株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

日本が米国の意向を汲んで真っ先に対中経済制裁を解くことで、国際社会世論の流れを変えた

2017年06月13日 | 外交

米国内では、反中世論が盛り上がったが、日本が米国の意向を汲んで真っ先
に対中経済制裁を解くことで、国際社会世論の流れを変えることになった。


2017年6月13日 火曜日

中国の民主化、困難な理由と実現の可能性を問う 民主化運動の楊建利氏「日本よ、アジアの民主共同体の盟主に」 4月5日 福島香織

まず中国の喫緊の民主化運動が挫折した歴史、1989年の天安門事件当時を振り返ろう。この虐殺事件は中国人大衆と共産党政府の双方に深いトラウマを残した。民衆は政治について議論することに恐怖を覚えるようになった。共産党政府は、人民が本音のところで自分たち共産党の統治を否定していることに気づいてしまった。人民と政府、双方が人権や民主化の問題を口にしないようになった。一方、国際社会においては、旧ソ連が解体され、このことは共産党の危機感を呼び覚ました。中国は人道無視の残酷な国家として国際社会で孤立した。共産党政府はこの危機をどう打開するべきかわからず、狼狽した。

救いの手をのべたのは、実は米国だった。ブッシュ政権は天安門事件発生後3週間たたないうちに、特使を派遣、外交上の立場としては中国を非難するものの、米中関係は維持していく方針を伝え、鄧小平は安堵した。米国内では、反中世論が盛り上がったが、日本が米国の意向を汲んで真っ先に対中経済制裁を解くことで、国際社会世論の流れを変えることになった。

 この日本の対中経済制裁解除の代わりに、中国民主化運動リーダーの物理学者・方励之の米国への出国を中国が認めた裏取引については、方励之自身も知らず、彼は死ぬまで日本の態度を非難していたが、これは米国世論をなだめながら中国との関係回復を模索していた米国の頼みを断りきれずに、日本が泥をかぶったかっこうだった。この件については、産経新聞が当時大使だったジェームズ・リリーと橋本恕に生前インタビューし、裏をとっている。

 日本が国際社会の対中包囲網に穴をあけることになるが、やがて欧米も立場を変え、中国に対する投資を競うようになった。欧米諸国の建前は、いわゆる中産階級理論、つまり中国が豊かになれば中産階級が生まれ、彼らは自然と民主、自由を求めるようになり、中国の民主化が進むであろう、という主張だった。

 だが実際はこの通りにはならなかった。むしろ、習近平政権になってから、ますます民主化は遠のき、毛沢東時代に先祖返りを見せている。

なぜ中産階級理論は破たんしたか

 楊建利は「なぜ中産階級理論は破たんしたか?」と、考える。

 まず鄧小平の南巡講話以降、中国共産党中央は落ち着きを取り戻し、冷静に現実を見極めることができた。そして一つの結論にたどり着く。人々への共産党への忠誠は、イデオロギーは関係ない。むしろ経済、金による。そこで、党員に金儲けをさせ、腐敗させ、そのうまみを与え弱みとして党への忠誠を約束させる方法をとる。腐敗を統治の手段とし、全面的な腐敗を認めたのだった。

 さらに党員に資本家を招き入れ、“有限会社共産党”化することで、経済成長を推進していく。一方、人民の人権水準は依然低いままにしておき、人民を安価な労働力として使い倒す。この安価な労働力にひかれて、外交資本が中国に殺到し、奇跡的な経済成長を実現させた。

 共産党の政治エリート、資本家ら経済エリート、そして政治・経済エリートが協力して掌握するメディアによる洗脳教育で知的エリート、文化エリートも有限会社共産党の一員となる。プロレタリアートのための共産党は、完全にエリートたちの金儲け機関に変化してしまった。エリートになれば、共産党の利益にあずかれる、というシステムを作り上げれば、エリート=中産階級は共産党に刃向かわなくなる。党の主導によって実現した経済発展で生まれた中産階級エリートは、党に忠誠を誓い、中産階級が民主化を求めるという欧米式の中産階級理論は破たんした、という。

 だが、利益と腐敗で結びついた党中央が絶対的安定を築いたかというと、そうではなかった。楊建利はこの結果、中国が二つに分断された、という。つまり、有限会社共産党の利益に属するエリート。そして、10億人以上の、党の利益にあずからない、何の力もない、庶民の中国。国際社会が中国に持つイメージは有限会社共産党だが、それはメディアコントロールの影響であり、現実は10億人以上のエリート以外の人民の国だ。

分断とウィルスと反腐敗と

 一方、国際社会、特に欧米社会の状況を振り返ると、中国の貿易を通じての経済力によるコントロールを受けたことで、“中国ウィルス”にも感染してしまった。楊建利は言う。

 「米国では、ある作家が、ウイグル族の本を出版するとなると、編集者はわざわざ中国大使館に電話して、これは政治的目的の本ではありません、文化を紹介する本です、と事前に告知するんです。出版の自由がある米国で、なぜ、編集者はわざわざ中国大使館の許可をとらなければならないのでしょう。米国メディアは時の政権を批判したりからかうネタは放送できるが、中国政府をネタに扱うときは慎重になる。ハリウッドも中国映画市場を考えると中国批判はできない。中国政府は米国に文句をつけることができるが、米国は中国の嫌がることはできません

 中国ウィルスに感染すると、公然と中国を批判できないのである。(後略)



(私のコメント)

アメリカと中国の関係は、日本から見れば不可解なものですが、表向きは敵対しつつ裏では手を組むといった複雑な関係のようだ。アメリカから見れば中国は新たなる新天地であり、本土の中西部開拓が終われば太平洋に突き当たりましたが、太平洋の対岸には中国があった。

おそらく大英帝国がインドを植民地として繁栄したように、アメリカは中国を利用して経済的繁栄を永続させようと考えているのだろう。大英帝国も中国にアヘンを売り込んで儲けましたが、アメリカは中国の低賃金を利用して経済的利益を得ている。アメリカ経済界が中国に投資した金額は膨大であり、中国からは工業製品が大量にアメリカに輸出された。

日本も同じようなもので、日本には中国製品が溢れかえるようになった。このように利益を得ているのは日米のグローバル企業であり国民ではない。むしろ日米の国民は製造業を中国に奪われて職を失ってしまった。このように米中双方とも経済が好調な時は利害が一致して外交的にも融和ムードだったが、リーマンショック以降は米中関係も変調をきたしている。

アメリカには、中国が豊かになれば民主化されるといったオメデタイ予想がなされましたが、中国の独裁体制はますます強化されてきている。商売的にも当初はアメリカの言うことはよく聞いてくれたが、経済大国、軍事大国になるにつれてアメリカに対する対抗意識が高まり、アメリカの言う事を聞かなくなった。

1989年の天安門事件で、中国への経済制裁が行われましたが、どういうわけか日本がまっさきに経済制裁を解除したのは不可解な出来事でしたが、その裏ではパパブッシュ大統領からの指示で日本が真っ先に経済制裁解除に動いたようだ。日本政府の不可解な行動の背景には常にアメリカからの指図がある。

アメリカは中国の内政外交には寛容であり、オバマ大統領も中国が何をしようが、南シナ海の岩礁を埋め立てて軍事基地を作ろうが黙認してきた。アメリカと中国の特殊な関係を伺わせるものですが、中国の人権問題に対してもアメリカ政府は寛容だ。中国国内でCIA要員が大量に捕まって暗殺されてもアメリカ政府は対抗策を取ろうとはしない。

