株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

3党が合意したので民主党内の3分の2が反対しても法案は成立する。政権は大連立状態となる。

2012年06月17日 | 政治

3党が合意したので民主党内の3分の2が反対しても法案は成立する。法案の
成立はほぼ確実になった。政権は3党の消費税賛成派による大連立状態となる。


2012年6月17日 日曜日

序盤の攻防 6月16日 田中良紹

民主、自民、公明の3党は「社会保障と税の一体改革」の修正協議で合意した。主張の異なる社会保障政策の根幹は棚上げにし消費税を上げる事だけが決まった。「残るは民主党内の反対グループがどうするか。政局はいよいよ最終局面に入った」とメディアは報じている。しかし私は長い政局のほんの序盤が始まったところだと見ている。

 3党が合意したので民主党内の3分の2が反対しても法案は成立する。法案の成立はほぼ確実になった。しかし法案の成立を阻止する事が難しくとも、党内の半数以上が反対すれば、それを執行部が処分する事も難しい。処分をすれば民主党は分裂し、しなくとも分裂状態となって、政界は消費税賛成派と反対派に二分される。政権は3党の消費税賛成派による大連立状態となる。

 私は自民党も公明党も消費税法案に賛成せずに野田政権を解散・総選挙に追い込みたいのが本音だったと思っている。それなら消費税賛成派のレッテルを貼られずに選挙を戦う事が出来る。民主党の社会保障政策を批判し、マニフェストを破った民主党の矛盾を攻撃する事が出来る。選挙の争点は消費税ではなく「民主党マニフェストの嘘」になる。

 そのため自民党は野田総理から申し込まれた「修正協議」を受け入れず、次々にハードルを上げて野田政権を揺さぶった。これに対し野田総理は「選挙マニフェストに消費増税10%を掲げた自民党が修正協議に応じないのはおかしい」と反撃する一方で、次々に自民党の要望を受け入れて自民党を「修正協議」に引き込んだ。

 自民党の狙いは一日も早い政権への復帰である。そのためには解散・総選挙か大連立を野田総理に飲ませるしかない。「修正協議」との引き換えに「話し合い解散」や「小沢抜き大連立」が言われたのはそのためである。「話し合い解散」は消費税を選挙争点にせずに民主党から政権を奪う方法であり、「小沢抜き大連立」では選挙をする必要もなく、しかも唯一手ごわい小沢氏抜きの大連立なら事実上の自民党政権の復活になる。

 野田総理は消費税法案の成立なしに解散・総選挙をする気がない事を繰り返し明言した。そこで自民党は消費税法案に反対して野田政権を解散・総選挙に追い込む戦術を見直す方向に舵を切った。メディアは野田―小沢会談の後で「野田総理が党内融和から自民党との協力に舵を切った」と言うが、野田総理は昨年11月のG20で消費増税を国際公約した時点で既に「自民党との協力」に舵を切っている。ねじれ国会で消費税を上げるにはそれしか方法はない。野田総理の狙いは初めから自民党に協力させる所にある。

 「修正協議」に舵を切った自民党は、民主党がマニフェストの撤回を棚上げ出来るように、社会保障政策については「国民会議」で議論するという「助け舟」を出し、強硬姿勢から一転してソフトランディングに持ち込んだ。

 そこで自民党の思惑通りに事が運ぶのかを考えてみる。自民党が「修正協議」に舵を切った事で「一日も早い解散・総選挙」はどうなるか。消費税法案の成立を最優先する野田総理の方針で、解散は成立の後になる。その前に野田政権を潰せば消費税法案もやり直しとなり輿石幹事長の言うように解散は来年まで遠ざかる。そうなると自民党は野田政権を潰せない。

 総理の首がかかる筈だった赤字国債発行法案をはじめ重要法案の成立に自民党は協力せざるを得なくなった。中でも注目は選挙制度改革である。最高裁判所から違憲状態と言われている選挙制度を手付かずに済ませる訳にはいかない。このまま解散すれば最高裁が選挙結果を無効にする可能性がある。一方で増税するのに議員定数を削減しないのも国民の理解を得られない。自民党は選挙制度改革にも協力せざるを得なくなった。

 それが「修正協議」に引き込んだ野田総理の狙いだと私は思う。一方で自民党には解散・総選挙より、消費税に反対する小沢グループを排除して大連立した方が良いという考えが出てくる。消費税が成立した直後に選挙をやれば嫌でも消費税が争点になる。その時点で決まっているのは増税だけで社会保障の詳細は協議中である。国民の理解が得られるとは思えない。また消費税で協力した自民党と民主党が何を争点に選挙を戦うのかも分からない。

 恐らく自民党は大連立をして選挙をやらずにほとぼりを冷まし、来年度予算編成にも関与して自民党的バラマキを国民に約束した方が選挙に有利になると考えるのではないか。そうなれば次の選挙は自民党と民主党が戦う選挙ではない。消費税賛成派と反対派が激突する選挙になる。消費税が政界再編の軸になっていくのである。

