株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

オバマは、欧州と中東の問題を迅速に解決し、覇権を脅かす中国にターゲットを絞ったのである

2016年05月28日 | 外交

オバマは、欧州と中東の問題を迅速に解決し、米国の
覇権を脅かす中国にターゲットを絞ったのである。


2016年5月28日 土曜日

オバマが偉大な大統領である3つの理由 5月27日 北野幸伯

世界中の敵とあっという間に和解!
ターゲットを中国に絞ったオバマ

 「AIIB事件」とは、英国、フランス、イタリア、ドイツ、イスラエル、オーストラリア、韓国などの「親米国家群」が、米国の制止を無視し、中国が主導する「AIIB」への参加を宣言したこと。参加国の数は、実に57ヵ国に達した。

?オバマは、日本以外のほとんどすべての同盟国が自分の要求を無視し、中国の誘いに乗ったことに大きな衝撃を受けた。ここに至って、米国はようやく「中国は、覇権一歩手前まで来ている」ことを悟ったのだ。

?そして、オバマは変わった。ウクライナ内戦は、15年2月の「ミンスク合意」で停戦が実現していた。米国は当初、「ウクライナに武器を送り、停戦をぶち壊そう」と画策していたが、「AIIB事件」を受けて「停戦容認」に態度を変えた。
?
?15年5月、米国は、13年から始まっていた中国による「南シナ海埋め立て」を突如問題視しはじめ、米中関係は急速に悪化していく。この月、日本のメディアも、「米中軍事衝突」の懸念を報じるようになった。一方、ケリー国務長官は同月にロシアを訪問し、プーチンと会談。「制裁解除もあり得る」と語り、ロシア政府を驚かせた。

?これ以降、米国とロシアの関係は「ウクライナ問題」「イラン核問題」「シリア問題」の共同解決作業を通し、急速に改善してきている。15年7月、米国、ロシア、他4国とイランは「歴史的合意」に達し、「核問題」を解決した。16年1月、対イラン制裁は解除された。16年2月、米国とロシアは「シリア内戦終結」を呼びかけ、アサド政権と反体制派の停戦が実現した。

?こうしてオバマは、「アッ」という間に、「ウクライナ問題」「イラン核問題」「シリア問題」を解決した。そして、中国との和解だけは拒否している(北朝鮮もあるが)。

?この動きを、「戦略的」に見るとどうなるだろう。米国には、戦略的に重要な地域が3つある。すなわち、欧州、中東、アジアだ。

・欧州には、「ウクライナ問題」「ロシア問題」がある。
・中東には、「イラン問題」「シリア問題」「IS問題」などがある。
・アジアには、東シナ海、南シナ海を支配したい「中国問題」がある(北朝鮮問題もあるが)。

?いくら米国が「世界最強」とはいえ、同時に、欧州でロシアと、中東でイラン・シリア(アサド)・ISと、そしてアジアで中国と戦うのは不可能だ。そこで、オバマは、欧州と中東の問題を迅速に解決し、米国の覇権を脅かす中国にターゲットを絞ったのである。(後略)



(私のコメント)

オバマ大統領の広島訪問は、テレビで見ましたが、この広島訪問の意図は何だろうか? 伊勢志摩サミットのついでのような訪問ですが、オバマ大統領の意図はG7サミットよりも広島訪問の方が大きかったのではないだろうか。テレビもライブで放送していましたが、演説も10分の予定が17分になった。

G7サミット自体が、英独仏伊のヨーロッパと、日米加の環太平洋国家の二つに分かれている印象を持ちましたが、これは中国との距離感の違いでもある。英独仏伊にとっては中国は、東欧やウクライナやロシアや中央アジア諸国に隔てられた遠い国であり直接的な軍事的脅威は無い。それに対して日米加は海を隔てて中国と接している。

だからAIIBでも英独仏伊はAIIBに参加したが、日米加は参加しなかった。カナダは将来的には参加すると言うニュースがあったが、AIIB自体がどうなるか分からなくなってきている。しかしこの問題はアメリカの外交力の低下と、中国の外交力の台頭を物語るものである。