当初は中国に対して強硬な態度をとってきたトランプ大統領でさえ、最近では中国を最恵国待遇で扱うような状況だ。福島香織氏が言うように欧米は「中国ウイルス」に感染してしまうと中国の言いなりになってしまう。「中国ウイルス」とは賄賂やハニトラや利権で感染してしまう病気ですが、中国大陸に行くと日本の政治家や企業幹部も感染してしまう。

自由と民主主義を旗印にするアメリカですが、中国に対しては寛容であり独裁と人権弾圧し放題でもアメリカ政府は何も言わない。それに対して中東や北アフリカの独裁政権や人権問題ではアメリカは非常に熱心な干渉を行い、イラクに対しては戦争を仕掛けて民主化させてサダム・フセインを逮捕して裁判で死刑にしている。まさにダブルスタンダード外交であり、アメリカの外交はわけがわからない。

1989年の天安門事件は、中国の自由と民主化要求の強さを物語るものですが、アメリカ政府はこのような人権活動家の亡命は認めても、中国政府に自由化や民主化は求めない。なぜかと言いえば「中国ウイルス」に感染してしまっているからだ。チベットやウイグルで大虐殺や人権弾圧が行われてもアメリカ政府は見て見ぬふりをする。

トランプ大統領で対中国政策も変わると当初は見られましたが見事に腰砕けに終わった。アメリカに亡命した中国の人権活動家もアメリカ政府に失望し期待はしていないようだ。日本人は昔から中国と付き合ってきたから「中国ウイルス」にも耐性ができており、中国の体制変換を起こさせることができるのは日本だろう。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (31)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 特区廃止法案を出すのが事実... | トップ | ゆっくりでもいいから、上り... »
最近の画像もっと見る

31 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-06-13 13:09:07
>まさにダブルスタンダード外交であり、アメリカの外交はわけがわからない。

いや、わかりやすい。
一貫して強欲のままに行動してる。
Unknown (Unknown)
2017-06-13 13:19:15
>日本人は昔から中国と付き合ってきたから「中国ウイルス」にも耐性ができており、中国の体制変換を起こさせることができるのは日本だろう。

田中角栄から始まって、二階俊博まで、自民党は耐性もなく売国に熱心だ。
日本の体制変換の方が先決だろう。
盗京レイプ都市の愚劣政府の愚劣政治の末路 (名無しの見届けニャン)
2017-06-13 14:43:37
盗京レイプ都市の行う政治の、そのお粗末さたるは、北京政府以下、隣国南朝鮮、いや、それすらにも及ばぬ北朝鮮如きと評すべきであろう。
不都合はひた隠し押し隠し、常にどこかへ責任を擦り付ける。
盗京レイプ都市はそんな特性を持つ故に、南北朝鮮と等しい小中華思想地域であると、小生は普段より書いて居る。

総理の太鼓持ちによるレイプ事件を政権の権力を通じ揉み消し謀った事は既に明確であり、そんな事をするのは、まさに権力の横暴。北朝鮮に等しい。南朝鮮は民主主義的な機能を全うに発揮して大統領を罷免したが、
盗京レイプ都市の腐敗政治は未だ、腐敗政権を罷免する事も出来無いところは、
盗京レイプ都市で行われる民主主義政治と言う物が、どれだけ偽りで中身の無い物であるか、如実に示してるではないか。

盗京レイプworstの実績をひた隠し押し隠そうとする、
盗京レイプ都市圏の不都合なレイプ事件やその他事件については、

http://128903.peta2.jp/?guid=ON

を参照あれ。
日本に取って一番の障害は (noname)
2017-06-13 15:26:15
日本に取って一番の障害はアメリカって言ってますよね。

アメリカにとってのの優先順位は100年前から

中国(のある場所およびそこに住んでいる人という表現の方が良いかも)>>>> 越えられない壁 >>>> 日本

と一貫しています。
>アメリカの外交はわけがわからない。 (う~ん、、、)
2017-06-13 15:53:50
戦後中国共産党を裏で秘密裏に操ってきたのが、

第二次大戦、当時のアメリカ陸軍諜報部員であった

キッシンジャーであったからだし、、、

今現在のトランプのシャドウキャビネットとして、

その奥ノ院に今尚、、、

厳然と鎮座しているVery Inportant Personが、、

他ならぬ、 Henry Alfred Kissinger

= H.A.キッシンジャーのユダヤ系ドイツ人

だからだよ。。。

謂うならば、毛沢東に援助して戦後中国共産党の礎を築いたのが、彼自身に他ならないのさ、、、

キッシンジャーにとって、中国共産党は、自己の分身=我が子も同然な訳だよ。。。

米中関係は、昔から蜜月関係にあることは、対ロシア政策的に於いて鑑みても、アメリカの重要な同盟国という訳です。。。ロシアと中国は仲が悪い、というか陸続きで仲の良い国は存在しないけどね。。

奴らの頭の中身は、島国根性丸出しの猿山の猿ぐらいの程度の脳ミソしか持ち得ていないネトウヨには、到底理解不能だろうがね。。。

キッシンジャーが生きてる限り、米国の対中国戦略は、おおむね変わりそうにないということになる。。。

でもまぁ~~~、しかし、先進国の借金漬けでどんどん新興市場を開拓してゆく金融グローバリズムも、そろそろ手詰まり感が拭えなくなって来てるようやね。。。

日銀は、出口を永遠に見失うことになりそうな感じがするが、、、

まぁ、日本なんて国は、大昔から、かぶれ易きことこの上なき、一億総洗脳集団催眠の小さな島の住人に過ぎないから、いつも、行き当たりバッタリを繰り返す哀れな民とも云うことも可なり、といった感じだけどね。。。

日本のマスコミは、中国共産党以下の洗脳屋に過ぎんよ。。。

将しく、「井の中の蛙、大海を知らず」といった処

未だに、明治維新にあやかって命名された政党なんかが幅訊かすようじゃぁ~~、、、

明治以降の教育が、明治維新の真実も教えてこなかったことの明らかな洗脳教育であったことの証しであり、、、

今現在に於いて、第二の戦後GHQ草案とも言得る憲法改正を行おうとしている政治的様態も、単なるアメリカからの圧力に他ならないということを深く当事者は、理解し反省すべきである。。。

共謀罪?、こんなの平成の治安維持法に他ならん。

アメリカ並みの監視国家=日本の為政者を操るアメリカ合衆国のための日本人監視システムということに過ぎない。。。

今のアメリカは、NSCを中心とするCIA,FBIが全自国民を盗聴できる超監視社会=極左共産となんら変わりがないということを、もっと深く理解すべきだろう。。。

久々の投稿でした。。。

敬具
財務省が日本人の夢を略奪した!米国を抜くほどの成長をしていたのに何故だ!?元凶は財務省が作り上げた嘘にあった…38news.jp    (Unknown)
2017-06-13 17:06:55
「日本が国債破綻しない24の理由」著者/三橋貴明(48)

