株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

ゆっくりでもいいから、上りつづけられる階段を選べるような人生を選ぶのが賢い人生選択といえるだろう。

2017年06月14日 | その他

分不相応な高待遇よりも、ゆっくりでもいいから、上りつづけられる
階段を選べるような人生を選ぶのが賢い人生選択といえるだろう。


2017年6月14日 水曜日

太く短く生きたい若者が、細く長く生きたい中高年層になる瞬間について 6月7日 高須賀

「あんまり長生きなんてしたくないんだよね。若い頃にしっかりと人生を楽しんで、太く短く40歳ぐらいで死ぬ方が、細く長く生きるよりも全然いい」

こういう事をいう若い人は結構多い。僕も若い頃はこんな感じの事をよく言っていた。

ところが働き始めた後、ある程度年配の方と接するようになってみて、この世に未練がある人が驚くほど多いという事がわかり非常に驚いた。

この人達に詳しく話を聞いてみると、この人達も若い頃は太く短く生きるのが理想だったけど、実際に自分が40~60になってみると昔は忌み嫌っていた細く長くの生き方に執着するようになってきたというのだ。

この思考の変換点が一体どこに起因するのかをずっと考えていたのだけど、最近になってやっと納得いく回答が頭の中でえられた。

人は、残りの人生が下り階段のみで構成されると凄く命に執着するようになる生き物なのだ。

今回はその話をしようかと思う。

若者が楽観的なのは人生が上り階段のみで構成されているから

人間、目の前に上る階段があるのは楽しい。身長が伸びていったり、スポーツが上達していったり、若い頃は無かった老獪さをみにつけていったりと、人には成長という素晴らしい機能が備わっている。

若さというのは可能性であり、可能性というのは明るい未来を指し示すものだ。

若い頃は、目の前には上り階段しか用意されていない。多少の無理をしても身体は比較的すみやかに回復するし、給与も上がるし、社会的地位もそれなりにあがっていく。

このようにほとんどの若者は、それまでずっと上ることしか知らない。だから人生はずっと上に上にあがっていくものだとなんとなく思ってしまっている。

小学生よりも中学生の方が遥かに自由が多いし、大学生よりも社会人2~3年目の人間の方が遥かに裁量が大きくなる。

健康に生まれ、それなりに恵まれた地位にいれば、普通は上り階段ばかりの人生を歩むことになる。多少の苦境やトラブルはあるかもしれないけど、基本的には階段は上を向いている。

このような状態におかれると、人は凄く楽観的になれる。というか楽観的にならない方が不思議だ。どんどん人生が自由になっていくのだから、心も晴れやかになるのが当然ともいえる。

けど当然ながらそういう上向きな人生はいつまでも続くわけではない。

赤ちゃんは加齢と共に成長し大人になるけども、大人は加齢しつづけてもスーパー大人にはなれない。必然的に老いていき、高齢者となり最終的には老人となる。

若さは万能感を脳みそに植え付けるドーピングみたいなものだ。

「自分はどこまでもいける。上に行き続けられる」

というのが成長によりもたられる脳の認知だとしたら、逆に残りの人生が老いていき、人生が下り階段しか残されてないようになってしまった時に人がどういう風な思考回路になっていくのかは火を見るより明らかだ。

成長というのは可能性だ。そこには夢と希望があり、ある種の万能感すらある。その道は明るく、希望が満ち溢れている。

その逆である「時と共に退化していくという感覚」が考えられるようになると、いつまでたっても出世とか金儲けとかに物凄く執着している大人が何故それに必死になっているのかが、ようやく理解できるようになる。

身体に老いが付与されていき、身体が下り階段に差し掛かっていくのを実感するのは想像以上に恐ろしいものだ。人生の階段は、上るのは楽しいけど下るのは全然楽しくない。その辛い現実を直視できるような人はほとんどいない。

つまるところ、いつまでたっても出世とか金儲けとかに物凄く執着している人達は、下り階段を直視するのがあまりにも恐ろしいが故に、上り階段という数少ない残された可能性に必死になってしまうのだ。

これは若者からみれば非常に醜い行動かもしれないけど、やってる本人からすればもう物凄く必死だ。残された数少ない上り階段が目の前にあったら、それにしがみつきたくなるのは当然とも言えるだろう。

自己認知が高まりすぎると人生が辛くなる

このような上り階段への執着は、実は中高年層だけではなく、若い人にも結構ある。

例えば、都内にはプロ女子大生と言われているような人達がいる(最近はパパ活という風な単語を使用している人もいるみたいだ)

彼女たちは若さと可愛さを武器に、お金持ちの男性を相手にし、お寿司やら高級焼肉、バカ高いシャンパーニュなんかを味わいつつ東京のキラキラした生活を謳歌するタイプの人種だけど、この行動は実は非常に危険だ。

こういう行動を繰り返して

「自分は3万する鮨を奢ってもらって当然の人間である」

という風に自己イメージが形成されてしまうと、その後にそれを下方に修正するのは非常に困難だ。

何故か?人は階段をそう簡単には下れないからだ。

先ほどもいったけど、人間は階段を上るのは楽しいけど下るのは非常に辛い。

プロ女子大生氏の脳内で「私の価値は三万円の鮨相当」という風な自己認知が完成されてしまったとしたら、その後自分の価値を普通の世間一般レベルに引き戻す事は非常に難しい。

