株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

「私は事務系」 「どういう助言をしたか、覚えていない」発言は、寺坂信昭前院長と班目春樹委員長である。

2012年02月19日 | 政治

「私は事務系」 「どういう助言をしたか、覚えていない」発言したのは、原子力
安全・保安院の寺坂信昭前院長と原子力安全委員会の班目春樹委員長である。


2012年2月19日 日曜日

保安院・安全委 無責任発言にあきれる  2月17日 信濃毎日新聞

 原発の安全性を監視する組織のトップ2人が、国会が設けた原発事故調査委員会で当時の状況を語った。

 「私は事務系」「どういう助言をしたか、覚えていない」など当事者とは思えない釈明だった。

 安全性への信頼が地に落ちたまま、定期検査中の原発を再稼働させれば将来に大きな禍根を残す―。そんな疑問が一段と募る答弁である。

 事故調は原子力行政のうみを徹底的に洗い出してもらいたい。

 発言したのは、経済産業省原子力安全・保安院の寺坂信昭前院長と原子力安全委員会の班目春樹委員長である。

 保安院は安全審査や定期検査など電力会社をチェックする実務を担う。一方、専門家からなる安全委は内閣府に置かれ、保安院を監督したり、指針を整備したりする。このダブルチェック態勢で安全性が保たれる仕組みだった。

 だが、昨年3月の原発事故で、いずれも十分に機能していなかったことが明らかになった。国会の事故調が、両氏に当時の状況をただしたのは当然だ。

 寺坂氏は昨年3月の原子力緊急事態宣言後に、それまで詰めていた官邸をあとにし、保安院で対応に当たったという。「私は事務系なので、理系の次長が官邸に残った方がいいと判断した」。これが、氏の言い分である。

 「緊急事態に対応できる人材がいたかというと否定的にならざるを得ない。専門性、知見、習熟度は米国やフランスと比べて弱かった」とも述べている。

 班目氏は「事故当時、1週間以上ほとんど寝ておらず、記憶は飛んでいる」と発言した。「国際安全基準に全く追いついていない。30年前の技術で安全審査をしている。早急に直さないといけない」などとも語っている。

 保安院が人材不足だと分かっていたなら、寺坂氏はなぜ補強に全力を注がなかったのか。安全基準が遅れていたと言うなら、班目氏はなぜ一日も早く改善することに力を尽くさなかったのか。

 両氏の発言からは、安全性の要を担う立場にありながら、強い自覚と責任感が伝わってこない。大事故を人ごとのように振り返る言い方には違和感が残る。

 2人の発言を聞くと、安全性を担う人材の乏しさが気になってくる。原子力規制庁が新設されるからといって、監視態勢が整うと考えるのは早計だろう。

 原発事故が提起した問題の根は深いとみるべきだ。



東京電力福島原子力発電所事故調査委員会第4回委員会報告 2月15日 

1)
原子力安全委員会の班目委員長自身が安全指針そのものに瑕疵があったことを認め、謝罪された。とくに昭和39年の原子炉立地審査指針という、時代に沿わない指針をもとに設置が許可されていること、今回の事故では、同指針に規定する「仮想事故」(「重大事故を越えるような技術的には起こることは考えられない事故」)よりも、はるかに多くの放射能が放出され、現状の発電所の安全性に大きな問題があることが明らかになった。また、(原子力発電所を)建てられない日本に、建てられるように基準を作っており、全面的にその改訂が必要であるとの認識も示された。
2)
それぞれの組織とも原子力の安全を担う使命を持っているものの、緊急時の備えが出来ていなかった。また、そこには事故はないであろうという前提で推進されてきた原子力の根本的な問題を含んでいると思う。それぞれの組織が住民あるいは国民の安全を守るという意識が欠如しているということも判明した。
3)
組織としての専門性のなさ、組織の長としての専門性のなさによる問題も浮き彫りにされた。独立性の高い、科学的根拠に基づいた勧告や提言の行える制度や組織の重要性が改めてクローズアップされたのではないだろうか。
今後、原発事故を引き起こした日本としては国際的な信頼に足る安全基準をつくる責
務があることの必要性も浮き彫りになった。

