株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

サムスンは、日本企業から多数の技術者を高額の報酬でヘッドハントし、容赦なく切り捨てる

2016年10月13日 | 経済

サムスンは、日本企業から多数の技術者を高額の報酬でヘッド
ハントし、使い物にならなくなったと思ったら容赦なく切り捨てる


2016年10月13日 木曜日

最新スマホが販売中止のサムスンに必要なこと 10月13日 佐藤登

 

9月21日のコラム「なぜサムスンの最新スマホは爆発したのか?」には大きな反響があった。当日のアクセス件数は1位。上位の方に位置するだろうとは思っていたものの、1位となったのは意外であった。また、コメントは19件いただいたが、受け止められ方はまちまちであると感じた。

 コラムを見たフォロワーの方から「続編を書くべき」とも言われ、「サムスン側が原因について言及したら、それを受けては書くことができる」と約束した。しかし、事故が起きてから2カ月近く経つのに、サムスン側からは原因についていまだに明らかにされていない。

 日本経済新聞ソウル支局の山田健一氏が10月7日の夕刊に、「傷ついたブランドイメージを回避するには、発火原因とされるリチウムイオン電池(LIB)の詳細な事故原因を特定し、明らかにすることも求められる」と記している。事故に対したサムスン電子が全世界250万台のリコールを早期に決断したこと、そして新品に交換する手続きなどは極めて早く、その行動には韓国特有のスピードを感じた。対症療法のスピードについては顧客側の満足度を得ているようだ。

 しかし、サムスンSDIのLIBが原因とされてはいるものの、電池の何が問題を起こしたのか、そしてその対策はどうなのかという肝心の部分については何の説明もないままだ。すなわち、原因療法に関する説明がないということは、今後のサムスンSDIのLIBに対する不信感が続くであろう。原因を明確にすることで、早期の信頼回復が必要である。今回も、この点を追究してみたい。

前回コラムのコメントに対して

 本題に入る前に、前回のコラムを読んでいただいた読者からのコメントにいくつかお答えしたい。まず「タイトルの『なぜ』が明確で無いし、最後のパラグラフではご自身の発言を現経営陣がないがしろにしているのが『原因』と揶揄されていますが、結局、何が原因なのかは明らかにされておりません、よね?」というコメントがあった。このコメントに対しては、少々難しいとしかお答えできない。

 なぜなら、LIBの開発段階から製造段階のどこに原因が潜んでいるか、これは当事者しかわからない。しかし、最終的には経営責任が問われるわけで、とりわけ技術経営の責任は免れない。

 材料設計や開発段階の問題であれば、製造部門では原因を特定できないし、逆に製造段階でのどこかに不具合があったとしても、開発に携わる技術者はわかり得ない。筆者のように現時点で非当事者の立場では、考えられる原因について推論することが最大限できることである。

 前コラムでは、筆者なりに想定される原因と事故を起こした背景などについて分析し記述した。このリコール問題に対して、筆者の考察や推論を超えるだけの記事はまだ見ていない。筆者の場合、2004年から12年までサムスンSDIに在籍し、深く技術経営に携わっていたので、ようやく前回の内容を記述できるまでに行き着いた。

また、「読者の大多数は技術的側面にはそこまで詳しくないはずだと考えると、記事の書き方は不親切だと思う。読者が知りたいことは、購入すれば日常的に使うことが当然に想定されるスマートフォンが爆発したという衝撃的な事件を生んだ同社の組織風土ということではないだろうか? 噂によるとサムスンは、この記事の著者を含め、日本企業から多数の技術者を高額の報酬でヘッドハントし、使い物にならなくなったと思ったら容赦なく切り捨てるという人材登用をしていたとか。世界中で強引なダンピング戦略を仕掛け、従業員には熾烈な競争を強い、韓国国内ではシェアを独占して儲ける、そんな『焼き畑農業的』なビジネスモデルと、今回の爆発事故にはどんな関係があったのかという点について、記事を読んでも、いまいちよく理解できなかったのが実態だ」という内容のコメントをいただいた。

 「記事の書き方は不親切だと思う」というご指摘には、読者の方のニーズに応えられなかったことを反省したいと思う。ただ一方では、真の原因まで知りたいと言う筆者と同じ考えを持った方もいるのではないかと考える。続いて「スマートフォンが爆発したという衝撃的な事件を生んだ同社の組織風土ということではないだろうか」とある。もちろん組織風土は携わる経営陣と技術陣によって作られる。しかし今回の事故は電池というハードの領域で起こっており、それが電池のどこの部分で起きたのか、何故起こったのか、再発防止としては今後どうすべきなのか――といった部分は避けるわけにはいかないだろう。(後略)



(私のコメント)

昨日は、中国や韓国の経済に変調が見えるという事を書きましたが、今まで日本やアメリカを追いかけて突っ走ってきた歪が出てくる頃なのだと思う。サムスンのスマホを見ても、主要部品はアメリカ製や日本製であり、リチウムイオンバッテリーも国産化してきた。