階段を下るという行為は、それほどまでに辛い行動なのだ。

こうしてみると、実は下り階段の恐怖は中高年層に限定されたものではないという事がよくわかる。実は若いからこそ落ちるタイプの下り階段も、探してみると結構ある。

人は札束で叩き続けられると、びっくりするぐらい簡単に壊れるのだ。

西原理恵子氏は娘に「王子様を待たないで、お寿司も指輪も自分で買おう」と何度も何度も繰り返し教え込んだそうだが、実に含蓄深い言葉である。

他人から札束で叩かれて喜ぶような存在になってはいけない。やるなら自分の金で、自分の頬を叩くぐらいが後々の為である。つい先日も、某食べロガーが過剰接待をうけてた事で大炎上していたが、一度そういった行為に味をしめてしまうと、もう元には戻れない。

地獄への道は善意で舗装されているのだ。

下り階段を出来る限りさけた方が人生は楽

もしあなたの目の前に、分不相応な高待遇が転がってたとしたら、その時はそれが下り階段の始まりに通じるようなものなのかについては真剣に考えた方がいい。

何度も何度も繰り返えして恐縮だけど、人間上り階段は楽しいけど下り階段は死ぬほど辛い。

前に性風俗産業の人と話をさせて頂いた時、なかなか興味深い事を聞かせてもらった。ダイジェスト風に書き起こすと、彼はこのような事を言っていた。

「最近は、学生がこの業界に入ってくる事も結構多い。初めの面接の段階で、この子達の人生がどう転ぶのかがわかってしまう事がある」

「大学の学費を支払う為とか、目的を持って期間限定でソープで働いている人は、その後この業界には出戻らない。たぶん普通の人生ルートに乗れたんだと思う」

「けど、なんの目的もなくソープでただお金が欲しくて働いているタイプの人は不幸になりがちなんだよね。男に貢いじゃったりして、この業界から足を抜け出せなくなる人も、結構いる」

「前者を上がる風呂、後者を沈む風呂って業界でよくいうんだよ」

今思い返すと、この話も上り階段と下り階段の話に通じるものがあるんじゃないか、と思う。

あなたがもし人生の方向性を選べる機会に恵まれたとしたら、ゆっくりでもいいから、上りつづけられる階段を選べるような人生を選ぶのが賢い人生選択といえるだろう。

そして階段を上がりながら、いつかくる下り階段についても思慮を深めていこう。人間、年をとっても全員が老い恥を晒しているわけでは当然ない。よい年の重ね方をしている方も、しっかり存在している。

彼らはきっと、覚悟を持てたのだろう。学びたいものだ。



(私のコメント)

スポーツ選手や芸能人は若い時に人生の頂点に達してしまって、引退したあとはかなり辛い人生が待っている。青春スターが薬物に手を出したり、未成年の女子高生に酒を飲まして不純異性行為をしたりするスキャンダルが絶えませんが、青春スターが年を取れば、本格派俳優でもならない限り先はない。

若い女性アイドルも歳をとれば唯のおばさんだ。青年実業家とうまく結婚して玉の輿に乗れればいいが、青春時代の栄光は二度と戻っては来ない。地道にサラリーマンになっても誰もが社長にまで出世できるわけはなく、最近では定年まで勤め上げることすら少数派になり、60歳で定年になれば会社から放り出される。

出来ることなら人生はずっと上り坂であることが望ましいが、多くの人は人生のピークすら無いままにずっと底辺を這いずり回って終わってしまう。私自身もずっと底辺を這い回ってきましたが、借金の返済に苦しみながら、鳴かず飛ばずでやってきましたが、一生このままピークらしいピークのないままに終わるのだろうか。

人生は太くと短くといった生き方もありますが、細く長く生きたほうが得なことが多い。昔は平均寿命も短く太く短く生きるしか道はなかった。最近では人生50年から100年近くにまで寿命が延びて、年金で生活ができるようになった。できれば生涯現役で働いて階段を上り続けられるような人生が一番いい。

先日、加山雄三がテレビに出ていましたが、80歳で現役でエレキを弾いて歌っている。髪の毛も黒々としていて体型も変わらず高齢者のイメージはない。加山氏も事業で失敗をして巨額な借金を背負って生きてきましたが、芸能人にはこのような高額な借金を背負って生きた人が多い。借金が人間を強くするのでしょうか、巨額な借金を完済するには強固な意志がなければできない。

平凡なサラリーマン人生では、これといった試練を受けることなく60歳すぎまで来てしまう。あとは年金暮らしというのでは一生が浮かばれないままで終わってしまう。細く長く生きられただけでも成功ではないかという見方もできますが、できれば細く長くだんだん太くなって行くような人生が望ましい。

芸能人でも、生涯現役で活躍した人の葬儀は盛大ですが、大橋巨泉や永六輔や松方弘樹などの葬儀は盛大に行われた。芸能人が引退することなく生涯現役なのは才能があるからですが、才能は使わなければ退化して消えていってしまう。しかし才能はぎりぎりの状況に置かれないとなかなか進歩しないものであり、試練がないと人間は成長しない。

なんの苦労もなく大人になって就職して、上司に叱られただけで鬱病になって引きこもりになってしまう人もいますが、親に叱られることもなく甘やかされて育てればそうなってしまう。「株式日記」では若くて才能に自信がある人ならば独立起業を勧めていますが、サラリーマンでは自分の才能を伸ばせることはなく逆に潰してしまうだろう。

私がビルを建てるに至ったのも、会社を辞めてぎりぎりの状況に置かれたからであり、億単位の借金をするに至った。バブル崩壊前だったから銀行も気前よく貸してくれた。しかしそれからが試練の時であり、精神的にも鍛えられた。女性でも一度も職業に就くことなく「花嫁修業」や「家事手伝い」で未婚のまま40歳過ぎてしまう女性が多いというニュースがありました。