 また今国会で消費税法案が成立しても、実施されるのは2年後の4月からである。それまでに必ず衆議院選挙と参議院選挙が行なわれる。つまり消費税法案の成立前に国民がその是非を判断する事は出来ないが、
成立した後で法案を「リコール」する権利は国民に与えられている。国民不在の談合で決まった事を国民が決め直す事が出来るのはその時である。


(私のコメント)

国会内では、与野党の駆け引き合戦で魑魅魍魎の世界になっている。テレビで国会議員の討論を聞いていても何を言っているのかわからない。御互いに騙しあい合戦をしているのだから第三者が聞いても良く分からないのが当然であり、本音は絶対言わないのが駆け引きで勝つ常道だ。テレビでも建前の議論でしか言わないから、双方の本音がどこになるのかが分からなければ分からないのが当然だ。

新聞などでは三党合意で、民主党内の増税反対派や中間派が反対しても、自公の票で消費税増税法案は可決されることになる。反対派や中間派も腰砕けになって党議拘束でいやいやながら賛成するのかも知れない。そうなれば野田総理の大勝利であり、同時に大連立への道が開けることになるが、選挙が1年半以内にやってくる。その時点で消費税増税に賛成した国会議員が厳しい批判される事になる。

民主党も自民党もシロアリを退治せずに増税するとは何事かと批判を浴びて、「維新の会」が大躍進して政権を取るかもしれない。小沢グループやみんなの党や公明党も合流して自民党からも脱藩者が出来きて「維新の会」に合流するだろう。そうなることを自民党の谷垣総裁は考えるだろうか? 国民の本音はシロアリを退治してからの消費税増税にならなければならない。

国会議員制度改革も行なわれず、現状でも5増5減しなければ違憲状態であり、特例法案も自民党も公明党も賛成する合意が出来たのだろうか? 特例法案は野田民主党内閣を追い込める切り札なのですが、自民党の原の内が分からない。野田総理はその為に解散をちらつかせていますが、定数是正が国会議員の一番の関心かもしれない。民主党は比例区を減らすことを考えていますが、公明党などは受け入れられない。

田中良紹氏が自民党の思惑を解説していますが、野田政権を潰しても解散が先送りになり総理の首が代わるだけだ。自民党としては一刻も早く政権に復帰したいのが本音であり、社会党の村山政権が出来たのも自民党が政権に復帰する為であり、自民党は一刻も早く政権復帰しなければ金がなくなり空中分解する。だから野田総理の誘いに乗って消費税と定数是正と解散をセットで合意しようという作戦なのだろう。

三党合意は、まさに談合政治そのものですが、衆院で消費税増税が可決されても参院で否決されれば廃案になる。衆院で定数是正が可決されれば選挙態勢は整いますが、野田総理を辞めさせても総理が変わるだけでは解散にならない。ポイントは田中良紹氏が指摘しているように、「また今国会で消費税法案が成立しても、実施されるのは2年後の4月からである。それまでに必ず衆議院選挙と参議院選挙が行なわれる。つまり消費税法案の成立前に国民がその是非を判断する事は出来ないが、成立した後で消費税を「リコール」する権利が国民に与えられている。」

だから、来年の衆参同一選挙では、消費税の賛否が選挙の争点になることが避けられない。国会は任期途中で解散させることは非常に難しく、総理が解散させるか総理大臣不信任決議が可決された時だけだ。その為には過半数を占めている与党を分裂させなければならない。自民党の作戦は一つは消費税で民主党を分裂させることであり、野田総理を追い詰めても自民党がやったように総理の首を変えればいいだけの話だ。

シロアリ官僚たちは、与野党を操りながら着々と利権を拡大して来た。小選挙区制度で政権の交代が出来るようになっても、結局は官僚に操られて民主党は第二自民党になってしまった。霞ヶ関とアメリカの言いなりにならなければ政権は運営できないからそうなるのですが、選挙制度から変えていかないと政治主導の政治は出来ない事が民主党政権で証明された。

