株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

オバマ米政権がアフガニスタンやイラクで、「無人機戦争」を推し進めている。

2010年05月01日 | 外交


by CyberBuzz

オバマ米政権がアフガニスタンやイラクで、無人航空機を飛ばし
武装勢力を掃討する「無人機戦争」を推し進めている。


2010年5月1日 土曜日

ミサイルを搭載した無人機「MQ−9(死神)」


米無人機空爆で9人死亡=パキスタン 4月26日 時事通信

【ニューデリー時事】パキスタン北西部、部族地域の北ワジリスタン地区で24日から26日にかけて、米無人機が武装勢力の拠点を複数回空爆し、同勢力のメンバー9人が死亡した。地元部族関係者が明らかにした。死者はさらに増える可能性がある。
 無人機が空爆したのは同地区の主要都市ミラムシャーから約20キロ離れた町。パキスタン治安当局者がAFP通信に語ったところによると、26日の標的は地元武装勢力指導者の部下が使用していた施設で、3発のミサイルが撃ち込まれたという。(2010/04/26-19:05)


オバマの無人機戦争/1(その1) 4月30日 毎日新聞

◇無人機爆撃、本土で操縦 民間人の被害拡大

 オバマ米政権がアフガニスタンやイラクで、無人航空機を飛ばし武装勢力を掃討する「無人機戦争」を推し進めている。「米兵士が死なない」「低コスト」とされる軍事策だが、巻き添えとなる民間人の被害が深刻化、その手法を疑問視する声も噴出している。現実感が希薄となっている最新のテロとの戦いの問題点を報告する。【ワシントン大治朋子】

 ◇自宅から出勤「午前はアフガン、午後イラク」

 米国本土の基地から衛星通信を使い、1万キロ以上離れた戦地で無人航空機を飛ばす。兵士は自宅で家族と朝を迎え、基地に出勤。モニター画面に映る「戦場」で戦い、再び家族の待つ家に帰る−−。

 「午前中3時間はアフガンで飛ばし、1時間休憩する。午後の3時間はイラクで飛ばす。米国にいながら、毎日二つの戦場で戦争をしていた」。イラク戦争が始まった03年、米西部ネバダ州ネリス基地で無人機のパイロットをしていたジェフリー・エガース大佐(48)が振り返る。

 「迫撃弾が発射された。やつらを仕留めてくれ」。04年、戦闘が激化したイラク中部のファルージャ。大佐は現地からの要請に応え、無人機「プレデター(捕食者)」の操縦席で、レーダーの示す発射地点を確認、操縦かんを倒し航行させた。

 巨大なプラモデルのような機体(翼幅約17メートル、長さ約8メートル、重量約512キログラム)の時速は約130キロ。現場上空に到着し、モニターに浮かぶ男たちに照準を定めるまで、わずか9分。左手で安全ロックを解除し、右手の操縦かん頭頂部にある赤いミサイルボタンを押す。画面いっぱいに土煙は広がり、「武装勢力は、姿を消した」(エガース大佐)。

 「瞬きしない目」。空軍は無人機をそう呼ぶ。24時間の連続飛行も可能。夜間は赤外線カメラが、武装勢力を探す。プレデターの機体価格は約450万ドル(約4億3000万円)でF22戦闘機の約85分の1だ。昨夏、空軍が作成した長期計画書によると、「2012年をめどに、一人で同時に4機の操縦を目指す。人件費56%の削減が可能」。最終的に目指すのは「無人機を操縦するロボット」の開発だ。

 「無人機はなぜ、罪のない人々を殺すのか」。昨年末、米南部ニューメキシコ州で開かれた講演会で、反戦市民団体が空軍幹部に食ってかかった。観客席にいた空軍中佐が振り返る。「立ち上がって叫びたかった。『無人機の攻撃は正確だ。照準の3メートル近くの人が無事なのを、この目で見てきた』と」

 だが、米陸軍士官学校のゲーリー・ソリス元教授は「軍服を着ない武装勢力と市民を映像だけで区別するのは難しいはず」と指摘する。国連アフガニスタン支援ミッション(UNAMA)によると、09年に戦闘に巻き込まれて死亡した市民は2412人。4人に1人は、米軍の無人機を含む空爆などの犠牲になっている。

 毎日新聞が入手した空軍の集計値によると、オバマ政権が発足した09年、アフガンで無人機プレデターと新型の「リーパー(死に神)」が投下した爆弾は219個。08年(183個)の1・2倍で、07年(74個)の約3倍だった。今年1〜3月末は計52個で、昨年と同ペースとなっている。

 オバマ大統領は、パキスタンでの米中央情報局(CIA)による無人機空爆も拡大。米シンクタンクによると、04年から今年4月16日までに最大1314人が死亡し、うち3割(378人)は民間人で、民間人の約半数がオバマ政権下で犠牲になった。国連人権理事会のフィリップ・アルストン特別報告者は、民間人被害を重視。「国際人道法に違反する疑いがある」と話し、6月の同理事会で改善を求める方針だ。

◇「標的殺害」根拠に疑問 CIA、人違いでも秘密に処理

 01年9月の米同時多発テロをきっかけに、ブッシュ前政権は無人航空機でテロリストを暗殺する「ターゲテッド・キリング(標的殺害)」を開始した。オバマ大統領は、その対象や地域を拡大させている。だが、法的根拠や効果を疑問視する声は強く、武装勢力の報復など「新たな脅威」を招く危険性や、米国民の戦争への無関心化も指摘されている。