第 1 章
国の借金問題、本当は全て嘘
◦財務省が言う「国の借金」を一から考える
◦借金大国どころか、世界最大のお金持ち国家である
◦「国民1人当たり817万円の借金」を広める財務省の記者クラブ
◦どのようにして日本国民が「政府にお金を貸している」のか
◦銀行はなぜ、本業を顧みず、国債を買うのか
◦日本国民は債務者ではない、「債権者」である
◦日銀が国債を買い取れば、政府の借金は実質的に「棒引き」となってしまう
◦日銀が国債を買い取るのは、邪道でも何でもない
http://www.38news.jp/sp/38DEBT/ydn.php?ts=ydn_txt_t
Unknown (Unknown)
2017-06-13 17:09:17
トランプ氏を利益相反で提訴へ=「違憲」と首都の司法長官ら―米紙

トランプ大統領が就任前に手掛けていた不動産などの事業を通じて、就任後も外国政府から利益を受けているのは憲法違反だとして、首都ワシントンと隣接するメリーランド州政府の両司法長官が12日に提訴すると報じた。(時事通信)
Unknown (AFP=時事)
2017-06-13 18:33:36
政権礼賛相次ぐ 異様な米閣議

トランプ氏を褒める会? 初めて全員参加の閣議、政権礼賛相次ぐ

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は12日、ホワイトハウス(White House)で初めて全閣僚が参加した閣議を開いた。閣僚らは、普段メディアなどから厳しい批判を浴びているトランプ氏を示し合わせたように称賛。(AFP=時事)
独ミュンヘンの地下鉄駅で銃撃戦 (Unknown)
2017-06-13 19:24:37
ドイツ南部の銃撃、女性警官が頭撃たれ重体 容疑者拘束、テロは否定
http://www.sankei.com/world/news/170613/wor1706130029-n1.html
Unknown (Unknown)
2017-06-13 19:25:46
AP通信によると、銃撃は同日朝、地下鉄のウンターフェーリンク駅で発生。乗客同士の口論から通報を受け、警察が駆けつけたところ、女性警官の拳銃を容疑者が奪い、警官の頭部を銃撃した。

 容疑者も撃たれ、重傷を負った。
Unknown (Unknown)
2017-06-13 19:59:15
日本人は昔から中国と付き合ってきたから「中国ウイルス」にも耐性ができており、中国の体制変換を起こさせることができるのは日本だろう。

中華の尊大さは、歴史を通して不変。
東の島国日本など、歯牙にもかけないでしょう。
【本当にヤバイ!イギリスの移民問題】ロンドン在住の日本人が語る、地上波では流されないイギリスの知られざる現状 (Unknown)
2017-06-13 21:41:32
https://www.youtube.com/watch?v=OP8WQKLdYXQ
中国が抱える深刻な食料問題 —— 唯一の解決策は牛肉の消費削減か (Unknown)
2017-06-13 21:44:07
中国は世界の豚肉供給量の50%を消費している。

「中国では急速に工業化が進み、驚くべき速さで農地を食い潰している。中国にはもうほとんど農地はない」と。http://www.msn.com/ja-jp/news/world
「中国が一家庭に一台の車をもてば地球がもたない」 外交文書でトウ小平 ・・・1979(昭和54)年訪中。大平正芳首相に談 (Unknown)
2017-06-13 21:51:46
石平「日本国は2676年目、韓国68年、中国67年、歴代王朝は全て一族の私利私欲のためにあるから易姓革命の繰り返し。大中華小中華の哀れな運命」
http://jpsoku.blog.jp/archives/1051935810.html
決定的なのは、当時国際都市であった上海で日本人の居留区を5万人の兵力で包囲して日本人を殲滅しようとした中国軍。日本軍は4千人。中国軍の一斉攻撃が起きた第二次上海事変。攻撃を仕掛けたのは兵力の差からあきらか! (参照)
2017-06-13 21:57:46
米国の中国重視 (大福恵比寿)
2016-03-08

正しい歴史をなぞるべきである。

戦前、日本は中国を侵略しそれを助けるために米国は中国に援助をした。果たしてそれは正しいのか?

盧溝橋事変を仕掛けたのは誰かはわからない、としよう。実は中国共産党の劉少奇だという説もある。それでも日本の方針は戦火不拡大。さらに船津和平工作と決して戦争拡大を望んではいなかった。

にもかかわらず挑発に次ぐ挑発、通州事件まで起こしたのは中国側であった。さらに決定的なのは、当時国際都市であった上海で日本人の居留区を5万人もの兵力で包囲して、日本人を殲滅しようとした中国軍。それを守る日本軍はわずかに4千人しかいなかった。そこへ中国軍の一斉攻撃が起きた第二次上海事変。どちらが攻撃を仕掛けたかはその兵力の差からあきらかだろう。 

第二次上海事変が起きて日本政府は居留民や圧倒的に少ない兵士らを守るために軍を中国に送る。それを侵略と言われては立つ瀬がない。これが歴史の真実だ。その後も日本はドイツのトラウトマンを通じて和平工作をしてるが中国側は和平する気がない。

さて米国だが、ルーズベルトは母方の祖父がアヘンで中国と縁があり子供の頃に中国への思い入れがあったから最初から中国よりの感情があった。

ルーズベルトによれば悪いのは日本なのだ。だから真珠湾攻撃よりもずっと前に彼は義勇軍いうカモフラージュを使って米国軍人を対日本戦に参戦させている。かの有名なフライングタイガースとは米国が真珠湾以前に日本に対して戦争を仕掛けた実態である。

米国人にとって日本と中国とをみれば、日本は欧米以上の速度で近代化した自分たちを脅かす国だが、中国は近代化も自分たちで出来ない国で、また日本はキリスト教の布教ままならないが、中国は布教しやすい国だったから思い入れがしやすいという事だった。
日本人が欧米人に匹敵あるいはそれ以上の能力を発揮する事が欧米支配層には我慢ならなかったんだろう。
Unknown (Unknown)
2017-06-13 22:02:45
日本と中国の戦争をさせよ。

ジョセフ・ナイ著「対日超党派報告書」。・ 2009 年 1 月  (米国、戦後レジーム真の日本の敵)
2015-09-25

>またもプーチン、安倍会談に横槍を入れて来た米

6、この戦略の前提として、日本の自衛隊が自由に海外で「軍事活動」が出来るような状況を形成しておく事が必要である。

以上、米国は日本海の「パレスチナ化」計画を策定しており、米国は日本を使い捨てにする計画である。この計画の下に自衛隊の海外活動が「自由化」され始めている。上記の米国エネルギー産業とは、もちろんロックフェラー=ロスチャイルドの事を指している。

このロックフェラー=ロスチャイルドの利権のために日本軍と中国軍に「殺し合いを行わせる」、これが米国政権中枢の戦略文書に書かれている。
http://alternativereport1.seesaa.net/article/111841481.html

>米国と日本の国益が一致することなど有り得ない!。

シナが尖閣諸島を盗りに来ているが、尖閣諸島が日本領だと確定する事が一番嫌なのは、米国です。
・尖閣諸島の「竹島化」を狙っているのはシナではなく、米国です。
・そもそも日韓の間に竹島問題を作ったのは、米国です。
・日ソ間に北方領土問題を作ったのも、米国です。
・日本を最も自主独立させたくないのは、米国です。
・日米同盟と云う偽装同盟の最大の受益者は日本ではなく、米国です。
・米国が日本を失えば、インドを失った英国よりも悲惨。