「株式日記」でもオバマ大統領を親中派の大統領と書いてきましたが、AIIB事件以降は中国に対する外交スタンスを変えてきたようだ。それと同時に日本の安倍内閣に対する風向きも変わり、安倍総理はアメリカでの議会演説まで許されるまでに変わった。それまでは安倍総理は歴史修正主義者のような扱いだった。

更には中国の習近平主席は、大軍事パレードを行ってアメリカを威嚇するまでになり、南シナ海でも軍事基地建設を進めている。将来的には南シナ海は中国のミサイル原潜の作戦海域になり、対潜哨戒機も入れないように領空化するだろう。しかしフィリピンやベトナムでは中国に対抗が出来ず、対抗できるのは日本だけだ。

オバマ大統領が広島を訪問するのは、中国や韓国が日本に仕掛けてくる「歴史戦」に対する警告であり、暗黙裡にアメリカの謝罪の意味が含まれている。アメリカにとってはロシアや中東は地球の裏側であり、英独仏伊にとってはロシアや中東はお隣の国だ。このように地政学的な影響もある。

オバマ大統領は、中国とのG2でロシア問題や中東問題に対処しようとしたら、中国に裏切られてハシゴを外されてしまった。北朝鮮に対する制裁でも中国は表向きは国際協調姿勢でも裏では北朝鮮を支えている。アメリカはロシアや中東や中国と問題を抱えていますが、丸ごと抱える事はアメリカでも不可能だ。

ロシアや中東問題では英独仏伊に任せることが出来るが、対中国では日本しか対処できる国が無い。韓国は中国に傾きフィリピンやベトナムは中国には非力だ。オバマ大統領の広島訪問はアメリカから来た話であり、日本ではアメリカ大統領が広島を訪問する事は無理だと考えられてきた。いわばAIIB問題に対する謝礼のようなものだろう。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 先進国としては、中国を自動... | トップ | マンションで、管理会社や管... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (トランプ酋長)
2016-05-28 13:11:58
「核廃絶」とは、絶対に不可能なのだ!

有り得ないことだが、仮に核兵器保有国が核弾頭を全て廃棄したとしても、設計図や頭脳まで廃棄することは不可能だから、現在の核兵器保有国は何かあればすぐに核ミサイルを再保有できる。

設計図や頭脳を廃棄することが不可能である以上、一度できてしまった核兵器の廃絶など絶対に有り得ないのだ!

「核廃絶」「核なき世界」は絶対に実現しない!

日本がまた核攻撃を受けないようにするためには、日本も急いで核ミサイルを保有(核武装)しなければならない。
オバマの意図など当人も知らんだろ。
Unknown (しん)
2016-05-28 13:25:23
今こそ、プーチン大統領にも核削減を提案すべきだ。
安倍総理なら米露の橋渡しができると思う。
対中戦略にとってロシアは重要なパートナーである。
今の欧州は米露が手を組めば、クリミア問題など何も
言えなくなる。
日米露会談をハワイでやって、ついでにパールハーバー
にも行って、アメリカ人を喜ばせてあげればよい。
トランプが大統領になる前に。速攻で手を打つべきである。
Unknown (Unknown)
2016-05-28 13:58:48
>そして、オバマは変わった。

そうなると、次期大統領選で、ヒラリーにこだわらないかもしれない。

なにしろ、ヒラリーについては、「メール事件」だけでなく、これから暴露叩きが始まる。

■ヒラリーについての暴露本
 http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51986743.html
Unknown (タカタ潰し)
2016-05-28 14:56:03
タカタが叩き潰されている理由
エアバッグインフレーターが核弾頭爆縮レンズ製造に転用できると見られたからか?
Unknown (Unknown)
2016-05-28 16:27:53
日本のカルト極右(日本会議・神道連盟)には核武装論者がいる。これでおいそれと出来なくなったな。

オバマはスピーチではっきりと言った
「新たな国への核の拡散を防ぐ事が出来、狂信者に核を渡すことも防げるのです」

横にいた安倍は真っ青だった。
全国区のタレントですら訪れる機会の少ない地方に… (ponpon)
2016-05-28 17:28:39
世界的な超有名VIPが訪れたワケですから本当に凄い事ですよねぇ…。駐日大使や閣僚とは全然格が違いますし…。フィーバーの反動で地元はかなり静か(放心状態)になっているようですが…。(苦笑)

