株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

女性とは、「働きたくても働けるとは限らない」性なのだ。「専業主婦でもいいよ」という相手を探すしかない

2013年05月13日 | その他

女性とは、「働きたくても働けるとは限らない」性なのだ。少なくとも、今の社会
においてはそうだ。「専業主婦でもいいよ」という相手を探すしかない。


2013年5月13日 月曜日

「共働き希望」の男性とは結婚したくない  5月12日 はてな匿名ダイアリー

私は、専業主婦希望ではない。

今の仕事は面白いし、自分に向いていると思う。

正社員で、30歳にして年収500万という待遇は恵まれているほうだと思うし、手離す気はない。

しかし、結婚して出産すれば、いくら手離す気はない、と言っても、手離さなければいけなくなる可能性がある。

うちの会社は、一応産休・育休の実績はある。しかし、それはあくまで「妊娠9ヶ月まで働き、産休とって、翌年の3月まで育休を取ってから復職」というラッキーな(そう、これはあくまでラッキーな状況なのだ)人の場合である。

昨年、妊娠初期に切迫流産で長期入院になってしまった先輩は、遠まわしに退職を迫られ、結局やめてしまった。

一度やめてしまえば、小さい子持ちの女性にとって、たとえパートでも復職は非常に難しい。まず雇ってくれる会社がないし、あったとしても今度は預ける保育園がなかったりするからだ。

そして、もしも産まれた子どもが病弱だったり障害があったりしたら、それこそ復職は不可能になる。

また、産後の肥立ちが悪く、自分自身が働けない状態になってしまうことだってある。うちの母がそのパターンだ。母は小学校の教師だったが、私を産んだ後ちょっと動くだけで熱を出して倒れてしまう虚弱体質になってしまい、復職できなかったと聞いている。

そういう時に、「働けないなら離婚しよう」と言いだすような男性だったり、そうでなくても子どもの養育費もままならないような収入の男性だったりしたら困る。

女性とは、「働きたくても働けるとは限らない」性なのだ。少なくとも、今の社会においてはそうだ。

選択肢は2つある。出産を諦めるか、あるいは「専業主婦でもいいよ」という相手と結婚するか。


私は子どもが好きだし、できれば出産したい。だから、「専業主婦でもいいよ」という相手を探すしかない。

男性には、「子どもを産んで欲しい、でも共働きもして欲しい」というのは、ものすごく贅沢な要求であることを知って欲しい。

たとえるなら、30歳地味顔中古女の私が、「結婚するならイケメン高身長の医師か弁護士がいい」と言うのと同じくらい贅沢である。

いざとなったら妻を養う覚悟のある男が増えない限り、または子持ち女性の就労環境がもうちょっとマシにならない限り、少子化はますます進んでいくだろう。



(私のコメント)

少子化担当大臣は6年余りの間に14人もの大臣が交代している。職務柄女性の大臣が担当する事が多く、内閣のお飾り的なポストになってしまっている。政治的に取り組んでいますよと言うアピールだけの大臣であり、何の権限も与えられていない。野田内閣では1年余りの間に5人も交代している。
 
少子化問題は何が問題の原因になっているのか、いろいろ語られていますが、日本だけの問題ではなく、アジアの中には日本よりも急激に少子化が進んでいるところもあります。一種の文明病的なところもあり、原因が分かったところでどうしようもない面も抱えている。問題が複雑に絡まりあっているから原因を並べてみても価値観人生観の問題もあり決められない。
 
子育てには大変な労力と費用と時間がかかりますが、昔は子供を産んで育てる事が女性の唯一の使命だった。子供が出来なければ離縁となり、女性の人権は無きに等しかった。逆に言えば女性の人権が認められるようになったから少子化の問題が副作用として出てきたのではないだろうか。
 
戦後は女性解放運動が盛んになり「ウーマンリブ」と呼ばれた時期がある。結婚は選択の一手段となり、女性の非婚化晩婚化が進んだ。結婚は男にとっても女にとっても義務ではないのですが、周りがうるさくて親などから結婚をして子供を産めとせかされる。最近では非婚化晩婚化がますます進んでいく一方だ。
 
世界的に見れば人口爆発の真っ最中であり、1950年頃は世界人口は25億人だったのに、2000年には61億人まで爆発的に増えている。このままでは食糧問題などで危機的な状況になり環境破壊がますます加速する。世界史的に見れば少子化は人口爆発を防ぐ上で望ましい事であり、地球が養える人口は20億人と言う学者もいる。今年の10月には70億人を超えると言うが、食料や資源は限界を超えているように考えます。
 
そこから見れば、日本の少子化は望ましい事であり、日本の国土面積から言えば6千万人くらいが適正ではないだろうか。日本は食糧やエネルギーなどを海外から輸入しているから1億2千万人もの人口でも養えていますが、ひとたび世界的な異常気象で食糧生産がストップすれば大飢饉が起きるだろう。日本を小さな地球と考えれば少子化は望ましい事なのだ。
 
日本政府が問題にする少子化対策は私には理解に苦しむ事であり、少子化によって経済発展が望めないとするのは俗説だろう。日本は少子化によってデフレになったのではなく、デフレによって少子化が進んでいる。一番金を使う若い世代が非正規雇用の増加でで所得が低下して結婚が出来なくなり、結婚しても子供は作らないか一人っ子ということになってしまう。
 
女性の育児環境や職業環境を整えることで子育て支援をするという主張が多くなってきました。夫婦共稼ぎで所得水準を上げれば子供も一人から二人三人に増えると言う事ですが、はてなダイアリーの投稿者のような専業主婦志望の女性が多いようだ。少し出産や育児に悲観的になりすぎているような気がしますが、女性も30歳過ぎると確かに体力も落ちて難産や流産による障害も多くなるだろう。
 
最近では卵子の老化によって20歳代では一桁の不妊率が、30歳過ぎると急激に不妊率が高くなるデータが出ています。女性の職場も高度な専門能力を要求されるようになり、一人前になるには30歳を過ぎてしまう事が多いようだ。出産や育児の為には二十代前半で出産するのが望ましい事であり、しかしそうだと仕事のキャリアを積むことが難しくなる。
 
私の銀行員時代でも、女子職員でキャリア志向の女子職員は全くといっていいほどおらず、テレビなどではキャリアウーマンの時代と騒がれていましたが、その後は総合職の女子社員は全滅してしまった。日本のサービス残業が当たり前の職場環境では女性の体力が持たない。35歳以下の既婚女性の専業主婦率は52%であり非常に高い。フルタイムで働く既婚女性は20%~30%であり少数派だ。残りがパート主婦であり準専業主婦のようなものだ。
 
このような状況から考えれば、女性は20代で結婚して子供を産んで専業主婦となり、夫は年収が800万円以上が望ましい。それくらいないと教育費に金がかかるから子供が作れない。そうなると中年の高収入の男性と20代の若い女性との結婚が多くなるのは時代の流れだろう。だから芸能人でも歳の差婚が多くなってきたようです。



平成19年度就業構造基本調査・出生動向基本調査より

配偶者ありの女性の専業主婦率
25歳~29歳 53.8%
30歳~34歳 52.4%

35歳~39歳 45.0%
40歳~44歳 34.7%
45歳~49歳 28.8%
50歳~54歳 26.8%
55歳~59歳 44.5%



1年以内に自然妊娠できる可能性

2024歳 80%以上

25歳~29歳 80%程度

30歳~34歳 60%程度

35歳~39歳 50%程度

40歳~44歳 40%未満

45歳~49歳 5%未満

50歳以上   1%未満

ジャンル:
その他
コメント (57)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女性で不動産投資をしているが、... | トップ | 米議会調査局の報告書が、安倍晋... »
最近の画像もっと見る

57 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ローマ帝国が滅びたのも「少子化」が原因だったという (Unknown)
2013-05-13 13:16:17
 ある程度、生活レベルに満足するようになると人間は保守的になるようだ。今の自分の生活を守るために障害となるようなもの、たとえば女性で言えば「出産」という大仕事は第二、第三の関心事となってしまう。子供は産みたいと思っても、子育ての苦労にまみれる自分の姿を想像すると、今のままで仕方が無いということになる。つまり、自分だけのほどほど豊かでほどほど幸せな生活を守るために、子育てという仕事を選択しないわけである。

 かのローマ帝国でさえ、その例に漏れず帝国末期には子供の数が激減し、国を守る兵士の数にも不足するようになり、いわゆる「ゲルマン傭兵」に国境の守備まで任せなければならなくなり、「歴史上では一応476年ゲルマン人の傭兵隊長オドアケルによってロムルス・アウグストゥルスが廃位されたのをもって滅亡となっています。」と、一般的には言われている。帝国の滅亡には政治的、経済的、宗教的理由はあるが、少子化によって国防すらままならなくなったという見方もできるだろう。

 そう考えると、少子化による人口減というのは非常に国家の命運を分けるような大問題ということになる。Tora氏は人口6000万でもいいということだが、今より人口が半分になって誰が国を守るのだろうか? 国を守るコストが外国人傭兵などで国家財政を圧迫するような事態は想定外なのだろうか。日本のお隣には100年後も間違いなく「反日中国・韓国」が位置していることは確実な情勢で、余りにも危険なことではないだろうか。
自腹も切らず、浪費生活する日本人一人の生涯がどれだけ地球の負荷になるのか冷静に考えよう (Unknown)
2013-05-13 14:02:43
時代錯誤してはいけない。現在は弱肉強食の時代ではない。それでも不安なら核を持てばよい。