>私は警察庁や防衛庁に勤めていた時代に、外国の情報機関から満足に情報が入らず、相手に「何故くれない」と聞くと、「日本に話せば2~3日後に新聞に出てしまう」と言われたことがしばしばあった。役人や政治家がマスコミにしゃべってしまうのだ。 ← 佐々淳行(初代内閣安全保障室長)
     ↓          ↓
 米国に話せば2~3日後に特亜3族に筒抜けにされ、日本の作戦が全部裏目に出てしまう
Unknown (Unknown)
2017-06-13 22:27:14
アメリカでの日本人いじめ (通りすがり)2014-05-23

中国・韓国人、米国で大繁殖!
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/d96625e723a155124aa0fa4e84d35dde?st=0#comment-form
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5457.html
>ロサンゼルス郡の反日特亜3族の実態!
・中国人--40万!
・朝鮮族--22万!
・日本人--10.3万人

(動画)青山繁晴「反日工作からくるアメリカでの日本人いじめの実態」
https://www.youtube.com/watch?v=Hw0Wc6xzVeg

・カリフォルニア州で3人目の韓国人市長誕生、
・ニューヨークで、韓国人市議のピーター・クー、ニューヨーク地域の道路に慰安婦の名前を付けると発表

・ニューヨーク市長選で、中国人が立候補したが落選。
http://hosyusokuhou.jp/archives/34977168.html
>中国人に加担している組織。

>出所は全て、「国際研修協力機構(JITCO)=ジツコ」です。このジツコ公益財団法人となっていますが「うさんくさく」ないですか?

まず現在の「外国人研修生政策」が、外国人とは名ばかりの「中国人労働者斡旋所」です。

なんと、外国人の72%が中国人!現在、中国人研修生は3万8808人が日本にいる、これを「2倍」にするのが今度の政府方針。ということは「7万7000人以上の中国人」が日本で働くことに。これ、日本国内にはすでに67万人の中国籍中国人がおり、さらに12万3000人は日本にすでに帰化しているんですよ。 あわせると、87万人もの中国人が日本国内に居住することになります。これ、中国共産党が「アイヤー!」と号令をかければ、喜んで日本人殺す偽装中国兵だということを忘れているのか?もう、お人よしというよりアホ!

 【国籍別外国人研修生】
中国・・・・・・・3万8808人  全体の72%が中国人!!
ベトナム・・・・・・6488人
フィリピン・・・・・ 3413人
インドネシア・・・3326人
タイ・・・・・・・・・・1072人
その他・・・・・・・・・664人
総数・・・・・・・5万3771人

>2016/09/07
中国人は2000年以降増大の一途で、2020年に100万人を突破する。
世界支配層の間で「中国の取り扱い」をきちんと調整して欲しいですねぇ… (ponpon)
2017-06-13 22:29:31
> トランプ大統領でさえ、最近では中国を最恵国待遇で扱う

トランプ大統領のWikiを見ると、「現在も中華人民共和国の銀行やゴールドマン・サックス、ドイツ銀行などから多額の借金を抱えている」と書かれていますが…。

> 人々への共産党への忠誠は、イデオロギーは関係ない。むしろ経済、金による

まぁ、昔から日本でも「カネの切れ目は縁の切れ目」と言われますし…。天下り官僚が色んな企業を渡り歩いて退職金を多重取りしたり…。

> 中産階級が民主化を求めるという欧米式の中産階級理論

欧米白人は「社会性」の強いDNAを持つ生き物ですから、「共生」「共助」「共有」の意識が高いですからねぇ…。スイスのストリートビューを見るとよく分かりますが…。スイス各地の様子を見てみると、塀やフェンスなどをほとんど見かけない…。要するに、彼らは「共生」「共助」「共有」の意識が高いので、自分と他者との境界に“壁”を設置する必要が無く、“お互いに迷惑を掛けないことが当たり前”の社会になっている…。アジア人(特に中華系)は、玄関門扉や窓にまで鉄格子を取り付けて、自分と他人との境界を“壁”で厳密に仕切っていますが…。

> 現実は10億人以上のエリート以外の人民の国

まぁ、日本でも大多数が一般庶民ですからねぇ…。外人が日本のストリートビューを見ればよく分かることでしょう…。新興国の中産階級よりも狭くてボロい家に住んでいる日本人の多いこと多いこと…。

> 日本には中国製品が溢れかえるようになった

日本がバブルの頃は「NIES」「NICS」製品が幅を利かせ始めていましたが(←韓国製、香港製、台湾製など)、「中国製」が増え始めたのはその後でしたよねぇ…。バブルの頃は日本の大手鉄道模型メーカーの製品にも「香港製」が混じっていましたし…。

> 利益を得ているのは日米のグローバル企業
> 日米の国民は製造業を中国に奪われて職を失って

仕事が無くなった(減った)ので、東京周辺や名古屋周辺に集まったとさ…。

■1985年国勢調査人口(確定値)→2015年国勢調査人口(確定値)
------------------------------
北海道 567万9439人→538万1733人 -29万7706人(▲-5.2%)
青森県 152万4448人→130万8265人 -21万6183人(▲-14.2%)
岩手県 143万3611人→127万9594人 -15万4017人(▲-10.7%)
宮城県 217万6295人→233万3899人 +15万7604人(△+7.2%)
秋田県 125万4032人→102万3119人 -23万0913人(▲-18.4%)
山形県 126万1662人→112万3891人 -13万7771人(▲-10.9%)
福島県 208万0304人→191万4039人 -16万6265人(▲-8.0%)
茨城県 272万5005人→291万6976人 +19万1971人(△+7.0%)
栃木県 186万6066人→197万4255人 +10万8189人(△+5.8%)
群馬県 192万1259人→197万3115人 +5万1856人(△+2.7%)
埼玉県 586万3678人→726万6534人 +140万2856人(△+23.9%)
千葉県 514万8163人→622万2666人 +107万4503人(△+20.9%)
東京都 1182万9363人→1351万5271人 +168万5908人(△+14.3%)
神奈川県 743万1974人→912万6214人 +169万4240人(△+22.8%)
新潟県 247万8470人→230万4264人 -17万4206人(▲-7.0%)
富山県 111万8369人→106万6328人 -5万2041人(▲-4.7%)
石川県 115万2325人→115万4008人 +1683人(△+0.1%)
福井県 81万7633人→78万6740人 -3万0893人(▲-3.8%)
山梨県 83万2832人→83万4930人 +2098人(△+0.3%)
長野県 213万6927人→209万8804人 -3万8123人(▲-1.8%)
岐阜県 202万8536人→203万1903人 +3367人(△+0.2%)
静岡県 357万4692人→370万0305人 +12万5613人(△+3.5%)
愛知県 645万5172人→748万3128人 +102万7956人(△+15.9%)
三重県 174万7311人→181万5865人 +6万8554人(△+3.9%)
滋賀県 115万5844人→141万2916人 +25万7072人(△+22.2%)
京都府 258万6574人→261万0353人 +2万3779人(△+0.9%)
大阪府 866万8095人→883万9469人 +17万1374人(△+2.0%)
兵庫県 527万8050人→553万4800人 +25万6750人(△+4.9%)
奈良県 130万4866人→136万4316人 +5万9450人(△+4.6%)
和歌山県 108万7206人→96万3579人 -12万3627人(▲-11.4%)
鳥取県 61万6024人→57万3441人 -4万2583人(▲-6.9%)
島根県 79万4629人→69万4352人 -10万0277人(▲-12.6%)
岡山県 191万6906人→192万1525人 +4619人(△+0.2%)
広島県 281万9200人→284万3990人 +2万4790人(△+0.9%)
山口県 160万1627人→140万4729人 -19万6898人(▲-12.3%)
徳島県 83万4889人→75万5733人 -7万9156人(▲-9.5%)
香川県 102万2569人→97万6263人 -4万6306人(▲-4.5%)
愛媛県 152万9983人→138万5262人 -14万4721人(▲-9.5%)
高知県 83万9784人→72万8276人 -11万1508人(▲-13.3%)
福岡県 471万9259人→510万1556人 +38万2297人(△+8.1%)
佐賀県 88万0013人→83万2832人 -4万7181人(▲-5.4%)
長崎県 159万3968人→137万7187人 -21万6781人(▲-13.6%)
熊本県 183万7747人→178万6170人 -5万1577人(▲-2.8%)
大分県 125万0214人→116万6338人 -8万3876人(▲-6.7%)
宮崎県 117万5543人→110万4069人 -7万1474人(▲-6.1%)
鹿児島県 181万9270人→164万8177人 -17万1093人(▲-9.4%)
沖縄県 117万9097人→143万3566人 +25万4469人(△+21.6%)
日本 1億2104万8923人→1億2709万4745人 +604万5822人(△+5.0%)
------------------------------

