株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

フィリピンの「米国離れと親中」というこれまでの外交機軸の転換は本当なのだろうか。

2016年09月19日 | 外交

フィリピンの「米国離れと親中」というこれまでの外交機軸の転換
は本当なのだろうか。「計算に基づく確信犯的言動」というのだ


2016年9月19日 月曜日

フィリピン米国離れ中国接近の真相 ドゥテルテ大統領のしたたかさ その2 9月17日 大塚智彦(Pan Asia News 記者)

■「新たな独自外交」への布石なのか

だが、こうしたフィリピンの「米国離れと親中」というこれまでの外交機軸の転換は本当なのだろうか。これを読み解くカギはこれまでのドゥテルテ大統領と外務省、大統領府の絶妙のコンビネーションにあるといえそうだ。

9月15日、訪米したフィリピンのヤサイ外相はワシントンでの講演で南シナ海問題に関して仲裁裁判所が下した裁定について「最終的なもので拘束力がある。現在の海上領域における国際的な基準だ」としたうえで中国が裁定を無視する限り「(中国と)対話する用意はない」と明言した。

この発言はラモス特使の派遣が「中国との2国間だけの協議で南シナ海問題の解決を目指すものではない」とのフィリピンの思惑を示したといえ、ラモス特使を「2国間協議の窓口」と理解して歓迎する姿勢を示している中国側との間で認識のずれがあることを浮き彫りにしたといえる。

こうした事例が示すようにフィリピンの外交は、ドゥテルテ大統領が過激な発言で物議を醸し、その後外相や外務省、大統領府などがその発言の真意や背景を改めて説明して誤解を解き、火消しに努めて理解を求めるという「手法」を繰り返している。このドゥテルテ流あるいはフィリピン流に今後を占う「カギ」が隠されているようだ。

フィリピンの英字紙「インクワイアー」はドゥテルテ外交の真髄を「ダメージコントロールと忍耐に基づく新たな独自の外交戦略」と位置付けた。どういうことかというと、ドゥテルテ大統領は「厚かましく、ずうずうしく、粗野で無礼で大胆、そして誤解を招きやすい」と辛らつながらかなり正確に分析し、そのうえで大統領の発言や行動の真意を巡って外交当局や大統領府が「ダメージを修復したり、誤解を解いたりと懸命にコントロール」しながら、内外に「新しくそして独自のフィリピン外交」への理解を求めている、のだと解説する。

■「確信犯、ピエロ」は中国も手玉か

懇意のフィリピン人記者は「新外交戦略」を「これまでの米国べったりのフィリピン外交とは一線を画し、何でもかんでも言いなりにはなりません、独立国として言うべきは言う、やるべきはやります。それは中国に対しても同じで、もらうものはもらいます、でもダメなことはダメです。なめてもらっては困ります」ということだと解説する。

つまりドゥテルテ大統領の数々の暴言、失言、ピエロ的な行動すら国内麻薬犯罪者への容赦ない強硬策と同じ「計算に基づく確信犯的言動」というのだ(いささか自国の大統領だけに甘い見方とも言えなくもないが)。そして米国、中国すら手玉に取ろうとするその「新外交戦術」には確固とした国民の支持とそれに基づくしたたかさがあると指摘する。

■国民の圧倒的支持としたたかな気質

ドゥテルテ大統領は9月5日、ASEAN首脳会議出席のためフィリピン・ダバオ空港を出発する際、空港での会見で「私はフィリピン国民に選挙によって選ばれた大統領だ。だから国民の言うことは聞くが、他国の言うことは聞くつまりはない」と明言した。もっともこの言葉に続いて「フィリピンは独立国家であり、米国の植民地ではない。オバマ大統領は何さまのつもりだ」と続けて物議を醸したのだが。

