株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

民主党は「戸別所得補償」を公約に掲げ、民主党は農民を騙して票を取ったのだ。

2009年05月15日 | 政治


by CyberBuzz

2007年7月の参院選で、民主党は「戸別所得補償」を公約に掲げ、
農民票をさらって大勝利。しかし民主党は農民を騙して票を取ったのだ。


2009年5月15日 金曜日

《検証・民主党》農業――1兆円掲げ与野党が激突、政局に翻弄されるコメ農家 5月15日 東洋経済

2007年7月の参議院選挙を皮切りに、自民党と民主党が農政で死闘を繰り広げている。戦端を切ったのは民主党だ。参院選で「すべての販売農家に対する総額1兆円の戸別所得補償」を公約に掲げ、自民党から農民票をさらったのだ。

 民主党は参院選時のマニフェスト(政権公約)で、「食料の完全自給への取り組み」をうたい、選挙のチラシでは「コメの生産調整廃止」をアピールした。また、農産物の市場価格が大暴落しても、すべての販売農家を守ると断言した。

 民主党の公約は、米価の下落に苦しむ農家から歓迎された。「にわかには信じがたいが、自民党の農政よりは夢がある」(岩手県の兼業農家)と受け止められ、農村部でも地滑り的な大勝利を収めた。

参議院選挙が終わると民主党の公約は変質

 選挙で惨敗した自民党は危機感を強めた。そして07年秋口から反撃に転じた。民主党の「農業者戸別所得補償法案」の国会提出を待ち受け、参院選での公約と同法案の矛盾点を洗い出して質問攻めにしたのだ。

 自民・民主両党の対決の舞台は参議院農林水産委員会だった。07年10月30日、民主党が法案を提出したのを受けて、自民党の議員が矛盾点を執拗に攻撃した。

 「選挙中に配られたチラシに、白菜の絵が描かれている。今回の法案では野菜農家も対象になるのか。そうでないとすると、選挙がフェアじゃなかったのではないか」(自民党の野村哲郎参議院議員)。

 法案の趣旨説明を担当した民主党の平野達男参議院議員は、たじたじとなった。そして、「現在、野菜は市場価格と販売価格の逆転が起きていないと思っている。この法案では対象としていない」と公約を否定するかのような答弁を余儀なくされた。

 自民党の追及の矛先は「コメの生産調整廃止」にも向けられた。

 「民主党のチラシでは、生産調整はしないと書いてある。本当に廃止するのか」と野村議員は迫った。

 ここで、民主党の高橋千秋参議院議員が驚くべき発言をする。

「この生産調整というか需給調整は当然やっていかなければいけないと思います」

 高橋議員は、「いわゆる強制減反に当たる生産調整と、わが党が掲げる需給調整は異なる」と釈明したが、現在の生産調整との違いが判然とせず、堂々巡りのやり取りが続いた。そして自民党議員の攻撃の矛先は1兆円の積算根拠にも向けられた。

 ここでも民主党議員は答弁に窮した。その揚げ句に、「1兆円という額は必要ではないかということでスタートしたのが正直なところ」「1兆円の捻出について知恵を貸していただければありがたい」(平野議員)などと自民党に助けを求めた。

 このように民主党の法案は生煮えで提出されたが、野党が多数を占める参議院で11月9日に可決し、実績を世間にアピールした。

 自民党も新たな対策を打たざるをえなくなった。この年の秋、米価が空前の安値を記録したためだ。

 「背筋が凍るほど、農政不信が高まっていた」と話すのは、自民党農業基本政策小委員長の西川公也衆議院議員だ。当時、各地の農業者の集会に出席した西川議員は、「会場にむしろ旗が8本も10本も立っているのを目にした」と振り返る。

 「旧食管法当時の米価闘争では、『米価を上げろ』の一本やり。ところが、今回見たむしろ旗は『俺たちを殺す気か』だから衝撃を受けた。農林水産省が急激な改革をやろうとしたのが原因だった」(西川議員)。

 自民党は07年10月から12月にかけて、「緊急対策」を次々と繰り出していく。その内容は、1)政府による過剰米の買い上げ、2)500億円の補正予算を投じての生産調整の拡大、3)生産調整への国や自治体の関与の再強化、の3点。これらは、1995年以前の旧食糧管理法やその後の旧食糧法時代に多用された統制色の濃い手法であり、農水省が04年度以来進めてきたコメ政策改革と矛盾する内容を含んでいた。