安定した政権が作れるには、中選挙区に戻すか比例代表制にして多党化して連立政権が常態となるような制度が望ましい。そうすれば衆参の捩れは連立を組みかえれば解消できる。ギリシャでも連立政権ですが連立が不成立で再選挙になりました。緊縮財政是か非かで選挙が行なわれていますが、日本でも消費税増税是か非かで選挙すればいい。公務員制度改革も焦点になるでしょうが、米英流の二大政党制では官僚主導で日本は機能しないようだ。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (26)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 警察官から職務質問されて、... | トップ | 民主党は、党の基本方針を反... »
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Re 国民の本音はシロアリを退治してからの消費税増税にならなければならない。 (Unknown)
2012-06-17 12:48:32
国民の本音は消費税増税する必要なし。だろ。
ヾ(o゜ω゜o)ノ゛ (日本オワタ)
2012-06-17 13:21:17
北朝鮮もそうですが、政治が駄目だと
こうまで国民経済が破壊されるものなのか
と思いますね。(((o(*゜▽゜*)o)))
日本はこれからも、もっともっと悪くなる
のでしょうか?☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
野田の選んだ「犠牲ブタ」の道 (Unknown)
2012-06-17 14:26:45
何がなんだかさっぱり分からないが、わかっているのは野田総理の消費税増税に賭ける強い思いである。それだけはどうしようもないということで、自民党も公明党も増税への三党合意という段取りまで来た。先に野田総理はオバマ大統領などとの直接会談でも消費税増税を確約しており、野田が「国際公約」というのはそのことだろうと思う。

では、なぜ消費税増税を国際公約にする必要があるのか。簡単に言えば、世界中の経済がおかしくなり始めており、ここに日本の内政不安が加われば、経済危機はさらに深刻化すると多くの為政者は考えているからである。ユーロもダメ、人民元も危ない、ドルも不安定であるということになって、仕方なく消去法で円が買われている。

しかし、その円も実は1000兆円もの国債残高を有し、決して無傷ではない。今は1%に満たない金利が1%上がっただけで、10兆円の利払いを迫られるということは、4%となれば、日本の税収が全て吹っ飛ぶ計算である。こういう危機を内包しているからこそ、ストッパーとなるのは消費税増税である。

数字的には消費税30%でもなければ、国の借金を返していけるものではないが、それでも、日本が政治的混乱の中で何も決められない国と烙印を押されるよりは、消費税増税法案の可決の方がマシである。おそらく、野田の増税に賭ける執念のようなものは、そこから来ているのだろう。

どの国でもそうかも知れないが、とりわけ日本では増税となると国民は少々理性的判断を失いがちとなる。消費税3%の際の竹下内閣、5%時の橋本内閣、そして、最近では民主党の菅総理が10%を唱えて選挙に惨敗した過去を持つ。まさに増税は政治家にとって鬼門なのである。しかし、誰かが討ち死にしなければ、前には進まない。

聞くところによると、消費税増税によって民主党が次期選挙に大敗するどころか、野田自身は本当に政治家を廃業しても構わないと述べているとも聞く。「白アリ退治が先」とは言っても、公務員制度改革はどれもこれも実行された試しはない。増税に反対する側もただの政局に過ぎないと国民は喝破していることだろう。

宮沢賢治の「グスコーブドリの伝記」は、火山を爆発させる最後の一人となって身を捧げる男の話しである。誰かが増税の為には犠牲にならなければならない。過去の政治史から、野田は犠牲羊ならぬ、「犠牲ブタ」の道を選んだというのは、失礼だろうか?
Unknown (Unknown)
2012-06-17 15:04:04
2大政党が確立しているのは実質米国と英国だけでしょう。でも米国は大統領選という1年以上もかかるプロセスがあるので、小選挙区での2大政党制とみれば英国だけ。

ということで小選挙区制は日本には無理でしょう。とにかく死票が多すぎですし。

ただ比例区のみはやめましょう。タレント議員とかが極端に有利になりますし。死票は少なくすべきだが、ある程度の足切りm必要ですし。

ということで中選挙区制ですね。

ハードルは高いですが、1院制2年任期にしてほしいところです。

●3番目のコメントを書いた奴へ (Unknown)
2012-06-17 16:14:07
消費税を増税して増収になるのか?

97年に消費税を5%に引き上げた時の税収は53.9兆円だったが
それ以降は税収でその額を上回ったことは、ただの一度も無い
消費税が引き上げられると、可処分所得が減るので消費や投資が減退し
景気が悪化して税収は減少する
景気の悪い時に増税して増収になると考えるのは完全な誤りで
増税すればGDPが縮小し、税収は低下するのである

イタリアでも付加価値税を増税したために景気が後退してしまったのであり
徴収額は最低まで落ち込んでしまった


●イタリア 増税裏目の兆候 徴収額、06年以降最低に
http://okanehadaiji.doorblog.jp/archives/7182852.html

イタリアのモンティ首相は増税が裏目に出始める兆候を目の当たりにしている。
今月5日に公表された政府統計によると、イタリア経済が
リセッション(景気後退)に陥りつつある中、
ベルルスコーニ前首相が昨年9月に付加価値税(VAT)の税率を1%引き上げて
21%にして以来、同税の受取額は減少。
4月末までの1年間の徴収額は2006年以降で最低に落ち込んだ。