> 経済大国、軍事大国になるにつれて
> アメリカの言う事を聞かなくなった

日本の若者も似たようなもので、綺麗なアパートやマンションに住んで良いクルマ(普通車)を乗り回しているような贅沢な20代~30代は、生意気で強気な輩が多いですし…。2006年~2009年頃に就職した世代(現在30歳~34歳前後)は“プチバブル世代”ですし…。

■日本の有効求人倍率グラフ(1963-2017)
http://pba.o.oo7.jp/000000.html#000000_job_r

「プチバブル世代」や「アベノミクスバブル世代」は、アホ(白痴)なのにカネを持っていて生意気(強気)なので手に負えない…。(笑)

> アメリカの外交はわけがわからない

どうせアメリカのマルチナショナルカンパニーの意向に従ってるんでしょう…。資本主義を発展させたのはプロテスタントだそうですし…。

http://yomenainickname.blog.fc2.com/blog-entry-50.html
『資本主義を発展させたのはプロテスタント』

> 日本人は昔から中国と付き合ってきたから「中国ウイルス」にも耐性
> 中国の体制変換を起こさせることができるのは日本

中国のベビーブーム世代は現在アラフィフ、第二次ベビーブーム世代は現在アラサーですが、彼ら(中国の多数派)が日本に対してどういう印象を持っているのかが気になりますねぇ…。個人的には、中国女や朝鮮女の顔つきがあまり好きではないので、彼らとは関わりたくないなぁ…。私は南方系が好みだし…。

それにしても、最近話題になった13歳の男子卓球選手も帰化中国人(両親も)だし、中国は日本を乗っ取る気満々なのではないかと…。在日帰化朝鮮人・中国人だらけの東京オリンピックなんか観る気もしない…。
>中国人が世界中で憎悪される七悪 (Unknown)
2017-06-13 22:30:13
中国は、日本ばかりでなく、他の近隣諸国からも嫌われている。

ベトナム人もインド人、ロシア人、チベット人も嫌中感情が強く、中国国内の回族のようなイスラム教徒は歴史的にはげしい文化摩擦が生じていたので、ほかの国より漢族に対する嫌悪感が強い。中国に関するかぎり、彼らに共通しているその「変わらぬ性格、国民性」に起因することが断然多い。

1.自分以外は人間ではない 自己中心

中国人は古来、近隣国を蔑視してきた。この蔑視観は、文化の違う人々を人間と見なさないほどまでに強い。その優越意識はアパルトヘイト以上である。その証拠に華人以外はみな禽獣として、民族名称には獣へんや虫へんのついた漢字を用いて書いた。盛唐時代の代表的な知識人である韓愈は、著書「原人」で、夷狄のことを「半人半獣」とし、獣より進化したと評した。作家の魯迅は「中国人は人間を人間とも思わない」と、中国人の国民性を批判している。彼らの人種差別に対抗しようとしたため、日本人は中国人からずいぷんと嫌われてきた。一八九八年の戊戌維新のとき、伊藤博文は維新派の康有為らに政治顧問として北京に招聘されたことがあった。明治維新の成果を清国維新派が評価して、維新の秘訣を徴されたのである。そのとき伊藤はこう忠告している。「まず、外国人を夷狄と呼ばないことだ」。

2.ご都合主義
人治国家の中国では、法はあっても自分の都合で利用したり、無視したりするのが通常である。したがって、朝令暮改、契約反故などが頻繁に起こり、たいていの日本人は中国人の独断にふりまわされ、最後にはノイローゼになってしまう人までいる。

3.悪いのはすべて他人だ、独善

たとえば、旧西ドイツやデンマークなどでチベットの人権侵害問題をとりあげる議会に圧力をかけ、決議をしたら報復すると恫喝した。また江沢民主席はかつてスイスでデモ隊に遭遇したときに、迎えに出たスイスの首相に対し、自国の管理もできないのかなどと、いちじるしく礼を失する発言をしたことがある。アメリカに対しでも同様の干渉を加える。李登輝が総統の座にあったとき、卒業したコーネル大学の訪問のために訪米を申し入れたことがあった。アメリカの上下両院が李氏の訪米を受け入れる決定をしたにもかかわらず、中国はこの決議に関しても「誤った決議」だとして反省を求めたのだ。
4.「悪いのは全部他人、成果は全部自分の手柄だ!」 責任転嫁 /他罰思考の中韓主従

絶対自分の非を認めない。それは中国人が責任感の意味を知らないというよりも、失敗を他人のせいにする習性があるからだ。もともと、中国は熾烈な競争社会であり、責任をとる段になったら、なるべく自分の身にふりかからないようにしなければ生き残れないからだ」

5.二人で井戸をのぞくな
人間不信
偽残留孤児、偽難民、偽装結婚、偽造パスポート、闇銀行、偽造卒業証書、偽造プリペイドカード……。自分の利益のためにはどんな物でも平気で偽造するし、どれをとってとも日本人の想像を絶するものばかりだ。嘘でぬりかためられた人間不信の社会の中で、中国人は上から下までだましあっている。政府はマスコミを通じて民衆をだまし、民衆は面従腹背で良民を装いながら国家を食い物にする。中国人社会で詐欺師が暗躍し、偽物が氾濫するのは当然なのだ。

6.土匪国家
日本における中国人犯罪の急増はいまや日常といえる。実際、外国人犯罪者の半数以上が中国人犯罪者で、新手のピッキング強盗となるとほとんどが中国人の手によるものである。石原慎太郎都知事も、この類例を見ない凶悪犯罪を新聞で指摘しているし、ある自衛隊関係者は、警察署に収容された中国人に提供する食事の一食分の経費が、自衛官のそれよりも高いことをぼやく有様だ。九四年、中国の浙江省杭州の千島湖で、台湾入観光客二十四人を乗せた遊覧船が湖上で強盗にあい、全員が船室で焼き殺された事件があった。台湾では有名な事件である。当時の中国政府はこの痛ましい事件が強盗殺人事件であったことをひた隠しにしていた。李登輝総統は激怒し、中国を「土匪国家」だと非難したのだ。

7.危険な「友好」
中国を相手にする側にとって、中国が強調する「友好」ほど不安なものはない。何故か。理由は「友好」の解釈権が中国側にあり、中国の規定する「友好」に服属させられるからだ。ことに日本人は、腹芸が下手で騙し合いができない。しかも日本人は外圧に弱く中国の言う「友好」に対抗するのが極めて下手だ。
http://www.geocities.jp/taiwan_assoc/bs01x25.html
Unknown (Unknown)
2017-06-13 22:35:34
【中国日本人拘束】 21:46更新

拷問で自白強要のケースも 米国は官民一体で解放圧力駆けて救出。 対し、日本政府の「沈黙」に中国識者も困惑?