> オバマ大統領が広島を訪問
> 中国や韓国が日本に仕掛けてくる「歴史戦」に対する警告

ニュースを見ると、原爆ドーム前で「訪問反対」デモをやっている連中が居ましたが、あれは大陸系の人間なのか、それとも大陸系の不満のガス抜き役だったのか…。
ちなみに、オバマ大統領は韓国人慰霊碑を訪れませんでしたが、単にスケジュール&セキュリティの関係だったのか、それとも朝鮮に対するメッセージだったのか…。(苦笑)
米軍岩国基地でオバマ大統領が海兵隊員にメッセージを送る映像も見ましたが、海兵隊員の多くがアジア系の顔立ちなのには驚きましたねぇ…。アメリカ兵というと白人か黒人というイメージがありますが、今の岩国基地ってアジア系がウジャウジャ居るんですねぇ…。びっくり…。

> 日本ではアメリカ大統領が広島を訪問する事は無理だと考えられてきた

従来なら、こういう案件は一蹴されていたでしょうねぇ…。(実際、それが繰り返されて来た)なぜ、今回わざわざ訪問したのかについては色々な見方がありそうですが、それらは評論マニア、陰謀マニアに任せておくとして…。(苦笑)

それにしても、今回のライブ中継を見ていて思ったのは、やはり“強い者”でないと人間社会を管理監督出来ないということでしょうか…。オバマ大統領と握手している地元の県知事や市長の姿は、まるで“弱い者”の代表者みたいな感じでしたし…。今回のライブ中継を見ていた日本の視聴者は、自分たちの存在の小ささを再認識したのではないかと…。(苦笑)“ライザップ”じゃないですが、心身ともに鍛え直さなきゃマズイと思った人も結構居そう…。
オバマ・・ユーは何しに広島へ? (Unknown)
2016-05-28 17:39:03
http://blog.livedoor.jp/sky7777777777/archives/52138740.html

「日本が敗戦国だとはいえ、罪のない市民十数万人の命を奪った行為について日本は謝罪を求める資格があるだろうという意見もある。広島出身の弁護士、落合洋司氏は「謝罪できるならしてほしい、という気持ちは私にも正直あります」と認める。」

 * * *

真珠湾攻撃に対するカウンターパンチだった・・とか
原爆を落とさなければ、戦争が終らなかった・・とか

米国の投下した原爆は、軍の基地など戦闘員や戦闘施設を破壊するためのものではなく、
非戦闘員であった一般市民に向けた大量虐殺を目的にしたものであって、
日本軍が軍事施設であった真珠湾を攻撃したものとは全く意味が違う。

要するに、米国の原爆投下や日本の大都市に無差別に投下した焼夷弾と同じく、
単なる、邪悪な悪魔の非人道行為に過ぎず、
どのような言い訳を展開しようが、人類として容認できる行為ではない。

一方、オバマが、ノコノコと被災地に出かけ、米国のやらかした非人道行為を謝罪すれば、
今後、ニッポンに対する巨額な賠償金が発生してもおかしくないし、
世界中で一般市民を巻き込んだ大量虐殺行為を拡大してきた、
米国の戦争政策が根本から揺らぎかねない。

謝罪ひとつで、何が起こってもおかしくない。

ベトナムでも朝鮮でも、米国は大戦争を仕掛けてきた。
その目的は、共産主義との闘いだとかは名目であって、
実際の目的は、自国の軍事産業を儲けさせるための経済政策であった。

当然、現在に至っても、米国の戦争政策の基本は不変であって、
わざわざする必要のないテロとの闘いをでっち上げるために、
自国のNYにあるツインタワーを自作自演にて破壊し、
CIA自身が育成した軍事工作組織であるアルカイダのせいにして、
同様にCIAが育成したサダム・フセインをアルカイダの背後にいる危険人物とでっち上げ、
CIA工作員であったビンラーディンを邪悪なアルカイダの司令塔にでっち上げた。