 米同時多発テロの数日後、ブッシュ大統領(当時)は一通の「覚書」に署名した。米中央情報局(CIA)に対し、国際テロ組織「アルカイダ」幹部らの暗殺を許可する文書だった。米メディアによると、CIAの無人機は02年2月、アフガニスタンでアルカイダ指導者のウサマ・ビンラディン容疑者とみられる「背の高い男」ら3人を殺害したが、別人だったという。

 「(誰を殺すかという)判断は、本質的に、何者かに対する死刑宣告と同じだ」。ポール・ピラーCIA元テロ対策担当が指摘する。だが「人違いと判明しても、秘密情報として処理されるだけ」(元CIA職員)だ。

 CIAは誰を、どのような根拠で殺害しているのか、民間人被害も含め一切説明しない。ブッシュ前政権は批判を受けると、同時多発テロの直後、議会が承認した「武力行使容認決議」が法的根拠だと訴えた。「米国に対する国際テロを防ぐため、大統領に必要な軍事力の使用を認める」との規定があるからだ。

 しかし国際法の観点からは、その軍事力も無制限ではない。世界各地の非合法殺害(処刑)について国連人権理事会に報告するフィリップ・アルストン特別報告者は、昨年6月と10月、米のパキスタンでの無人機攻撃が、市民と戦闘員を区別し過剰な民間人被害を回避するよう定めた国際人道法に「違反する疑いがある」と報告した。オバマ政権は前政権と同じ説明をするだけで、アルストン氏は「オバマ大統領には変化を期待したが、失望している」と話す。

 ◇兵士は死なず、国内の関心低下 オバマ政権で拡大

 「オバマ政権による無人機を使った標的殺害は、その地域も対象者の数も、ブッシュ政権時代を上回る規模だ」。元米海軍幹部(情報担当)のウェイン・マドスン氏が指摘する。

 オバマ大統領は就任以来、アフガンに計5万人余りを増派した。だが09年の戦闘による米兵死者(263人)は、08年(132人)の2倍。今年3月末までにすでに76人が死亡し、過去最悪のペースを更新し続けている。

 治安の悪化に歯止めがかからない状況の中、オバマ大統領は「米兵の死なない」無人機への依存をさらに強めている。

 昨年末、「テロリストの本拠地がある」としてパキスタン南西部バルチスタン州にCIAの空爆を拡大したが、人口密集地のため、民間人被害が急増している。

 最近は、アルカイダ幹部が「ソマリアやイエメンの武装勢力と連携している」として、無人機の本格的な派遣を検討している。

 アルストン氏は「米国のやり方は、中国やロシアなど他国にも都合のよいものになる」と懸念する。国際人道法を無視し、過剰な民間人被害を伴う標的殺害をエスカレートさせる米国の姿勢が、他国に同様の攻撃を正当化させる根拠を与えることになると危惧(きぐ)する。

 無人機戦争の拡大が、むしろテロリストを米本土に呼び寄せる危険性も指摘されている。インド人イスラム教徒で米ブルッキングス研究所の元研究員、ムバシル・アクバル氏は「米兵が怖がって戦場で戦わないなら、むしろこちらから米国に乗り込んで殺そう、と考えるテロリストが増えるのではないか」と予測する。

 米兵被害の減少が、米国内における戦争についての関心や議論を低下させる可能性もある。メアリー・ダジアック南カリフォルニア大教授は「民主主義国家としてのチェック機能を低下させるだろう」と指摘している。【ワシントン大治朋子】



(私のコメント)
日本のニュースではイラク戦争やアフガニスタンの戦争はほとんど報道されないのですが、アメリカ経由の断片的なニュースしか入ってこない。無人機による空爆で地元武装勢力9人を殺したというニュースも小さな記事でしかない。しかしどうして地元武装勢力が殺されなければならないのかよく分からない。どうやって一般市民と反米ゲリラを判別しているのだろうか?

おそらく車などの出入りの多い家を反米武装勢力と勝手に判断してゲリラのアジトだとみなしているのだろう。このような地域をマスコミの記者が入っていて取材するのは不可能だし、テレビカメラをRPGと間違えて殺されたロイターの記者もいました。オバマ大統領はこのような作戦を強化してロボット戦争を進めているのだ。

このように相手を確かめもせずに反米武装勢力とみなして殺害していますが、無人機を操縦しているのは1万キロ以上も離れたアメリカ本土の空軍基地からなのだ。無人機はパイロットがいないから機体を軽く機能的に作ることが出来る。24時間も上空に滞空して目に見えないほどの高度からミサイルを撃ち込んでくる。

それに対して武装勢力は反撃する事ができないし、このような非合法的な殺害事件を世界に批判してもマスコミは取り上げてくれない。たとえゲリラが対空ミサイルを手に入れて無人機を撃墜したとしてもアメリカ軍は痛くも痒くもないのだ。

無人機は有人機に比べてきわめて安く作ることが出来る。F22は一機200億円とも300億円とも言われますが、無人機は一機数億円で作ることが出来る。パイロットも一人養成するには数十億円もかかりますが、無人機はオペレーター操作をする人がいれば誰でもいい。ゲームセンターで高得点を取れるような人なら誰でも出来る。

近い将来において戦争は無人機や無人戦車で行なわれるようになるかもしれない。まさに将来の戦争はゲームセンターにあるような戦争ゲームと同じようなロボット同士の戦争になるかもしれない。それは宇宙空間なら誰にも気がつかれずに戦争は始まりそして終わるような戦争かもしれない。