 【北京=西見由章】中国当局がスパイ行為に関与したとして拘束した日本人は12人に上り、うち4人は拘束期間が2年に達してい…
【続きを読む】sankei
無理だな (村夫子)
2017-06-13 23:55:27
中国ウィルスを退治するのは日本ではない。
影響力とは経済力のことである。支那が実証しているとおりだ。
GDPで、もはや半分どころか三分の1にすぎない日本に、何か出来るわけがないだろう。

もちろん、武力に訴えれれば、さらにボロ負け確定。下手をすれば、米中二国に袋叩きの大東亜の二の舞。

適当に付き合って、金儲けに励むほかにない。
常に嘘を言い続ける中国賊! (内田良平(明7-昭12))
2017-06-14 08:58:28
>黄文雄著 →『中国が世界地図から消える日』(光文社)
    ↓        ↓
中国人の海外逃亡・移住--公式で930万人、この中には不法移民も留学生も短期駐在も入ってない!実態は 2000万人を越える。

支那人留学生は帰国しない。アフリカ、戦争中のイラク、支那人は喜ンで出国する。自国を簡単に捨てる!「中国逃亡」した支那人たちは、おそらく2000万人を越える。それは世界中にあるチャイナタウンの増殖で分かる。

ーー 中国共産党高官の子弟、太子党の多くは、香港でダミー会社をつくり、人民から盗み取った資金洗浄に余念が無い。彼らは、中国人民から盗み取った資金をダミー会社を介して、英領バージン諸島に送金し、この資金を「外国籍」に変える。その「外国籍」資金が投機資金となって再び中国に環流し、不動産バブルの元凶となり、株式投資や高利貸しの軍資金に化ける。

何倍に増殖したカネはにスイス、リヒテンシュタインに移される。これで共産党一族は大金持ちとなり、欧米や豪で豪邸、別荘を買い、召使いに囲まれて生活するようになった。カリフォルニア州には支那人専用の妾村(めかけむら)まで作ってしまった。共産党幹部のやりたい放題も極めつくしだ!
http://qazx.blog.eonet.jp/docdoc/2014/06/post-9622.html

>引っ掛かった米国

蒋介石が宋家の三女と一緒になって、アメリカで、日本のディスカウントロビー活動を信用したからです。

根は、米国世論が、二人が信者だったことと白人至上主義で、簡単に言い分を聞いてしまったから。この反日の流れは、今も、西早稲田を中心にプロテスタント教会に残っている。アメリカがおかしいと気づいたのは、毛沢東と蒋介石が喧嘩し始めてからでしょう。
大陸の喧嘩に巻き込まれ、日本陸軍が錦の御旗にしていた愛新覚羅家が没落し、アメリカは大陸における権益を全て失って、中東でお腹いっぱいなのに、朝鮮戦争で更に無駄な問題を抱えることに。シナ人は、一見、単一民族のようだが、歴史的に、大陸内の異民族を巻き込んで成立してきたので、人間関係、力関係がとても複雑やな。 大陸の内紛劇には、一切かかわらないほうが米国と日本の、国益である。 ロシアも大陸には、表面しか関わっていない。2015/08/16(日) 匿名掲示板

孫文の嘘を見破っていた内田良平 ----騙され続ける左翼脳

中国支那問題は日本の国内問題?

一、平気でウソをつく。
二、平然と恩人を裏切る。
三、歴史事実を故意に改変する。
四、約束を守らない。
五、身内・仲間は大事にするが、「外部」は騙す
六、敵を分断し、陰謀を常に仕掛ける。
七、自分本位に思考し、自己利益のみを追求する。
八、社会構成が「聖人主義」であり、平等思想を認めない。
九、その地位についたものは地位を利用し私服を肥やす。
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/1306063/
孫文らの中国革命を支援し、黒龍会を結成した内田だが、疑うことなく孫文らにカネを注ぎ込む宮崎滔天(とうてん)や頭山満らと違い、孫文の嘘を見破っていた、案の定、革命後の中国は日本の恩を仇で返すかのように日本を裏切って来た。
http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-entry-1971.html
おそらく、支那人が、不潔で、無礼で、拝金主義で、嘘吐きで、すぐに怒鳴ることは、百年後も千年後も未来永劫変わることはないだろう。 (ラルフ・タウンゼント著(1933年)、)
2017-06-14 09:33:44
私が上記フランス人による「日本人と支那人の見分け方」を読んで思い出したのは、80年前にアメリカ人によって書かれた記述だ。

日本人と中国人

(略) 短い旅行でも違いが分かる。
他人に対する態度が大きく違う。儲け話となると腰が低くなるのが中国人。
日本は違う。自然に腰が低くなり、礼をもって接すること自体に喜びを見出している。例えば、通りを歩いていて、何かを落としたら誰かがサッと拾ってくれる。

中国には、スラム街よりひどく、鵜の目鷹の目の連中が多い。例えば、人力車同士がぶつかったとする。両方の車夫が「何やってんだ、この野郎」と怒鳴りあいになる。日本人はどうするか。アメリカ人の手本になるよう行動を示してくれるのである。

(略)

 上流階級の日本人は、「武士に二言はない」というサムライである。サムライとは名誉を重んじ、自らの言動に責任を持つ伝統を重んじる特権階級である。(略)

 中国は全く逆で、言葉の意味はコロコロ変わる。昔から、嘘つき呼ばわりされても誰も侮辱だと思わない。そういえば、嘘とか嘘つきという言葉が無い。

 日本人は誰もがきれい好きである。一目でわかる。労働者でも毎日風呂に入る。きれい好きで、玄関では靴を脱ぐし、床でも柱でも拭いてきれいにする。不潔を極端に嫌う日本人に対して、中国人は全く逆で、不潔に親近感を持っている。

 先ほど、ちょっとだけ付き合うと中国人が好きになる人が多いと言ったが、長らく付き合うと、圧倒的に日本人が好きになる。アメリカ人と比べると仕事が遅いが、中国人とは比較にならないくらい信頼できるし、真面目なお付き合いができる、という人がほとんどである。違うという人はいない。ただし「なくて七癖」、スパイマニアである。

 ちょっと滞在して中国人が好きになるのは、中国がどん底の国だからである。アメリカ人は可哀想な人に愛着を持つのである。もう一つの理由は、日本がアメリカの安全を脅かす存在だからである。(P250~251)
『暗黒大陸中国の真実』ラルフ・タウンゼント著(1933年)、田中秀雄・先田賢紀智共訳
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6694.html
Unknown (Unknown)
2017-06-14 12:54:34
「中国は歴史上、他国を侵略したり、他国の領土で殺人・放火をしたことはない」 と共産党が声明、さらに、「中国領土は、人民の意志によって拡大も縮小もする」と世界を恫喝妄言

侵略と虐殺の限りを尽くすナチより凶悪・残虐な中共!