この「国民に選ばれた大統領である」という意識がドゥテルテ大統領の一連の強気の発言、麻薬犯罪取り締まりに殺人さえ厭わない強硬策などを根底から支えているのは間違いない。圧倒的多数で大統領に選ばれ、その後も80%以上の国民の支持率を維持していることが「何よりドゥテルテ大統領のパワーの源」(地元紙記者)というのだ。

ドゥテルテ大統領のこれまでの言動をその表面だけを見る限りは、「傍若無人」「傲岸不遜」「唯我独尊」「遠慮近憂」などという四字熟語で表現できそうだ。しかし、これまでみてきたような分析や解説を考えると、こうした評価は実は的確ではなく、実態は「臨機応変」「変幻自在」「奇策妙計」「深謀遠慮」などという表現が相応しいのではないか、とすら思えてくる。

ASEAN首脳会議でオバマ大統領にみせた態度にフィリピン国民は「拍手喝采」し「溜飲を下げた」という。さらにフィリピン共産党も「我が国の国内問題に介入しようとする米などに堂々と異議を申し立てた初めての大統領だ」と高く評価した。これはドゥテルテ大統領に「オバマ大統領はすでに去ることが確実な大統領で、11月の大統領選の結果を見据えたうえでの行動」という、言ってみれば「もう(大統領任期の)先が長くない人だから」との思いがあったからともいわれている。

このようにあれこれ米国には言いながらもその一方で「同盟国との関係は変わらない」「フィリピン外交の基本的な立場や基軸に敵的な変化はない」「フィリピン社会は親米社会であり、中国が入り込む余地はなく、国民はいかなる場合にも中国より米国を選択する。米国が好きだからだ」などとメディアを動員してのラブコールも忘れない。

これこそが東南アジア流、いやスペイン、米国、日本など歴史的に外国勢力に植民地化され、占領されながらもしぶとく生き抜いてきたフィリピン流の「したたかさ」といえるだろう。今年の天皇皇后両陛下によるフィリピン訪問が両国関係の新たな絆となった日本が今するべきことがあるとすれば、「混迷増幅」、「米比の亀裂が中国を利する」「南シナ海の要を自覚せよ」などと上から目線でドゥテルテ大統領への批判を繰り返すだけでなく、同じアジアの一員として真摯にフィリピン国民の声に耳を傾けて理解する努力をすることだろう。などと考えることもひょっとすると見事に手玉にとられた結果なのかもしれない。



(私のコメント)

これまでも韓国のパククネ大統領の二股外交を批判してきましたが、フィリピンも米中との二股外交に転換するようだ。ドテルテ大統領もアメリカや中国からの援助などいいとこ取りをしようというのでしょうが、韓国もフィリピンもアメリカとの同盟国であり二股外交はまずいやり方だ。

中立国で双方から地理的にも離れた国なら可能でしょうが、フィリピンも中国の目の前の国でありアメリカの軍事的な支援が無ければ成り立たない。以前は中国の海洋進出は目立ちませんでしたが、南シナ海問題が大問題になってフィリピンの島も中国に取られてしまった。

中国がアメリカの資本や技術の経済支援で大国となり、海空軍の増強で中国は海洋進出に乗り出した。それに対してフィリピンには空軍力や海軍力は無きに等しく対抗手段も取れない。アメリカの民主党政権は中国に対して融和政策をとり、中国の海洋進出に対してこれといった対抗手段は取ってこなかった。

特にオバマ政権では、同盟国には冷淡で潜在敵国である中国とはG2で21世紀をリードして行こうとオバマ大統領は呼びかけた。2008年の北京オリンピックや2010年の上海万博はアメリカの協力なしには出来ない事であり、まさに米中蜜月時代が長く続いた。それに対してフィリピンは経済成長から取り残されて放置されてきた。

フィリピンの政治が不安定さが障害になっていましたが、1990年代はゼロ成長であり中国とは対照的な経済状況になった。フィリピンの地理的環境や人口が1億人もの大国でもあるのにアメリカからの投資は中国に行ってしまった。アメリカが軍事基地を追い出された事を根に持っていたからだろうか?