人口減は持続可能な社会を作るためにも世界最大の課題にかわりない。日本適切な人口は3000万人がいいところだ。
Unknown (なーる)
2013-05-13 14:06:26
>女性の人権が認められるようになったから少子化の問題が副作用として出てきたのではないだろうか。

この一言が全てです。私も同感です。
女性の権利拡大を推進するロックフェラーとその継承者たちを根絶する事が、
この問題を解決一番唯一の近道。それができないからいろいろグダグダ言う現実
を産んでいます。 人口減少そのものは悪くはないと思いますが、急激な減少は多
くの人の生活、経済を傷付けます。また、世界中で同じ速度で減少が起こるなら
なんら問題はありませんが、そうでなければ、増加する国と減少する国との間で
パワーバランスの変化が起こります。ここでも多くの人々の間で摩擦の種が
起こります。それらを踏まえた上でうまく国を運営していって欲しいものです。
Unknown (マタイ24)
2013-05-13 14:22:07
ファティマ第三の預言とノアの大洪水について。

第二次大戦前にヨーロッパでオーロラが見られたように、
アメリカでオーロラが見られました。
また、ダニエル書の合算により、
御国の福音が宣べ伝えられるのは、5月15日だと理解できます。
エルサレムを基準にしています。


2018年 5月14日(月) 新世界           +1335日 
            ダニエル9:2         イスラエル建国70年

2018年 3月30日(金) ノアの大洪水         +1290日 過越14日-15日 
2014年 9月17日(水) ダニエル12:11            +0日
2013年 5月15日(水) ダニエル9:24  マタイ24:14    -490日  第一次中東戦争から65年


天におられるわれらの父とキリスト、
死者復活と永遠のいのちを確信させるものです。

全てあらかじめ記されているものです。
これを、福音を信じる全ての方、
救いを待ち望む全ての方に述べ伝えてください。

Re ローマ帝国が滅びたのも「少子化」が原因だったという (ハゲお断り。)
2013-05-13 14:30:54
嘘つくなよ。  キッシンジャーが言うには職業を変えられない位に社会構造が膠着したから。と言っていた。だから、日銀だから、デフレだから、とか、何でも言えるじゃん。
アベノミクスの本質は、米ドル・米債買いによる米国FRB救済 (Unknown)
2013-05-13 14:31:23
■3.FRBが模索している出口政策で、米国債の買い手が日本
FRBの増発マネー$2.5兆(250兆円)は、米国の金融機関の預かり資産になって、それがファンドに貸されて、国際的な投機資金になっています。2012年11月から日本円を売り(その結果が円安)、株を買ったのも(その結果が株価上昇)、この資金です。

おぞましい安倍の欺瞞政治にに止めを刺したアベジェクションという政治用語 (Unknown)
2013-05-13 14:32:40
「アベノミクスに破産宣告したアベジェクシオンの威力」と題した記事が阿修羅の政治版にあって、新鮮な言葉と概念として注目を集めている。
http://www.asyura2.com/13/hasan79/msg/726.html

この言葉は「フナイ」の五月号の対談に由来し、フナイのホームページで雑誌の記事の内容を紹介しているの冒頭に、次のような編集部からの案内文がある。
[日本のおぞましきアベジェクシオン政治]
ーー欺瞞政治の蔓延と恐怖の権力の復活
【編集部より】本誌5月号制作中に、藤原肇氏より、対談の寄稿掲載を急きょ打診されました。ちなみに藤原肇氏には、2月号、3月号と「シリカ(珪素)対談」をご寄稿いただいており、この続きは、氏よりご投稿いただきました時点で随時不定期に掲載させていただく予定ですので、何卒ご了承くださいませ。
今回は、日本の現状を憂えた藤原肇氏が緊急投稿くださいました本澤二郎氏との対談を掲載させていただきます
この売国奴を、櫻井よしこ、西部グループら自称保守、チャンネル桜、ネトウヨどもが支持した!安倍支持で日本を植民地にした、売国保守の罪は限りなく重い!!   小林よしのり ゴー宣道場より (Unknown)
2013-05-13 14:35:31
「TPP交渉参加」で
日本の「聖域」なんか守られません!


おそらく、自動車関税など
米国の「聖域」だけのまされるはずです!

安倍晋三は、
日本史上最大の売国奴!!

昨日のブログで懸念を示しておきましたが、
案の定、ここまで
TPP参加加盟11か国の交渉で、
コメを「聖域」とするような議題なんか
一切出ていないことを、
今朝の東京新聞が1面トップで報じています!
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013031490071215.html

TPPが妥結するまでに、
日本が交渉に参加できるのは
9月の会合、たった1回。

しかも、交渉自体は7月会合でほぼ終わり、
9月会合は決定事項を了承し合う
セレモニー的なものになるという
観測まで出ています!

誰がどうやって「聖域」など
守れるんだ!?

さらにISDS条項で、
日本の国内法よりも
外国企業の利益が守られるという
国家主権の喪失が起こることすら、
充分には知られていません。

しかも、一度「交渉参加」を表明して、
不利だからやっぱり脱退なんてことは、
安倍には絶対出来ません!

そんなことしたら、
普天間基地移設を白紙にした
鳩山由紀夫どころではない
大問題になり、日米関係が決定的に
悪化します。

アメリカ様に気に入られたいから、
2000年の瑞穂の国も、
日本の国家主権も、
ぜーんぶ売り渡す!
それが安倍晋三!!

この売国奴を、
櫻井よしこ、西部グループら自称保守、
チャンネル桜、ネトウヨどもが支持した!

安倍支持で日本を植民地にした、
売国保守の罪は限りなく重い!!
総合的指標 (Unknown)
2013-05-13 16:43:47
クロ君がメキシコ、カナダのGDP推移をベタ張りしてドヤ顔しているけど
GDPだけが一国の盛衰の指標に成りえるか?
アメリカの大企業がメキシコ、カナダにやってきて、地場企業を駆逐して
地元住民を低賃金でこき使って、モノを大量生産しても
一応GDPは成長するだろうね

GDPの推移だけではなく、所得の推移、格差を表すジニ係数の推移、犯罪率の推移、農作物の生産量の推移など
総合的に判断しないと分からないものだ
GDPだけなら韓国も中国も拡大しているが、国民生活はどうかと言うと
貧しくなるばかりだ
GDPが成長しているから豊かになっている
NAFTAでメキシコカナダのGDPは成長している
だからTPPも問題ないというのは論理的に飛躍している、浅慮と言わざるを得ないな
なんで「だろう」なんだ? (クロ)
2013-05-13 17:32:03
>NAFTAでメキシコカナダのGDPは成長している
>だからTPPも問題ないというのは論理的に飛躍している、浅慮と言わざるを得ないな
うんうん。
じゃあ次は反対派の方達の番ですよね?
ぜひ深い分析から、メキシコやカナダの経済が衰退した事を示す経済指標を提示してください。
できますよね?逃げませんよね?

>アメリカの大企業がメキシコ、カナダにやってきて、地場企業を駆逐して
>地元住民を低賃金でこき使って、モノを大量生産しても
>一応GDPは成長するだろうね
「だろう」じゃだめですよ。
なんで「だろう」なんですか。
所得の推移、格差を表すジニ係数の推移、犯罪率の推移、農作物の生産量の推移
自分で言ったのだから、全て提示して総合的に判断し下さいよ。
人口減少は望ましいことです。 (Unkonoun)
2013-05-13 17:32:55

>そこから見れば、日本の少子化は望ましい事であり、日本の国土面積から言えば6千万人くらいが適正ではないだろうか。

昔は、人口の多い国が多くの兵士を養い、その軍事力で小国を併呑したので、
人口の減少は国防力の低下であったが、現在の戦争は兵器の性能で決まる上に、
如何なる小国でも核武装すれば、大国から侵略されることもありません。

そして、TORAさんも仰るように、現在の1億2千万人もの人口では
ひとたび世界的な異常気象で食糧生産がストップすれば大飢饉が起きてしまいます。

ドイツ8000万人 フランス6000万人 イギリス6000万人 イタリア6000万人程なので、
日本の人口が6000万人になっても、社会の活動は充分に維持されるし、
都心でも郊外でも、人々が今より広い家に住めて、特に郊外では家庭菜園などを営む人が増えて、
実質的に生活が豊かになり、その豊かさによって、何処かの時点で人口減少が止まる筈です。

>そうなると中年の高収入の男性と20代の若い女性との結婚が多くなるのは時代の流れだろう。

人生80年となった現在では、いわゆる認知症になる人々が増えていますが、
実際に自分が見聞きした事例では、旦那が先に認知症になっても、
妻は然程落ち込むことも無く、旦那の介護をしながら生活して行けますが、
以前、私がマンション住まいだった頃、隣家の意地悪婆さんが認知症になり、
その旦那が僅か数ヶ月で別人のように打ち萎れ、
間も無く夫婦共々自宅マンションから消え、隣家は空家になりました。