財政目標の達成を目指すモンティ首相にとって、適切な赤字削減の組み合わせを見いだすことは
イタリアが欧州金融危機で最大の犠牲者になる事態を回避する上で極めて重要。
欧州全般に財政緊縮策への反発が広がり、不況で社会保障費は増大しているだけに、
モンティ首相は緊急にイタリア経済の競争力向上に取り組む必要に迫られている。


もう増税推進派は増税自体が目的と化してしまい
増税しても増収にはならないという理性的かつ論理的な反論を受け付けずに
壊れたテープレコーダーのように増税を繰り返し
猪突猛進のごとく増税をゴリ押ししている
誠に嘆かわしい事である
盲目的に増税へと突き進む野田内閣は、まるで勝ち目に無い大東亜戦争に突入した
近衛内閣を彷彿とさせるのではないだろうか
消費税率10%引き上げで日本経済は崩壊し、日本は第二の敗戦を迎えることになるのである
野田よしひこは日本経済を崩壊させ、日本を没落させたA級戦犯として
未来永劫にその悪名を残すであろう
韓国の海産物が人間の糞便にまみれており、ノロウイルスに汚染されていた! (アメリカで売れないものは日本で売るニダ)
2012-06-17 16:36:46
韓国の海産物が人間の糞便にまみれており、ノロウイルスに汚染されていた!

6月14日のロイター通信

http://www.reuters.com/article/2012/06/14/usa-fda-korea-idUSL1E8HEKDK20120614
UPDATE 2-U.S. FDA urges removal of Korean seafood products
Thu Jun 14, 2012 6:46pm EDT
(本文略)

▼要旨▼
米FDA(食品医薬品局)が韓国海産物の販売禁止勧告
米FDA(食品医薬品局)は、韓国から輸入した海産物の店頭での販売禁止を勧告した。
当局の発表では、韓国産のカキ、ハマグリ、ムラサキイガイおよびホタテガイが「人の糞便にまみれてノロウイルスに汚染している危険性ある」と判明したとしている。
これまで少なくとも4人が病気に罹っている。
生の海産物はもちろんのこと、缶詰や加工食品なども駄目だ。

http://japanese.ruvr.ru/2012_06_16/78294694/
米食品医薬品局 韓国製海産物の回収を求める
16.06.2012, 09:12

米食品医薬品局(FDA)は、健康に害を及ぼす可能性があるとして米国市場に韓国製海産物製品を入れないよう求めた。

 14日ロイター通信が伝えたところでは、韓国製の海産物の中にヒトの糞便の痕跡が見つかり、この事は、胃腸の病気を引き起こすノロウイルスが食べ物の中に存在する可能性を意味する、との事だ。

Unknown (Unknown)
2012-06-17 16:45:24
ここまでコケにされても「維新の会より民自がマシ」と思う人がいるのが
不思議ですね。
ジェラルド・カーティス (Unknown)
2012-06-17 17:13:37
この爺が消費税を厳命したそうです。

http://amesei.exblog.jp/16063592/
>カーティスが消費税増税への意欲を見せるのは米国のジャパン・ハンドラーズとして総意を代弁しているのだろうが、小沢一郎に対する異常なまでの執念がまた感じられるものだった。

要するに欧米の利益のために日本人は死ねという事ですね。
このふざけた考えが欧米の金融資本というものですよ~!
奥様方いいんですか~?
道楽も (太郎)
2012-06-17 18:17:43
 アメリカ軍がいるからだけに過ぎない。これは無くなる。見えている。
 軍事も経済も、人知でコントロールできればくろうはない。
 アメリカは我が国を防衛することはもはやできないでしょう。
 なぜか?軍事はアメリカが、中共がロシアがコントロールできない。かの国々はそれを当たり前として、行動している。
 モウ一度書くが、アメリカはもはや我が国を防衛することはできない。
 軍事の神様はその摂理に従って、動きはじめたようである。
 早急に、軍事予算の増強と国内体制の構築を。
まだ間に合うと思うが、
6月15日に11000人/マスゴミ隠蔽事件 (世界中拡散で日本国民が知らず!)
2012-06-17 18:36:40
毎週金曜日午後六時から首相官邸前でやっている大飯原発再稼働反対デモ。6月15日に11000人 首相官邸前に集まったが日本のテレビや新聞では全く報道されない。(C­NNでは報道された/世界は知っていて日本は知らない状態)しかし、Twitterなどでデモ参加者が徐々に増えている。
【動画】
http://www.youtube.com/watch?v=OLD6u151E-Q&feature=b-cat-activism
               ↑
どういう勢力が 誰が 動員してる? 報道隠蔽で利得階層は誰だ?

