株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

日本軍は、大英帝国を崩壊させた。イギリス国民の誰一人として夢にも思っていなかった。H・S・ストークス

2013年12月23日 | 歴史

日本軍は、大英帝国を崩壊させた。イギリス国民の誰一人として、そのような
ことが現実に起ころうなどとは、夢にも思っていなかった。ヘンリー・S・ストークス


2013年12月23日 月曜日

英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書) [新書]

「戦勝国史観」は、有色人種を蔑視した白人優位主義から発している。
それなのに、日本国民の多くが、なぜ、そのような史観を信じているのか、
理解に苦しんでいる。さらに著者は「戦勝国史観」は
歴史をあざむいており、日本は侵略国家ではなかったと反論する。

 


英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書)

 

内容の一部 12月12日 剣kenn囂々より

◆ 彼らは私たちに向かって、何か小さな物を放り投げたのだ。私たちは、それが何だかわからなかったが、とにかく拾いに行った。

 私はこの時、生まれて初めてチューインガムを手にした。アメリカ兵は立っている子どもに、チューインガムを無料で放り投げていた。私はそれに対して嬉しいと感じることなどなく、むしろ複雑な気持ちだった。

 いまの私のアメリカに対する感情も、その時に感じた気持ちと似たものがある。とても不安な感じで、どっちつかずで心落ち着かない感覚だ。素直に受け入れられない気持ちだ。(p.19)

私はあの戦車を初めて見た時に、はるかに強大な力を感じた。アメリカが世界を完全に制圧しており、抵抗することは不可能だと思った。(p.19)

 私は子どもとしてアメリカの戦車を見て、本能的にアメリカ軍がわれわれの国を支配するようになるのだと感じた。私たちが戦っていたドイツについてそう思ったのではなく、アメリカに対してそう直感した。そして今、アメリカは巨大な勢力となって、わが国イギリスをコントロールしている。実に不愉快なことだ。

 アイダホか、ユタか、アーカンソーか、どこから来たか知らないが、アメリカの若造が戦車でやって来て、まるで王であるかのように振る舞っていた。私はあの若造たちが浮かべていた笑みを、今でも鮮明に覚えている。彼らは意気揚々としていた。(p.20~1)

 いったい、私たちの国の何をわかっていたのか。戦車で町を通りすぎて行ったが、そこがアーサー王ゆかりの伝説的な町であるなどということに、まったく頓着もせず、アメリカ文化を象徴するチューインガムを薄ら笑いをしながら、ばら撒いていった。(p.23)

◆ イギリスは何百年もかけて大帝国を建設し、その帝国を維持した。その間に、インド人をはじめアジアのさまざまな民族と戦った。もちろん、インド人との戦闘も、熾烈を極めた。アフガニスタンや、北パキスタンの敵も、手強い相手だった。

 しかし、日本人はそうした「強い敵」をはるかに凌駕していた。日本人はそうした植民地支配を受けた人種と、まったく違っていた。日本が大英帝国に軍事進攻した途端に、何百年も続いた帝国が崩壊した。イギリスは日本のマレー進攻によって、催眠にかけられてしまったようだった。日本軍のあまりの強さに、降参するしかなかった。(p.34)

◆ 日本軍が突然、マレー半島に上陸し、まったく次元の違った戦いが始まった。チャーチル首相も、面食らった。

 シンガポール防衛軍のパーシバル司令官は、金縛りにでもあったかのように、まったく戦うこともせずに、戦意を喪失し、降伏した。日本軍の司令官もイギリス軍の弱さに、驚いたことだろう。日本陸軍はそれほど強かった。

 イギリスだけではない。アジア各地にオランダ軍など、西洋各国の軍隊が展開していたが、あっという間に日本軍に敗れてしまった。日本は短期間にそれだけの地上軍を展開する力を、持っていた。(p.43~4)

 日本軍は、大英帝国を崩壊させた。イギリス国民の誰一人として、そのようなことが現実に起ころうなどとは、夢にも思っていなかった。それが現実であると知った時の衝撃と、屈辱は察して余りある。(p.44)

◆ 日本外国特派員協会の記者会見は両刃の剣で、けっして甘いものではない。ライオンの口の中に頭を入れるようなもので、いつ噛みつかれるかもしれない。記者は残忍だ。温情は期待できない。特に政治家に厳しい。(p.82)