このように、家事を任せていた妻が先に認知症とか他の病気とかになると、
旦那は精神的にも肉体的にも大きなダメージを負って、社会生活が維持出来なくなるので、
長い人生を考えれば、同世代夫婦より、男性の方が10歳以上年上の夫婦が増える方が、
夫婦の愛情も長く保て、社会全体も安定するのではないかと思います。
「少子化を憂う必要はない、格差社会が広がりコンドームを買えない貧困層が増えれば子どもはすぐ増える」 (安田美姫(60歳))
2013-05-13 17:37:16
「少子化を憂う必要はない、格差社会が広がりコンドームを買えない貧困層が増えれば子どもはすぐ増える」という、
中西輝政説が正しいならば、そして、ブログ主が主張されるように、日本の適正人口6千万人が正しいならば、
格差社会が広がれば、日本にとってよいことはない。

ジニ係数が、日本の場合、中曽根政権頃から上昇する傾向にあり、小泉政権以降特に顕著である。

ジニ係数が上昇傾向にあると点に関しては、小泉政権以降ということが特に強調されなくてはならない。

そして、経団連や、一部の政治家(中川秀直ら)が、
移民1000万人受け入れ移民立国を画策している。

経団連と保守政党を自称する自民党が、移民を1000万人を日本に受け入れるとアンポンタンな計画を画策しているが、キーパーソンになっている人物がいずれも、
「朝鮮総連」と深い関わりにある人物である点に留意しなくてはならない。例えば、坂中英徳のことである。

中川秀直らの企図しているのは、中国や北朝鮮から移民を1000万人も日本に入れるということのようだ。

それを「経団連」がバックアップしている。
そして、「経団連」と「外資」こそが、TPP推進派の最大
勢力なのだ。

外資保険屋を、最大の広告主とする新聞が、読売・朝日・日経・産経全てにおいて、TPP推進派であることは
極めて当然のことである。


追記 (クロ)
2013-05-13 17:54:38
>総合的指標 (Unknown)
>2013-05-13 16:43:47
つまりあなたは、
GDPの推移だけではなく、所得の推移、格差を表すジニ係数の推移、犯罪率の推移、農作物の生産量の推移など
総合的に判断した上で、TPPには反対だと結論づけたわけですね。
すごいですね。これは論破されるかな・・・。
是非ともその総合的な判断に至った経緯を教えてください。
新しく何かを調べる必要はありませんよ。あなたの手持ちの指標だけで十分です。
だったらすぐにでもご提示していただけるでしょうから、話が早いですしね。
納得がいったのなら、私は明日から反対派になります。

しかし個人的には、それでもGDPの伸びていながら国家経済が衰退、というのはかなり難しい結論だと、
今は思っていますが。
Unknown (鯉)
2013-05-13 18:19:06
確かに少子化は問題ないでしょうね。少子化問題などないのに少子化対策などと役人が言い出すのだから困ったものです。

少子化は問題ないのですが、少子化の主な原因は女性の高学歴化にあると思います。教育に掛ける期間と費用とキャリアへの展望で婚期と出産期を逃すのでしょう。

企業が打ち出す子育て支援制度は各企業の戦略で行われるものであって社会がどうとか関係がない。
Unknown (Unknown)
2013-05-13 18:29:37
我々は20年前から世界中に移民を大量に投入し、選挙権を持ち、中から力をつけ
我々の主張を正当化するために時には教師になって洗脳し、海外の報道機関にも入り込み操っている。
日本に海外の放送機関を乗っ取るなんて行動力があるか?正義感が邪魔して絶対にできない。
我々は日本を必ず世界の敵にする。ABCD包囲網を再来させる。
自分の利益のためならどんな手段も許容する民族性は
中国人の最大の武器だ。しかも韓国までいる。
北朝鮮は印象が悪いが、世界は韓国については殆ど実情を知らない。だから韓国の意見は真顔で聞く。
中国だけでなく韓国も「日本が挑発してきた、日本が悪いんだ」と糾弾することで
国際世論はあっという間に日本を見る目を加害者に変えて行く。日本なんかあと20年も持たない。
武士道精神で汚いことを出来ず、自国民にばかり厳しく、相手の立場ばかり慮り、
自虐的で決して結束しようとせず、少子高齢化を選挙の最大の争点にもせず
急激な衰退を放置している日本人は、絶対に中国人に勝てない。
20年以内に確実に中国は開戦する。日本を経済と人口と軍事力で圧倒し、米国も手を出せないほどの力を持った瞬間
尖閣を武力で奪い沖縄割譲まで要求する。若者がいなく数え切れない老人を抱えた日本は何もできないだろう
Unknown (Unknown)
2013-05-13 18:31:06
中国のミサイルの戦略的な目的は、接近阻止・領域拒否(A2AD)戦
略であり、DF-16の目的も空母や米艦艇の台湾接近を阻止する目的で
あり、その目標の1つとして、沖縄を狙うことになる。

しかし、カプランも私も日本より先に中国とベトナムとの対決にな
ると見ている。南シナ海での戦闘が先に起こる。米軍は南シナ海域
での配備になるはず。日本近海には米艦艇数は、少なくなる。空母
ワシントン、強襲艦エセックスなどは南シナ海へ移動している。日
本には沖縄のF-22など航空勢力+日本艦艇だ。

しかし、中対越比米との南沙諸島での衝突が起こり、それに対応し
て、日本、台湾が東シナ海で第2戦線を作るように米国から求めら
れることになる可能性が高い。この条件として、高出力レーザー兵
器の技術の提供を求めることであろう。基本的な戦略とは複数のシ
ナリオを用意して、それに備える必要がある。

もう1つの可能性として、北朝鮮と中国の連合軍が38度線の国境線
を越える。第2戦線を中国が構築し、米軍を分散させる。中国は陸
軍が主流で海軍の分散が起こらない。

元寇時も、越が元を押さえ、日本も同時期に元を押さえたことで、
分散されて最後には日本への攻撃をあきらめることになる。このよ
うな過去のシナリオが参考になる。共産中国は世界戦が初めてで、
欧米日などの連合の強さを知らない。そこが中国の問題点であり、
また狂信的な軍人が登場する理由でもある。

最後になるが、中国の政治体制を知っていて欲しい。戦前の日本と
同じで、軍の統帥権は総書記と軍事委員会は持っている。軍事委員
会メンバーは総書記、副総書記以外はすべて軍人であり、政府要人
はいない。政府には国防相がいるが、軍と政府の連絡役でしかない。
政府は軍の行動を止めることができない。もう1つ、軍は銀行を持
つ。

戦前の朝鮮銀行と同様に軍人が自由になる銀行があり、政府や中央
銀行の意向を無視できるのが、今の中国軍である。その軍の大学校
長である将少将が米国との戦争も辞さないと騒いでいるが、それを
止める者も居ない。中学から軍事教育が中国はあり、広範な軍事教
育がされている。あたかも戦前の日本を見ているようである。

非常に心配な状況にある。

女性の社会進出= 女に課税するため!!! (Unknown)
2013-05-13 18:56:33
人口を減少させ、家族の絆を破壊するためでもある・・・
http://quasimoto.exblog.jp/14844076/
>その昔、ウーマンリブをなぜ流行らせたかというと、ニック・ロックフェラーが言うには、家庭の主婦を家から追い出して働かせれば、女性からも税金を取ることができるからだということだったと言ったアーロン・ルッソ氏のことばを彷彿させるものである。
つ、釣りでつか?w (ビリー・ザ・マッド)
2013-05-13 20:06:24
>「共働き希望」の男性とは結婚したくない

今さらそんなこと言われてもねえ・・・
「女性の社会進出」を積極的に促進して行ったのは、他なぬ女性の方ですよね?

>男性には、「子どもを産んで欲しい、でも共働きもして欲しい」というのは、ものすごく贅沢な要求であることを知って欲しい。
>いざとなったら妻を養う覚悟のある男が増えない限り、または子持ち女性の就労環境がもうちょっとマシにならない限り、少子化はますます進んでいくだろう。

んでもって、男性に責任転換wwww
さんざん男女平等だとのた打ち回っときながら、今さらwwww

>たとえるなら、30歳地味顔中古女の私が、「結婚するならイケメン高身長の医師か弁護士がいい」と言うのと同じくらい贅沢である。

んなわきゃねーだろwwwww
この人、脳ミソにボウフラでも湧いてるんじゃないですか?www

女の敵は女 (ビリー・ザ・マッド)
2013-05-13 20:15:31
以前も書いたけど

一般的な普通の女性にとって、その幸せを翻弄し破壊してるのはフェミニズム、およびそれを標榜して実情無視の妄想を吐き散らすフェミニストの連中なんだよね。

これはかなり前から指摘しておいてあげたのに
ついに女性の側からフェミ批判がなされることは無かった。
そしてごらんの現状。

自業自得というか、ご愁傷様というか・・・w
>古代ローマ帝国の少子化 (ビリー・ザ・マッド)
2013-05-13 20:23:46
>帝国末期には子供の数が激減し、国を守る兵士の数にも不足するようにな~

間違ってますよ。
ローマの少子化問題は既に紀元前から懸案でした。

歴史を歪曲してはいけませんw
少子化対策 (けろよん)
2013-05-13 20:26:19
パートでも復職は非常に難しい。まず雇ってくれる会社
がないし、あったとしても今度は預ける保育園がなかっ
たりするからだ。

もう何十年も言われてきた
箱物を作りたいお役人様は何もしない
保育所一人当たり20万も税金をかけるより
子供手当てを10万円いや5万円でも配ったほうが
よっぽど役に立っただろうがもう遅い
Unknown (匿名)
2013-05-13 20:55:10
.
出生率も含めてデフレスパイラルということだよ。