「どうも、すみません。すべて米国側のでっち上げでした・・」
「いやあ、何しろ、多額の政治資金を彼ら(軍産複合体)に出してもらってるもんで・・」
「私はね・・個人的には核を廃絶して、戦争政策もやめたいんですが・・」
「スポンサーがなあ・・」
「経済全体の問題もあるし・・」
「まあ、みなさん、もうちょっと時間をくださいな。」
・・なんてことなんでしょ。
日本政府の対応見てても、
人道よりも経済優先なのは明白。
精神よりもカネが大事。
それが現・日本政府の考えの根本だ。

Unknown (リーマン級?)
2016-05-28 19:43:09
G7首脳の世界経済認識の差

日本「危機」、ドイツ「堅実」、英国「楽観的」

【伊勢志摩サミット】安倍の「リーマン級」に海外から不賛成相次ぐ
Unknown (鈴掛蓑助も冬ごもりから飛び立つぞ)
2016-05-28 20:26:31
安倍総理がG7サミットの直前にロシアのプーチンと会談し、すぐにオバマと会談している。その前にはインドも訪問している。安倍総理がロシア訪問することでアメリカの苦情が来たというのはウソだろう。

これは単なる友好親善であるはずがない。
突飛の誹りを免れないが日米露印軍事同盟だと思う。世界はそこまで来ているのだ。戦争法案反対だとか軽蔑過ぎて哀れみを感じる。

リーマンショック以後タックスヘイブンでのアングラマネーのロンダリングや脱税の道を遮断する努力が始まった。国際金融資本の暴虐は凄まじいものがある。

まずはアメリカ本国で収奪した。1%mの富裕層と99%の底辺層に分解して元の中産階級からものすごい反感を買っている。このパワーがトランプやサンダースの躍進を支えている。
FATCAというアメリカの法律がアメリカ企業と取引をする場合アメリカの網が被せられて不正には懲罰的税金が課せられるようになるという。

そして今回はパナマ文書だ。アメリカは本気だと思って良い。
しかも本文にあるとおり欧州中近東から手を引き、アジアに注力する場合、連合と同盟がアメリカの常習的手段だ。

トランプはアンチグローバリズムだと表明している。欧州中東は今後宗教戦争のむごたらしい戦場になるのではないか?

現在グローバリストとアンチグローバリストの緊張が目に見えてきた。トランプは「国家」を建て直す気が満々である。欧州は異物を排除して「国家」として再建するほかはないだろう。理想主義的な博愛思想など現実から手ひどいしっぺ返しを食らうのだ。

国家を失ったらシリア人のようないつ虐殺されるか解らないような哀れな亡国の民となって世界を流浪する他はなくなりのたれ死ぬだろう。結局、国家という固い国境線があってこそ安心と繁栄を享受できるのだ。