数年前に中国は人工衛星を打ち落とす実験を行いましたが、宇宙空間にはGPSなどの衛星や偵察衛星や通信衛星など軍事的に重要な衛星が沢山飛んでいる。宇宙戦争はそれらの衛星を打ち落とす戦争になるだろう。無人機などはGPSや通信衛星があるから遠隔操作ができるのですが、それらの衛星が打ち落とされれば無人兵器は役に立たなくなる。

将来の国防軍は兵士の数よりも無人兵器の質と量が決めるのかもしれない。核ミサイルなどは使えば人類の滅亡をもたらすから使うに使えませんが、無人機などはアフガニスタン戦争のような限定戦争には使えることが証明された。敵は市民も兵士も見分けがつかないからロボット兵器に殺させれば市民が死んでも事故扱いに出来る。

しかしこのような無人兵器は諸刃の剣であり、安くどこの国でも作ることが出来るから、国籍不明の無人機が大統領暗殺に使われることもあるかもしれない。ミサイルを発射した後で自爆させてしまえば証拠は残らない。無人機はアルカイダの幹部を殺す事もできればアメリカ大統領も殺す事ができるだろう。

9・11のテロ事件も一説には無人機のよるテロだという説もあります。ペンタゴンを破壊したのは爆弾を搭載した無人機だとしか考えられない。そうだとすればアルカイダが無人機を操作する事は考えられず、実行犯はアメリカ軍部内部にいる事になる。ペンタゴンに残された機体の残骸が写真すら公開されないのはどういう事なのだろうか?

9・11テロの飛行機も無線操縦されたものだという説もありますが、無人機の技術を使えば旅客機を無線操縦する事はわけないだろう。GPSで目標位置をセットすれば自動操縦されて目標に衝突する。つまり9・11テロとアフガニスタンで行なわれている無人機による攻撃には共通性があるのかもしれない。

イラクやアフガニスタン戦争でこのような一般市民を巻き添えにするような無人機によるミサイル攻撃は非難されてしかるべきだ。もしテロリストがこのような無人機やミサイルを手に入れてホワイトハウスを攻撃する事もあるかもしれない。非常に小型の無人機も作れるからガレージの中で組み立てる事もできるだろう。


ヤマハ発動機ヘリ不正輸出…9カ月間の輸出禁止の行政処分 2007年5月14日 レスポンス

経済産業省は、ヤマハ発動機が外国為替及び外国貿易法に違反していたとして、同社に対して無人ヘリコプターの輸出禁止9カ月間の行政処分を行うと発表した。処分に関連し、輸出管理体制の改善を求める警告も行った。

ヤマハ発動機は、軍事用途に使われる可能性がある無人ヘリコプターを本来なら許可が必要だった中国の人民解放軍と関係のある会社に輸出したとして同法違反に問われ刑事告発されたが、社員3人は起訴猶予、会社は罰金刑となった。

同省では、同社が輸出管理意識・体制の点で問題があったとして、無人ヘリコプターとその付属品及び部品について5月18日から2008年2月17日までの9カ月間、輸出禁止の処分を実施する。

ヤマハ発動機では行政処分について「当社としては、輸出管理体制が不十分であった事を重く受け止め、昨年5月に設置した安全保障貿易管理本部のもと、今後、輸出管理体制の更なる強化に努めてまいります。また、コンプライアンス体制の推進など、社会の信頼を回復するための諸施策について、全社を挙げて取り組んでまいる所存です」とのコメントを発表した。



(私のコメント)
米軍の無人機ほどではないにしても民間でも無人操縦の飛行機を作ることは可能だろう。テロリストが米本土に忍び込んで無人飛行機を組み立てて爆弾を積んでGPSで目標を設定すれば安価な巡航ミサイルを作ることが出来る。イラクなどでは自動車に爆弾を積んで自爆テロが頻発していますが、自爆テロだと米本土内でも防ぎようがないだろう。

だからアメリカは出入国を厳正に管理するようになり、もとの大らかなアメリカに戻る事はないだろう。テロとの戦いを始めたら最終決着がつく事はなくテロリストとの報復合戦は止む事はないだろう。イラク戦争やアフガニスタン戦争はテロリストを作り出しているようなもので、家族を失った遺族がテロリストになっている。アメリカ人やイスラエル人はもはや永久にテロとの戦いを止めることが出来なくなった。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (41)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民主党は、肩たたきを廃止すると... | トップ | 日本軍政当局は、タガログ語の使... »
最近の画像もっと見る

41 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (TORA)
2010-05-01 15:53:24
ブログに無関係なコメントは削除します。
Unknown (Unknown)
2010-05-01 16:31:40
無人機開発も長期間をかけてようやく実戦証明の段階までたどり着いたことになる。

イラク、アフガン戦争はこれらの無人機を従来の偵察任務のみから攻撃任務を本格的付加とできた非常に有意義なものとなった。

しかし、無人機はまだ正規の一流空軍戦闘機との間ではまだまだである。
またグローバルホーク、プレデターなどは、巡航ミサイルと同様、回避能力の問題などから、撃ち落とされる可能性が高い。


ただ、テロ用にはもってこいであろう。

その他、地上にばらまく昆虫型の情報収集無人兵器なども研究されている。

テロとの戦いにも、技術的には勝利する可能性はあるかもしれない。
Unknown (Unknown)
2010-05-01 16:42:35
人的被害を最小限に抑える意味でも、これからは
UGV(無人陸上車両)、UAV(無人航空機)、UUV(無人潜航艇)といった兵器が
どんどん開発されていくのでしょう
自衛隊もTACOMの名で、主に偵察用として無人航空機を開発しています