以前は記事のように人口6000万人ぐらいだろと思っていたが、

現状はそうはいかない。

それは人口の多寡が国防にも影響するからだ。

産業は自動化機械化すれば人口が減ってもGDPを

維持できるかもしれない。

しかし、横に人口14億・実態は20億の中国がいて、

日本は専守防衛で核も使えない。

国境線は長くどこからでも入って来れる。

そんな状況で人口が減ればもはや防衛は不可能だ。


また、長時間残業は女を振るい落とすための方便で、

雇用機会均等の強要が労働環境のひずみを生みだしている。
、「専業主婦でもいいよ」という相手を探すしかない。 (大福恵比寿)
2013-05-13 20:57:30
本当に世の中の移り変わりは早いと思う。

ほんの20年ちょっと前には「専業主婦でいろ」とか「共稼ぎはやめてくれ」という夫が多く、女性が結婚しても働き続けるという状況にはなかった。橋田壽賀子のドラマ「渡る世間は鬼ばかり」の長女の家庭にはそんな描写があった。

それが今では「専業主婦でいいよ」と言ってくれる男性を探すということが贅沢だと言う。

男女平等が叫ばれ、男女の労働の機会均等が言われ始めた頃、ビル・トッテン氏が労働における男女平等が進んだアメリカでは、夫婦共働きでなければ暮らしていけない家族がたくさんいると言っていたことを思い出す。

ビル氏は「日本の賃金は専業主婦を前提とした賃金であり、共稼ぎでなくともやっていけるようになっている」とその時に言ったのだが、今となるとその言葉の先見性がよくわかる。

今やかつてビル氏が言ったように、共稼ぎでなければ生活していけない家族が増えた。専業主婦は夢になってしまったのだ。

男女均等がもたらしたものは女性の地位向上でなく男性の賃金の低下であった。

>そうなると中年の高収入の男性と20代の若い女性との結婚が多くなるのは時代の流れだろう。だから芸能人でも歳の差婚が多くなってきたようです。

江戸時代、商家に奉公した者は、丁稚から始まって若い時には金もなく、一人前になるのは40歳近くなってからだった。そしてその頃になってやっと妻をもらうことが出来たという。だから年の差婚が多かった。

今は江戸時代に近くなってきたのか?
カロス健康センター (はる)
2013-05-13 21:06:07
カロス健康センターで奇跡の治療で治して頂いた人がいます!
http://blog.goo.ne.jp/tatuhiko1952
http://www.ekiten.jp/shop_2237528/
http://www.kalos-s.com/
指摘 (ビリー・ザ・マッド)
2013-05-13 21:20:20
TORAさんとしては面白くないだろうけど
こればかりはあまりに重要なので指摘と訂正を入れておきます。

>今年の10月には70億人を超える

↑ 70億人は既に突破しました。2011年10月末のことです。

これはけっこう話題になり、多くの雑誌で特集が組まれました。
私もNewton 2012年6月号:「まもなくやってくる100億人時代」を購入して書棚に保存しております。
http://nerino.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/newton-6100-efa.html


ナショナルジオグラフィックの特集「70億人の地球」も読み応えがありました・
http://nationalgeographic.jp/nng/sp/7billion/1107_01.shtml
test717 (masa)
2013-05-13 22:23:52
昔の人が女性が子供を作れないと離縁したわけを
考えると、一つは相性の問題があると思う男女どち
らかが不妊無精子の可能性が有るので相手を変え
てみて問題の所存を確かめるのも一つの方法だろう。
また、単なる相性の問題かもしれないのでやはり3年
たっても妊娠しないのなら離縁するのは合理的な考え
だと思う。逆に離縁しないことは結婚する意思もないの
に付き合っている現在の男女と同じように感じる。

女性が専業主婦になれるのかどうかは男性の年収と
関係がある。現在のように国家が若い男性を使い捨て
にしている場合、残念だが女性も幸福にはなれない。
結婚したいのなら選挙にいってまともな政治家を選ぶ
ことだ。また、女性の社会進出が進んだことで男性が
底辺に追いやられている。自分がいるポストに他の女
性の夫がいる姿を想像しないのだろうか?遺伝子的に
は男女の差はほとんど無い。つまり、まともに競争したら
優秀な遺伝子を持った男女がポストの上の方を独占し
てしまう。

だからといって女性に社会進出するなとは言わない。
そもそも子供を作る理由は将来の保証と働き手の確保
などいろいろな理由が有ったが、そのほとんどが近代に
なって解消されてしまった。昔は家事育児で一日のほと
んどが費やされてしまったから女性の社会進出など考
えも付かなかっただろう。水道ガス冷蔵庫掃除機洗濯機
が無い生活を想像してみて欲しい。だが、それが解消さ
れてしまって女性のやることが無くなった。また、子供を
沢山生むことが日本の食料自給を考えるとできない。

そのことを考えると国は女性男性の新しい働き方が考案
普及するまで力技で後押しする。女性は外国礼賛のフェ
ミニズムではなく実体験と歴史と現実を見据えた働き方
家庭を構築するべき。そのためには最低限知識を教え
る必要がある。若いときに子供を作らないと流産しやすい
とこや妊娠中はストレスにさらされないように環境を整備
する。ダイエットを(痩せすぎ)社会的な問題にして痩せす
ぎの問題点を明らかにする。また、適度に太っていること
の利点を明らかにする。フランスではモデルの体重制限
を設けたとかであまりに痩せすぎには注意が必要だろう。
米国債で武器買えよ! (厭世家)
2013-05-13 22:35:56
アメリカは借金まみれだ。
オレがアメリカだったら…米国債保有国第1位と第2位の戦争をケシかけてチャラにしようと考えるだろ!
日本と中国が戦争して共倒れしてくれたら万々歳だ。
橋本総理時代に米国債の売却を仄めかしただけで途轍も無いバッシングを受けた事を思えば…売却は現実的では無いよ!
日本とアメリカが利益となる解を考えなきゃ。
日本が保有する米国債でアメリカ製の武器をジャンジャン買えばイイんだよ!
どうせ米国債の売却は許されないし、持ってりゃ戦争押し付けられるし、米国債で武器買ってやりゃアメリカ軍産複合体も喜ぶ。

強固な武器があれば…中国もオイソレとはちょっかい出し辛いから余計な戦争回避になると思うが…如何なモンだろ?
新型インフルエンザ対策 混乱回避へ行動計画案 (愛信)
2013-05-13 23:02:23
新型インフルエンザ対策 混乱回避へ行動計画案
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130509/bdy13050907510001-n2.htm

ワクチン接種で発病率を2%~3%減らせるとの事。  支那が鶏インフルのウイルスをばら撒き数匹のニワトリ
を殺せば、日本政府がすべての日本人に強制的に子供の出来なくなる断種ワクチを接種する。
このような狂った政策は創価学会公明党の日本民族を絶滅させる政策の一環である。
又、マイナンバー方案には、安倍氏自身が中川昭一氏と共に反対していた人権擁護法案の3条委員会の設立
を組み込んだ公明党のマイナンバー法案を作ったりした、このような政策に同調する自民党安倍内閣は国民を
愚弄している。 創価学会公明党は憲法改定に反対して、靖国参拝に
反対、TPP参加に賛成(これも日本の
国体を破壊する行為)している日本人社会の破壊者集団である。 前回の総選挙で過半数を54議席も超える
議席を託された自民党の国会議員は安倍総裁を説得して多くの有権者が嫌っている創価学会公明党と一日
でも早く決別するべきである。 反日売国の創価学会公明党と一緒では参議院の2/3議席を獲得しても無
意味である。 参議院選挙前に決別宣言をすれば公明党を嫌って離れて行った愛国系有権者が大勢戻って来る。

【新型ウイルスの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/snt/snt2.cgi
【新型ウイルスタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
移民国家になるしかないかも (Unknown)
2013-05-13 23:10:46
 どっちみち、今のままでは日本の人口減は避けられない。人口が減れば国防というような観点ばかりでなく、誰がゴミを収集するのか。誰が郵便や宅配を届けるのか。誰が老人の面倒を見るのか。という身近な問題がいくらでも生じてくる。おそらく、僻地での生活は成り立たなくなるだろう。

 もし、人口6000万人で暮らすというなら人口の集中化が不可避となるだろう。簡単に言ってしまえば、全国を10大都市ぐらいに限定してそこに人を住まわせるようにする。そうでもしないと、公的サービスを維持していくのは不可能になる。

 東北なら一例として仙台を10大都市の一つとして、人を集中的に高層団地に住まわせ、その周囲に商業施設や役所、病院などを作っていく。さらに、都市の中心からは放射状に鉄道をつなぎドーム型の都市を形成していく。それくらい合理的な計画を立てていかないとコストばかりがかさんでしまう。

 東日本大震災を前向きに受け止めるなら、大都市に人を集中化させるような大規模な未来都市構想を打ち立てるべきであった。それが出来ないというなら、アメリカのような「移民国家」になる以外無い。しかし、各地にチャイナタウンやコリアンタウンが出来るに決まっている移民政策では、日本は内側から崩壊していくだろうね。
test718 (masa)
2013-05-13 23:21:26
お尻の大きい女性は安産だと昔から言われているが
街で出合う女性を見ているとたまにだがお尻が平面
に近い女性に出合う。見ているだけで心がちくちくする。
スタイルがいいことは大事だがやりすぎだと本人は気づ
かないのだろうか?
綺麗なお尻や胸を作りたいのなら良質な植物性のたん
ぱく質を摂るとよいと思う。