似たもの同士 (太郎)
2012-06-17 19:42:10
 アウン・サン・スーチーと言う人がいる。亭主がイギリス人で、その思考言語は英語です。

 我が国に多くいるある種の日本人とおなじ精神構造をもった人々と同じでしょう。この種類の日本人は我が国開闢以来、うようよおり、いい面も悪い面もあり、我が国文化の一部分を担っている。

 政党もスー・チー女史と同じものでしょう。つまりアメリカ、イギリス、その他西ヨーロッパにある政党と似たものだが、内実は異なる。

 それは政党(民主化)というお面をかぶっているが、その行動原理は別である。

 したがって大連立はない。それはあくまで政党の存在が前提だが、我が国の名前は政党である、民主党自民党と言ったものは政党ではないから、連立は無い。
 ではそこにあるものは何だろうか?
これは我が国の政治を調べる上における、極めた重要な最初の認識で、これを間違えると、ここ一番というときに判断を誤る。

 では我が国の政党とはその内実は何か?
それは芸者の置屋の屋号のようなものである。

 危機が来た。これから我が国はその危機の大元から次か次へと攻撃をうけるだろう。

 消費税を上げても、問題は解決しない。つまり他の手を考える必要があり、その方法があるのか無いのかも不明でしょう。
 国家と社会構造の一大変革が先にあり、当然の多くの人が死ぬ。その人数はどれだけか見積もる事でしょう。その計算をすることで、その計算ができないようでは。
 大東亜戦争は310万人であった。
 
日本カツオブシ説 (spin4efm)
2012-06-17 21:06:58
20年まえはこんなに立派だったのに、アメリカに「だし」にされるうちにエンピツみたいにやせ細った日本。
消費税がアフリカの債権放棄同様、アメリカの金融危機支援に消えたあとの大不況は誰のせいになるのか。また改革音頭を踊るのか。
今は何も言うまい (donnat)
2012-06-17 21:35:37
東北棄民政策、原発再稼働、消費税増税
国民の生命と財産を売り渡し、悪魔と契約すると言うなら、今は何も言うまい。

因果応報という言葉をいずれ知ることになるだろう。
Unknown (Unknown)
2012-06-17 21:36:08
維新の会にまた風が吹くのかもしれない。
外交防衛に対する具体案が全く見えず、落ちそうな人の駆け込み寺が実態なのに新装開店、清新というイメージで選挙やるのは勘弁してほしいが。

日本人は神風というような劇的な改善革新に熱狂するが、それこそ理性的判断が失われているのではないかと自問すべきだろう。

たとえば財源問題。
単純に支出額からみれば公務員改革での削減なんてたががしれている。年金、医療介護、生活保護とかに総額100兆円くらいかかっており、税金負担分も30兆円を超えるわけだ。

ここを削減する議論もしないで、そろばんが合うはずはない。公務員憎し、公務員悪いというイメージ先行に酔っているようじゃだめだ。

公務員削減なら警察、消防、自衛隊を減らすのか。もしそれで社会不安や国土防衛に支障がでたらどうするのか。

それらは削減しないなら、どこをどのように削減するのかという具体論を出すことだろう。

官僚支配というが、何をどのように変えるかを具体的議論していないから、そうなるのだろう。

特に外交防衛は思いつきでは実現しない。相手があるからだ。日米安保廃棄というならそれに代わる防衛スキームをいつまでにどのように構築するかを具体的に提言すべきだろう。
具体的に提言することによりそのあらが見えてきて叩かれ、残ったものが実現可能で選択すべき道となる。

現状維持で漸進的に軍事技術と軍事力を高め、100年後に今の米国の25%の軍事力をもつとかくらいかもしれない。

景気は似ていても人口構造が違う… (ponpon)
2012-06-17 22:13:17
> 社会党の村山政権が出来たのも自民党が政権に復帰する為

まぁ、今の政治経済の動きを見ていると、90年代と良く似ているなぁと思いますね。2007年にプチバブルが崩壊して5年経過していますから、今は90年代半ば頃と似ているのかも知れません。
皆さんよくご承知のように、1997年に消費税率が3%→5%にアップし、さらにアジア通貨危機が起こって、、、
↓こんなことになってしまいましたが…。(苦笑)
※表示期間を「1」にして下さい。
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=5715&asi=3
これから、90年代後半~ゼロ年代前半の二の舞を演じるのでしょうかねぇ…。
ちなみに、あの時代はちょうど第二次ベビーブーム世代の結婚出産適齢期だったのですが、見事に“平成大不況”と重なってしまい、結婚出来ない男女が急増…。第三次ベビーブームは完全に不発に終わってしまいました。(これにより少子化が急加速)
↓参照
http://homepage3.nifty.com/joharinokagami/121002.html

> 早急に、軍事予算の増強と国内体制の構築を
> まだ間に合うと思うが

もう遅いでしょう。体力とスタミナのある若者が少な過ぎです。(特に地方)
↓参照
http://homepage3.nifty.com/joharinokagami/010006.html
運転手なんかも不足しているそうですよ。自衛隊や運輸業界に外国人労働者でも入れますか??(苦笑)
Unknown (u)
2012-06-17 22:21:05
自民党がハードルを上げたと言っているのはマスコミである