Japan JASDF "TACOM
http://www.youtube.com/watch?v=RmysvZ2VfAA&NR=1
相手が先進国だと使えない (北海の皮熊)
2010-05-01 17:16:40
無人機からカメラの動画信号を常に受信しないとリモートコントロールはできない。
敵がハイテクの軍隊であれば、このような信号を感知して逆に攻撃の標的となる。
敵から強力なジャム電波を発信されればコントロール不能となる。

無人機に高度な人工知能を持たせて、自律的な行動ができれば攻撃される可能性は少なくなるが、誤爆の恐れが強くなる。

いずれにしても、何のためにアメリカがアフガンで殺戮をしているのか不可解である。

お得意の両建て戦略の臭いがする。
ビン・ラディンはCIAのエージェントであることは間違いない。
イランのアフマディネジャド大統領もかなり怪しい。
異常にアメリカを挑発する言動が気になる。
大統領の写真であの手のサイン(まことちゃんのグワシに良く似た指のかっこう)が見られるところがその証拠だ。
イランの挑発でイスラエルと戦争が起こるなら、やはり分割統治・両建て戦略である。
いつも犠牲になるのは、罪もない市民と何も知らない兵士である。

Unknown (Unknown)
2010-05-01 17:25:56
プレデター無人機は砂漠の国で攻撃機として使用されているが、
砂漠や海などでは活躍できるということだろう。

ひるがえって22DDHという多機能護衛艦。
250m×38mという翔鶴、瑞鶴と同クラスの全通飛行甲板をもつ本格空母に近い護衛艦である。

それもレシプロ艦載機ならではのはなしであるが、

しかし。

プレデターは両翼15mまたは20mの無人機で、武装は200kgから360kgである。

プレデターを艦載機に改装できるならどうだろうか。

レシプロ空母として馬鹿に出来ない事が分かる。プレデター進化型が「ロボット艦載機」に姿を変えて量産されることは自明である。
そしてそれは海でこそ真価を発揮しそうである。
日本はロボット艦載機を量産して、
大東亜戦争正規空母型の22DDHを
攻撃型空母として生まれ変わらせることが出来る。

これは旧帝国海軍の夢を追って言っているのではなく、迫り来る中国機動部隊の悪夢に対抗するために言っているのである。

アメリカ原子力空母の補完以上の意味はない。


Unknown (ponpon)
2010-05-01 17:58:09
日本の植民地化に成功したアメリカが中東を攻略出来ないんですか?中東は日本よりもスゴイってことになりますけど…。
Unknown (某電気屋)
2010-05-01 18:52:47
中東諸国は国という形をとった部族国家だから。
江戸時代のままだと思った方がいいよ
アメのやり方は先進国、少なくとも国家として成り立ってるところには通用する。
こういうところにはイギリス方式が望ましいんだが、アメちゃんそんな悠長な余裕がない(短期に回収するのが目標)のだ。
損して得取れ勘定ができんのよねw
たしかに中東のやつらは凄いが、あいつらもとりあえずもらうもんもらっとけばいいのに、つっぱっちゃうからなあ。宗教がカラむと収拾つかんわ
Unknown (えんき)
2010-05-01 18:56:00
無人兵器を使えば、海洋国も大陸国並の大陸軍を造ることが可能になるのかもしれない。
Unknown (Unknown)
2010-05-01 19:14:35
日本は哨戒、監視任務に無人機を早急に導入できるよう、開発・評価を急ぐ必要がある。

不審船、島しょ、海岸線の監視には衛星では精度の面からも不十分であるし、哨戒機では手間がかかる。

哨戒機をコントローラーとすると無人機も効果的である。

とにかく兵器の開発には時間とカネがかかる。
軍隊の無人化というスローガンを言うのは簡単だが、実現するには今の予算では50年はかかるかもしれない。

ただ、米軍のおかげで効果が認められたので、開発を急げばよいという論理もあるが。

Reアメリカ人やイスラエル人はもはや永久にテロとの戦いを止めることが出来なくなった。 (Unknown)
2010-05-01 21:39:26
まだ、ハリウッド映画を映画館とかで見ている人いるのかね?なんかさ、もう、感じなくなったね。いわゆる幻滅したと言うか、そうゆう事がアメリカには一番問題だと思う。
Re日本は哨戒、監視任務に無人機を早急に導入できるよう、開発・評価を急ぐ必要がある。 (Unknown)
2010-05-01 21:41:53
じゃなくて、自衛官と中国人の結婚を禁止にしないと、なんの解決にもならない。
Re中東は日本よりもスゴイってことになりますけど…。 (Unknown)
2010-05-01 21:52:45
違うでしょ、日本は天皇がやめるといったから、戦争やっても、しょうがないっことで、日本国民もやめた。天皇は凄いと言う事で世界は認識している。チェイニーの言ったことを真に受けちゃダメでしょ、プロパガンダの一貫なんだから、玉音放送のドケ座映像をニュースで流しまくって、イラクもこうなるみたいな、かえって日本好きアメリカ人を増やしただけ。
Unknown (Unknown)
2010-05-01 22:11:50
インディアンの大量殺戮から始まったのろわれた国アメリカ、自爆しておいてそれを相手になすりつけ、戦争を仕掛ける破廉恥な国アメリカ、アメリカある限り、世界は物質的にも精神的にも破滅へと向かうであろう、悲しいことだが。
Unknown (Unknown)
2010-05-01 22:44:09
軍事用無人機技術に関する米国と日本の差はどのくらいあるか。
日本の潜在技術力は高いが、軍事用としてはかなり遅れている。