このあと記者会見ではメディアとの質疑に移りました。
いくつかの質問のうち、あるメディアは、「班目委員長が、SPEEDIは機能していない
ということを認めたが、当事者意識のない発言であり責任感がないとしかいいようがない。どう考えるか」という質問がありました。
これについて、黒川委員長は「SPEEDIそのものは、被災者向けに役立つためにつくったはずなのに、(ああいった発言があることは)理解できない」と述べました。
また、別のメディアは「きょうの参考人聴取で、班目委員長が、原発事故に関しては事業者(の東京電力)に責任がある、事業者の責任をもっと強めるべきだ、と述べたが、黒川委員長としては、原発の安全責任が国にあるのか、あるいは事業者にあると思うか」という質問に対して、黒川委員長は「原子力安全・保安院が(監督官庁として)原発の安全確保のためのルールやガイドラインをどうやって決めていたのか、と思う」と述べました。
また、国会事故調が黒川委員長名で、2月2日に、4月に政府が発足させる予定の原子力規制庁に関して、国会事故調が事故原因調査を踏まえて、行政組織の在り方も提言する予定でいるのに、その前に閣議決定するのは問題だ、と声明を出した問題が、メディアから取り上げられ「原子力規制庁そのものについて、別途、声明を出す考えがあるのか」という質問がありました。
これについて、黒川委員長は「国民の安全に関わる極めて大きな問題であり、また世界も注目している問題であるので、国民の代表である国会の場で十分にこの問題は議論してほしい。新たな原発規制機関は、透明性や専門性を高めるようにすることが大事だ。安全に対して厳しい規制を求める世界の情勢に対応できるのかという問題意識を持っている。規制機関は権限と同時に、責任をしっかり持つことが大事だ」と述べました。
また、別のメディアからは「事故当時、首相だった菅直人氏を、今回のように参考人聴取の形で、委員会に招致する考えはあるのか」という質問がありました。
これに対して、黒川委員長は「どういうタイミングで、どうやるか、まだ決めていない」と述べました。

最後に、国会事故調側から、次回の第5回委員会は、2月下旬に行う予定だ、との発表があり、記者会見を終えました。



2.15第4回国会東京電力福島原子力発電所事故調査委員会 3時間11分


(私のコメント)

福島第一原発の事故は、国会の事故調査委員会における二人の責任者たちの発言から分かるように、起こるべくして起きたのだろう。専門家であるはずの斑目委員長は、事故が起きた一週間は寝ていなくてないを言ったか覚えていないそうです。保安院の院長であった寺坂氏は事故直後からいるべき現場から離れてしまった。
 
これでは、福島原発事故の処理を何をどうしていくかわからなくなるのは当然だ。運転の当事者である東京電力の勝俣会長は中国にマスコミ要人を連れて旅行に行っていたし、清水社長は大阪に出張していた。これでは廃炉も覚悟した重要決定が出来るはずもなく、現場は上からの指示もなく右往左往してしまった。
 
大事故は24時間以内の措置によって大きく変わりますが、廃炉を覚悟して最初から海水を注入するしか他に方法はなかったのだろう。緊急冷却装置も弁が閉まってしまうことを誰も知らなかった。もし稼動していれば水素爆発は防げたのかもしれない。ベントなども手動で開ける操作はマニュアルもなく一号機は水素爆発を起こしてしまった。非常事態における操作訓練が出来ていなかったことがわかる。
 
原子力行政は、事故が絶対に起きないという前提ですべてが成り立っており、事故が起きた場合の対策を考えると原発を設置する場所の理解が得られなくなってしまうから、原発事故は絶対に起きないと言うことが一人歩きをしてしまった。事故の危険性を指摘するものは原子力行政から外されてしまった。
 