フェミニズムの問題点は文化の違いや地域性を無視し
て同じ基準や思想を当てはめようとしていることだ。
男女で財布を別にするという思想も財産の管理をしてい
るのが女性なのか男性なのかということを無視している。
また、日本の関係は相手が自分に頼らなければいけな
いという相互依存を主眼にしているが、これを差別と定
義してしまうと全てを白紙にしなければいけなくなる。
Reファティマ第三の預言とノアの大洪水について。 (Unknown)
2013-05-13 23:50:56
2048年イスラエル建国百年以内に世界は終わるだろうとは予測はされています。2030年代初頭にハルマゲドン=世界統一政府軍対帰還する失われたイスラエル10氏族の戦いです。
女性とは、「働きたくても働けるとは限らない」性なのだ。少なくとも、今の社会 においてはそうだ。「専業主婦でもいいよ」という相手を探すしかない。 (Unknown)
2013-05-14 00:35:40
>>女性とは、「働きたくても働けるとは限らない」性なのだ。少なくとも、今の社会においてはそうだ。「専業主婦でもいいよ」という相手を探すしかない。

その通りだと思います。特に、中小企業ではとても産休を半年も取って貰うだけの体力もありませんから。子供が産まれるということは、想像以上に手間暇がかかるものです。たとえば、夜泣き。赤ん坊はよく泣きます。泣いて大きくなるのですが、その度にあやさねばならない。真夜中でもそうしなければなりません。

育児施設に預けて仕事をすると言っても、近くに便利なところがあるとは限りません。しかも、産後の経過が悪ければ、体も元通りというわけにはいきません。とても「復職」どころの話ではない場合も多い。少なくとも一年ぐらいは専業主婦をしていく覚悟が必要なのではないでしょうか。結局、子供が中学生になるまでアルバイト仕事もままならないということになる。

また、子供の身になって考れば、少しでも長くお母さんの懐に抱かれている方がよい。若い母親の中には、抱き癖が付くなどと子供を抱こうともしない例もある。母親に抱かれる事が少なかった子供は情緒不安定になりがちともいいます。仕事と育児を両立などと気張らず、少なくとも幼稚園に上がる前までは子育てに専心していただくべきと思います。
buy wow gold (wow gold)
2013-05-14 01:02:20
WoW Gold Cheapest For Sale Online Store, Buy Fast and Safe WoW Gold, Cheap Game Gold, Best serve from TomDurrie.
ウーマン・リブ運動の資金源 (Unknown)
2013-05-14 01:06:15
ウーマン・リブはロックフェラーとCIAの資金に捏造された運動
http://blog.goo.ne.jp/nvno/e/051f8eb6b96868809312211a7b904958
「ウーマン・リブは何だったと思う?」って。そのとき僕は型にはまった考え方で「女性は働いて男性と同等の給料を得る権利があると思うし、丁度女性たちが投票権を勝ち取ったのと同じさ」と言ったら笑い出して「お前はバカだな」と。「どうしてバカさ?」と聞いたら「あれが何だったのか教えてやろう。俺たちロックフェラーが資金を出したんだよ。俺たちがウーマン・リブを後押ししたんだ。俺たちロックフェラー財団が全部の新聞やTVで取り上げたんだ」と。

「どうしてか知りたいか? 主な理由はふたつ。ひとつは、ウーマン・リブ以前は人口の半分に課税できなかった。ふたつ目は、(母親が仕事に行くので)今や子供たちは早くから学校に通う。だから子供たちの考え方を好きなように出来る。彼らを家族から引き離して州が、(公立の)州の職員(教師)が彼らの家族になる。親が教える代わりに学校が家族になる。子供たちにとって教師が家族になるんだ。それらがウーマン・リブの主要な目的だった」。

http://www.youtube.com/watch?v=AoOp-VBgMNg
7分24秒から ウーマンリブに関するニック・ロックフェラーの発言に関するアーロンルッソ監督の 証言
ウーマンリブ運動で利益を得た者は誰か (Unknown)
2013-05-14 01:08:14
ウーマンリブ運動とは、1960年代後半にアメリカで起こり、その後世界的に広がった女性解放運動のことをいうが、ウーマンリブ運動に触発されたアメリカ人女性が、旦那や子供のいる幸せな家庭を捨てて、後で死ぬほど後悔したという笑えない話も残っている。

ウーマンリブ運動で最終的に笑ったのは、税収の増えた政府と国民を操りたいユダヤ国際資本と、福祉予算のおこぼれにあずかれた利権団体だった。ウーマンリブ運動はフェミニズム運動に形を変えて生き残っており、日本でも男女共同参画という名目で巨額の政府予算が計上され、それにさまざまなNPO法人や団体がぶら下がって巨大な利権が生まれている。テレビの報道番組でも盛んに未婚のシングルマザーを取り上げて、褒め称えるプロパガンダ報道が目立つが、離婚してシングルマザーになるのは理解出来るし、社会的な援助も必要だと思うが、巨大な影響力があるテレビ番組で未婚のシングルマザーを褒め称えるのには違和感が残る。

いくら美談の形でお茶を濁しても、結局のところは未婚のシングルマザーを 何百万、何千万人が視聴するテレビ番組で肯定的に取り上げることによって、家庭崩壊や私生児の増加を促進させているわけで、そういう報道をぬけぬけと行うテレビ局には背筋が寒くなる思いである。未婚のシングルマザーを否定はしないが、少なくとも手本になるような存在ではない以上、美化して報道するのにはかなりの問題があるだろう。男は女性を妊娠させたら社会的な責任を取る義務がある、女性は身元の不確かな男と避妊無しでは寝ない、などの注意喚起もなく、ただ赤ちゃん生まれちゃいました、頑張って育ててます、では、悪影響しか残らないだろう。

結局、家庭崩壊、私生児増加というウーマンリブ運動の方向性に合致するのが、未婚のシングルマザー報道であり、日本のマスコミ報道がユダヤ国際資本の影響を色濃く受けている証拠でもある。国連や各種国際団体もユダヤ国際資本の手先なので、くだらない勧告や要請をご都合主義で出してくる。男女差別の激しいアラブ諸国には勧告しないが、女性専用列車がある日本には男女差別が大きいと勧告してくるような団体ばかりだ。IMFが日本の消費税増税を要請してきたが、これもユダヤ国際資本の要求を代弁したものだろう。

個人的には、男女平等より男女同権という考え方の方が好ましいと考えている。基本的には男女の権利は平等だが、肉体的な性差があるので、お互いの違いを認めつつ、それぞれの適性を尊重し、調和した社会を作ることが大事だと思っている。

女性に男性の真似をさせてバリバリ深夜まで働かせたりすることが、女性にとって必ずしも幸福だとは思えないし、女性の深夜労働を禁じていた時代は、一見、差別的に見えるかもしれないが、実際には法律で女性の健康を考慮して保護していた側面もあったわけで、男女平等のもとに社会的な規制を取り外されて、男のように働かされても、女性は子供を生む神聖な生理機能を持っているのでハンデを負っているのも同様であり、最近では専業主婦が女性の勝ち組とささやかれるご時世になっている。

マスコミが捏造した韓国ブームに騙されて韓国で犯罪に巻き込まれたりするのと同様に、マスコミの未婚のシングルマザー報道に騙されて未婚のシングルマザーになっても、良いことなどほとんどないだろう。マスコミ報道を信じ込むB層と呼ばれる人間を中心に洗脳しているのだろうが、勇ましいように思えても一時的なものであり、結局苦労を背負うのは女性の方なのである。責任を取らない父親の無責任さを追求し、認知させて養育費のひとつも出させるのがジャーナリズムの正義だと思うが、そんなことは思いもよらない人間がテレビ番組を作っているのだから、マスコミを放置しておいても、未来永劫、社会が良くなるはずがないのである。

http://koramu2.blog59.fc2.com/?mode=m&no=683
自分の脳が喜ぶ生き方をすれば良い… (ponpon)
2013-05-14 01:16:35
> 30歳にして年収500万という待遇は恵まれている

でしょうねぇ。最近の報道によると、弁護士の4割が年収500万円以下だそうですから…。(苦笑)昔は、弁護士=裕福というイメージだったんですが…。

> 子どもの養育費もままならないような収入の男性だったりしたら困る
> 若い世代が非正規雇用の増加で所得が低下して結婚が出来なくなり

↓を見れば一目瞭然ですね。
http://homepage3.nifty.com/joharinokagami/121002.html
バブル崩壊後に学校を卒業した世代(第二次ベビーブーム世代)が子供を産んでいないことがよく分かります。バブル崩壊後の超就職氷河期や平成大恐慌のせいで彼らが低所得化・貧困化してしまったのが主因です。ちなみに、低賃金正規雇用(ワープア)も非常に多いので、非正規ばかりに目を奪われないように…。(苦笑)今は、正規雇用でもボーナスが出ない職場も結構あるそうですよ。

> 30歳地味顔中古女
> 30歳過ぎると体力も落ちて難産や流産

30歳前後の女性は賞味期限ギリギリでしょう。見た目は既に“オバサン”ですし…。(苦笑)薄毛の家系の男性でさえ、20代後半になると髪の毛がかなり薄くなりますからねぇ…。ちなみに、私は母親が24歳の時に産まれました。