実際に運用して初めてわかる問題点も多く、
このままでは、まずいだろう。

しかし、この技術開発にしても、中国、韓国のスパイが政治をやっている状況では、筒抜けということだろう。

自主防衛云々を言って、それっきり思考停止するようなことではだめで、現実から何をいかに改善するかを決め、積み重ねていくことが必要だ。

まず第一歩はスパイ防止法の制定、次は防衛費の最小限2割増し。

これで防衛の近代化を図り、次は憲法改正で集団自衛権の明確化となる。

test282 (masa)
2010-05-01 23:45:33
>数年前に中国は人工衛星を打ち落とす実験を行いましたが、
>宇宙空間にはGPSなどの衛星や偵察衛星や通信衛星など軍事的に重要な衛星が沢山飛んでいる。
>宇宙戦争はそれらの衛星を打ち落とす戦争になるだろう。

それの少し前に日本と中国の衛星が停止した。アメリカの攻撃かと思っていたところ、中国の衛星爆破、アメリカの弱腰のツッコミで確信に変わった。ステルス衛星とかも打ち上げているし、アメリカの宇宙戦略はかなり進んでいる。

陰謀論で申し訳ないけど、スペースシャトルのコロンビア号爆破も嘘だと思う。彼らは宇宙に残って兵器の実験をしていたと思う。宇宙ステーションも一時期は定員がロシア人一人という時期があった。一人にしては空気や水の消費が激しかったと、どこかに書いてあった。
Unknown (Unknown)
2010-05-01 23:52:21
レベル低い使い回し記事ボログはCO2の無駄じゃのう・・・
ロボット3原則(アイザック・アシモフ) (ひよこ)
2010-05-01 23:55:24
第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。
第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。
test283 (masa)
2010-05-01 23:59:25
>UGV(無人陸上車両)、UAV(無人航空機)、UUV(無人潜航艇)といった兵器が
どんどん開発されていくのでしょう

コンピュータが得意な分野は人間が不得意な分野、人間が得意な分野はコンピュータが不得意な分野であることが多い。人間とコンピュータは補完関係にある。

私は有人機+無人機(複数)という組み合わせになると思う。無人機+電波では途中で妨害されれば全てがダメになる。有人機からの近距離通信なら妨害される心配は無い。
test284 (masa)
2010-05-02 00:05:28
>次は防衛費の最小限2割増し。

最近このBLOGでも話が出てきるように、東シナ海のガス田からの収益を10年物の債券にして毎年10兆円ほど発行してはどうか?すべて軍事に当てれば中国から東シナ海のガス田を守ることが出来る。
Unknown (Unknown)
2010-05-02 00:35:07
米軍のEPは他国の追従を許さないレベルである。
低レベルのEAなど問題ではない。
そもそも、通信手段は電波だけではない。
だから、米軍のUAVは戦場を縦横無尽に飛び回っているのである。
常識である!!!
あまりにも無知なコメントがあるようだ。軍事ヲタのみなさん。もっと叩いてやってください!
Unknown (Unknown)
2010-05-02 01:12:45
>ブログに無関係なコメントは削除します。

「立小便禁止」みたいで受けた。
ん〜 いいんじゃないか。施政方針演説。
tora氏も無人機に誤爆されないよう注意してくれ。
Unknown (Unknown)
2010-05-02 01:16:07
写真はプレデターではなくリーパーだろ。
Unknown (Unknown)
2010-05-02 03:05:00
大日本帝国は大空襲で主要都市は焼け野原にされ、大勢の市民が殺され、工場は破壊され、補給は断たれ、2発の原子爆弾で大量殺戮が行われた。選択としては、降参するか、民族滅亡かの2択で、降参した。
中東は原子爆弾も落とされていない。大日本大国と同様な状況に追い込まれても中東がアメリカに対抗できるなら、すごいということになる。
問題は、日本人がこれで去勢されたのかどうかだ。
アメリカは日本軍人だけでなく一般市民も大量殺戮し、原子爆弾まで使って、未だにゴメンがない国ということ。ソ連は日ソ不可侵条約を突然破って、北方領土を占領した国。
もしもの時には、そういう行動をとる国々であることを忘れないようにしよう。

日本が核武装をしたとしても、日本は日本人だけのものではない、とか、自分には国家というものがよくわからない、とかいうような総理大臣を選出しているようでは、だめじゃないかなあ?あぶない人に核のボタンを預けるような気がする。もうちょっとまともな政治家を選ぶように、我々の努力と見識が必要と思う。

兵器開発<機密保持 (普通の日本人)
2010-05-02 03:47:06
 現時点で専守防衛の自衛隊においては、実戦で無人兵器を試す機会がありませんので、あまり力を入れるのもどうかと思います。一朝一夕でなしえない人間のスキルの維持が優先されるべきで、無人兵器のウェイトは5分の1ほどで考えるという割合でどうでしょうか。
 兵器開発はもちろん重要ですが、我が国では機密保持に大きな不安がありますから、こちらを完璧にしないとなにをやっても無駄ではないでしょうか。
 イージス艦の機密漏えいは中国人妻を持つ自衛官によるものでしたし、「自衛官の個人情報20万人分(?)の100万円で売却」事件も、もともと国家国民に対する忠誠心がかける人物だという話もあります。
 国はもっと自衛官を大事にすべきでしょう。変な話ですが、自衛官お見合いキャンペーンなどしてはどうでしょうか? 自衛官のステータス向上による国防意識の高揚をはかるべき時節にきていると思います。
Unknown (Unknown)
2010-05-02 04:29:28
自衛官を大切にするのも悪くはないのだろうが、防衛機密の漏えいを防止するのなら、まず、スパイ防止法!
これさえあれば、今日にでも検挙できる対象者がたくさんいる。
ま、ET鳩山じゃこの法律は無理だろうがね。
在日企業 (Unknown)
2010-05-02 08:28:38
積水ハウスとは何者?
企業理念 (平成元年1月制定)
1.人間愛・・・・・・・・・・・私たちの根本哲学
人間は夫々かけがえのない貴重な存在であると云う認識の下に、相手の幸せを願いその喜びを我が喜びとする奉仕の心を以って何事も誠実に実践する事である。