事故は起きないと言う前提条件がひっくり返ってしまったのだから、当事者が何も出来なくなる事は当然であり、専門家たちも適切な指示が出せなくなり、現場は何をどうしていいのか分からなくなってしまった。外部電源も自家発電機も破壊されるようなことはテロなどを考えれば十分あるにも拘らず対策が考えていないと言うのは、学者バカと無責任官僚のせいなのだろう。
 
現在ある原子力発電所も、送電線を破壊して自家発電機の配電盤を爆破してしまえば、使用済み燃料棒も含めて大爆発をする事が分かってしまった。最悪の場合は東京も3000万人が避難しなければならないような状況もありえた。原発本体は安全でも使用済み燃料棒が、あのような危険な場所に原発建屋のなかに保管されていると言うのは、どう考えても危険だ。
 
原子力発電所は、いったん大事故が起きれば半径数十キロが人が住めなくなるのだから、安全対策は十分に行われていなければならなかったのですが、地震や津波なども対策らしい対策が出来ていなかった。本体は大丈夫でも配管が30年も経てば劣化して全部交換しなければならなくなる。ビルやマンションなどの上下水の配管も30年経てば腐食して交換しなければならないのと同じだ。
 
結論的に言えば原発は30年経ったら廃炉にすべきであり、どのように原発を解体するかも想定した設計がなされるべきですが、現在でも解体するのにどれくらいの期間と費用がかかるのかも計算されていない。火力発電所なら数億円で1ヶ月で解体することが出来る。しかし原発を解体するには数兆円かかるかもしれない。
 
「株式日記」では原子力発電所は国営にせよと主張してきましたが、民間の電力会社では、斑目委員長が言っていたように一番低い安全基準でいいいように引きずられてしまう。電力会社は資金力で原子力保安院や原子力安全員会を骨抜きにしてしまう。その結果が福島第一原発の事故につながった。アメリカでは実質的には軍が管理しているし、フランスでは国が管理している。いったん大事故が起きれば電力会社では対処できないからだ。
 
電力会社には原子力の専門家がいるわけではなく、単なるオペレーターがいるだけだ。しかも弁の操作も出来ないようなオペレーターでは意味が無いのであり、現場における人材の質もかなり低下していたのだろう。私自身もビルの管理をしているわけですが、停電事故が起きても事故原因がどこにあるかを見つけなければなりませんが、電気の専門家でなければ分からない。
 
私のビルでも一階のテナントから停電で大元のブレーカーが落ちるのですが、水で掃除する時にコンセントに水をかけていたり、自動ドアの配線が擦れて漏電したりと、その度に私のところにクレームが来るが、私自身が電気工事士であり、すぐに原因が分かった。原子力発電所にはこのように専門家がいなければなりませんが、素人の集まりに近くて適切な手が打たれなかったことが大事故になったのだろう。
 
国の政治でも同じであり、素人同然の国会議員が大臣になっているから官僚に実権が移ってしまう。しかし官僚も専門家ではないから専門的なことが分からない。日銀もようやくインフレターゲット政策を受け入れたようですが、私は元銀行員であり、零細な不動産経営者だから、金融も経済の事も財務省のバカ官僚よりかは現場の事が分かる。そうでなければとっくに私の会社は倒産しているだろう。
 
 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (19)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 預金で10年国債を購入する... | トップ | 金融緩和は株式市場を1日上... »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
柏崎刈羽原発:外部電源確保、東電が評価書提出 原発鉄塔立地調査「地盤は安定」 /新潟 (Unknown)
2012-02-19 14:15:28
毎日新聞 2月19日(日)12時45分配信