> 一種の文明病的なところもあり

高度成長期以降は、テレビの普及・画質向上、印刷・写真技術の向上、インターネット動画の普及などによって、美形のタレントやAV嬢を目にする機会が増えましたからねぇ…。その辺に居るダサい男と付き合うぐらいなら、ジャニーズの追っかけをやってるほうがマシという女性も多いことでしょう。(笑)あと、人間(異性)以外のモノ・カネに執着する人も増えましたしね。食生活の変化による影響も考えられますね。工業食品には不妊物質が入ってたりして…。(苦笑)

> 女性の人権が認められるようになったから少子化
> 男女均等がもたらしたものは女性の地位向上でなく男性の賃金の低下

いずれにせよ、男女平等思想は人口減少(人口抑制)を目論んだものでしょう。最初から計算ずくだと思いますよ。ユダちゃんの…。(苦笑)

> 少子化によって経済発展が望めないとするのは俗説

賢い血筋の人が子供を産めば、少数精鋭社会になるかも知れませんが、今の日本は真逆の状態になっているので、少子化→経済衰退となるでしょう。バブル崩壊後に子供を産みまくっているのは、主に低学歴、低IQの輩ですから…。(苦笑)高学歴層は超就職氷河期のダメージをモロに喰らいましたからね。

> 若者がいなく数え切れない老人を抱えた日本は何もできない

↓未来の日本を先取りしている地域。
http://homepage3.nifty.com/joharinokagami/402028.html

移民を入れたところで何も解決しないでしょう。人の数ではなく“質”が重要ですから…。賢い人達が子供を産んでいない日本には未来は無いので、今現在を精一杯楽しみましょう。(笑)
ネットオークションで取り寄せた80年代後半の雑誌の対談記事で、著名な建築家が「日本の経済的繁栄は2018年頃まで」と述べていますが、ま、いずれにせよ日本国の賞味期限切れが近付いていることは確かでしょう。
最近の株価の騰がり方を見ると、何か焦っているような感じを受けますし…。
↓債券先物チャートは下落中…。(苦笑)
http://www.opticast.co.jp/cgi-bin/tm/chart.cgi?code=0435
「少子化を憂う必要はない、格差社会が広がりコンドームを買えない貧困層が増えれば子どもはすぐ増える」←安倍晋三は、TPPに参入する。そして、その弊害は「貧富の差」が広まることなのだ。「格差社会が広まる」のだ。 (安田美姫(60歳))
2013-05-14 01:34:07
安倍晋三は、(間違いなく)TPPに参加すると思う。

従って、①TPP賛成派も②TPP反対派も、コメント欄でむきになる必要はない。
議論したいなら、学生時代の友人と議論すればいいと思う。その辺の、オッサンと議論してもいいのじゃないかいな。

クロよ、君の事を私は言っているのだ。

小林よしのり人民日報は調子になるなよ。

チャンネル桜の視聴者は、90%TPP反対派だろうし、
西部グループ(西部の系統)は、全員、TPP反対派である。

漫画ばかり読まないで、『表現者』でも読めばどうだ。
(私は、転向保守の西部は、個人的に好きではないが、
弟子の佐伯啓思京大教授や、藤井聡京大教授は、嫌いではない。何冊も著書は読んでいる。
滋賀大学で、佐伯ゼミだった自民党清和会西田議員(T
PP反対派)も、西部グループだろう。

TPP参入は、「規定事項」と言えるだろう。
仮に、反TPPならは、次の選挙は、日本共産党に投票することだろう。(捨て票になってもだ)。

(TPPは阻止できなかったけれども、反TPPの、「意志表示」を私はする。

>武士道精神で汚いことを出来ず
江戸時代の、綺麗事武士道なんて、今の日本に人気は、ない。
「やるか、やられるか」の戦国武士道こそが、日本の若者に、持てはやされているのだ。

Unknown (持続可能などという幻想に騙されるな)
2013-05-14 01:52:27
人類はいつまで地球に引きこもっているつもりなのだろうか?領土も資源も有限である以上は成長の限界があるのは当然であるが、だからといって地球に引きこもるのは反対である。持続可能などというのは所詮地球にこの先何百年も引きこもろう、という軟弱な思想の体現にすぎない。幻想に騙されるな。宇宙進出を達成すれば更なる指数関数的成長を続けることが可能である。とはいえ太陽系内も有限であるので、恒星間飛行も実現せねば同様の問題に直面する。そのために高エネルギー物理学の発展が必須であり、未知の素粒子反応などを使えばそういったことも不可能ではないかもしれない。核エネルギーを実用化できたのは実験で偶然簡単に核分裂ができることを見いだしたからで、高速増殖炉や核融合が詰んでいるのは核分裂ほど簡単に引き起こせなかったからである。物理学では実験で使用できるエネルギーがいくらでも増大し続けなければ研究が続けられない。エネルギーが増大すれば、新しい現象が発見できる。CERNの施設などに見られるように時間、金、人がかかりすぎる。地上では限界もあるだろう。そのためには地球内で経済を回しているだけでは不可能なんだよ、ジリ貧は免れない、全人類を賄うには太陽系の資源エネルギーが必須。21世紀前半には最低でも惑星間飛行など海外旅行の感覚でできるようになるだろうし減価償却が終わればもっと安くなる、整備は無料で半永久的に稼働し続ける。すでに小惑星の資源を採掘する会社も海外には存在している。日本人だけ、なにもしらない。宇宙産業でも前近代的思想に毒されて変化できないため取り残されるだろう。未だに19世紀の思想に毒されている安倍壺三。

太陽系内の資源やエネルギーが利用可能になるだけでも、エネルギーや資源の問題も全て解決する。ソーラーパネルや燃料電池も3Dプリンターのようなナノマシン工作機械で資源さえあれば(太陽系内から採掘すればいい)いくらでも指数関数的に生産できる(カーツワイルの本にかいてある)。食料も同様であり、人間も遺伝子組み替えで人工子宮で生産すれば少子化問題も解決する。教育も脳にデータをダウンロードするようになるのだろう。天体改造技術を応用すれば環境汚染も全て解決するだろう。兵隊も全てロボット制御でできるというのも事実だし、遺伝子組み替え兵士を生産すればいくらでも供給できる。貴金属なども小惑星や太陽系内の惑星・衛星を直接採掘して地球に持ってくればタダ同然でいくらでも利用できるし、何千億、何兆人ぶんでも賄えるという試算もある。軌道エレベーターは10年以内に建造が開始できるといわれている。核廃棄物なども全て宇宙に投棄すればいいし、エネルギーは太陽光だから石炭火力などによる大気汚染も一切問題にならなくなる。

問題は地球資源が枯渇するまでにここまで実現できるかである。実現できれば太陽系内の複数の惑星や衛星を領土とする国家も今世紀中に樹立できるだろう。エネルギー問題は宇宙太陽光発電で全て解決できる。だがそれまでに資源を掘り尽くしてしまったら?

とくに惑星間飛行でも核燃料が使用できることが望ましい。発電や兵器で使い果たすのは愚の骨頂で、宇宙船燃料として使用せねばならないのだが、化学燃料を推進するデュポン社などに全て潰されてしまった。核融合も宇宙船燃料として考えれば推進できればいいのでエネルギー収支が赤字でも困らない。冥王星探査機や太陽系外へ航海している探査機ですら何十年も掛かっている。冥王星軌道が40AUであるから、1天文単位ですら1年近く掛かっているということだろう。光速では数時間程度であり、核エネルギーで加減速ができればもっと早く航海可能であろう。交易を可能とするには数週間から数年程度であれば、大航海時代程度のタイムスケールであるから現実的だ。ただ、太陽系内国家ですら、光速で何十分も通信に時間がかかるから、リアルタイム通信は不可能だが(はやぶさでもこれが問題だった)メールなどでは通信技術があれば十分可能だとおもう。
人口問題は難しい (Unknown)
2013-05-14 02:33:11
>食料や資源は限界を超えているように考えます。
地球が寒冷化に向かうからでしょう。生産性が落ちる。

食料は水資源と気候に依存する。増産するには、エネルギーが必要です。エネルギー問題が解決すれば、全く違う展開となるでしょう。しかし、食文化、例えば肉食を止めるだけでも、需給状況は大幅に変わってくる。

地球上の7割は海なので、海洋開発による食料増産の研究はかなり重要になるでしょう。

70億人の人口を人為的にコントロールすることが正しいかどうかの倫理上の問題もある。食うや食わずの人間と飽食の日本と単純比較は出来ないだろう。

中国は先行して一人っ子政策で人口を抑制しているが、統計上存在しない人々も数多く存在する。男女比率にも問題を抱えて社会問題化している。

江戸時代にも寒冷化して、デフレで人口が停滞した時期もあった様だし、だからといって一概に不幸な社会であった訳ではない。

中国では、戦乱で人口が半減するような事が何度も起こっている。この場合は悲劇的且つ悲惨だろう。将来起こらないとは言い切れない。

ヨーロッパでも疫病(ペスト)で人口が1/3になっている。それでも文明が崩壊した訳ではない。

日本の少子高齢化や人口減少を怖れる必要は必ずしも無い。幸福な社会を作れるかどうかは、全く別の問題だろう。

最適な人口を云々するのは、橋下と同じで傲慢だろう。但し、人口動態予測による経済予測はある程度精度があるので、経済が連動して縮小するのは事実だろう。日本の歴史を見てみても、大きく見るとそのときどきの食料とエネルギーの生産量が、人口規模を決めてきたと言えるようだ。
Unknown (浦島花子)
2013-05-14 05:08:36
出産は個人的なことで、少子化大臣にも解決できないということですね。昔、産婦人科医師の不足がニュースになり、その原因が、ハイリスク出産の増加、訴訟の増加、病院勤務環境の悪化などといわれていましたが、良くなったのでしょうか。出産も個人差で、ハイリスク出産も高齢ということでは済ませられないでしょうね。食べ物の変化、薬品とか色々な理由がありそうです。米国ではオーティズムやアスペルガーの子供が増えていますが、日本も同様なことを聞きますし。