本当は逆勾配とぐり石が流れ出て生活廃水が詰まってるだけなんだがそんなことをいったら数百万、あるいは千万単位の損害賠償問題になってしまうからね。

数年するとオーナーが詰まるのがおかしいと言い出した。
表ざたにされると困るので、在日社員を派遣し因縁をつけさせて黙らせ、適当に新工事と誤魔化してお金を払わせ、その金で逆勾配を直させる方針になった。

在日相手にまともに対抗できる人なんて法律関係者でもそういない。
ましてやマンションオーナーは大半が年寄り夫婦か独り者だ。
脅しと訴訟をちらつかせて客が金を払ってこの問題は片付くはずだった。
http://www.sekisuinezumi.com/
Unknown (Unknown)
2010-05-02 09:37:52
参議院選挙が今行われたらどの党を選びますか?投票一覧http://www.zaitokukai.info/modules/xoopspoll/
90人の朝鮮系 国会議員を放置している日本は、異常事態だ、正気を奪還しよう! 
彼らの---> 人口比率の適正人数は「2人以下」で十分だ!
http://ameblo.jp/kororin5556/entry-10511034876.html
アレレ? は 野放し、放置はいけませんヨね!


Unknown (Unknown)
2010-05-02 09:37:59
参議院選挙が今行われたらどの党を選びますか?投票一覧http://www.zaitokukai.info/modules/xoopspoll/
90人の朝鮮系 国会議員を放置している日本は、異常事態だ、正気を奪還しよう! 
彼らの---> 人口比率の適正人数は「2人以下」で十分だ!
http://ameblo.jp/kororin5556/entry-10511034876.html
アレレ? は 野放し、放置はいけませんヨね!


Re無人機「MQ−9(死神)」 (Unknown)
2010-05-02 09:42:10
死神とか、人を人と思っていないよね。騎士道、武士道精神ないよね。リンドバーグの日記みたいに、飛行機から山中に突き落としたり、機銃掃射したり。だから、生粋のアングロサクソン、純粋なゲルマン、純粋な大和(団魂世代の長男じゃない奴抜き)世界三極体制で世界を管理しろと言っている。
騎士道、武士道精神 (Unknown)
2010-05-02 09:45:45
確かに、他の人種だと、剣で食用肉を包丁の代わりに使いそうだものね。
Unknown (Unknown)
2010-05-02 10:19:53
近未来最先端軍事テクノロジー
h ttp://www.f5.dion.ne.jp/~mirage/hypams04/uav.html

■UAV(Unmanned Air Vehicle : 無人航空機 )

UAVは無人飛翔体或いは無人航空機と呼称される遠隔操縦又は
高性能コンピューターを搭載し自律飛行を行う無人の航空機である

■UGV(Unmanned Ground Vehicle : 無人陸上車両 )

無人の陸上車両は、偵察能力ではUAVに劣る為極至近距離の偵察にしか
活用されないが、有人では危険が伴なう地雷原啓開作業やNBC汚染地域の
情報収集や除去作業等に今後期待がもたれている。

この他にも拠点防衛用の攻撃用UGV等が提案されているが
敵味方識別方法等開発されるには課題が多く実現性は低い。


■UUV(Unmanned Underwater Vehicle : 無人潜航艇 )

UUVは、遠隔操縦の有索UUVと高性能コンピューターによって
あらかじめプログラミングされた海域及びコースを自律航行する無索UUVに
大別出来る無人潜航艇である。

主に海上・海中の機雷掃海作業に利用されている。 機雷処理作業には
機雷捜索用のUUVと機雷を実際に処理するUUVが存在し
前者では、米海軍の機雷偵察システムNMRSが実用化している。

さらに後継となる次世代機雷偵察システムLMRSは完全な自律航行が
可能で潜水母艦から発進後はあらかじめ指定された海域の機雷捜索を行い
現在建造中のヴァージニア級次期攻撃型原子力潜水艦で運用を開始される
TORA氏に倣う (Oyaji)
2010-05-02 12:47:25
実名より写真の方が安全というTORA氏に倣おう。

民主党はマスコミにもっともっとお金をバラまくのだ。
そうすれば愚民どもは間違いなく支持してくれるだろう。

職業は政敵攻撃=政治評論家  
職業なんですから、貴賤はありません〜〜〜
職業なんですから、お金を払うヒトのために働きます

政治?