「人道」を常に踏み外し、軽んじてきたその共産中国を世界中が憎悪
↑        ↑
日米がこれを叩けば共産党幹部は一挙に現行犯逮捕だ

中国共産党一味のテロリズム殺戮史!

1949年 東トルキスタン侵略、占領(ウイグル大虐殺)、民族浄化継続中
1950年 大躍進、文化大革命3000万人大虐殺開始
1950年 朝鮮戦争参戦
1951年 チベット侵略、占領(チベット大虐殺)、民族浄化継続中
1959年 インド侵略(中印戦争)アクサイチン地方を占領
1969年 珍宝島領有権問題でソ連と武力衝突
1973年 中国軍艦が佐渡島に接近、ミサイル試射
1974年 ベトナム、パラセル諸島(西沙諸島)を軍事侵略、占領
1976年 カンボジア、クメール・ルージュによる大虐殺を強力支援
1979年 ベトナム侵略(中越戦争)、中国が懲罰戦争と表明
1988年 スプラトリー諸島(南沙諸島)を軍事侵略、占領
1989年 天安門事件
1992年 南沙諸島と西沙諸島の全てが中国領土と宣言
1995年 フィリピンのミスチーフ環礁を軍事侵略、占領
1996年 台湾総統選挙恫喝、台湾沖にミサイル攻撃
1997年 フィリピンのスカーボロ環礁の領有を宣言
1997年 日本の尖閣諸島の領有を宣言
2003年 スーダンのダルフール大虐殺を強力支援
2005年 日本EEZ内のガス資源を盗掘
2009年~現在も続行!、非漢族に対する大虐殺、婦女子を強制連行・中絶・不妊手術、まさしく民族消滅を継続中である。
2013/11/27(水) 姦国製ガム吐き捨てテロ
「大量侵入移民策」を強行する安倍スパイ政権のお先棒を担ぐのが阿保な国民(ネトウヨ)言論という構図 (参照 『月刊正論』)
2017-06-14 14:51:25
「日本治安」を壊滅させたザイニチ

女子高生コンクリ殺人1988年(昭和63年)の主犯格4人全て在日朝鮮人
http://singokunihon.blog.fc2.com/blog-entry-659.html

>「移民強行策!」 ⇒ 「外国人労働者受入れ」と、誤魔化す安倍政権

移民「毎年20万人」受け入れ構想の怪しさ 『月刊正論』
http://ironna.jp/article/439

引用開始
大量移民がもたらす新たな社会的困難 (中略)

ある特定の国だけが送り出し続けるならば、それはある種の政治的意図をもって日本を狙い撃ちしていると考えたほうがよい。これらからも、移民は政策論として非常に困難だと言わざるを得ない。  (中略)

 政府がいたずらに人口政策に手を染めてうまくいった試しはない。・移民ありき・で議論を急ぐ進め方は厳に慎まなければならない。

東京五輪決定でリベンジに出た黒幕

 ところで、なぜ政府は移民政策の検討を急ぐのだろうか。政府だって、移民政策に問題点が多いことは分かっているはずだ。そこには、移民受け入れ推進派の「外国人の受け入れ=開かれた先進的な国」という決めつけと、一度スイッチが入ったら方向転換がなかなかできない官僚の悪弊がある。

 安倍政権が移民政策に前のめりになっていることは、安倍晋三首相が議長を務める産業競争力会議が、1月20日にまとめた「成長戦略進化のための今後の検討方針」に明らかだ。そこには「外国人材受入のための司令塔を設置し、高度人材の受入れはもとより、労働人口の減少等を踏まえ、持続可能な経済成長を達成していくために必要な外国人材活用の在り方について、必要分野・人数等も見据えながら、国民的議論を進める」とある。

 「移民」という直接的な表現こそ避けてはいるが、「労働人口の減少等を踏まえ」というのは、長期に日本で働く「移民」を念頭に置いているとしか読めない。しかも「高度人材の受け入れはもとより」というのだから「高度人材」だけでなく「単純労働者」を激減する労働力人口の穴埋め要員にしようということである。  (中略)

 推進派官僚たちにとって移民政策は、悲願なのである。とはいえ、彼らも、国民のアレルギーが強く、一筋縄で行かないことは分かっている。その是非に白黒が付くまで待っていたのでは時間がかかるということから、既存のルールに少しずつ例外を設けて、実質的に「単純労働」の拡大を図ってきたというわけだ。

 この間、推進派が勝負に出たことがある。2008年だ。6月に自民党の議員連盟が「日本型移民政策の提言」を発表し、50年間で1千万人の移民受け入れ構想を提唱。10月には日本経団連が「人口減少に対応した経済社会のあり方」を発表し、外国人の定着推進の検討を投げかけた。  (中略)

 推進官僚たちは実に巧妙だ。内閣府の試算で「移民」を派手にぶち上げ国民の耳目を惹きつける一方、あたかも移民政策とは別物のように外国人労働者の受け入れ要件をなし崩しに緩和し、実質的に「単純労働」を認めてしまおうとの作戦のようである。

 安倍首相がわざわざ「移民政策と誤解されないように」と強調した点にこそポイントがある。この説明を聞けば、反対派も「移民政策ではなく外国人労働者だから、そんなに過剰に反応することもない」となろう。しかし、気がついたら、単純労働を行う外国人が日本中にあふれ、移民受け入れに近い社会が実現しかねないのだ。

 作戦はすでに実行に移されている。第1弾が4月4日の関係閣僚会議が建設業の受け入れ拡大を決定したことだ。東日本大震災からの復興などに加え、東京五輪の開催準備で建設需要が急増し人手不足が深刻化しているとして、外国人技能実習制度を実質2年延長し最長5年間働けるようにする措置を五輪までの臨時対応として認めたのだ。

 「五輪スタジアムの建設が間に合わない」との説明には反対しづらいものがあることを計算に入れてのことだろう。先の財務省中堅幹部は「今回は建設業側から『外国人を入れてほしい』と言ってきたので助かった。これは蟻の一穴となる」と明かしている。

 その言葉通り、推進派は建設業を突破口に畳み掛け始めた。関係閣僚会議が建設業の拡大を認めたのと同じ4月4日の経済財政諮問会議と産業競争力会議の合同会議で、民間議員が家事補助と介護職の受け入れ拡大を提案し、安倍晋三首相も「女性の活躍推進の観点から推進してもらいたい」と指示を与えた。それ以外の産業でも単純労働の容認を求める動きが強まっている。

 家事補助や介護職種は、高齢化が進む日本においてはますます需要が大きくなる。介護の場合、現行では経済連携協定(EPA)に基づき介護福祉士の国家試験に合格しなければ日本で働き続けられないが、受け入れ拡大となれば国家試験の受験意思のない低技術の外国人労働者が大量に来日する可能性がある。家事補助に至っては、誰の目にも「高度な仕事」とは映らないだろう。まさに単純労働を事実上解禁する国策の大転換が、国民的な議論もなく静かに進められようとしている。 (引用終了)