 橋下市長の「慰安婦」に関する一連の報道は、彼が女性の人権をないがしろにしているという印象を与えた。もちろん、橋下市長は不本意だろう。そこで日本外国特派員協会で、あの記者会見を開いた。

 効果的に伝えたいなら、もっと違ったやり方があったろう。テレビで、日本で尊敬されている女性と対談をするという手もあった。また会場にしても、ホテルのような中立的な場所で会見したほうが、まだよかった。外国人記者倶楽部は、中立の場ではない。(p.85)


ヘンリー・スコット・ストークス Henry Scott-Stokes 1938年英国生まれ。61年オックスフォード大学修士課程修了後、62年フィナンシャル・タイムズ社入社。64年東京支局初代支局長、67年、ザ・タイムズ東京支局長、78年ニューヨーク・タイムズ東京支局長を歴任。三島由紀夫と最も親しかった外国人記者としても知られる。著書に『三島由紀夫生と死』(徳間書店)、『なぜアメリカは、対日戦争を仕掛けたのか』(祥伝社新書、加瀬英明氏との共著)。



(私のコメント)

「株式日記」では大東亜戦争については、アジアの植民地の解放と人種差別撤廃のための解放戦争だと書き続けてきました。当初はそれなりの反論がありましたが、最近ではこのような事を書いても左翼の巣窟である阿修羅BBSに書いても反論が来なくなった。当時のラジオ放送でもこの戦争を大東亜戦争と名付けてアジアの解放のためであると宣言している。

しかしこの事は終戦とともに抹殺されて、日本はGHQによって歴史が書き換えられて、日本は侵略戦争を行った戦争犯罪国家とされてしまった。学校の歴史教育でもそのように教育されて東京裁判史観が青少年に植え付けられてしまった。これはGHQによる洗脳教育であり、それは今でもマスコミによって続けられている。

最近ではアーミテージまでもが従軍慰安婦で「反論するな」と威圧しているようですが、彼らにとっては日本は戦争犯罪国家で無ければならない。でなければ在日米軍を駐留させておくために大義名分が無くなり、アメリカこそ白人優越主義とフィリピンを植民地統治して20万人ものフィリピン人を殺した残虐非道な国家なのだ。

小泉首相はテキサスでもって「アメリカは日本を解放して民主主義を植え付けた」と称賛していますが、日本の政治家でもこの程度の歴史認識だから60年に及ぶ洗脳は成功したともいえる。確かに朝鮮や中国を日本は植民地支配しはましたが、朝鮮や中国の近代化のためであり、その事は欧米の学者の本などでも克明に描かれている。

日下公人氏の最近の本でも、イギリス人をはじめとしてヨーロッパ人は戦勝国と言う意識は無いようだと書いている。しかしアメリカ人はいまだに戦勝国としての意識が抜けずにいるのは不思議な事ですが、歴史学的な常識が無いからだろう。ヨーロッパでは年中戦争をして勝ったり負けたりしているから、戦争は外交の一手段としてのルールがありましたが、アメリカ人には無いようだ。

つまり戦争に勝てば何をしても許されるといった感覚であり、無条件降伏を要求して歴史まで書き換えてしまう。大昔はどこでも戦争に勝てば敗戦国民は男は奴隷にされるか殺されて、女は性奴隷にされて民族の浄化が行われた。しかし野蛮な行為をして恨みを買えばいつかは復讐されて外交的に収まらなくなってしまう。

日本でも戦国時代の初めには戦争に勝てば敵を皆殺しにしていたが、そんな事をするよりも味方として取り込んだ方が後々の為に良いと気が付いた。武田信玄は「戦は六分の勝をもって良しとする、勝ちすぎるのは良くない」と言葉を残していますが、同盟国として取りこんで行った方が戦国末期の武将はそうした。信長も秀吉も家康も敵を味方に変える名人だった。

ヨーロッパでも同じであり、プロイセンは普仏戦争ではパリ占領の手前で講和したし、オーストリアとの戦争ではウィーンの手前で講和して、アメリカのように無条件降伏は求めなかった。戦後の処理を考えれば敵を無条件降伏させてしまえば、占領統治に負担がかかるからだ。日本でも日清日露の戦争では勝敗の目途が付いた時点で講和しましたが、アメリカはそのような国ではなかった。