結局は、グローバリズムとアンチグローバリズムの戦いと言う事になる。世界主義者と国際主義者の違いと言っていい。

これに支那の古代帝国主義的な膨張との戦いが始まっている。支那は国際法を無視して都合よく解釈している。こんなことは文明に対する野蛮人の挑戦ということだ。

この二つが絡み合って世界情勢は変化していくことだろう。見守ろうてか野次馬になろうっと。
第一次世界大戦の戦訓 (kashin)
2016-05-28 20:50:35
主敵(Principal enemy)を絞る。その後はそれ以外の相手との諸々の政治的問題を全面譲歩してでも、友好な関係に持っていく。イギリスの第一次世界大戦勝利からの最大の戦訓です。北野幸伯氏の言葉を使うなら、「喧嘩は味方が多い方が勝つ」のですから。
http://geopoli.exblog.jp/20286321/より
ドイツが(特に太平洋の)植民地を欲しがったという点です。このためには艦隊が必要となったのです。それでドイツは艦隊を建造し始めたわけです。これがイギリス支配層の逆鱗に触れて、彼らは冷酷に「ドイツ帝国海軍は破壊されなければならない」と考えたのです。当時のビクトリア女王はドイツ皇帝と親戚でしたが、これは無意味なことでした。
ではイギリスは何をしたか。まずアメリカとの紛争を徹底的に回避したのです。
●アメリカはイギリスに対してやりたい放題したわけですが、それをイギリスは我慢したのです。これこそが「忍耐」なのです。
●次に何をしたのか。フランスと17箇所で行っていたとされる植民地争いをやめ、すべてにおいて妥協をして問題の決着を計ったのです。これで領土争いは早い段階で一挙に解決できました。フランスは100%要求を獲得できたのです。
●三つ目にイギリスがしたのは、鼻をつまんでロシア帝国と同盟を結んだのです。
●この時点でドイツは三つの帝国(英仏露)に囲まれたわけであり、唯一同盟ができる国は日本だけだったのですが、イギリスは先に日英同盟を結んで予防策を講じていたわけです。
●この三つのことをやり切るあいだ、イギリスはとにかくすべてを譲って犠牲にしてきたわけです。この時には「帝国の遺産を切り売りしている!」と言われたり、「外交官は毎日シャンペンを飲んでるだけだ」と非難されたわけです。
●ところがその結果はドイツの敗北です。
●もちろんドイツ陸軍は優秀でしたし、科学者もすごくて、ガス兵器も使ったりしましたが、それでも結果的には何の役にも立ちませんでした。なぜなら三つの帝国を相手にした状態で、いくら戦闘や戦域で連戦連勝したとしても、封鎖されて何も輸入できなくなっていたからです。
●これはアメリカが参戦しなくても最終的な結果は同じで、食べる物が無ければ終わりということです。
●ではこれはどのようにして達成されたのかというと、イギリスがとても冷酷に戦略に焦点を当てていたからです。つまり「同盟国」のほうが、自国が伝統的にもっていた「国力」よりも大切であるということです。
Unknown (Unknown)
2016-05-28 20:50:42
>しかしフィリピンやベトナムでは中国に対抗が出来ず、対抗できるのは日本だけだ。

その日本の国内が、今やアジア人だらけで経済ボロボロだからな、これでは対抗できるはずがない。
オバマ米大統領の広島演説(和訳産経ニュース版) (愛信)
2016-05-28 21:49:18
オバマ米大統領の広島演説(和訳産経ニュース版)
http://www.sankei.com/premium/news/160527/prm1605270008-n1.html

【関連情報】
●【敵と戦う覚悟がありますか?】
今日の日本は日本人社会の破壊を企む売国政党や反日売国民主党から地域の安全・安心を
守る為に自衛隊や警察署(売国系団体員を排除)、消防署(売国系団体員を排除)と連携し
た自警団の組織化を急ぐ必要がある。
【関連情報】
【拡散・反日】7月1日 国防動員法 ビザ緩和 同時施行
https://www.google.co.jp/search?hl=ja&gl=jp&tbm=&authuser=0&q=%E5%9B%BD%E9%98%B2%E5%8B%95%E5%93%A1%E6%B3%95%E3%80%80youtbe&oq=%E5%9B%BD%E9%98%B2%E5%8B%95%E5%93%A1%E6%B3%95%E3%80%80youtbe&gs_l=news-cc.1.1.43j43i53.12097.39474.0.44188.36.3.0.33.5.0.113.290.2j1.3.0...0.0...1ac.1j4.0dRvdit4HdE&gws_rd=ssl
【敵と戦う覚悟がありますか?】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4_12.cgi#5月2日_17時04分42秒