しかし米中が新冷戦体制になって外交摩擦が大きくなるにつれて、フィリピンを放置するわけにはいかなくなり、米軍の再駐留も検討されるようになり、経済成長もASEAN諸国ではトップの経済成長を見せるようになった。そのような時にドテルテ政権が出来て物議を醸すようになった。

ドテルテ大統領はパククネ大統領の二の舞になるのでしょうか? 言動からすれば「親中反米」に聞こえますが、ドテルテ大統領は中国に買収されているのだろうか? 安倍総理は対中包囲網を作ろうとしていますが、フィリピンは対中包囲網の中心になる国だ。

日本も中国への投資や技術供与に熱心でしたが、フィリピンはASEAN諸国では放置されてきた。英語が公用語であり米英に次ぐ英語大国だ。だから言葉の問題も少なく地理的にも日本に近い。中国に投資するくらいならフィリピンの方が安全だと思うのですが、フィリピンから見れば日本は貿易額で第一位だ。

フィリピンの問題点は犯罪の多発であり、ドテルテ大統領は荒っぽい方法で犯罪に対処している。大統領になっても荒っぽい外交で物議を醸していますが、本当に親中反米外交なのだろうか。反米的な論調も大衆の支持を集めるためでありフィリピンのトランプ的な面があるのだろう。

しかし、アメリカも表面上は冷静をよそっても、仕返しは必ずしてくる国であり、ドテルテ大統領スキャンダルを仕掛けてくるかもしれない。日本へのスキャンダルもアメリカ筋のリークで首相が何人も辞めさせられているが、田中角栄もその一人だ。沖縄から米軍を追い出そうとした鳩山総理も脱税で辞任させられた。ドテルテもそれを警戒しているのだろう。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自動運転の問題点は事故の責... | トップ | 今の国籍法は二重国籍者に「... »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
✖謝蓮舫(48)に旅券法違反の容疑…露見した反日犯罪網 (Unknown)
2016-09-19 15:04:22
二重国籍違反は推計40万~50万人「把握難しく、年々増加」今まで一度も国籍剥奪の行使無し ⇒ 2ch「✖法無省仕事しろ!!」

【村田蓮舫48事件】池田信夫
「おおむね事実関係は明らかになった。検察が動く前に、国会が蓮舫を証人喚問すれば終わる。 時効にかかる話も、偽証罪があるので一網打尽。」
Unknown (稲田朋美(57)防衛相)
2016-09-19 15:12:12
稲田防衛相、韓流アイドル『BIGBANG』の帽子を誤用し海外視察~国民の反応「韓流>>>>>>靖国」「自衛隊のトップが親姦って国民裏切りだろ!!」
http://anonymous-post.com/archives/12677
稲田防衛相、米軍機F35を見学 操縦席で説明受ける
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20160916004863.html
要するに国際政治はその時々のパワーバランスが状況を変えるわけで、これといった一貫性など殆ど無い。米国が尖閣諸島を支那から守ることが米国の国益にかなうなら守ります。それだけのことですが、では米国の国益とはなんぞや?と、そこが事の本質。 (転載)
2016-09-19 15:27:41
私に言わせれば時代錯誤も甚だしいのですが、プーチンはこの包囲網を撃破するため、オバマというヘタレが大統領のうちにウクライナのクリミアをぶん取りました。

米国はキッシンジャーという間抜けのパンダハガーが長らく国務省を牛耳っていたこともあり、支那をロシア包囲網の一員として考えてきたわけですが、支那が東・南支那海における野心を隠しもしなくなったため、最近になってようやく変化が現れはじめました。遅すぎるとはいえ変化がないよりはマシ。

