抗 小池の支持率は66%から39%に急落

>野党はモリカケで攻撃するしかなく、国民はそれに飽き飽きしている。

衆院選の公開討論 中止相次ぐ

希望の党が失速…小池百合子代表のお膝元の東京で全滅か 立憲と無所属は躍進 …

衆院選終盤情勢 自公3分の2超へ 立憲民主、野党第1党も

>2017-10-17 【JNN世論調査】政党支持率

自民32.8%、
立憲7.3%、
希望5.2%、
公明3.8%、
共産3.2%、
維新1.8%
社民党0.5%
日本のこころ0.1%
民進党1.2%
自由党0.1%
http://news.tbs.co.jp/newsi_sp/yoron/backnumber/20171014/q1-2.html
Unknown (Unknown)
2017-10-20 15:38:46
>それを証明するのが、明日の21日の秋葉原にける安倍総理の街頭演説であり、当初は「安倍やめろ!」の妨害コールが起きていた。これもマスコミによる「ヤラセ」臭いのですが

数ヶ月前の安倍首相の秋葉原での演説の時の日本マス・メディア勢の報道は酷かった。安倍首相演説時の聴衆側を遠目から画像で写した物を見たが、反安倍の市民団体15人程度が固まっていて、報道カメラマン達がその集団だけを写せるように反安倍集団の周りを取り囲んで、カメラマンが陣取っていたよ。

報道カメラマン達は大勢の静かに聞いている普通の聴衆には興味が無く、少数の反安倍の団体だけを熱心に撮っていた。そしてテレビの報道では少数の反安倍の彼らだけが何度も何度も報道されていて、まるで多数派であるかのように報道し、テレビ視聴者を扇動、洗脳していたよ。
日本人の視点や価値観が世界水準からだんだんズレていってるような感覚を受ける…(苦笑) (ponpon)
2017-10-20 15:38:52
> 安倍政権はネットによって誕生

ここ数日、YouTubeでも自民党のCMがバンバン流れていますよねぇ…。(笑)

それにしても、YouTubeの色んな映像を見ていると、日本人が持っている価値観や世界観が完全に時代遅れになっていて、日本が世界からだんだん取り残されていってるんじゃないかと思ってしまいますが…。

■中国の鉄道建設現場
https://youtu.be/T7hdo9tL6u0
こんな機械は日本で見たことがありませんが…。

■中国高鉄(新幹線)の特集番組(vol.1~4)
https://youtu.be/Pi0B0iCq-KQ
https://youtu.be/e6a5u1fe2qE
https://youtu.be/mCck03DqhuM
https://youtu.be/UEx8mT3nUOM
今年の夏に放映された番組のようですが、中国新幹線の最新の情報を伝えている…。映像を見るとシーメンス(ドイツ)の技術者も映っているような…。

■ボストン(アメリカ)の地下鉄に中国製電車を投入
https://youtu.be/OutAsrXez5E

いや~、日本では少子化やゆとり教育のせいで若手の技術力がどんどん低下しているのに、海外では技術力がどんどん向上している…。日本では時代遅れになったオンボロ鉄道(ジリ貧ローカル線)に税金を注ぎ込んで延命させようとしているし…。後ろばかり見ている日本の支配層と、未来に突き進んでいる海外の支配層…。既に勝敗が見えているような…。(苦笑)
Unknown (時系列)
2017-10-20 15:53:32
中身は同じ反日分子なのに? 
希望(候補者は元民主)と一線、 立憲民主(これも、中身は元民主)なぜ勢い?

・与党300超 希望は伸び悩み、共産後退

・希望の党が失速の党に、各候補は焦燥を募らせている

・落選が襲って来た!
 → 菅直人!若狭勝!

・落選待機中!→小沢一郎、山尾志桜里、枝野幸男、辻元清美、金田勝年ども

・落選濃厚! →【立憲民主党】菅直人!海江田万里!【希望】若狭勝!福田峰之

・落選が牙をむいた!
 → 【無所属】小沢一郎、山尾志桜里、平野博文、原口一博、【立憲民主党】枝野幸男、辻元清美、赤松広隆、【希望】階猛、松原仁、柿沢未途、長島昭久、【自民党】金田勝年、西川公也、山本有二ども
        ↑    ↑
「史上最悪の災相」こと菅直人(東京18区)や、枝野(埼玉5区)、辻元清美(大阪10区)は、落選リスト入り。

この顔ぶれ、をよく見ると日本を低迷させた、あの3年3カ月の民主党政権の中枢にいた賊徒どもだ。
この党政策のどこがいけないの?!。 ((失望の党 vs 幸福実現党)
2017-10-20 15:59:26
「日本のこころ」の小選挙区立候補者は今回 0、 比例は東京ブロックと東北ブロック以外のブロックは皆無。

だから、「日本のこころ」を選択出来るのは、都民、東北の国民だけ。残りの国民は他の選択を迫られる。

>幸福実現党は、

国防に関して、日米同盟強化、国際的な防衛協力体制の構築(支那北鮮囲い込み-contain)。敵基地攻撃能力の保有、自衛のための核装備を公約。

この政策のどこがいけないの?!。

今選挙で、「幸福実現党」がどれだけ票を伸ばしても、まだ弱党です。逆に票を伸ばせば、その原因が経済、国防政策にあると気づき、無力無脳の他党に甚大な圧力となる。

だから、今回の比例区は「幸福実現党」に入れる。

【罪日希望の党】
政見放送で日本地図から北方領土・尖閣諸島・竹島を削除! 犯行後の常習釈明 → 「チェック体制ができていなかった…ペロ(笑)」

・小池百合子代表の失望の党が墜落! 海外メディアから問題批判!
>ならず者パヨク・反日マスゴミ vs 韓国人安倍親衛隊の偽装攻防、場外乱闘の八百長 (Unknown)
2017-10-20 16:08:10
>10月16日 豊平区

怒りしかない、今日豊平区で自民候補者の応援に来た安倍がハイタッチしてくれてる中、安倍の手を力一杯つねってる暴漢がいた。反安倍テロ分子の犯行現場。サリン・ガスで刺されたらアウトだ!

写真報道
https://twitter.com/twittle28599970/status/919841524745039872

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。