 東京電力は17日、柏崎刈羽原発の外部電源確保について、送電用の鉄塔が立地している地盤が安定しているなどとした報告書を、経済産業省原子力安全・保安院に提出した。
 保安院は東日本大震災で福島第1原発の外部電源が遮断されたことを受け、外部電源確保に問題がないか、各事業所に調査を指示していた。東電は昨年5月、送電用の鉄塔自体の耐震性に問題はないことを報告。今回は鉄塔周辺の地盤などを調べた。
 調査対象は、同原発の送電ルートになっている県内外の鉄塔415基。鉄塔付近の盛り土の崩壊や地滑りの可能性などを調査し、いずれも安全性に問題はないとした。ただし、急傾斜地にあたる鉄塔2基については、予防安全策として基礎部分の補強工事を今年中にする予定。
 また東電は同日、保安院の指示を受け、今後発生する可能性のある地震動を想定した、同原発の開閉所の電気設備や変圧器の安全性の調査を、今月から12月までに実施し、報告するとした。【宮地佳那子】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120219-00000106-mailo-l15
Re 班目春樹 (Unknown)
2012-02-19 14:52:31
班目って???? 水木しげるの妖怪辞典に出てくる、障子に目が沢山ついた妖怪を思い浮かべた。
東大原子力工学科 (Unknown)
2012-02-19 15:46:50
アメリカの圧力で東大にあった原子力工学科が潰されて、鉱山学科と併合されたという話は本当ですか?
もし、そうなら原子力工学科の無い日本では今後、原子力発電所で事故があっても専門職がいないことになります。
アメリカは日本人が原爆を作れるスペシャリストを無くす為に裏工作して東大に原子力の学者をなくしたようです。
本当にアメリカという国は心底、最低な国家ですね。
東電人材流出やまず 韓国が引き抜き攻勢 (Unknown)
2012-02-19 16:33:55
■【経済が告げる】編集委員・田村秀男 日本再生に「100兆円基金」
産経新聞 2012.2.18 03:13
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120218/fnc12021803130001-n1.htm
■<原発技術者>東電人材流出やまず 韓国が引き抜き攻勢 【脱原発は韓国の国策?】
http://ameblo.jp/nippon-no-hokori/entry-11168182186.html
議事録が無いのは (Unknown)
2012-02-19 16:34:44

関東一円を放射能汚染させるテロがバレるから!
表に出せない情報があるからに決まってます。

デタラメマダラメ
大前研一>橋下おおまえ血の結束 (Unknown)
2012-02-19 17:19:29
http://www.youtube.com/watch?v=9ZNpWCNcvjc&feature=related
運転の当事者の関心は。 (Unknown)
2012-02-19 21:07:53
>運転の当事者である東京電力の勝俣会長は中国にマスコミ要人を連れて旅行に行っていたし、清水社長は大阪に出張していた。

東京電力はメーカーでないから、原発の売込みで中国に行ったわけではないな。
マスコミ要人を連れて? これは接待だろう。

接待ならカネとオンナだが、オンナは中国で現地調達かよ。
経費はすべて高額の電気料金で賄うから、大盤振る舞いだったろう。
Unknown (Unknown)
2012-02-19 22:16:00
今も昔も、試験の成績だけで持ち回り式でポストを与えるからこんな馬鹿げた発言が、責任ある立場の長から出てくるのだ。
旧軍も適正を考慮せずに、年功で指揮官を割り振ったから愚かな戦いを繰り返して、敗戦そして彼らが寄っていた大樹は、切り倒されてしまった。

無責任発言の斑目委員長は、民主党政権が任命した人物、類ともの典型例でしょう。

また、多くが犠牲になった公害の発生、度重なる薬害事件など、行政や当該企業の無責任さ楽観的な対処で被害が広範に広がりました。

非平常時に的確な対応が出来ない事が、日本の抱える弱点、欠陥なんでしょうね。

ところで、新幹線は開業以来、大事故を起こしていませんね。
日本人が、設計運営しているのに、これは珍しいことです。
なぜなのか、新幹線の安全を支えているものを
解き明かせば、出鱈目な行政等が改善されるかもしれませんね。
ベントに失敗していれば、核ミサイルによる原子炉破壊もあり得た (Unknown)
2012-02-19 23:20:16
 311以降、東京ではしばらく「計画停電」ということで、一日の数時間が地域輪番で停電状態となった。分かってはいても信号機が停電すれば交通事故は多発、ビルが停電すればビルの地下の商店街も闇に包まれ、1ヶ月ほどの間に閉店に追い込まれた業種もあった。工場も数時間の停電とはいえ、仕事にならず一日休みにせざるを得ない状況で、「このままではとても持たない」と覚悟を決めた経営者も多かったのではないかと思う。