アメリカがヨーロッパの国のようであったならば、パリ解放あたりで講和しただろうし、余計な戦死者も出さずに済んだだろうし、日本に対してもレイテ海戦のあたりで講和に応じていただろう。そのあたりなら戦死者も数十万人で済んでいただろうし本土空襲も免れて日本に劣っても被害は最小限度で済んだはずだ。しかしアメリカは当初から日本を四分割して占領統治するつもりだったから途中での講和はならなかった。

しかしアメリカも朝鮮戦争以降は勝てる見込みがなければ撤退したり、講和したりしていましたが、イラクでは無条件降伏させてゲリラとの泥沼化して統治に苦労しているようだ。日本も無条件降伏でいまだにアメリカ軍が駐留して占領統治が進んでいますが、イラクのようなゲリラ闘争が行われていないのは洗脳工作が上手く行ったからだ。

ヘンリー・スコット・ストークス氏は経歴からわかるように、イギリス人で新聞記者として東京で長い間仕事をしている人です。イギリスから見れば大東亜戦争のおかげでインドやマレーシアや中国の植民地を失い大英帝国からただのイギリスになってしまいましたが、戦勝国としての意識は無いようだ。

大英帝国を没落させたのはチャーチルの日本への人種的な偏見であり、ストークス氏もその事を指摘している。アメリカのFDルーズベルトはより日本人への人種的偏見が激しく、チャーチルやルーズベルトの日本人への人種的偏見は手紙などで明らかであり、大東亜戦争は白人と有色人種の解放戦争だったのだ。イギリスやオランダやフランスは再度植民地化を試みましたが、イギリス軍やアメリカ軍が日本軍にぼろ負けしたところを見たアジア人は立ち上がって追い出した。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (34)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もう少し早ければ、「出直し... | トップ | 日本で韓国を「信頼する」と... »
最近の画像もっと見る

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (八坂)
2013-12-23 16:10:06
>日本軍は、大英帝国を崩壊させた。イギリス国民の誰一人として、そのようなことが現実に起ころうなどとは、夢にも思っていなかった。

全くその通りだな。
鳩山政権と大東亜共栄圏はアメリカ帝国を崩壊させる事ができる。
奴隷ポチは誰一人として、そのような事が現実に起こるなど夢にも思わない。

Unknown (MM)
2013-12-23 17:17:28
大英帝国の崩壊も植民地の解放も日本がどうのというより、圧倒的な力を持ったアメリカの意志と、力によるものだろう。
アメリカは日独を誘導して挑発的にさして叩き潰し、英仏から植民地とりあげ、ソ連中共を育てた。潜在的脅威の日独は一度、徹底的に殲滅すべき対象。
体制の確立には敵を残しておくのがよい。ソ連を残した。敵があるとアメリカへ求心力、結束できる。全てを制圧して覇権を確立すると内部抗争が始まる。アメリカは六分の勝などの老練さがない単純なバカということはないだろう。
靖国、慰安婦について「日本に理解のある」アーミテージはウルトラナショナリストを抑えつつ、適度にウヨク的にさせ中国と敵対させなきゃいけない。
慰安婦問題のプロパガンダを日本人がするというなら、外人に効果的なやり方を聞くべきだ。田舎者だと自覚して。ホシュ雑誌読んで、高揚して、そのまま世界に発信してはダメだ。まあ、宣伝とかよりも上の政治レベルの話なんだろうけど。完全に日本に分がある慰安婦問題でさえ宣伝の成果は厳しいだろうけど。
只今の経過~ 12/23 17:11 (お知らせ)
2013-12-23 17:18:11
Total signatures on this petition 67,309.
(以前、25,000通でしたが、最近、引き上げられた結果100,000通にされました)
→ http://goo.gl/mnXO3Y
http://staff.texas-daddy.com/?eid=454
Unknown (Unknown)
2013-12-23 17:22:32
昭和16年12月8日に対英米蘭開戦したのは、植民地解放のためではないと。
結果としてはそうなりましたが。
いくら、アメリカに挑発された、追い込まれたとしても、ベルリンに英仏ソ軍がせまっていたら、対米開戦できたでしょうか。
中韓にレキシニンシキで謝る必要は一切ないと思います。
日本も欧米の植民地化の危機だったのは同じ。
シナ、朝鮮がしっかりしていなかっただけ
身から出た錆でしかない。自分の先祖のだらしないのを棚にあげて、アメリカのトラの威をかりて、おとなしい日本に八つ当たりしているだけ。
[大東亜戦争肯定論] 林 房雄著  (他の著に「神武天皇実在論」 宣長、梅原猛、安本美典、除福説  )
2013-12-23 17:25:51
明治維新は、英仏の謀略と圧力によって成立したのではない。この謀略と圧力に必死に抵抗したところに成立した。朝廷側はもちろん、幕府の首脳部もまた、これを阻止し、拒絶したところに成立したのだ。