6月14日の谷垣禎一総裁 定例記者会見でこう答えている
http://www.jimin.jp/activity/press/president/117325.html
政権内には、自民党がハードルを上げて来ているという受け止めがある。野田政権にとっては、ハードルが上がることでかえって野田さんの政権基盤を弱体化させてしまい、元も子もなくなるのではないかという声もあるが。

今のご質問は私には全く理解できないご質問であります。私はハードルを上げたことは一回もございません。当初から、基本方針はこうであるということを明言してまいりました。十分に政府の方々のお耳にも入っているはずですから、「ハードルを上げた」という表現は理解できない、このことを申し上げておきたいと思います。

6月15日の石原伸晃幹事長記者会見より
http://www.jimin.jp/activity/press/chief_secretary/117347.html
主な意見ですが、「消費税率8%あるいは、10%になる際の条件はあるのか」、これは当然のごとく、時の政権が、来年の秋ですが、今、議論の中で、成長戦略等々、或いは減災・防災を充実することも書いておりますので、そういう経済成長を前提に、時の政権が判断する。それにプラスアルファ、一年後に国民会議で社会保障の全体像を示す。この2つの縛りがかかっておりますので、自動的に2014年4月に消費税は増税されません。くどいようですけど、社会保障の姿が示され、かつ経済状態が良好で、なおかつ、今、申しましたように減災・防災、成長分野にしっかり投資が行われることを前提に、時の政府が判断する。そういう法律の枠組みに、今、税の専門家の方々に調整頂いている。
連合政党は分裂含みで、一致結束箱弁当の党主導で消費税増税案+抱き合わせ販売法制が決まり、その後自体が流動化して膠着するだろう。 (一致結束して日本を喰らう勢力が姿を現す。)
2012-06-17 22:41:43
つまり疑似民主集中制が、国政を壟断するのだろう。
次々と売国法案が衆議院を通る可能性がある。
だが、参議院が伝家の宝刀を抜き、その真価を発揮するだろう。

そう、2院制が日本を守ることだと、国民に知れ渡るだろう。
強力なリーダーシップは、マスコミ不全の現状では、民主主義の敵であり、
遅滞なく速やかに法案制度が可決されることは、
まるで脆弱な免疫不全な乳児を細菌やウイルスが襲うがごとき、
危機的な状況であり、国民国家を陥れると言うことが周知されるだろう。


防衛をしない国家とは、無菌室で細菌感染を防止しないと生存できない、
免疫機能を失って生まれた乳児とおなじなのである。
過剰な免疫反応もいけないが、免疫機能を持たないことは、
及ばざるは、過ぎたるが如しであるのだ。


「市民」という言葉を私は長く誤解してきたのだが、
市町村の市の民という意味ではなく、
市民とは、国民とは言えない潜入民(密入国者)が、
国民としての権利を行使できないことを誤摩化し、
あたかも市民であるだけで権利を有するがごとくデッチあげるための擬態であったと知ったことだ。

「市民」とは、国民でなく、潜入した民が隠れ蓑として利用する「成り済ましの代名詞」だったのだ。

国民主権を破壊する目的で、市民という名の偽民主主義の毛皮を与え、
民主基地の尖兵としての市民は、北朝鮮系勢力の温床であったのだ。
もちろん、これには、南朝鮮に潜入した北朝鮮人の市民も南朝鮮人として、
日本に潜入し工作活動を行う民主基地としての市民活動があったのだ。
(成り済ましトロイ人形は、マトリョーシカ構造であり、外観は色々だが、中心核は北朝鮮に限りなく集中して行くのだ。更にコア(傀儡回し)は別だが。)

市民とは、オウムや北朝鮮の隠れ蓑としての偽民主主義的存在であったのだ。
だから、某ダムでも某基地でも、地元民でもない市民が反対運動を展開し、
国政を妨害したり、補償金を積み増しさせたりして、
それを受け取る地元民からタカル組織的テロ活動が行われている可能性があるのだ。

そして、一致結束箱弁当の政党がマスゲームで北朝鮮と繋がっていることは内緒だ。
うーむ (国賊(笑))
2012-06-17 23:19:47
事ここに至って、改めて代替選択肢のなさは見事だと思った。
新興国の方がまだしもまともな野党やマスコミが存在するだけましだな。
殊に某国の記者諸君なんて給料どんだけ安くてもあるいみ青臭い志は立派立派。レトリックも遥かに達者。恥を知れ、飼い犬ども。
僕らはまた本当の絶望から始めるしかない。ことは新たなGeneration=今後20年がかりの課題です。
Unknown (Unknown)
2012-06-17 23:58:35
増税しても増収しないことを何故誰も言わないのだろう。
これ基本 自公民大連立はユダヤ・小沢派は反ユダヤだ。 (Unknown)
2012-06-18 04:42:07
Yahoo!みんなの政治から
http://seiji.yahoo.co.jp/vote/result/201206160002/?sel=2
民主、自民、公明の3党は6月15日夜、社会保障・税一体改革関連法案の修正で正式に合意。合意にいたったことや合意内容を支持する?