ディスプレーも有機ELを使って世界のトップ企業に躍り出た。有機ELはソニーが実用化しましたが、開発を諦めてしまった。それらの技術者たちは韓国に渡って有機ELの実用化に成功して、アイフォーンにも有機ELが採用されるそうです。日本企業は新技術開発部門をリストラして、技術者を中国や韓国に送り出してしまった。

現代の技術は技術の細分化が進んで、技術者を他の分野に転用する事は時間がかかり、即戦力をスカウトして開発チームを作らなければならない。だから液晶一筋の技術者は、企業が液晶製造を諦めれば他のメーカーか中国や韓国のメーカーに転職せざるを得ない。サムスンなどは一チームが丸ごと日本人だったという事もあった。

今では中国韓国に限らず東南アジア各国に広がっているようですが、日本で製造する事を諦めれば、日本人技術者は海外のメーカーに再就職先を探さなければならない。しかし従来の技術を移転させるのは簡単だが、新規開発には時間とコストのがかかる事でもあり、韓国メーカーなどは成果が上がらなければリストラされる。

サムスンはスマホでトップ企業となりましたが、トップ企業となれば今までなかった新技術を採用する必要があり、今までのようなスピード経営が出来ない。サムスンの最新スマホにもリチウム電池などに薄く小型のリチウム電池を開発しましたが、安全性や信頼性の確保が疎かになったようだ。

原因とされたリチウム電池を交換したスマホも発火事故が起きたという事で、ギャラクシーノート7は生産が中止された。電池内部のセパレーターに原因があるようですが、回路設計にも原因がある可能性が出て来たからだ。かつてのような安全性や信頼性を重点に置いて信頼を勝ち得て来たが、韓国式のマネジメントに無理が出たのだろう。

日本のスマホメーカーは細々とスマホを作り続けているが、世界に打って出る気はないようだ。サムスンの開発者たちは自宅にも帰らず会社に寝泊まりして猛スピードで新製品を開発してきた。しかしこのような開発体制ではどこかに無理が出て今回のような事故が起きる。

今までのように日本の技術をパクリながらやっていた時なら、会社に寝泊まりしてのスピード開発でもよかったのでしょうが、全く新しい技術を開発するにはそのようなモーレツ経営では歪が出てしまう。アメリカでもテスラの電気自動車に火災が発生していますが、いったん信用を失ってしまうと莫大な賠償金問題が出るし、自動運転車などもアメリカでは死者まで出てアップルやグーグルは自動運転車の開発は撤退してしまった。

安全性の確認には時間がかかる事であり、家電製品なら欠陥が出ても交換すれば済むといった面がありますが、自動車となるとそうもいかない。リチウム電池は発火しやすいと言った欠点があり、新型ボーイングジェットでもリチウム電池の発火事故が起きた。リチウム電池の安全回路などに欠陥があり発火事故が起きた。セムスンのスマホも電池の安全回路に問題があるのだろう。


ジャンル:
経済
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国と韓国の経済状況に注意... | トップ | 12日に東京で発生した大停... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
>日本企業は新技術開発部門をリストラして、技術者を中国や韓国に送り出してしまった。 (Unknown)
2016-10-13 14:38:52
経済産業省や財務省や日銀の政策なので仕方ありません。
国内経済を徹底的に破壊して外国に技術流出させるのが政府の仕事です!

通産省国売り物語1.2
http://1234tora.fc2web.com/kuniuri1.htm
通産省国売り物語3・4
http://1234tora.fc2web.com/kuniuri2.htm
通産省国売り物語5.6
http://1234tora.fc2web.com/kuniuri3.htm
通産省国売り物語7.8.9
http://1234tora.fc2web.com/kuniuri4.htm
他国の企業の失敗より (noname)
2016-10-13 15:09:14
目先の生産性と効率のために不用意なリストラを行って、他国の企業に技術者を供給した失敗を今後どうするのかの方が気になります。

リストラされた後の技術者の人生を考えた場合、他国の企業のために働かざるをおえない状況を作り出した会社側が今後どうするべきなのかを考えないと同じ事が繰り返されます。

グローバル化を推進する政策からみれば、リストラされた技術者が他国の企業のために働くことは当然のことですね。それで日本は豊かになるんでしょうか?
サムスン、スマホ生産停止 失策、日本の技術巻き添え  産経 10月13日 (sankei)
2016-10-13 15:18:05
■ベトナム経済痛手 電話機部品は品目別輸出額トップ・・  サムスン電子の「ギャラクシーノート7」の生産・販売停止は、ベトナム経済にも悪影響

>サムスン、現代、ポスコや多くの財閥は全て日本の技術をパクッて大きくなって来た (転載)