>「少子化を憂う必要はない、格差社会が広がりコンドームを買えない貧困層が増えれば子どもはすぐ増える」という、中西輝政説

著者の名前も忘れましたが食事療法の本で、食べ物の摂取が少なくなると、人間の体は生殖機能を守ろうとするそうです。だから、昔は貧乏子沢山、裕福なところにはなかなかお世継ぎが産まれなかった、とか読んだことを思い出しました。格差社会を奨励するなど、とんでもないですね。少子化でも、移民受け入れなしでも、日本人はちゃんとやっていけます。改善、工夫好きの国民だからです。

>納得がいったのなら、私は明日から反対派になります。(クロさん)

クロさんが、中国包囲網のために日本は日米同盟強化でTPP賛成、ということはよ~く解りました。それでも私の反対は変わりません。TPP反対の方が沢山のデーターを紹介してくれましたが、それでも反対の方がいても、それはそれで良いでしょう。色々な意見があって当然です。
ミドリカワ書房 (ビリー・ザ・マッド)
2013-05-14 05:20:27
現代の共働き夫婦を描いた曲を貼っておきます。
単体では無かったので、詰め合わせになりますが、冒頭の曲です。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6288441


Unknown (八坂)
2013-05-14 05:45:43
>正社員で、30歳にして年収500万という待遇は恵まれているほうだと思うし、手離す気はない。

それが普通の考え方だな。誰でも目先の金が欲しいし、目先の金より大きな人生全般にまで考えが及ばない
だから多くの女が婚期を逃して、独りで働いて、独りで生きて、独りで死ぬ。
よくあるパターンだ。社会環境の変化に民度が適応出来ていないので、自ら不幸になる選択肢を選ぶ仕組みになっている。
自分で選んだ結果であり、分相応な結果でもある。
Unknown (八坂)
2013-05-14 06:00:03
>ローマ帝国が滅びたのも「少子化」が原因
>国を守る兵士の数にも不足
>ゲルマン人の傭兵隊長オドアケルによってロムルス・アウグストゥルスが廃位されたのをもって滅亡

良い事言うネェ、傭兵米軍さまに国防してもらう日本も天皇廃位して滅亡するという教訓だな。今上陛下の誕生日に、A級戦犯を処刑したのが米軍であり、天皇陛下が靖国に親拝すると天皇が処刑されるというアメリカ様の脅迫なのだろう。
隣国を援助する国は滅びるように、日本は隣国アメリカを最大限に援助している。
少子高齢化も日本社会のアメリカ化の問題だ。

賢者は歴史に学び、アメポチはアメリカに学ぶ。
Unknown (通りすがり)
2013-05-14 07:24:02
最近頻繁に「女性議員の数」を女性差別と結びつける勢力が居るが
「女性の立候補者数に対する当選者数」で比較しないと、差別があるかどうかなんて類推しようがない。
少なくとも日本は女性の立候補に対する社会的・制度的なペナルティが存在しない
議員の女性枠なんて設けたら、それこそ今流行の一票の格差の問題はどうなるんだ?と言う話
Unknown (浦島花子)
2013-05-14 08:11:34
世界史のどの時代、国に生まれようと、人は家族を持ち次の世代を育ててきたわけで、人間、何が一番大切かを思いました。

男性が真面目に働けば、ちゃんと所帯が持てる所得を得られる社会。若者が将来に希望を持て、老人が心安らかに暮らせる社会。おばちゃんが、国の行く末を心配しないで済む社会(苦笑)が実現しますように。
>>日本適切な人口は3000万人がいいところだ (幸福の基準)
2013-05-14 09:47:00
   ↑
分かるけど、中国大陸の人口(はっきり言えば頭数)1億以下に急ぐべき人類的-華禍、華凶問題

・しろがねも くがねも玉も 何せむに まされる宝 子にしかめやも 』 山上憶良 万葉集巻五-八〇二 山上憶良が、神亀五年(728) 。
・ギリシャ7賢人のソロン回答---5. この世で一番幸福な人間(ソロンと愚かな クロイソス王の対話)
第一の条件、テロスは隆昌の国家に属していた、立派な子に恵まれた、その子供前部にまた子が生まれ欠けずに育った。それに、生涯の最後に栄光が加わった。隣国が侵略してきたので祖国防衛に赴き奮戦し敵を敗走させ見事な最後を遂げた、アテナイ人は彼を公葬し大きな名誉を与えた---。田中美知太郎 人生の幸福(p254)
---ttp://www.geocities.jp/hgonzaemon/herodotus-1.html
>>格差社会が広がりコンドームを買えない (Unknown)
2013-05-14 09:48:59
偽ブランドのコンドームを大量製造 中国で犯罪集団摘発、465万個押収---
共産党の管理体制放置か
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130514/chn13051408090001-n1.htm
■怒れ!日本人!!政治屋は、何をしているのだ。 (Unknown)
2013-05-14 10:18:34
■怒れ!日本人!!政治屋は、何をしているのだ。
北京よりも、日本列島全土が高濃度に汚染されている。

このショートカットをデスクトップに置いて、常時チェックしてみればよくわかる。

◆黄砂分布
http://www-cfors.nies.go.jp/~cfors/dust_gpv.html
◆黄砂分布PM2.5分布
http://www-cfors.nies.go.jp/~cfors/so4_gpv.html
◆黄砂分布PM2.5----50を超える汚染が日常。マスコミは無視。
http://soramame.taiki.go.jp/soramameGraph/GraphWeek.php?MstCode=28217520&Komoku=25
Unknown (クロ)
2013-05-14 10:31:05
>従って、①TPP賛成派も②TPP反対派も、コメント欄でむきになる必要はない。
>議論したいなら、学生時代の友人と議論すればいいと思う。その辺の、オッサンと議論してもいいのじゃないかいな。

>クロよ、君の事を私は言っているのだ。

ん?なぜだろう。
反対派は、GDPの推移だけではなく、所得の推移、格差を表すジニ係数の推移、犯罪率の推移、
農作物の生産量の推移など総合的に判断した上で、TPPには反対だと結論づけているわけです。
これは高度な分析であり、傾聴に値する。
その上で納得できれば、私は反対派に転向するとまで言っている。
だとするならその書き込みは極めて有意義なものになる。
ぜひするべきだと私は思いますね。

今止めたら、反対派の方の顔を潰す事になりますからね。
私から「反対派は根拠(数字)を示せ」と散々挑発されて、
出してくれないから、仕方なく私の方からGDPの推移を示した。
そしたらそんな単純な分析ではだめだ、と言われる。
それで、では高度な分析の結果を教えてください、と言っている段階ですよ。
ここで止めたら、反対派は何ら根拠(数字)を示せず、口だけという事になる。
TPP問題なんて、日本の将来なんて、どうでもいいと思っている、と決めつけられても仕方がない。
それは私の本意ではありません。
反対派の方が自説を主張する機会が与えられるべきだと思いますね。

でもなんで「議論するな」と言われる対象が私だけなのだろう?
反対派の何ら根拠(数字)を示さない、ネットのどこかで拾ってきた自分に都合の良い内容のものを
張り付ける、反対派の一部のレベルの低い書き込みはスルーされている根拠が分かりませんね。
うがった見方をすれば、「もう止めて」と言われている気すらしますが・・・。まさかね。
地球6個分の中国人繁殖 ← 断る! (Unknown)
2013-05-14 10:42:53
中国共産軍トップが侵略発言 --- 「愚かな計画出産政策を放棄して、できるだけ多くの子供を生産させ計画的に周辺諸国に浸透させる。周辺諸国への密入国を人民に奨励する」「中華民族が手に入れるのは地タマ全体である」
http://homepage3.nifty.com/tamogamironbun/kiji/110201.html
・李鵬が20年後(2015年)には日本国は存在せずとオーストラリア首相に発言
・朝鮮民主党などの進める、外国朝鮮人参政権と地方分権・道州制で
現在のウイグル人弾圧虐待が明日の日本だ
>>http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6b/74/9acb2195ebe7f0cbe9f3aee7936f8b48.jpg
・支那 = 漢族の領土
・中国 = 漢族の領土+満州族の領土+モンゴル族の領土+ウイグル族の領土+チベット族の領土 + 朝鮮領土