支持する・・・・・・12%(143票)
支持しない・・・・・85%(1005票)
どちらとも言えない・・3%(39票)

野田さん正しく表現しましょう。
待ったなし!??  アメリカ没落まで待ったなし。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201206/article_95.html
Unknown (Unknown)
2012-06-18 09:57:41
増税したからと言って税収があがるとは限らないというが、減税したからと言って、税収が上がるとも限らないと思う。
日本人は、倹約の精神があるから財産をひたすら貯めようとする。
資本主義経済を回すには、国が無理やり使うしかない。
それの結果が現状なのかなぁと。
国のシステムを根本からかえないと。
Unknown (Unknown)
2012-06-18 10:50:19
>実は1000兆円もの国債残高を有し、決して無傷ではない。今は1%に満たない金利が1%上がっただけで、10兆円の利払いを迫られるということは、4%となれば、日本の税収が全て吹っ飛ぶ計算である。こういう危機を内包しているからこそ、ストッパーとなるのは消費税増税である。

主要銀行・生保の国債保有残高

ゆうちょ銀行  146.46兆円
三菱UFJFG    44.76兆円
三井住友FG    25.93兆円
みずほFG     30.49兆円
野村HD       2.66兆円
かんぽ生命    64.1 兆円
日本生命     13.41兆円
第一生命     10.87兆円

        338.68兆円 
と残る670兆円の国債保有先がわからない。仮に国債残高1000兆円が本当だとしても、既発国債の金利は固定しており、現在年9.8兆円の金利払いをしている。仮にに金利1%→3~4%にになり、新規国債発行が年150兆円とすると、3~4.5兆円の金利負担となる。税収40兆円が消えると言う説は不安を煽るデマである。
平野達男(参院岩手)が同じ事言って消費増税を主張している。東大農学部から農水省官僚となったが、理科2類の頭脳だな。
橋下徹に漂う「茶色の朝」 (船井幸雄HP)
2012-06-18 11:51:10
橋下徹に漂う「茶色の朝」

 ―先月号で、先生は「迫り来る金融恐慌とファシズムは表裏一体である」とおっしゃいました。今日はそのことを現在の日本の状況を鑑みて、ご説明いただきたいと思います。いま先生が危惧していらっしゃるのは……。
副 島 ずばり橋下徹の登場です。私は彼の出現と今後の「東京(国政)への攻め上がり」を大変、危惧しています。何故なら、「橋下徹に期待する」という国民が どんどん増えているからです。みんな、特に女性は橋下徹のあの甘いマスクにコロリとだまされている。彼の本性と正体はそんなに生易しいものではありませ ん。このままでは、これから日本国に大きな災いが降りかかってきます。たいへんな勢いで、彼はもてはやされています。「首相待望論」が保守言論雑誌に出始 めました。
私が橋下徹について、「この人は危ない」危険な政治家だと分かったのは、次の新聞記事がきっかけです。

…続きは本誌をご覧ください。
月刊フナイ6月号
http://www.funaimedia.com/the_funai/shosai.html#soejima

ーーーーーーーー
「船井幸雄の今知らせたいこと、言いたいこと」2012年6月18日


私が力を入れた新著が6月下旬に書店に並びます

以下一部貼り付け

それは『ザ・フナイ』の2012年6月号の副島隆彦さんの『橋下徹に漂う「茶色の朝」』という文章と比べてもらうとよく分かります。ザ・フナイのこの文章は高岡編集長との対談の形式をとっていますが、「流石に副島先生」と言いたいほど、分かりやすい内容の文章となっています。私も「なるほど」と納得いたしました。
 とはいえ、やはりあの文は「船井メールクラブ向けではない」のです。『ザ・フナイ』向けなのです。
 その辺が説明しにくいところなのですが、ここは主宰者である本書での私の発信する文章と副島さんの『ザ・フナイ』の文章を充分に比べて、ご理解ください。できれば両方とも今後は毎回お読みください。
 そうしますと、私があえて私の発信文にしぼって、試みに本書の発刊にふみ切った理由がお分りいただけるように思います。