 それほど電気というのはわれわれの生活に無くてはならないものとなっており、文明そのものが深く電気エネルギーの恩恵を受けて成り立っていることを痛感させられたのではないかと思う。しかし、こうした痛切な常識が原発関係者自身が「安全神話」によって国民と共有できていなかったことは恐るべきことだったと言った方がいいかも知れない。全く役立たずであった保安院の寺坂信昭前院長と原子力安全委員会の班目春樹委員長の名は、国民の一人一人が堅く記憶しておくべきだろう。

 福島原発事故が「安全神話」の下、全くと言ってよいほど安全対策が施されていなかったことについては、予備電源装置が津波に飲まれるような低位置にしか設置されていなかったこと。あるいは、非常電源を二系統から引くといった基本的な安全対策が施されていなかったことだけで十分ではないかと思う。電気エネルギーに依存した文明下にあるのはわれわれの生活も原発も変わりないはずなのに、である。

 あのままもし、ベント作業に失敗して制御を失った制御棒の核分裂反応を抑えきれず原子炉内が空焚き状態になれば、最悪の場合は圧力釜が吹き飛ぶように原子炉自体が大爆発する危険があった。そうなれば、爆心地から半径約1000キロにまで放射能の灰を降らす恐れすらあった。後に菅総理が、「3千5百万人の避難も考えた」と述懐していたのは、おそらくその事態を差してのことだろう。まさに、僥倖であったのかも知れない。

 原子炉そのものが大爆発を起こしかねないという究極の「最悪の事態」に対処すべくアメリカ軍と自衛隊は当然、事前に話し合いがもたれていたはずである。核物質の連鎖反応が止まらず原子炉が圧力に耐えかねて破滅的な大爆発を起こすよりも、核ミサイルを原子炉に打ち込んで原子炉を破壊した方が被害の程度は比較的限定できる。おそらく、そういう判断の下に原発への核攻撃も準備されていたのではないか。

 もし、核ミサイルに福島原発が晒されていたら、ネバダの核実験場のように福島全域が立ち入り禁止地帯となっていたはずである。想像するだけで心凍り付く思いである。だからこそ、保安院、原子力安全委員会、そして東電など原発に携わった全ての関係者が深く懺悔すべきだろう。「安全神話」によって現代文明を危機に陥れたことは、文明に対する罪である。人類に対する冒涜である。いまだ多くの同胞が風評被害を含む放射能被害に苦しんでいる中、物心両面での被災者支援が待ち望まれるところだ。
話題ズレで申し訳ありませんが・・・ (普通の日本人 保守)
2012-02-20 00:12:06
 天皇陛下の手術が無事に終わり、ほっとしましたね。皇太子・雅子妃について、下記のような話もあるので、100歳まで生きて頂きたいです。

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/296355578f2c89e1ffb3067d497fb93f?

(前略)
天皇陛下のご入院に際し、宮中内の神事を放擲した皇太子殿下が代理を務められる。皇室崩壊の第一歩が始まったようです。もはや遠慮はしません。日本自体が滅びに向かって駆け足で向かっている今、 ▮人権擁護法案▮ と ▮ネット規制法▮ で言論の自由すら風前の灯火。書くべきことは書いておきましょう。

雅子妃は単に無能で役立たずの后ではない。日本を毀損する存在です。皇太子はその囲いに取り込まれてしまいました。その背後に奇妙に見え隠れする創価学会の影。

▮創価学会が韓国朝鮮を「母国」として日本に永遠に謝罪を求め続ける▮ 反日カルトであることは、過去に何度か資料を提示しつつ、検証して来ました。池田大作が極めて「何か」であることも含めて。韓国を「愛の国優しさの国」と称え、日本を残虐非道の国と断じて、韓国に永遠なる謝罪を誓う碑を建てています。

ttp://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/b4f60d511db35b7af55fad007beba6db

ttp://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/e492d6803bb6bdc5dbe70077b674cefd

ttp://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/a9818b3bdf8098160cad5c69c67eb268

ttp://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/7b982aeaf946c8ae5eea26d60ad50789