親の過保護が子供の人生をダメにしてしまうのであり、引きこもりの親が居なくなれば生活保護で生活しなければならなくなる。昔は子供が引きこもりたくても生活が貧しくできなかった。さらに老後も年金で暮らすことは不可能であり子の世話になるか生涯働かざるを得なかった。

だから順風満帆の人生は老後にそのツケが回ってくるのであり、仕事をしたくても特技もなく経験もなければ階段を上がることができない。しかし若い頃から経験を重ねて実績ができれば老後もその経験を生かして仕事を続けることができる。独立起業して失敗しても若ければいくらでもリカバリーができる。

若ければ逆に罠にはまることもあり、一気に人生の頂点に駆け上がることもあって有頂天になって失敗する。若い女性も美女ならパパ活で月に数十万円ももらえる事もあるだろう。風俗やソープなら年に1000万円くらいは稼ぐこともできる。愛人家業で2億円貯めた女優がいましたが、もとの地道な生活に戻ることは困難だろう。

高齢者になれば誰もが下り階段を下りていくことになりますが、下り階段は死ぬほど辛い。あまりにも辛いから宗教にすがる人も多い。階段を登り続けられるのは特別な才能に恵まれた人だけであり、芸術家などは生涯現役の人が多い。しかしいきなり芸術家になれるわけはなく、いろいろな試行錯誤を経て才能が開花する。

ジャンル:
その他
コメント (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本が米国の意向を汲んで真... | トップ | 大学院の定員急増で民間企業... »
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
人生は自己運用 (Unknown)
2017-06-14 14:05:04
人生に上り階段も下り階段もない。
あるのは、老・病・死のみ。

しかも、生まれて来るとき、この世がどうなっているか、事前に調査納得してきた訳ではない。
生まれてくる、時代・場所・人種・性別・親さえ選択できない。

すなわち、このような初期条件で、この世に投げ出された投機的存在である。
人生とは、自分という投機的存在の自己運用なのである。

死は建玉(自己)の納会だが、納会日が未定である。
損切り(自殺)もあり、強制的な交通事故死・殺害死もある。
Unknown (それでも消費税は上がるらしい)
2017-06-14 15:07:33
>スポーツ選手や芸能人は若い時に人生の頂点に達してしまって
>引退したあとはかなり辛い人生が待っている

安倍や菅が総理や官房長官の地位に連綿としがみ付く
もとい、恋恋としがみ付くのも同じ理由からだろうか?
国家権力を私物化し規制緩和と称して、お友達や支持者らに便宜を図る
お友達や支持者からさすが安倍ちゃんと感謝され、一目置かれる
今のところ金銭的な授受という証拠は見つかっていないが
周りからチヤホヤされたらさぞかし気分がいいだろう
金銭には代えられない無上の喜びを得られるのではないだろうか
だが国民は堪ったものではない
こいつらが謙虚に真面に経世済民を目指していたら、支持し続けてもいいと思ったが見事に裏切られた
周りの売国奴と闘ってて結果が伴っていないというのはネトウヨの忖度に過ぎない

>あまりにも辛いから宗教にすがる人も多い

気が付いたら婚期を逃し、独身
母親という唯一の肉親も逝ってしまい
何も無い独居老人が精神的な拠り所を国家に求めネトウヨ化するのも
ある意味仕方ないのかもしれない
そして多くから忌み嫌われる事となる盗京穢土人民へ (名無しの見届けニャン)
2017-06-14 16:20:54
>>プロ女子大生と言われているような人達がいる

それは、全ての盗京穢土人民の醜い欲望の発露者として観ることが出来よう。
引いては、馬鹿凄まじい事この上の無い、性根の穢れ腐れ尽くした田舎民の掃き溜めにして不逞鮮人の成れの果てであり、
以前、このサイトに書かれた性根の穢い整形女に同様、
盗京穢土人民の精神性を良く現したと存在と言える。
これらのプロ女子大生や整形女の自己認知不能と言うのはつまり、自己愛性人格障害の前段階であって、このような自己認知不能障害者が多いところには、痴漢や痴漢冤罪、それに類する事件が極めて多いのである。
この自己認知不能障害を越えて自己愛性人格障害に至った場合、通り魔事件やバラバラ殺人、ストーカーやレイプ事件などになる事が極めて多い。
これら事件の多くが盗京圏内で発生してる事はそれを如実に証明しており、
盗京目黒女性会社員バラバラ殺人や、
盗京小金井プチアイドルストーカー殺人未遂、
盗京圏神奈川の相模原障害施設大量殺戮事件などは格好の例と言える。


盗京レイプworst都市圏の放送局などは、
盗京レイプworst都市圏の細々とした不都合な事件は可能な限り押し隠し、全国的ニュースとして放送する事などほとんど無いため、あまり知られて無いが。
時には殺人事件であっても放送する事が無いから、マスメディアの使命すら放棄した腐敗ぶりには全く驚かされる。


>>下り階段は死ぬほど辛い。

盗京穢土人民達、ひいては盗京圏内の住民達は、
そんな死ぬよりも辛く苦く悲惨で、想像を絶する、惨澹たる地獄の道を行く事となろう。
これから目に見えてくるであろうフクシマによる惨禍は、報いと思うべきである。
突然上から落下した金属棒に突き刺さり亡くなる、などはまだまだ生ぬるく甘いもので、本物の地獄、本物の生き地獄はこれから来ると心得ておくように。


盗京レイプworst都市圏の放送局が押し隠し、
全国ニュースとして放送しない、
盗京レイプworst都市圏の不都合な事件や、その他もろもろについては、


http://128903.peta2.jp/?guid=ON

を参照の事。
Unknown (Unknown)
2017-06-14 17:36:43
あの歌手はたしか、子供と同じことをして脳を刺激してるとか言っていた。VRでバイオハザードしてるらしい。