なんの関係もありません

民主党さん、お金を払って上げなさい。

そうすれば民主党の宣伝をしてくれます。

言論?そんなものマスゴミにはありません。宣伝期間ですから、ちゃんとお金を払いましょう。スポンサーは払っています。ただであなたみてるじゃありませんか!フリーペーパーは宣伝が収入源。あたりまえ。

それじゃNHKはどうなんでしょう。みんなからかね巻き上げているくせに、みんなが選んだ政権の攻撃を回りくどくしている。

おかねを払うのをやめましょう。。。

論理的にそうなりますね、NHKさん。。。。。

開始>
政治評論家・三宅久之等が「官房機密費」から年一千万円という多額の現金をもらっていた。なるほど。三宅等が「御用評論家」と言われながら大きな顔をしている理由がよくわかった(笑)。
ビートたけしが司会する「テレビタックル」という、毎週月曜日に放送される討論番組があるが、そこで、毎回のように登場して、もっともらしい顔と大きな声で「民主党批判」や「小沢たたき」を繰り返している三宅久之という元新聞記者の政治評論家がいる。最近、かつて自民党の策士として恐れられた野中広務が、自民党の官房長官時代の体験をもとに「官房機密費」の使い方に関する証言を繰り返している。その証言の中に、テレビ番組に頻繁に登場する「政治評論家たち」へ、毎年の盆暮れに、五百万円ずつ渡していたというものがあるが、現金をもらっている「政治評論家」の中に、三宅久之が含まれていることは間違いないと思われる。三宅が毎回のように繰り返す、かなり激しい「民主党批判」や「小沢たたき」の理由と動機がわかる。むろん、三宅だけの問題ではない。その他にも多数、いるはずだ。たとえば、岸井某、宮崎某、青山某、北野某、太田某、福田某・・・等も(???)。官房機密費という黒いカネに買収されている政治評論家・三宅久之等、あるいは政治的な発言を繰り返すテレビ・タレント等の名前を公表し、即刻、テレビ画面から追放せよ
終わり>

こういうのもある

開始>
捕まった11人のソマリアの海賊の裁判で、海賊の長いわく、
"We are doing God's work. We work for Lloyd Blankfein."
我々はGSのCEOために働いている、

The pirate, who said he earned a bonus of $48 million in dubloons last year, elaborated on the nature of the Somalis' work for Goldman, explaining that the pirates forcibly attacked ships that Goldman had already shorted.
昨年、自分は4800万ドル稼いだ、
自分たちが襲う船は、すでにGSが空売りした会社の船舶だ、

終わり>

ショックドクトリンと市場操作目的で、すべてかねのために動く秩序をつくってあるのに

日本から国民のために働く、正直で、賄賂の効かない、鳩山民主党、なんてへんてこなものが出てきて

たたきつぶせ、とNY金融資本?やその下部機関のCIAや、ふるほどうさんがお好きなペンタゴンやぶさいくどらごん??が思っても不思議は無いね。。

(歴史上、どのじだいをめくってもやくざさんはおかねのためにしかはたらきませんよ。。。。)

だから世界で影響力のある人物の上位に鳩山首相は来るのです

意外にNYの報道機関は正直なところもある。

見習いなさい、ゴミ売り新聞。。。。。
http://blog.ap.teacup.com/koushiyou/380.html
民主、逆風に必死の弁明 連合石川メーデー 参院選「正念場の戦い」 (愛信)
2010-05-02 12:52:19

http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/H20100502101.htm

戦後一貫して戦ってきた基地反対派のスローガンが沖縄から始め
よう共産主義革命、民主党の国会議員は共産革命を目指し、
小沢一郎幹事長がこの勢力を利用して日本人社会の破壊を行い、
朝鮮支那進駐軍よ再びの夢を描いている。この国を守る人々の
力を集めて自民党愛国保守派「たちあがれ日本」による愛国保守
政権を実現しよう。

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
Unknown (Unknown)
2010-05-02 13:53:54
>彼らは宇宙に残って兵器の実験をしていたと思う

あまりにも悲しいウソで泣けます。

アメリカの工作員はかわいそう。

てめえ 刺ね
そんな事、一言も言ってないだろ、ボケ。 (Unknown)
2010-05-02 14:24:50
実名より写真の方が安全というTORA氏に倣おう。>>そんな事、一言も言ってないだろ、ボケ。
Unknown (Unknown)
2010-05-02 16:37:33
米国の無人偵察機の虐殺が世界で横行してるが、その辺の注意点は
大丈夫だろうか・・・。


確かにテロとの戦いは、偽の情報を利用した自国軍隊と産経のボスで
あるロックフェラー財団が行ったと米国では告発されてますが。


とにかく、自民党が参加したテロとの戦いで無実のイラク人が
大量に殺害されているので、日本国民は小泉と竹中を裁判にかける
べきでしょうな。戦犯として。

イラクで米軍が民間人を虐殺する映像。とんでもないことだ。
http://www.youtube.com/watch?v=LkEuxKI9v0g


http://www.youtube.com/watch?

v=fnR2lMi6hM0&feature=PlayList&p=EFE5BE5D6F2C8604&playnext_from=PL&index=0&playnext=1


911は自作自演の証拠ビデオ。小型水爆炸裂で市警の無線機が半数突然壊れる。
http://www.youtube.com/watch?v=_almqZvnJrc

日本MIT会のボスであるロックフェラーが実行した9.11テロ自供
http://www.youtube.com/watch?v=EeWqlJHzcSo&feature=related

戦争よりも話し合いを。 (じゅん)
2010-05-02 19:16:51
戦いの連鎖では、だれかに恨みをかって、
いつかは、反撃されます。
無人機で攻撃できたら、
無人機で攻撃し返されるのです。
タイムズスクエアに爆発物を積んだ自動車が見つかったそうです。
無人機でアフガニスタンやイラクを攻撃するよりも、
自動操縦の自動車に爆発物を搭載して、
繁華街に運ぶほうが簡単です。
テロとの戦いは、戦争では抑えこめず
話し合いでオトシドコロを探るしかないのではないかな??
Unknown (Unknown)
2010-05-02 22:23:14
戦争は有史以来なくなっていない。
確かに第2次世界大戦レベルの戦争は発生していないが、今後も絶対に発生しないとはいえない。