この和訳を良く読んで下さい。 そして、反日売国テレビ局・マスコミの
解説者や所謂、専門家と称する反日売国コメンテータの言っている嘘話に気付
いてください。
今日、我々日本民族が70年もの間、日本は悪い国と洗脳して自虐史観を
刷り込んできた者達を壊滅する時を迎えたのです。 反日売国勢力が進めてき
た日本人社会の破壊準備の数々、国籍法の改悪(誰でも日本人になれる法改正、
麻生内閣)、国家戦略特区法(不法滞在者でも家政婦の仕事ができる様に改
定)、入国管理法改悪(移民法家族全員移住できる)、派遣法改悪(大企業に
も派遣社員の雇用を許可)、民宿法(宿帳を必要としない、外国籍ホームレス
のたまり場)、東京都知事に朝鮮人舛添要一の起用、2020年東京オリンピ
ックのエンベレムに創価学会の紋章を採用。 一連の準備工作をして来た反日
売国勢力が逃げ場を失い暴走する事が予想されます。
 安倍晋三総理が反日売国勢力と結託して進めてきた事が、今回のオバマ大統
領の広島訪問の影響で、日本民族の自虐史観からの覚醒が加速されるのです。
嘘話しで日本民族を支配してきた反日売国テレビ局・マスコミを支配者す
る反社会的勢力から地域の安全・安心と自由な日本人社会を守る為に自警団の
結成を急ぐ必要がる事を確認しましょう。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。
Unknown (Unknown)
2016-05-28 23:06:58
英国の掲示板では「中国がアジア諸国を侵略しても英国には直接関係無いし、英国が遠くて侵略される心配は無いからどうぞ中国のお好きにアジアを侵略すればいい。それより中国と仲良くして英国にもっとお金をくれる方が大事」ってコメントが多いのが現実。正義よりも中国の金が大事と思っている英国人は米国が世界覇権を中国に奪われる事にも危機感は持ってない。英国は米国に対して中国に覇権を奪われればいい、クックックって腹黒な感情を持っている。
オバマに能才なし (米匪の大好物 vs イソップ)
2016-05-29 06:31:10
>幼児性から成長する気の無いアメリカの精神分裂病政策が人類破壊の根源

>終戦間近にルーズベルトが死んだことを神に感謝したい。京都及び日本にとって不幸中の幸いであった。この男は日本に20個ほどの原爆を投下し日本を完全に壊滅するつもりであったからである。(なぜ京都は爆撃少なかったか?8月23日/京都新聞「天眼」)
    ↓  
米極右メディア オカマは広島謝罪するな、米国は今後も屈従しない民族には核攻撃を辞さないの狂信反省せず!

>紛争がヨーロッパかアジアで起きて、アメリカは軍需産業が大儲けするような状況を作り出そうとしている (高山正之「アメリカ=悪玉」説 )2014-03-24

米が望むのは地域安定ではなく不安定化である!

米が介入するまで安定していたイラク、リビア フセイン処刑カダフイ殺害させイラクもリビアもますます混乱し不安定化した、米が望むのは地域安定ではなく不安定化である!安定勢力が地域の主導権を握ることは米の国益に反するからだ。現在の東シナ海、南シナ海の不安定化は米国の望むところだ。不安定化を望む米はシナと組んで日本叩きに走る---日中韓の対立構造、アセアン諸国とシナの対立は東アジアの不安定化に寄与し米の大好物だ。
http://qazx.blog.eonet.jp/docdoc/2014/03/post-3df3.html
>侵略者とはいかなる時も自分に都合のよい理由を見つける。 イソップ~BC500 

狼 「お前は俺様の牧草を食べただろう。」 子羊 「いいえ、私はまだ草を食べたことが有りません。」 狼 「お前は俺様の井戸水を飲んだな。」 子羊は悲鳴を上げて「いいえ。まだ水も飲んだことが有りません。だってお母さんのお乳以外は何も口にしたことが無いのです」 狼 「ええい五月蝿いもう待てないぞ。お前がなんと言おうとも俺様が晩メシを抜いたままでいるとでも思っているのか!」 狼はそう言うと子羊に襲いかかって貪り食った。
Unknown (松下信治(22))
2016-05-29 09:09:37
我が国民として愉快痛快に絶えない!    ↓    ↓
【GP2】松下信治(22)、日本人モナコ初優勝! TopNews 8時17分
2位以下を13秒660引き離して優勝を飾った。しかもファステストラップも叩き出してモナコに君が代を流した ・・ 顎が気になるが。
Unknown (shiina)
2016-05-29 22:04:59
オバマ大統領は、一番最初に天皇陛下に謝ってましたよね。
絶対にあれは謝罪ですよ。

私はプーチンが天皇陛下に謝るかと思っていましたが、先にオバマにやられてしまって、どのような謝り方をすれば良いか、彼はとても悩ましいところではないでしょうか。土下座するわけにはいかないし、でも、柔道着着ていればさほど違和感はないかもしれませんね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。