物理学者は50歳ごろすごい成果だすので、
目的を持てば何歳でもOKだが、ボケや認知症や
過労性の短気や思考の低下でブロック思考が多発して
疲弊する。

白髪(老齢)は知恵のしるしではない。知性明晰は5才幼児で決まる天賦のものである。   (やまもとぶし)
2017-06-14 17:42:18
流行は「Jカーブ」を描く。上り坂三年、登りつめて三年、降り坂が三年、〆て十年続けばいいほう

「同類は何百人集まっても「喚き声」は一人である」
http://d.hatena.ne.jp/nakamoto_h/20151023
>芸人=河原乞食かわらこじき論

売れっ子芸人が散財するのは、堅気の稼ぐ金と違うと知るからである。舞い込む金をどうして使わずにいられよう。芸人の生まれそこないは金を貯めるという。芸人のくせに料理屋、ホテル経営して、失敗するならまだしも成功する者があるのは、同じ芸人として許すことができない。堅気の世間の立つ瀬がない。 ... 人気さえあれば天から降ってくる芸人の10万円と、堅気の月給10万円は同じ10万円ではあっても全く別ものである。
芸(術)は毒をふくむ。毒ならば気がつかぬように盛らねばならない。

人が充足の思いをするのは、他人と区別して多い場合である。

>マーフィー

何事も失敗の可能性が有れば、必ず失敗する。

失敗の可能性が複数ある場合、最初に起こるのは最悪事態である。

何事も放置すればさらに腐敗する。

万全の対策というのものは無い、天才的なトラブルメーカーが必ずぶち壊す。

長年の難問題は、部外者が一瞬で解決してしまう。

金とは肥料のようなものだ、世間にばら撒けば益するが、独り貯め込めば悪臭を放つ。

民主主義では、民主主義を守る為に必要な事を同じ多数決で葬ってしまう。
これって (noname)
2017-06-14 18:07:28
>ゆっくりでもいいから、上りつづけられる階段

年功序列ってある意味こういう仕組みですよね。
>損切り(自殺)もあり (う~ん、、、)
2017-06-14 18:37:59
株式投資=「単なる物」の損切りはできても、、、

人生の損切りは、決して許されることのない

無間地獄を彷徨うことになる。。。

而して、汝、其の自身に於ける発想たるは、、、

是即ち、、、汝の「意、」之、唯物史観を乗越えられぬ位階に汝の「意」も彷徨うが如き、、、

是即ち、、、真正の共産主義者に他成らず。。。

ほおって置けば、老衰にて自然へ死至る者を、自ら地獄へ堕つるが如し行為也。。。

決して、小欲を否定はしないどころか、
むしろ、我、肯定する側にあっても今尚、、、

唯物史観は、真正共産主義者なりと断ずのみ事也。

自己を決して自身でリセットしようとは、ユメユメお考え無きが本来なる自然たる己が使命と云わずと云う哉?否哉?

是、無我にて候。。。
Unknown (Unknown)
2017-06-14 19:05:00
ハンス・カロッサ
「人は最初の10年間に愛しおこなったことを、終生愛しおこなうであろう」
♪ 想い出がいっぱい ~ H2O (onmyeyes.jp)
2017-06-14 19:20:35
大人の階段昇る
君はまだシンデレラさ
しあわせは誰かがきっと
運んでくれると 信じてるね
Ah 少女だったと いつの日か
想う時がくるのさ ♪

ガラスの階段降りる
ガラスの靴 シンデレラさ
踊り場で足を止めて
時計の音 気にしている
Ah 少女だったと なつかしく
振り向く日があるのさ ♪


私事ですが、40歳を機にして、
アルバムを全て処分致しました。
Unknown (Unknown)
2017-06-14 19:26:00
自身の経験に基づいたお話は、含蓄があり
流石と言っておきましょう。

3流私立の大学を、出席もしていないのに
卒業して、親の七光りと過保護で議員になり

大臣になって、国政を私しているようなカスの
太鼓持ちみたいな最近のコンテンツの中では

読むに堪える内容ですね。
たしかに (Unknown)
2017-06-14 19:32:23
 友人の父親が98歳でペースメーカー手術を所望したという。ペースメーカーは20年ほど持つという。つまり、その人は120歳まで生きようとしたということだ。さすがに、手術に持ちこたえられるほどの体力は無いからと説得してやめさせたという。本人は次の年、99歳で一生を終えることなった。

 その人はA新聞の海外特派員を長く勤めた華々しい経歴の人だったが、家庭との確執があり、決して幸せな余生を送ったとは言えないようだった。「人生下り坂」を強く意識していたからこそ、あそこまで生に執着したのかも知れない。

 先日、私のところでも高校の同窓会があった。出席者リストが送られてきた時、いやな気持になって欠席することにした。70歳になろうというのに、ふやけ切った笑いに包まれたら居たたまれない。そういう顔ぶれだったので、遠慮させていただいた。

 私は幸いというか、まだ現役で働いていられる。自分の会社を持っているから、それが可能なのだが、定年過ぎて、家の中で「粗大ごみ」扱いされたまま、報われる余生を送っている老人も数多いことだろう。

 たしかに、「下り坂」しか見えなくなる人生は空しい。そして、空しければ空しいほど、生に執着するようになるのかも知れない。浅ましき畜生道の仕業ということだろう。わびしいものだ。