日本に移民出し続けている特定国が特定の政治的意図を持ち日本を狙い撃ちしている。帰化数を考えれば中国、韓国が日本を内部侵略する為に入植者を送り出していると読める。

安倍政権は「移民政策」を「外国人労働者受入れ」に、「単純労働」を「高度人材だけでなく」に、更に記事に無いが、日本で一年間働けば「高度人材でなくとも」、つまり、単純労働者にも永住権を与えるとしており、移民を推進している。これでは外国人単純労働者が日本に溢れ、欧州のように非常に暮らし難い社会になるであろう。一方で何故か安倍政権は少子化対策に本気で取り組まない?。

米国は極東戦略に沿って少数民族によって植民地を代理支配するという伝統的な海外領土支配形態どおり傀儡安倍の自公政権を使って朝鮮人主導で日本を支配させている。現体制で不当な利益を得ている日本人と朝鮮人共が、その支配基盤を強化する為に更に朝鮮人の日本への入植を促進させようとしていると考えれば筋が通る。ちなみに、その末端でお先棒を担ぐのがアホなネトウヨ言論という構図である。
 2017/06/14(水) パスタを買いだめしてあるから大丈夫!
Unknown (プーチンの北方領土返還戦略)
2017-06-14 16:55:11


プーチン露大統領は6月1日、世界の主要通信社代表との会見で、北方領土について「日本の主権下にはいれば、これらの島に米軍の基地が置かれる可能性がある」と発言した。大統領が北方領土問題で米軍の配備に関し、公式に懸念を示したのは初めて。日米安保条約が存在する限り、北方領土の返還は困難との見方を示したもので、安倍政権の北方領土返還戦略は大きな壁にぶち当たったと言える。

プーチンのインタビュー by オリバー・ストーン、など
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/db4ba6815f2f5c1ccf2852eff2845fda

日本は世界第三位の労働移民受け入れ大国

外国人労働移民が増加すれば当然起きるのが外国籍の子供たちに対する日本語教育だ。調査の結果日本語教育の必要な子供が3万4千人余もいることが分かったという。米国は移民国家だといわれてきたが、移民と雖も米国に忠誠を誓い米国語教育を受けるのを常としてきた。しかし昨今の不法移民などは米国に忠誠を誓うこともなく、米国語を学ばないで出身国語社会の中で暮らしている。つまり国家の中に異言語・文化が混在する社会になっている。それは米国だけではない。労働移民が社会問題化している欧州諸国や英国などでは異言語社会がその国の中に混在しているのが問題になっている。すなわち、異言語社会に生まれた子供たちは移民先の言語を学ばないで成長し、その国の言語がマトモに話せないことから就職で不利な扱いを受ける場合が多い。それが基となって経済格差が生じてテロの温床を形成してしまう。日本でも現実的に世界で第三位の労働移民受け入れ国家となっているが、日本語教育に関してどれほど受け入れ態勢があるのだろうか。安倍自公政権は今後とも派遣ピンハネ業者の会長・竹中氏の提言に従って国内に様々な名称を冠して外国人労働者を受け容れようとしている。去年だけで日本は約20万人の外国人労働者を受け入れた。今年は35万人を超える勢いだという。まさしく狂気の沙汰というしかない。既に3万4千人もの外国人の子供たちが日本語教育を受けていない。由々しき問題の種が安倍自公政権によって蒔かれている。それを止めるのも放置するのも一人一人の日本国民だ。 2017/06/14(水) 名前を書いてください
Unknown (忖度国家)
2017-06-14 19:08:51
週プレによると共謀罪で国民の情報はアメリカに筒抜けになるようだ。
国家レベルでアメリカへの忖度は日本人の国民性なのだろうか?奴隷根性に付ける薬は無いのだろうか?
それとも、在日米軍さえいなければ独立国家になれるのだろうか?
Unknown (Unknown)
2017-06-14 20:51:48
>大英帝国も中国にアヘンを売り込んで儲けましたが

それは微妙に違うな。確か貿易赤字の是正を目的で阿片を売ったんだ。他に売る物がないからだ。阿片戦争の開戦時も議会では、ヤクの密売の為に国が軍事行動なんて、こんな恥さらしな戦争があるかと非難轟々だ。それでも利益の為に戦争を強行して香港を分捕るのがアングロサクソンの真骨頂だな。こりゃユダヤと相性良くて当然だわ。
安倍政権身内には甘く国民には厳しい共謀罪 政治家と経済界は共謀し放題 小林よしのり、高山佳奈子 (Unknown)
2017-06-14 22:17:44
https://www.youtube.com/watch?v=gh4GntWHVDc
ちなみに (笑氏)
2017-06-15 10:00:05
1992年10月、天安門事件で世界から孤立していた時期に、天皇訪中を実現させたのが宮沢内閣。
外相:渡辺美智雄、官房長官:加藤紘一
翌年、細川内閣成立し、自民党は野党転落。
山口敏太郎日記 シーシェパードの鯨、イルカ愛はユダヤ教の教え (Unknown)
2017-06-27 21:56:37
https://www.youtube.com/watch?v=VW1E0y3Llmg

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
堀江貴文のQ&A「もっと効率化するべき!?」〜vol.871〜  (国民国家の黄昏にて)
医者はそれほど知識があるわけではない。 <!-- 堀江貴文のQ&A「もっと効率化するべき!?」〜vol.871〜 -->
国民国家の黄昏にて - 表紙 (国民国家の黄昏にて)
このブログで掲載している論文「国民国家の黄昏」の表紙のページです。
ひろゆき 超金持ちには勝てない仕組みwww  (国民国家の黄昏にて)
<!-- ひろゆき 超金持ちには勝てない仕組みwww -->
お金の使い方についてひろゆきが語る!!  (国民国家の黄昏にて)
ヒロユキ氏曰く「家計簿をつける人はバカかパートナーを疑っているか。」 <!-- お金の使い方についてひろゆきが語る!! --> 加谷珪一氏のお金持ちの教科書にも「予算を立てなけ...
ホリエモン 雇用 職を失う人がいる でもそれでいい 、なぜなら・・  (国民国家の黄昏にて)
<!-- ホリエモン 雇用 職を失う人がいる でもそれでいい 、なぜなら・・ -->
国民国家の黄昏にて - 表紙 (国民国家の黄昏にて)
このブログで掲載している論文「国民国家の黄昏」の表紙のページです。
ひろゆき◆日本の教育は役に立つものと立たないものの差が激しい!ひろゆき「社会に必要...... (国民国家の黄昏にて)
良い国作ろう鎌倉幕府が良い国でなくなったw。 <!-- ひろゆき◆日本の教育は役に立つものと立たないものの差が激しい!ひろゆき「社会に必要な知識は変わってくる」 -->
ひろゆき 知能犯の才能の無駄遣い  (国民国家の黄昏にて)
<!-- ひろゆき 知能犯の才能の無駄遣い -->
堀江貴文 一番気持ちが良いところは××! 一度味わったら止められない!! (国民国家の黄昏にて)
なぜゲイが同性愛セックスが好きなのは前立腺を刺激するから。 <!-- 堀江貴文 一番気持ちが良いところは××! 一度味わったら止められない!! -->
ひろゆき 最近のオタクって違う (国民国家の黄昏にて)
<!-- ひろゆき 最近のオタクって違う -->