二兎追う者は一兎も得ずと言うように、より優先順位の高いものを選択せねばならず、その優先順位とは国益であるべきです。何にでもイチャモンをつけたがる輩は、二兎も三兎も追っかけるのが好きなようですが、それで物事がスムーズに進むなら誰も苦労しません。
誠に残念ながら我が国の政治家や官僚は当事者意識に乏しく国益の概念が希薄ですから、米国の言うがまま嫌々ながら東・南支那海に関与していくのでしょうが、それでも何もしないよりはマシです。 おわり 2016/09/15(木) http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1119.html
Unknown (八坂)
2016-09-19 15:51:41
日本もフィリピン大統領みたいな死刑執行人が必要だろ。シロアリ天下り官僚や事大主義の奴隷ポチを合法的に銃殺できれば国民は拍手喝采だ。
国際エリートの裏顔=麻薬組織 (う~ん、、、)
2016-09-19 16:19:20
>アメリカも表面上は冷静をよそっても、仕返しは必ずしてくる国であり、ドテルテ大統領スキャンダルを仕掛けてくるかもしれない。

そりゃー、、、ドゥドルテはCIA=世界の麻薬密売人から命を狙われていることぐらい百も承知でやってるから、何百人、何千人と殺しまくるでしょうよ。。。

そうしないと、金で買われた新たな親米派大統領をアメリカは密かに用意しているだろうからね。。。

しかるに一方、堕落しきった日本の警察組織は、

社会的正義よりも自分たちの老後を保障してくれる違法賭博のパチンコ屋=北朝鮮の合成麻薬を本気で取り締まるつもりは、なさそうやね。。。

清原の次は、大物芸能人夫婦らしいが、、、

そいつらを見せしめにして、、

一応仕事はしていますよ程度のアピール効果のある宣伝仕事しかしないだろうし、するつもりも、なさそうだ。。。

そりゃそうさぁ、、、

3K汚れ仕事に留学生や実習技能生という名の

現代に蘇りし奴隷制度で、

特亜3国人を必死になって日本に招き入れているのは、

最早、戦前の大政翼賛会の復活ともいえる

与野党のド腐れ餓鬼の政治屋稼業たちが一致団結してやってんだかんな!!!

これが、日本の正体さ、、、

戦前も戦後も何も変わっていないコイツら!!!

企業屋・官僚・政治屋・ヤクザ・マスコミ、、

その上に乗っかってるのが、堕落しきったカルト宗教と

カルトに飯の食い扶持とられて泣いてるだけの

これまた堕落しきった既存の神道・仏道の腐れ外道たちがさぁ、、、

みん~~~な一緒になって、、、

何も知らない日本国民をこの世から抹殺しようとしているにほかならないからさぁ!!!

こんな腐りきった国に希みもってる若者がいたら、そいつは例え偏差値とかIQとかが高くても、、、

よっぽどの馬鹿と言うほかあるまいに。。。
金王朝はやはり、日本陸軍の残置諜者・畑中理=金策が作ったみたいだよ。 (Unknown)
2016-09-19 16:40:45
北朝鮮は生き残った
 北朝鮮が5回目の核実験を実施した。5日に中距離弾道弾ノドンを3発、奥
尻沖に撃ち込んだのと併せて、分析すれば、北朝鮮は弾頭重量700kgのウラニウム型(即ち広島型)核弾頭の開発に成功したと見られる。
 北朝鮮は天然ウランの宝庫だから、今後、無制限にこの種の核弾頭の製造が可能になった。
差し当たっては50発程度の核ミサイルが年内にも実戦配備されよう。ミサイルはノドンであり、射程1300km、
北朝鮮から韓国全域、ウラジオストックは勿論、北京、東京までが、攻撃可能である。 
 テレビのニュースで「中国政府は北朝鮮が北京を攻撃しないと見ている」と記者が北京から伝えていたのが面白かった。
まさにこれこそ、現在の北京政府の不安を語って余りある発言である。
 ウラジオストックは北朝鮮に隣接しているが、そこの幹部は「北朝鮮が我が市を攻撃しないだろう」などと、わざわざコメントする必要がない。
もし核攻撃されれば、モスクワが隷下部隊に核反撃を命ずることが必定だからである。
 ソウルや東京も同様で、核攻撃されればワシントンが核反撃を命ずることは必定だから、核抑止されている。
ところが北京は核攻撃されて中枢機能が壊滅されてしまえば、核反撃を命ずることができなくなる。
つまり北京だけが核抑止されていないのである。
http://melma.com/backnumber_45206_6422360/
 かねてから中国の北朝鮮への経済制裁は表面的なものであり、裏では支援を続けていると見られてきたが、今後、この傾向は一層助長されよう。
つまり核抑止力を持たない中国は、もはや北朝鮮の要求に対して拒否権を持たないのである。
 おそらく北京政府は、こうした事態が到来することを予見していたであろう。昨今、北京からの遷都が取り沙汰されている。
水不足がその理由との事だが、真の理由は北の核脅威であろう。しかし直ちに遷都出来ない以上、当面は国連の目を盗んで北朝鮮を支援する他あるまい。
 いずれにしても北朝鮮は生き残ったのである。
Unknown (旧コメ)
2016-09-19 17:45:27
>日本もカナダの政治を見習うべき。Unknown (八坂)