 
所得の高い人ほど犯罪者という証明 (Unknown)
2017-06-14 20:25:36
若さゆえの無知も多い。

世界の戦争の7割は、ボケ老人の司令塔が
無知な若者を利用して殺戮している。

風俗やソープは素人が出てきて儲からんよ。
手取り20万円以下の店が大半。東京でも価格破壊でプロから素人になる子が多い。

以前とちがってプロは規制あるので、素人の
女性がSNSで売春してる。無修正時代になってからは、風俗買いや買春する人も大半が公務員しかいない。

公務員の性犯罪は毎日発生してて、毎日盗撮、ストーカー、買春で逮捕されてる。自衛官ですら毎日逮捕されてる。

一番いいのが職人だ。職人は老人でないとできない知識や経験が多い。土木や芸能や科学の世界では、
やはり50歳前後が一番知識と経験がある。

ただし学者肌に限るが。


若者は依然とちがって、家賃は倍、税金も倍、
所得は低下、結婚は年収600万円以上でないと女性は見向きもしない時代になってる。だから独身が増えるわけだ。全国の平均手取りは男性で年収300万円以下。飲食業だと勤務10年でも手取り25万円前後だ。これだと結婚は不可能。昔は学費は払ってなくても多くは請求は来なかったが、今は違う。
竹中改革で学費もぼられている。

所得低下は子育て不能に陥る。若者はそれを実感してて、結婚放棄して今では仕事やバイトが終わると
通信ゲームで燃えている。

よく若者が精神が弱いと言われてきたが、事実は全然違っている。昔は使われてなかった洗脳が使われているからだ。保守派の多くの家庭は洗脳コントロールされてて、ノイローゼを小学生で誘発して
中学には自殺願望になってる子が大半だ。
こうした自殺志願の家庭を作って洗脳して
カルトが献金をたかるようになってから、若者が壊れてきたのだ。

この壊せた世代を利用して金儲けしたのがセレブだ。所得の高い家賃経営者や、カルト保守のデマや左翼のデマに洗脳された世代が、人生を途方にくれている。

昔と今の違いは、政府が国民を求めていないのだ。企業も実は求めていない。外人を低価格で使えばいいや。ってことになってる。

企業の幹部も高級所得の人は、部下を簡単に使い捨てる。これがカルトや保守派が作った守銭奴
社会の発端だ。

殺人、カルト、テロ、これらはすべて所得の高い不動産投資家、天下り、企業投資家、セレブの支配下にある家庭が引き起こす。


ISISのテロでも資産家の不動産投資家のアラブ人が資金を出しており、原油投資で儲けた資金で格差を作って他国の移民に小遣い渡して麻薬つかって洗脳して、貧困層にテロをさせている。

こうしたセレブや投資家のテロ組織が世界中
を破壊してるのだ。

またセレブや不動産投資家のカルマはこれ以外にも発生する。それは地球温暖化だ。投資家の開発でビルが増えると、ヒートアイランドが発生し、温暖化を作ってきた。中国の投資は世界の投資であり、
この投資は多くが銀行員、不動産、セレブの貯蓄集めに温暖化している。投資開発は伐採を伴うのでco2は増える。植林しようとすると、セレブが今度は公園や投資として伐採する。


こうしたセレブの世界規制をしないかぎり、不幸は続く。

理想的には、全国民が中間層ってのが一番いい。
100,000,000円の所得なんて必要ない。
全国民が年収700万円だったらまず格差も
殺人もテロもおきないだろう。

日本では格差是正されてるのは正社員家庭だけだ。
他では絶望的だ。

今米国では、社長の所得を下げて、社員にばらまく社会実験をしている。すると何がおきたか?
離職ゼロ、売上が数倍にアップ、結婚が発生、
内需消費が好調になった。しかもどんどん技術が
高くなり、会社は絶好調に。

この社長は元々エンジニアで、イエスキリストみたいなロンゲの方だが、所得高すぎてもすることないし、必要性もないという理由で、なら社員にくれてやったほうがいいということになった。仏教でいうと共和相互精神だ。


所得は高くても結果はテロ組織作るか、選民して
国民殺すか、いみのない環境破壊を投資でするか、
他人の資産食らって恨まれるかの結果しかない。

だから富裕層の所得を規制して、全国民を中間層にしようかって世界ではなりかけている。

富裕層って石工の不動産作りまくるので都市景観は破壊すわ、実質賃金低下になるわ、温暖化するわで意味がない。

中国も日本も温暖化してる地域は全部不動産投資してる部分だ。この投資家の負の遺産を払わされてるのが国民であり、国民は税金や環境税に
よって原子炉使わされたりして、結果は核廃棄物の膨大な予算の借金に最後埋もれていく。

アホなセレブの欲望の行き着く果ては、投資、不動産開発の温暖化、テロの推進、選民社会での
国民ごろし、過労死、自殺、ノイローゼ、スパルタ社会、強姦、殺人と変化していく。

格差の大きい国ほど、テロ、殺人、病気、
全てのカルマが発生してくる。これが少ない国では
これらも少ない。

不動産投資家もいわいる悪なのである。

残念ですがね。はんせいしない投資家は狩るしかない。地球と人間を守るか、投資家の強欲を維持すか、選択は地球と人間を守ることだ。

若者の責任でも老人の責任でもないのだ。
投資家や搾取選民主義者、セレブの責任だったのだ。
どんな宗教に入っても、こういう人間がいると世界はしっぱいする。

その証拠に非婚、民族断裂、格差叩き、貧困叩き、
が発生している。これら所得の高い人が洗脳しておこなっているスピンテロであり、コントロール洗脳犯罪なのだ。

私は所得のたかい人を叩く。それが結論で答えとなっているからだ。答えは地球に聞けばわかる。

保守派も左翼も結果論では、保守派も間違えているのだ。保守派も答えではないのだよ。

この結論に反論できる奴はない。事実には勝てないのだ。


昔の家賃は最高でも15万円だった。官僚向けで。
国民の平均家賃は50,000円以下だった。たった10年で家賃は1,000倍になった。
今では官僚向けでは500,000,000のマンションが普通だ。