創価学会が反日カルトであることは間違いありませんが、その創価学会員が天皇陛下の手術室に医師として入ります。(以下の記事は『週刊新潮』2・23から引用しつつ、べべこの文章です)

メインは順天堂大学のチームで、冠動脈バイパスオペの権威、天野篤教授でこれは問題なし。

問題は順天堂大学とタッグを組む、東大病院チームのトップ、小野稔教授(50)で、この人が古くからの熱心な創価学会信者。

『聖教新聞』2010年12・19に「歩め人間の道・・・」と題した紹介記事あり。創価学会内での肩書きが『赤坂支部、副支部長、総区ドクター部長』

東大医学部在学中には「使命の道を歩む指導者であれ」と池田大作に直接声をかけられたほどの「逸材」です。

問題なのは、この記事内のこの一節。

「小野さんは手術の前日には、特に集中してご本尊に向かう。唱題しながら、頭の中で執刀のシミュレーションをするのだ」

ご本人の弁としては、
「祈りとは勝利へのイメージトレーニングと言えるかもしれません。(中略)池田先生の指針のおかげなんです」

肩書き「総区部長」は幹部に当たるとか。創価学会幹部が、ご本尊と池田大作に南無妙法蓮華経と唱えながら、天皇陛下の執刀に立ち会うわけです。

他の宗教なら、なんでも構わない。しかし創価学会は、池田教であり朝鮮教です。そもそも天皇陛下は「敵」です。

朝鮮教にとって天皇は天敵であるはず、それがなぜ、学会の三色(旗)で祝われたのか? 創価学会は「真言亡国 禅天魔」というごとく、もともと他宗教は仏壇を叩き壊すほどの排他的教団です。それがなにゆえ神道の大元締めのごとき皇室へ嫁がれる雅子妃を、わざわざ三色の看板で寿ぐのでしょうか? 何を期待しているのでしょう。

いずれにしても、このたびのことが、創価学会の大宣伝となることは目に見えています。手術が成功すれば、ご本尊のおかげ、ひいては池田先生のおかげとして折伏にも大いに利用されることは間違いありません。(これは真偽の程を確かめられず記事にはしたことがありませんが、 ▮折伏▮ の材料として皇太子ご夫妻のお名前を上げ「(信心を)始められたのよ」という言葉が使われているというレポートがあります)

●この、 ▮折伏▮ という言葉、創価学会に入信することを意味するようだが、どうにも気に入らない。
 人を、「折れさせて」「伏せさせる」のである。なんとも傲慢きわまりない語感ではないか? そして、当然ながら、言葉というものは非常に重要なのである。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

中国資本主義とアジア経済の崩壊 (自由進歩マガジン『青旗』! 『Art&Blue-Liberalism』のBlog)
最近、中国のGDPが世界二位になった。そして数年後にはアメリカ合衆国を追い抜かして一位になるとのことだ。 正に、ソ連共産主義が永遠に生きながらえ最終的に核戦争で人類が滅びるという幻想(だが当時はそう信じられてきた)に相似すると思うのは小生だけではあるまい....
アインシュタインとニッポン (格闘する21世紀アポリア)
 大正ロマン華やかしき頃、日本に関心を抱き、そして日本を愛した一人の物理学者がいた。「特殊相対性理論」「一般相対性理論」と言えばすぐお分かりになると思う。その物理学者とはアルバート・アインシュタインである。  1922年(大正11年)彼は日本の出版社「....
次期無人機MQ-X計画は中止 (東京の郊外より・・・)
15日、米空軍参謀本部の情報ISR部長ジェームズ中将は講演で、当面の間、次期無人機「MQ-X」へ投資する計画はないと述べました。また、U-2偵察機を今後40年使う可能性についても言及・・