http://www.asyura2.com/12/senkyo142/msg/293.html
終戦直後、膨れ上るGHQの駐留経費を削減の石橋湛山蔵相はすぐに公職追放。その時の彼の言葉。
   ↓       ↓
「後に続く大蔵大臣が俺と同じ様な態度をとることだな。また追放になるかもしれない、まあそれを二、三年続ければGHQ当局もいつかは反省」
    ↑        ↑
米国は本気ならいつでも日本政権を潰せる。しかしその次に成立するのも、基本的には日本の民意を反映した政権、次の政権と首相がまたがんばればいい、自分を選んだ国民のために。それを現実に実行したのがカナダの首相達だ!。

>クリントン、米酋長選から脱落 (Unknown)
ハーバードの調査結果でグーグルの検索結果も操作されていて、クリントン有利、トランプ不利な検索結果になるように設定されており、結果300万票がクリントン側に有利となるようである。

今回の9.11クリントン退出劇で、誰にもヒラリーに大統領職は務まらないことは明白になった。トランプ大統領が濃厚であれば、憲法改正のため早急に衆議院を解散し、自衛隊が自由に国防のため武力行使できるようにしないと日本人は中共国内のチベット人と同じ道を歩むことになる。クリントンと同じイカレタ頭の日本人が多い、自分で自分を守る以外中国が攻めてきても誰も助けてくれない。

>ヒラリーダメだこりゃ 日本なら病院から出られないですね 2016/09/19
http://www.nikaidou.com/archives/85490
Unknown (八坂)
2016-09-19 17:52:19
>「私はフィリピン国民に選挙によって選ばれた大統領だ。だから国民の言うことは聞くが、他国の言うことは聞くつまりはない」と明言した。もっともこの言葉に続いて「フィリピンは独立国家であり、米国の植民地ではない。オバマ大統領は何さまのつもりだ」

国民国家として当たり前の事を言ってるだけに過ぎないが、その当たり前の事が言えない出来ない国は、1000年の歳月をかけて朝鮮半島のような国民性になってしまうのだろう。

親米事大の奴隷ポチや腐敗したシロアリ官僚には望むべくもない愛国心だ。
Unknown (Unknown)
2016-09-19 18:15:25
フィリピンはあまり欲張るな。長い目で見たら分かるだろ(笑
あのヤクザ大統領さん、今のような傲慢続けてたら、刺客にヤられちゃうよ。
Unknown (八坂)
2016-09-19 18:23:07
>しかし、アメリカも表面上は冷静をよそっても、仕返しは必ずしてくる国であり、ドテルテ大統領スキャンダルを仕掛けてくるかもしれない。

日本や韓国のように事大主義ならやりたい放題に仕返しされてしまう。ヤられたら殺り返す国なら抑止力が機能する。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事