ポスコは朴正煕大統領の肝いりで新日鉄の協力で出来上がりましたが、新日鉄からの技術支援と技術を盗まなければ、企業発展はなかったでしょう、特にハイグレード方向性電磁鋼板の製造技術を不正に取得したことで新日鉄は訴訟を起こしています。つまり、韓国は新製品の研究開発の地道な努力は省略しパクリによって企業を成長させてきました。日本企業は、韓国援助と産業スパイによって利益率が低下しており、韓国との友好関係は日本にとってマイナスであったことが、アホな親韓売国議員には分かっていない。

>韓国人がノーベル賞を取るにはパクリしかない 10月12日(水)
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1123.html
Unknown (Unknown)
2016-10-13 16:46:01
>自動運転車などもアメリカでは死者まで出てアップルやグーグルは自動運転車の開発は撤退してしまった。

現状の手動運転自動車のほうが恐ろしい。
毎年大量の死亡事故を発生させているのに、誰も自動車を廃止しようとはしない。

これはつまり、自動車そのものでなく、人間の間違いに起因するものは、死者がでることを暗黙の了解・容認しているのだ。
Unknown (八坂)
2016-10-13 17:10:46
自動運転なんて技術的ハイリスクな分野で、信頼できる仕組みと製品を作るには、昔の日本メーカーのようなテクノロジーへの精神的、求道者的なモチベーションが必要だろうな。
Unknown (八坂)
2016-10-13 17:58:19
日本のパソコンメーカーはwine搭載のLinuxマシンを発売して脱Microsoftすべきだな。要は既存のアプリケーション(道具)さえ使えればOSは単なる机か作業台でしかない。そもそも8や10より遥かにXPに操作性が近いLinuxは幾らでもある。そこに日本メーカーが手を加えれば、不正な通信を行って回線に負担をかける公害のようなWindowsより有用なOSになるし、世界のITコスト削減に貢献する英断になる。

このように日本メーカーは脱米を目指すべきですが、アメリカに留学して洗脳されたバカな経営者や、同じくアメリカに留学して洗脳されたバカな親米官僚が、米帝の国益の為に日本の得意分野を封じ込めているようだ。
バッテリー制御回路はアナログ技術の塊 (にこりん)
2016-10-13 22:30:16
デジタル技術の発展ですっかり影の薄いアナログ回路技術者ですが、
ところがどっこい、電源制御はアナログ技術の塊であり、技術者を育てるのにも
時間がかかる。今回のバッテリ発火事件ですが、これ、どうも充電回路の設計ミス
っぽいです。大容量で薄型なのに急速充電を許容していますが、これをやると、
よほど注意して回路設計しないと内部素子の劣化を促進してしまう。
恐らく経験の浅い回路設計者が、マーケティングの要請でこの機能を付けたん
だろうけど。これだけ大容量で防水付き、薄型なら、まず付けちゃ駄目の機能です。

熟練のアナログ回路設計者は今や貴重な人材なのですが、どうも韓国では使い捨てに
されているっぽい。ま、電源回路なんて動いて当たり前の地味なパートだから、会社の
評価も低かったと思う。
少子高齢化による人材劣化=技術劣化が始まっているんでしょうねぇ…(苦笑) (ponpon)
2016-10-13 23:53:40
> 技術の細分化が進んで
> 新規開発には時間とコストがかかる

製品は高度化・複雑化しているのに、人材は少子高齢化で劣化傾向にありますからねぇ…。(苦笑)優秀な世代が開発した技術を若い世代(少子世代)がうまく継承出来なくなっている可能性がありますねぇ…。飲食業、流通業、運輸業、報道業のような知的ハードルの低い産業と違って、高度なハイテク産業は本当に頭の切れる人材(高IQ、高偏差値、高知能)がそれなりに揃っていないとやっていけませんから…。

> 韓国式のマネジメントに無理が出た
> 日本のスマホメーカーは細々とスマホを作り続けているが、世界に打って出る気はない
> アメリカでもテスラの電気自動車に火災が発生

先進国ネイティブ民族の優秀なDNAが少子化でどんどん減少しているので、技術力が向上しなくなっている(低下している)可能性が高いですねぇ…。(苦笑)かつて私も携帯電話のファームウェアの開発現場に居たことがありますが、技術力は人材の質に大きく左右されるんだなぁと現場で実感していましたからねぇ…。第二次ベビーブーム世代(=受験競争世代)は頭の切れる人材がある程度揃っているんですが、それ以外の世代はイマイチでしたし…。
↓こういった状況で危機感を感じないほうがおかしい…。(苦笑)
http://pba.o.oo7.jp/130001.html#132241
Unknown (Unknown)
2016-10-14 08:59:32
【タイ国王薨去、88歳】
日系企業4000社、服喪で生産活動停止も 動揺広がる邦人社会 
10月14日(金)衆議院TPP特別委員 (愛信)
2016-10-14 10:37:20
10月14日(金)衆議院TPP特別委員
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php

9:00 中継中  TPP特別委員会

詳細は
【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。