天皇制は占領軍によって変形されたが、天皇制は生き残った。なぜ残ったか。その理由はまだ理解できない。ただ、天皇以上の絶対権力者だった連合軍最高司令官も天皇の根本には手を触れることができず、これを残していったという事実に、まず驚き、しばらく呆然とし、やがてそれを喜んでいるというのが、日本国民の現在の心境ではあるまいか。この点が重要である。日本人は天皇の変形を気にしない。少なくとも二千年の長い歴史の各時代に天皇制はさまざまに変形し、しかも変わることなく存続したという事実を日本人は知っている。

私は東京裁判そのものを認めない。いかなる意味でも認めない。あれは戦勝者による戦敗者にたいする復讐であり、すなわち戦争の継続であって、正義にも人道にも文明にも関係ない。明らかに、これらの輝かしい理念の昂然たる蹂躙であって、戦争史にも前例のない捕虜虐殺であった。かかる恥知らずの「裁判」に対しては、私は全被告とともに、全日本国民とともに叫びたい。「われわれは有罪である。天皇とともに有罪である」。
http://d.hatena.ne.jp/kirinta8183/20131104/1383553855
日本は敗れましたが---国体護持---   (coffeeブログコメ~)
2013-12-23 17:31:30
この前、NHKで珍しく零戦(ゼロセンと言われてますが戦時中はレイセンと呼んだと年配の人から聞きました)の番組をやっていたので見てたのですが、その再現ドラマで特攻隊員が「命令によって」「国を守る為に死ぬ」というところが演出で強調(それは反戦とも美化とも受け取れる)されていて、悪意を感じました。そういう部分も特攻にはありますけど、実際には「志願によって」「家族を守る為に死ぬ」気持ちが強かったと聞いています。そこが抜けているんです。当時、戦死すれば軍人恩給(遺族年金)が家族に支給されました。特攻だと二階級特進で支給額もずっと上がりました。多くの特攻隊員の方は、絶望的な戦況で、いずれ戦死するだろうという状況のなか、自分が死んでも国の制度が残るなら、家族は国が養ってくれる、そういう気持ちで特攻を志願し、飛び立たれて行った。日本は敗れましたが、特攻隊員の方々の激しい戦いもあり日本国消滅はかろうじて免れ、国体護持が成功した結果、遺族の方に戦後も遺族年金支給が可能となりました。つまり特攻隊員の方々の願い、家族の生活を一番に守りたいという思いは、現実に成就されたのです。そこを描かず「場合によっては皆の為に犠牲も必要だね!そうやって死ぬ奴はバカだけど」みたいな描き方に変えてしまうNHKは、殺意が湧きあがるくらい本当に酷いと思いました。
2013/12/23(月) 零式艦上戦闘機21型
Unknown (林 房雄著)
2013-12-23 17:34:12
天皇制は明治に入って初めて武装したのではない。しかし、武家政治の約七百年間武装なくして存続したのもまた事実である。この七百年間の非武装を見て、天皇の本質が平和な祭司であると規定するのは性急すぎる。ただし、君主が武装することなく、七百年も存在しうるなどということは、エンペラーやカイザーの場合には絶対になかったことだ。武力の衰弱は王朝の衰弱であり、軍備の消滅は王朝の消滅であった。なぜ日本の天皇制はその例外であったのか。この「神秘な性格」の秘密は、民族学と文化人類学が民族の深層意識現象として解明してくれるであろう。
http://d.hatena.ne.jp/kirinta8183/20131104/1383553855

インパール作戦は、インド独立の起爆剤になった! (Unknown)
2013-12-23 17:39:59
日本人は、戦後長らくこの事実に目隠しされてきた。

「インパール作戦とインド・パキスタンの独立、そしてそれから・・・」
http://blogs.yahoo.co.jp/tatsuya11147/54643656.html
大清帝国の老化と無力化により、日本という小国は、ありとあらゆる無理を重ね、武装せる天皇制という戦争体制を創出し、---- (この百年間の日本人)
2013-12-23 17:44:19
火事を未然に防ぎ得た者は賢者である。燃え始めた火事を身を挺して消し得た者は勇者である。