これが現実であり、現実に対して対応する責任があるのは政府である。
Unknown (Unknown)
2010-05-03 22:47:33
打ちひしがれる超大国:日高義樹(ハドソン研究所主席研究員)
2010年5月2日(日)13:00

オバマ外交の完全な行き詰まり

アメリカは停滞する経済と失業のなかでも、世界の超大国として指導的な役割を果たしつづけようとしている。3月の終わり、私はフィリピンで行なわれたアメリカ海兵隊とアメリカ第7艦隊の合同演習を取材した。この演習は、佐世保を基地にする第7艦隊72揚陸艦隊の揚陸用空母エセックス、デンバー、ハーパーフェリーの3隻が参加し、沖縄の第31海兵遠征軍2000人の海兵隊員が演習を展開した。普天間基地からもヘリコプターや垂直離着陸戦闘機ハリアーが参加し、2010年の西太平洋におけるアメリカ軍最大の軍事訓練になった。

この訓練を見て私が気が付いたのは、これまでは燃料の石油やそのほかの費用をふんだんに使っていたアメリカ軍が、節約に心掛けていることだった。

海兵隊員たちはヘリコプターで移動せず、古い輸送艦LTCが兵員や機材輸送に活躍した。

「ハリアーを垂直に離陸させると燃料がかかるので普通の離着陸を行なっている」

海兵隊の作戦の指揮を取ったダムレン大佐がこういったが、アメリカ海兵隊の垂直離着陸戦闘機ハリアーは胴体の脇についたエンジンを下に向けて猛烈な噴射を行ない、滑走をしないまま垂直に飛び上がるのが特徴となっている。しかしそのためには膨大な燃料を必要とするとあって、せっかくの最新鋭の技術をも使わないで訓練が行なわれた。

アメリカはアジア西太平洋における軍事力をグアム島に集中させており、この夏には無人戦闘機2機が配属されアジア全域を監視することになっている。そして一方、沖縄を基地とする海兵隊と横須賀・佐世保を基地とするアメリカ第7艦隊はこれまでと同じように西太平洋各地で訓練を繰り広げている。最近では北朝鮮の猛烈な抗議のなかで、韓国で上陸作戦訓練が行なわれ、私が取材したフィリピンでの訓練の前、タイでもこれまでとほとんど変わらない規模と機動力を発揮した訓練が行なわれている。

こうした第7艦隊や海兵隊の訓練を見ているかぎりでは、キッシンジャー博士が主張しているとおりアメリカの軍事力に翳りはない。しかしながら、こうしたアメリカ軍の西太平洋における軍事行動と並行して展開されるべきオバマ外交は完全に行き詰まりを見せてしまっている。

これまでアメリカの軍事力にすべてを頼ってきた日本に新しい政権が誕生し、鳩山首相はいったん決まった普天間基地移転の取り決めに苦情を申し立て、話し合いがつきそうにもない。朝鮮半島ではこれまた日本と同じようにアメリカの強力な軍事力によって平和と秩序が保たれているにもかかわらず、オバマ大統領は韓国政府とのあいだの自由貿易協定を成立させることができないでいる。

「韓国はアメリカの牛肉の輸入を制限しており、話し合いが難航している」

アメリカのカーク通商代表がワシントンで記者団にこういったが、朝鮮半島の当面の敵対国家である北朝鮮は、核開発を続ける一方、オバマ政権との話し合いに応じる気配もない。

さらにまた中国は、人民元や国内の非人道的な政策についてオバマ政権が介入をしようとしないことから好き勝手を行なっており、アジアの人々から見るとオバマ大統領は中国におもねっている。

オバマ大統領の外交上の最大の失敗は、ロシアとの核兵器制限協定について相手側の主張によって引きずり回されていることだ。

この協定はソビエト連邦崩壊のドサクサのなかでブッシュ大統領(父親)が当時のゴルバチョフ大統領を脅し上げ、ロシアの移動式の核ミサイル開発を断念させたものだった。この協定に基づいてブッシュ大統領はロシア国内の核ミサイル製造工場のすぐ脇にアメリカ関係者の監視センターをつくり、ロシア側が兵器を不法につくったり動かしたりするのを防いできた。

しかしオバマ大統領を軽く見ているロシア政府は、この協定が時間切れになると同時にアメリカの監視員を追い出してしまい、ロシアは小型の、持ち運びに簡単な核ミサイルを自由につくれるようになった。

「ロシアが小型の新しい核兵器を世界のテロリストに売り渡している可能性は十分にある」

ハドソン研究所の学者はこう述べている。

アメリカが長引く不況と失業のなかでやりくりし、軍事大国として世界に軍事力を誇示し、いまなおアジア西太平洋の安全と秩序を守りつづけているのは事実である。アジア西太平洋におけるアメリカ軍は、日本にとってもアジアの国々にとってもなくてはならないものであるが、オバマ大統領はその軍事力をうまく使って外交を展開することができない。
123456789123456789123456789123456789123456789123456789123456789123456789123456789 (Unknown)
2010-05-20 16:13:10
.
12345678912345678912345678912345678912345678912345678912345678912345678912345678912345678912345678912345678912345678912345678912 (Unknown)
2010-05-20 16:15:14
.

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ラスベガスでタリバン狩り -無人機による空爆 (マスコミに載らない海外記事)
2006年9月 Atlantic Robert D. Kaplan スロット・マシーンから、わずか数分のところにあるトレーラーで、空軍パイロットが、イラクやアフガニスタン上空のプレデター無人偵察機を操縦している。現代軍事テクノロジーの脅威と限界に関するケース・スタディ イラクとアフガ...