国民の平均家賃も50,000円以上。昔の50,000円家賃だと自宅借りられた。今では家賃50,000円で
畳何畳に住めるか?これが不動産投資家が国民に放った最大のテロなのだ。

不動産屋の為に国民は生きてるようなものだ。少しは反省してもらいたい。

先日公安部のドラマが最終回になった。名作だった。維新の会の問題から、オウムから、自民の岸倍総理大臣としてテロ事件を模倣して再現。

これ全部自民党や維新がやってきたテロを再現したドラマだった。続編が見たかった。クライシスシリーズは最高だったな。

まろぁ若者責任にしてれば富裕層やセレブの犯罪人は自分の罪を合法化できると錯覚してるから書いてるのだ。

不動産投資規制法したら、地域格差はぐっとなくなる。なんでかって?家賃ぼられているからだよ。

変な不動産特区つくりよりも、ちよっとリッチな市営マンションを新築したほうがはるかにいい。
それのほうが景気も所得も高くなるからだ。

これは田母神司令官も指摘してる実例で、保守派では言い始めていることだ。

ようするに、全国民中間層計画が必要ってこと。
どのみち少子化であと20年間でこっかおわるんだよね。今の格差放置すると。田母神もそれ指摘してたしな。


徳川将軍家も昨年から保守派止めたそうで。

少子化がいいと洗脳してるのはセレブと詐欺師と
搾取犯罪人だけである。石原も田母神ですら
ヤバいといっている。左翼もヤバいいっている。
カルトですら。

まぁ人口消滅時計見て見?すごいから。

ちなみに某有名AV女優ですら、ソープで年間
700万円もなかったとテレビで発言してます。
有名高級ソープですらその状態。
愛人クラブの女性は基本的に政商の方たちの
実質の嫁であり、本妻が病死したときの為の
組織。一般人では入ることも不可能。募集すらしてないので。

Unknown (Unknown)
2017-06-14 20:27:35
上を見て歩いたら嫉妬だらけ
下を見て歩いたら優越感にひたる。
そうじゃない、そうじゃない。
年をとったら、日々淡々と受け入れ
穏やかな気持ちで生き抜きましょう。


Unknown (Unknown)
2017-06-14 20:30:00
引きこもりのの原因は大半がホルモン病や
ネグレクトされた家庭の子や宗教の子に発生する。

保守派団体のカルトに異常にヒッキーが多いのも事実。洗脳で精神崩壊してる為。両親のカルト洗脳が原因
Unknown (Unknown)
2017-06-14 20:31:17
・老年は、悲劇の第五幕に似ている。 最後が近いことは知っているが、それがいかなるものであるかは知らない。
byショーペンハウアー

・一日の、3分の2を自己のために持っていないものは奴隷である。
byニーチェ

・結婚生活は多くの苦痛を持つが、独身生活は一つも喜びを持たない。
byサミュエル・ジョンソン

・愛とは、互いに相手を知らない男女間に発生するものである。
byサマセット・モーム

・飛行機は飛び立つ時より着地が難しい。人生も同じだよ。
by本田宗一郎
築43年二階から出火、さっそくタワマンを高層アパートに用語すり替え (ロンドン)
2017-06-14 21:00:50
>高層アパート火災、死者多数=未明の出火―消火難航、負傷者70人以上・ロンドン  時事通信

外国のタワマンは貧しい人しか住みません

猿と金満屋は高いところが好き、タワマンの夜景自慢は、命より夜景が大事かと思う。

この惨事、日本は続報は無い。タワマン売りたいゼネコン、奴等を顧客にする広告屋の工作始まる。
Unknown (Unknown)
2017-06-14 21:30:34
国家戦略特区のカラクリが見えてきた、 案件の中にお友達案件をちりばめてカモフラージュ、こそこそとお友達に利益誘導。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170612-00000060-sasahi-pol&pos=3
可哀そうなのは愛媛県と今治市民。 国家が費用を出すべきなのに、自治体に過大な財政負担を強いる。 今治市は市民サービスを削ってまで加計を支援しなければならない。 財政破綻が早まったな。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170612-00000075-sasahi-pol&p=1
自分の趣味を謳歌している人が一番楽しそうな人生を送っていますが… (ponpon)
2017-06-14 21:32:46
他人からの評価を気にしているような小人物は、人生を楽しめないままあの世へ逝く…。

> 試練がないと人間は成長しない

元記事筆者の高須賀さんは、試練を経験したことがあまり無さそうですねぇ…。なぜなら、彼の文章は薄っぺらくて、深みや含蓄が無いから…。文章から判断すると、彼の精神年齢は30代半ばくらい…。ぶっちゃけ、彼の記事は既視感アリアリでつまらない…。私が10年以上前に考えていたようなことが書いてあるだけ…。

> いつまでたっても出世とか金儲けとかに物凄く執着している大人

元記事筆者の高須賀さんがそんな感じに見えますがねぇ…。承認欲求不満っぽい感じ…。インターネットが広く普及した現在では、承認欲求を満たす場が膨大に用意されているワケですが…。