だが、この百年間の日本人には、その賢者も勇者も生まれ得なかった。なぜなら、東亜百年戦争は、外からつけられた大火であり、欧米諸国の周到な計画のもとに、多少の間隔をおきつつ、適当な機会を狙って、次から次へと放火された火災であった。日本人は火災予防の余裕を与えられず、不断に燃え上がる火災の中で、火災そのものと戦わねばならなかった。そのために、自身悪質な放火者と間違えられ、非難もされた。多くの日本人が焼死した。鎮火の後、生きながらえた勇者もほとんどすべて全身に大やけどをうけた。五一五事件の背後に大川周明がおり、二二六事件事件の背後に北一輝がいた。

大清帝国の老化と無力化により、日本という小国は、ありとあらゆる無理を重ね、武装せる天皇制という戦争体制を創出し、強化することによって、いやでも東亜諸国を「代表」して、戦闘には勝ったが戦争には勝てなかった百年戦争を戦い続け、完敗して戦場を去り、戦士の鎧を脱ぎ捨てた。日本という戦士は今、歴史の舞台裏で休息している。約百年来、はじめての休息である。今初めて、家庭を振り返り、産業と内需と貿易の充実を考え、内政を整え、近代化に向かって進む余暇を与えられたのだ。http://d.hatena.ne.jp/kirinta8183/20131104/1383553855
白人優位主義は幻想 (Unknown)
2013-12-23 18:37:51
アジアの白人支配を日本が解放したというのがネトウヨの理論武装のようですが、もし白人が有色人種を奴隷にしたり搾取したりしたのが不当だというのなら、従軍慰安婦も不当だということになってしまいますよ。どちらも商行為だし、自由契約でした。
黒人奴隷を売ったのは黒人だったことが明らかになっています。黒人と言ってもいろいろな部族があり、頭のいい部族から未開な部族まであります。頭のいい連中が未開なのを捕まえてきて白人やアラブ人に売っただけです。白人が奴隷狩りをしたわけではありません。
アジアでも同じことです。国家という概念がなかったので、土着の有力者が自分の土地や隷属民を白人に売っただけです。アジアの国々はほとんど存在していなかったので、白人がアジアの国を侵略したわけではありません。白人に近代国家というものを教えてもらったことで、アジアのほとんどの地域は未開野蛮な状態から抜けっ出すことができました。日本だって同じです。アメリカの権益を認めて謙虚にしていれば戦争もしなくてすんだのですよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

天皇陛下80歳 (インターネット政党 「ネット des 新党 」 のブログ~政治をグーグル化する~)
〔画像:2013年12月23日 産経新聞〕  80歳になられた天皇陛下は自動車の運転もされるのだ。  愛車は画像にもあるようにホンダの「インテグラ」。1991年式の、しかもマニュアル・ミッションである。  車に詳しい人に「91年モデル、ホンダ・インテグラのMT」につい....
次期練習機T-Xは最低2年は凍結 (東京の郊外より・・・)
13日、米空軍のRand教育訓練コマンド新司令官は、T-38ジェット練習機約350機の後継機となる「T-X」計画について、「懸命に要求性能等について検討中で、空軍司令部とも相談しているが、2014年度と15年度予算には組み込まれない」と明言
ユドヨノ大統領からのクリスマス・プレゼント (インターネット政党 「ネット des 新党 」 のブログ)
 〔画像出典:http://goo.gl/zZ7bs9〕  今日になって初めて知った。  12月14日の「しんぶん赤旗」に掲載された極めて重要な記事は、今世界で一番求められている最高の「クリスマス・プレゼント」に違いない。  12月13日、東京都内で講演したインドネシアのユドヨノ大...
【販売終了】ABPゴースト~驚くほど自然な記事を投稿する究極のブログツール~ (株式などの情報を収集)
日本軍は、大英帝国を崩壊させた。イギリス国民の誰一人として夢にも ...株式日記」では大東亜戦争については、アジアの植民地の解放と人種差別撤廃のための解放戦争だと書き続けてきました。当初はそれなりの反...
学生や軍部に共産思想が蔓延していることが危惧されていた時代~... (しばやんの日々)
以前このブログで、1928年のコミンテルン第6回大会でのレーニン演説を紹介した。 「帝国主義相互間の戦争に際しては、その国のプロレタリアートは各々自国政府の失敗と、この戦争を反ブルジョワ的内乱戦たらしめることを主要目的としなければならない。… 帝国主義戦争....