>>中国市場 (半分専門家) 2010-01-06
近年の経済紙の中国礼賛にはひどいものがありますが、あの国の現実を知らずに投資しようとするのは無謀ですからやめましょうね(^^;15億人規模の消費市場とやらに目が眩んでいる人たちが多いようですが、中国には潜在的市場はありませんよ、なぜなら人口と同じ規模では消費者が存在できない国だからです。これは共産主義がどうとか言う思弁的な問題では無く、単純に大人口と資源消費量の問題で、中国が「消費生活」をするようになると最低でも地球2個分、日本並みの生活水準を実現させるためには地球6個分の資源が必要となるため物理的に「15億人の消費市場」は実現不可能なのです。まあ、地球は1個しか存在しませんから当然ですね(笑)この件は前世紀末から何度も指摘されていたはずですが、忘れてる人が多いみたいなので念のためコメント
バブル崩壊後に子供を産みまくっているのは、主に低学歴、低IQの輩ですから…。(苦笑)高学歴層は超就職氷河期のダメージをモロに喰らいましたからね。←単なる思い込みではないか?統計数値はあるのか? (Unknown)
2013-05-14 11:53:15
統計数値がない思い込みを「印象論」悪くいえば、「妄想」
という。
「姥捨て山」は可能か (Unknown)
2013-05-14 12:39:56
 作家・深沢七郎に「楢山節考」という作品がある。この作品は少子高齢化社会に、ある意味大きな問を投げかけている。詳しいことは省くが、50歳で進んで老人が、「姥捨て山」に入るという村の話である。人生50歳定年制。しかも、その定年は自ら山に入り自死を遂げるという過酷なものであるが、それが何ともひょうひょうと描かれているのが特徴である。平均年齢が80歳を越え、あと半世紀も経ずして平均寿命100歳突破という日本社会の現実から言って、この小説は示唆に富むものと言わなければならない。

 人間、健康寿命で働くことの出来るのはせいぜい80歳までであるし、普通の人なら60を過ぎれば体のあらゆる機能が顕著に劣化していくものだ。もし、平均寿命100歳越えともなれば、寝たきり老人として25年程度は過ごすことになるのではないだろう。今でも働けない老人の面倒を見るためには老人一人を若者3人が抱えている。これが2人、ついには老人一人を若者1人が支えなければならない時もやがてやってくるだろう。

 もし、そうなれば、若者への負担は重くなり、天引きされる社会保険料の多さから労働意欲すら失う若者も多くなるだろう。したがって、これ以上若者の給料から老人の面倒を見るための費用を増やすことは出来ないと思うべきなのだ。働いても働いても手元に残るお金が差し引かれるということなら、働くことはばからしいというような社会的モラルハザードが起こり、社会は衰退していくに違いない。

 そう考えると、老人の過剰なる長命の方がモラルハザードではないのかという声も上がるに違いない。働けなくなり、ベッドに寝たきりのまま介護漬けの日々を送る老人が若者の懐からお金を奪っているという事実。そうなれば、若者はいずれ反乱を起こすに違いない。われわれの生活を奪い、国家を傾けているのは寝たきり老人の存在ではないか、と。そうした「正論」がこの国から澎湃とわき上がるのもそれほど時間はかからないだろうと思う。

 では、どうすればいいか。解決策の一つは「楢山節考」中に描かれたような人生定年制である。小説の中では50歳が定年で、50を越えた老人は姥捨て山行きとなったが、それはおそらく江戸時代辺りの寿命で言っているのだろう。今でいえば、75歳~80歳ではないだろうか。もし、80歳で人は強制的に安楽死となるような社会となれば、若者は過重な社会保障費負担から逃れられるだろう。

 平均寿命が100歳となったような社会で幸福な老後ばかりを夢想することは出来ない。働けなくなった老人は自死を迎えることこそモラルに適うという社会は、いずれやってくる。
>>中国は先行して一人っ子政策で人口を抑制しているが、統計上存在しない人々も数多く存在 (Unknown)
2013-05-14 12:43:45
中国人映画監督が1人っ子政策に違反し、7人も子供を増産隠蔽か?

張芸謀(チャン・イーモウ61才)と、妻ほか女4人と7人の子ども生産、共産党調査。違反なら、1億6000万元(約26億3000万円)の罰金刑。
TPP賛成派は協定の怖ろしさを知らない (Unknown)
2013-05-16 18:01:51
日米半導体協定の締結において、日本の半導体産業は解体した。これは市場操作であって、正常な経済活動では無い。

同じ事がTPPで起こりますよということが理解できないバカは数字に拘るが、数字など出しても意味が無いだろう。

なぜなら、産業が諸共崩壊するからだ、そもそも市場価値と競争力と将来価値が無くなる。

TPP賛成派は米国を馬鹿にしている。そんな甘いものではない。軽自動車市場が無くなるだけで相当な市場規模となるだろう。

TPPを自由貿易協定等と思っているなら、相当に頭が悪いのだろう。訴訟や交渉によって市場操作する条約なのだ。

がん保険が何故外資の独占状態なのか知りもしない。

半導体と言えば1980年代は、日本製品が世界を席巻していた。
ジャパン・アズ・NO1と言われたり、次の大国は日本だと言われていた時期だが、この時期に繰り広げられたアメリカとの半導体戦争で日本はアメリカに敗北し、その後の失われた20年の一要因を作っている。
もしあの時勝利していれば、日本企業はその後も世界のリーディング・カンパニーでいられたし、失われた20年から素早く立ち直っていたかもしれない。
だが実際はアメリカに蹴落とされ、現在の二流国家に押し込められた。すべてはあの時の国家戦略の失敗だ。

ルールを支配する者が将来を支配するのだ。

 日本がアメリカを半導体シェアで抜き去ったのは1985年だが、このころからアメリカとの間で日米半導体交渉が繰り広げられた(日米貿易摩擦の一環としての半導体交渉)。
アメリカとしては産業のコメと言われた半導体市場で日本に敗北することは何としても避けるために、アメリカ政府の戦略目標は日本の半導体産業の成長をストップさせることにあった。

 アメリカの交渉団の代表だったプレストウィッチ氏は当時を振り返って次のように述べている。
「アメリカは日本に対し特定産業(半導体産業)をターゲットにした育成策は公正な競争のルールに反すると主張したが、個人的にはこの方法は正しいと思っていた。日本に対しては半導体の育成策を止めさせ、その間にアメリカでは官民挙げての半導体育成に取り組み、1993年までにシェアを抜き返すのがアメリカの戦略だった」

 1986年に日米半導体協定を結んだのだが、この趣旨は① アメリカに対して販売する半導体の価格を上げること(ダンピング輸出の禁止)、および② 自主的にアメリカにおける日本メーカーのシェアを引き下げること、さらに③ 日本市場での外国製品の割合を20%以上にするという協定だった。
なんてことはない、公正な競争を止めて日本メーカーは自主的に販売を自粛しろという内容だった。

 1990年には日本の半導体シェアは50%だったから、この半導体協定がなければその後の日本は半導体王国として世界に君臨していたはずだ。
NECや東芝や日立はインテルやサムスンやテキサス・インスツルメンツを全く寄せ付けないガリバーになっていただろう。

 しかしこの協定のため日本の半導体産業はその後設備投資を控え研究開発を怠ったために(作っても売れないのでそうせざる得なかったのだが)急激にシェア落とし、2012年には17%にまで低下してしまった。
今残っているのは東芝とルネサス(NECと日立と三菱電機が出資)だけになり、その中でルネサスは8期連続の赤字企業で倒産直前まで追い込まれている。

TPPは不平等条約。これを安易に推進する人間は売国奴と呼んでも差し障り無いだろう。例え無知にしても弊害が大きすぎる。
Unknown (Unknown)
2013-05-16 18:34:05
>いざとなったら妻を養う覚悟のある男が増えない限り、または子持ち女性の就労環境がもうちょっとマシにならない限り、少子化はますます進んでいくだろう。

覚悟だけでは無理です。まずはお金です。収入は急には増えません。元から高年収の人はいいですが、そうではない人が大半です。


>夫は年収が800万円以上が望ましい。

結局、ここなのです。少子化対策の根本は男性の収入なのです。年収800万という水準は、サラリーマン、公務員、資格専門職、自営業のいずれにとっても結構なハードルになります。
Unknown (Unknown)
2013-05-16 18:42:38
>夫は年収が800万円以上が望ましい。

同じ職種において女性よりも男子の給与水準を高くすると、これはこれで問題が生ずる。したがって、同じ仕事をした場合、男女で同じような年収になる。
しかし、女性は、自分よりも高い年収の男性を希望する。これでは、結婚のしようがない。

また、産業構造の変化により、男性よりも女性の方が向いている仕事が増えている(男性優位の仕事が減っている)。これにより、女性の方が男性よりも年収が高くなるということが生じている。
しかし、女性は、自分よりも高い年収の男性を希望する。これでは、結婚のしようがない。
仕事のやま (ダメなたか)
2015-09-14 09:26:58
わたしは去年まで仕事をしてました。でも私1人の仕事が山のようになり人を入れてくださいとお願いしても『人件費が』と言われ 1人でてんてこ舞いしていました。何度もお願いしましたがなかなか人を入れてもらえませんでした。
その内私の体の方が体調が悪くなり仕事をやめました。
次の仕事を探しましたが?
なかなか決まらないままどんどん体調も悪くなりました。今は家にいます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
[そこまで言って委員会] 宮崎哲弥は隔週出演になるみたいだけど (異常な日々の異常な雑記)
やしきたかじんが体調不良で再度休養にはいったそうで。 そこまで言って委員会は、ヨットで太平洋横断する企画に参加のため、番組を一時降板していた辛坊治郎が臨時復帰していたけれども、昨年のたかじん休養...
カーネギー財団:中国VS日米レポート (東京の郊外より・・・)
3日、カーネギー国際平和財団から中国の軍事力増強が日米に与える影響を多角的に分析した「最初で唯一の」レポートが発表されました。400ページ以上という膨大なレポートで、図表も満載です