> 人生に上り階段も下り階段もない

その通りでしょう…。元記事筆者の高須賀さんは人生修行不足で、まだまだその域に達していない模様ですが…。

> 若さというのは可能性であり、可能性というのは明るい未来を指し示す

↓最近の日本はこんな感じですが…。

■日本の平均年齢(2015年10月1日国勢調査)
------------------------------
北海道…48.3歳 青森県…49.0歳 岩手県…49.0歳 宮城県…46.2歳
秋田県…51.3歳 山形県…49.1歳 福島県…48.2歳 茨城県…46.7歳
栃木県…46.4歳 群馬県…46.9歳 埼玉県…45.4歳 千葉県…46.0歳
東京都…44.7歳 神奈川県…45.0歳 新潟県…48.5歳 富山県…48.4歳
石川県…46.7歳 福井県…47.4歳 山梨県…47.6歳 長野県…48.2歳
岐阜県…46.9歳 静岡県…47.0歳 愛知県…44.3歳 三重県…46.9歳
滋賀県…44.5歳 京都府…46.3歳 大阪府…45.8歳 兵庫県…46.5歳
奈良県…47.2歳 和歌山県…48.7歳 鳥取県…48.2歳 島根県…49.5歳
岡山県…46.9歳 広島県…46.5歳 山口県…49.0歳 徳島県…49.0歳
香川県…48.0歳 愛媛県…48.6歳 高知県…49.8歳 福岡県…45.7歳
佐賀県…46.8歳 長崎県…48.2歳 熊本県…47.5歳 大分県…48.3歳
宮崎県…47.9歳 鹿児島県…48.1歳 沖縄県…42.1歳 日本…46.4歳
------------------------------
■日本の全市区町村の平均年齢・年齢中位数(2015年国勢調査)
http://pba.o.oo7.jp/average.html

■かつての日本の成長の様子
http://pba.o.oo7.jp/132098.html
http://pba.o.oo7.jp/000000.html#000000_nik_m

> 地獄への道は善意で舗装されている
> 分不相応な高待遇 それが下り階段の始まりに通じる
> スポーツ選手や芸能人は若い時に人生の頂点に達してしまって、引退したあとはかなり辛い

スポーツ、芸能のように支配層や裏社会と通じている業界は、特にそういった傾向が強いですよねぇ…。売れっ子の時はガッポリ稼がせて貰えるものの、旬を過ぎたら即“お払い箱”に…。せっかく稼いだ稼ぎも、どんどん没収され…。要するに“使い捨て”…。

> 多くの人は人生のピークすら無いままにずっと底辺を這いずり回って終わってしまう

というか、現代のマスコミが夢とか希望とか成功体験をばら撒き過ぎるから、「俺も成功出来る!」と勘違いする野郎が沢山生まれてしまうんでしょうねぇ…。マスコミ電波なんて、一般大衆をコントロールするための“プロトコル”みたいなものに過ぎないのに…。一般大衆の気を大きくさせたり、萎縮させたり…自由自在。

> 人生は太くと短くといった生き方もありますが、細く長く生きたほうが得なことが多い

企業経営の世界にも“牛の涎(よだれ)”という言葉があるそうですからねぇ…。(←細く長く粘る)芸能界でも“一発屋”はすぐに消えますし…。

> 加山氏も事業で失敗をして巨額な借金

ただ、あの人は血筋が凄いので、コネなどを使えばセレブの協力者がジャンジャン現れるでしょうねぇ…。一般庶民と比較するのはちょっと無理があるかと…。

> 一度も職業に就くことなく「花嫁修業」や「家事手伝い」で未婚のまま40歳過ぎてしまう女性が多い

理由は簡単で、この世代の男性がバブル崩壊後の「超就職氷河期」「平成大恐慌」に巻き込まれてしまったからですが…。もし、同世代の男性が「超就職氷河期」「平成大恐慌」に巻き込まれていなければ、彼女達の多くが結婚していたことでしょう…。

■日経平均株価チャート(1949-2017)
http://pba.o.oo7.jp/000000.html#000000_nik_m

> 老後も年金で暮らすことは不可能

シルバー人材センターに登録して、清掃作業などで生活費を稼ぐ高齢者も居ますからねぇ…。民家の除草作業だと、時給1000円くらいだそうですが…。

> 高齢者になれば誰もが下り階段を下りていくことになりますが、下り階段は死ぬほど辛い
> あまりにも辛いから宗教にすがる人も多い

酒(アルコール)にすがる人のほうが圧倒的に多いのではないかと…。まぁ、趣味(ライフワーク)を謳歌している人が一番楽しそうですねぇ…。幼少期からずっと続けている趣味がある人は本当に幸せ…。

> 階段を登り続けられるのは特別な才能に恵まれた人だけ
> 芸術家などは生涯現役の人が多い

ただ、ああいう人達は、類稀な才能があるが故に支配層や裏社会に利用されるケースも多いですからねぇ…。昔の優れた陶工なんかも、支配層に翻弄されまくっていましたよねぇ…。