 竹村健一さんが言ったように、「特別のニュースがマスコミ他で喧伝(けんでん)される時」は注意が必要です。だれかが何かを意図していると言っていいでしょう。
 その一つが橋下徹ブームです。副島隆彦さんが『ザ・フナイ』の2012年6月号に詳述していますように、彼はアメリカの日本あやつり対策班(ジャパンハンドラーズ)によって世の中に出たようです。これは調べるとすぐに分かります。
 私は橋下徹さんに竹中平蔵さんと同じ臭いを感じて仕方がありません。しかもそのお2人は特に親しく、2人のバックに笹川財団がついているようですから、今後の日本のためにこのブームは注意が必要でしょう。

http://www.funaiyukio.com/funa_ima/
民意90%反対なら反対430名となるのが民主主義 (Unknown)
2012-06-18 12:20:48
>民主党内の3分の2が反対しても法案は成立する。

確かに民主党の2/3は約192名、自民公明以外約35名で240名に足りませんが、正式には参議院での可決で法案成立でしょう。
昨日の報道ステーションでは民主が192名以上反対で否決と言っていましたが・・・。

自民党・民主党には党議拘束がかかっていない、議員の自由な判断にまかせよ。
消費税増税法案を予想してみる。
衆議院
  反対           総数
民主党 98+40~250名   291名
自民党 0~42名        120名 
みんな  5名          5名
公明   0名         21名 
国民新党・新党日本 3名     5名 
社民党  2名          6名 
日本共産党 9名         9名
新党きづな 9名         9名
新党大地  3名         3名
たちあがれ日本 2名       2名
無所属    2名        8名
     173~327名   479名  

①小沢・鳩山グループ以外の民主党中間派議員(鹿野・樽床グループなど)約100名と自民党議員は次期衆院選 落選恐怖で反対激増で240名以上反対で否決。
②消費税増税法案賛成240名以上、しかし反対が160名以上であり、取り敢えず 衆議院では可決 しかし反対が160名以上あるため、西田議員達はじめ「良識の府」自民党の参議院議員が衆議院反対160名以上との情勢を鑑み、参議院自民の当初からの反対を撤回せず参議院で否決される(自民党総務会で修正合意は麻生阿部派が同意せず全会一到でないため自民長老の党議拘束はかからない。バカ殿ノブテルは離党勧告も出せない、参議院自民党員は離党する必要なし)、差し戻され、衆議院で2/3(320名)以上の賛成で可決するが、しかし反対が160名以上であり否決され、増税法案成立ならず。小沢・鳩山・中間派は党議拘束がないので仙石・岡田は除名出来ず小沢・鳩山派は離党する必要が無い、法案は廃案となる。


あくまで予想です。
稲田朋美総理待望論 (Unknown)
2012-06-18 20:50:01
稲田朋美総理待望論
今、日本では女の政治的レベルの低さが最大の危険要因だ。ハンリュウなどと言うものに、実際驚くほど軽々と載せられ、選挙すれば民主党に投票しかねない。彼女らがどれほどバカか、あの田嶋とか言う女としては最高の教育を受けたのにああも底抜けにばか(自力で洗脳から抜けられない、白痴なみの論理力)なのだから、明白だ。
そこで稲田朋美氏を総理に据えるべきだ。バカ女を正常に逆洗脳できるのは、氏しかいない。一大ブームを起こすだろう。弁護士試験に通るぐらいの頭がなければ、政治家、首相になってはいけない。
http://www.youtube.com/watch?v=z8TmpvS1FgA
Unknown (Unknown)
2012-06-20 14:48:13
政府見解

原発:冷温停止ではありません。冷温停止「状態」です。
政権の枠組:大連立ではありません。大連立「状態」です。

失笑。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アメリカ:一党独裁国家 (マスコミに載らない海外記事)
アメリカ:一党独裁国家 マフムード A.B 共和党やら民主党に投票しても、なぜ同じ結果になってしまうのだろう。「選挙」と呼ばれているお笑いぐさが、アメリカが一党独裁国家であることを示している。民主党も共和党もイルミナティの手先。 連中、各党違うがごとき芝居を...
日本でクーデターが起きる? (格闘する21世紀アポリア)
 無謀でかつなんら道義的根拠を持たない原発の再稼動、さらには、これも明確な根拠のないままに消費税増税といった大多数の国民が望まない政策を次々と打ち出す”民主党”なる劣化した既成政党が存在する。この民主党の腐敗ぶりはこれに留まらない。2009年、政権交代直前...
再度、米会計検査院がF-35計画を (東京の郊外より・・・)
11日の週、米会計検査院(GAO)が再びF-35購入の将来計画に強い疑念と警告を発しています。将来の空軍予算や他の購入予定装備品も現実的に見据え、真摯にF-35価格の見通しや生産計画を精査すべき
第180通常国会延長へ  (国会傍聴記by下町の太陽・宮崎信行)
 報道によると、民主党の城島光力・国会対策委員長は2012年6月18日(月)午前、国会内で自民党の岸田文雄・国会対策委員長に会い、第180回常会の会期を延長する方針を伝えました。 国会法第13条で会期の延長議決では衆議院の優越が認められているため、衆議...