株の世界にも「山高ければ谷深し」という言葉がありますが、むやみやたらと高い所を目指すのも考えものかと…。
中流の中流による中流の考えです (公務員OB)
2017-06-14 22:09:51
この春、退職した公務員OBです。公務員は不祥事しなければ定年退職まで首切などは無く、安定なので、同期の9割は私と一緒に卒業しました。(定年退職しました)浮き沈みの無い環境は恵まれているとしか言えません。でも、定年まで過ごすのは、それなりの法令順守の精神が無いと叶わない事なんです。ほとんどの公務員は天下ることもできず、その分野で地道に働いて退職していくのです。子供が1人なら老後は裕福。2人なら老後は普通。子供が3人以上なら、退職しても再雇用で働かないとならない。そんな状況ですよ。普通に給料を貰って、普通に消費した場合のお話なんですけどね。私たち公務員は冒険が出来ません。ロム専門の私たちの願望としては、トラさんには是非とも億単位な資産を活用して、このHPを読んで、トラさん教になった女性とお幸せになっていただきたいと思います。
貧すれば鈍する (テーカップ)
2017-06-14 22:33:35
人夫々だが上り階段と若さが、楽しさと直接結び付く訳ではない。私の青春時代は、その時々の一瞬の楽しさは、今思い返せば、自分の倨傲を思いだす場でもある。あの時同僚の意見を尊重していれば、私の人生にも違う展開があったかもしれない。それぞれは試練であり、経験である。下り坂に入った今だから、楽しくないとは言えない。人の話を大切にすることを覚えたことは、自分自身の心も厚くなったと思っている。

私も株では嫌な思いがある。リーマンショックの時、あっという間に数千万持っていかれた。株の基本は、相対取引だ、それも膨大な資金と情報を持つ証券会社では、短期信用取引では、到底勝てる相手ではない。それから信用取引口座を廃止した。今では配当利回り(3.5%)の良い、中長期投資に限っている。アベノミックス第三・・・?

パンドラの箱は人間が生を受けたときから、各々が、持ち合せているのかも知れない。誰もが開けうる美しい箱だ、それで災厄を一身に受ける。その絶望を箱の中に残つている希望に変えなければならない。
Unknown (Unknown)
2017-06-14 22:51:07
公務員の天下り調査は文科省に限って行われていたことがバレた。 他省庁や内閣府が問題に係った調査資料を前川さんが提出したら、杉田官房副長官がその部分は出すな、と指示した。 他の省庁でも違反が行われていたにも係らず、文科省だけの問題を浮き彫りにして安倍の意向に逆らう前川さんいじめをしていた。 安倍・菅によってこの国は腐った。
http://79516147.at.webry.info/201706/article_114.html
孫に小遣いをやるのが楽しみ (Unknown)
2017-06-14 23:02:24
 若いころは自分が働き、他の同僚より高い成績を上げ、それなりの報酬と評価を得ることが楽しみだった。だから、よく飲みましたよ。キャバクラも通ったし。なんだかんだ言っても、金があればもてたし、それなり幸福だった。

 しかし、現役を引退すると、自分がという思いが無くなって、次世代を担う若い人に尽くすのが楽しみになった。「尽くす」とまでは大げさかもしれないが、「孫に小遣いをやる楽しみ」に近い。

 昔、大酒飲んで散財したのを思えば、実に健全に金を使っているという気がして、その点では満足している。老境に入って、若い人のために何とか役に立つことができるというのは、幸せだろう。

 逆に、いくら蓄財しても、有効に使うお金を持たない人は不幸だろう。人生の「上り坂」「下り坂」は、あるだろうが、おかげさまで「下り坂」は感じない老後を迎えられそうである。
>だから富裕層の所得を規制して、全国民を中間層にしようかって世界ではなりかけている。 (ラビ・バトラの予測)
2017-06-14 23:20:27
「世界は大恐慌による混乱期を経てプラウト主義経済 (均衡貿易、賃金格差の縮小、均衡財政、自国産業保護、終身雇用、 環境保護、銀行規制など)による共存共栄の社会へと徐々に移行して行くだろう。光は極東の日本から。」

http://officetts.hatenablog.com/entry/2015/12/28/225530
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/83e58e298e90d69cd3249219a1db9073
どんな人生が幸せなんだろうか? (Unknown)
2017-06-15 06:15:12
1回きりの人生さ
どんな偉い人でもそうでない人でも喰う寝る働き、ある人は妻をめとってHして子をもうけ家族を成す

またある人は生涯独身で通しながらも自分の生きがいを貫いて人生を謳歌するかのごとく自由にやりたいことを成して独り密かにこの世を去る

その他地震や交通事故など予想だにしなかった凶事に遭遇し自身のみならず家族・友人の多くを失う者もいる

病気で苦しみ経済区、生活苦にさいなまれ発作的に自殺するものもいたりする

されど・・・この人生は誰もが等しく1回きりのそれぞれの人生なのだ

まずは健康で働けて3度の飯が最低限食べれて住む住居があって家族友人共に楽しくやれるのが基本的に幸せって感じるし、家族も皆健康でそれぞれにその人生を謳歌するぐらいの「たとえ苦楽に翻弄されようとも、生まれてきて、生きてきてよかったなぁ~」って思うことができれば仕事がサラリーマンでも自営業でも関係なく上出来なんだと思うんですが・・・。

年をとればとるほど、現代は若いうちからも「健康寿命」という概念が重要になる(TORAさんの例示したように加山雄三のごとく80歳になっても60歳ぐらいにしか感じないスーパー高齢者のマルチな活躍・活動を思うとき・・・人生はそれぞれの気のもちようで違いがでるのは確かに思う

基本は「皆様の人生はそれぞれの心のままに実現するってこと」なんだと思う
Unknown (Unknown)
2017-06-15 08:49:58
ル・マン24時間:
予選1回目の最速は小林可夢偉&トヨタ7号車! 中嶋一貴の8号車が2番手
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170615-00132293-rcg-moto
地震保険料 5-6%引き上げへ 読売新聞 (地震保険料)
2017-06-15 10:44:16
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6243367

加入率が低い理由は? 満額補償されない地震保険は損なのか :東洋経済オンライン 2016/5/29(日)

地震保険料、地域差広がる 長期契約も選択肢 :NIKKEI STYLE 3/2(木)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。