1兆円を競う与野党 農業の体質改善は進まず

 農水省はコメ政策改革を通じて、生産者主体の生産調整への転換、過剰米処理での農家の自己負担原則導入、一定規模以上の「担い手」農家への支援の重点化を打ち出していた。WTO(世界貿易機関)の農業交渉や農家の高齢化を見据え、市場メカニズムを前提とした担い手重視に切り替えようとしたのである。

 ところが、参議院選挙で大敗。米価も暴落したことで、自民党は改革の全面見直しを農水省に迫った。

 自民党の要請を入れて、農水省は34万トンのコメを市場から買い上げ、「適正水準」の100万トンまで備蓄量を一気に積み上げた。これを機に、下落基調にあった米価が回復。自民党の狙いは功を奏したかに見えた。

 だが、需給引き締めを狙った生産調整強化はうまくいかなかった。07年度補正予算で500億円を用意したものの、382億円を使い残した。また、自民党は、生産調整非協力の農家に「ペナルティを行う用意」をちらつかせたが、「つくる自由」「売る自由」を否定する「時代錯誤の発想」(生産調整を拒否する福島県内のコメ農家)と批判を浴びた。

 自民党の手法に落胆した農業関係者も少なくなかった。

 「バラまき的な手法である一方、コメ作りに励む担い手農家への支援が乏しい。転作への助成だけでなく、担い手農家に対して、コメの生産費の一部を財政補助する直接支払い方式を導入すべきだ」(岩手県内で営農指導にかかわる農協職員)。

 しかし、自民党は生産調整への協力を条件に、すべての農家に薄く広く配分する手法に傾斜していく。その象徴が08年度補正予算に盛り込まれた381億円に上る「水田フル活用推進交付金」だ。同交付金は、コメの生産調整を実施している農家に対して、翌年度も生産調整を継続することを条件に、コメの作付面積に応じて10アール3000円を一律に配るというもの。政策の効果が不明確で、「農家版の定額給付金」(岩手県の農家)とも揶揄される。

自民党は世界的な食料高騰への備えとして、小麦粉の代替品としてのコメ粉米や、エサトウモロコシの代わりとなる飼料用米の増産も打ち出した。09年度は「水田のフル活用元年」とされ、09年度予算ではコメ粉米や飼料用米生産のための補助金として1168億円が計上された。

 そして極め付きが4月10日にまとめた総額1兆0302億円の「経済危機対策」としての農林水産予算(09年度補正予算)だ。同予算ではコメ粉米や飼料用米生産への補助金上積みのほか、畜産・酪農、林業、水産業対策も盛り込まれ、95年度のGATTウルグアイラウンド対策費を上回る史上最高額に達した。総選挙を目前に、自民党は大攻勢に出た。

 民主党も対応を迫られた。1月には「農林漁業および農山漁村再生法案」を国会に提出。農林水産分野に年間1兆5000億円の財源を投じていく方針を明らかにした。

 もっとも、政府与党の対策は選挙をにらんだものだけに、実効性は疑わしい。現在、水田の4割近くが生産調整に振り向けられている。その制約下で意欲のある農家が水田を集約して規模を拡大することは採算面からも困難だ。かといって、高齢化が進む零細兼業農家にコメ作りを依存し続けるわけにもいかない。

 コメ問題に詳しい佐伯尚美・東京大学名誉教授は、「コメの政局作物化により、農政は長期的な改革の展望を失った」と指摘する。農業重視のスローガンとは裏腹に、農業を政争の具にした代償は大きい。


(私のコメント)
衆議院の総選挙が数ヶ月以内に行なわれますが、2年前の参院選で見られたような民主党の大勝利は無いだろう。2年前の参院選では民主党は「農家への戸別所得補償」を公約に掲げて、農村部では地すべり的な大勝利をして参議院では第一党となり野党が多数派となって衆参ねじれ国会になっている。

しかし民主党は選挙後になって「農家への戸別所得補償」の公約を反故にしてしまった。米の需給調整は続けて1兆円の補助予算の根拠も無く、単なる思い付きに過ぎない公約だったのだ。つまり民主党に農民は騙されたのであり、農民は民主党の公約違反を問わねばならない。もちろん法案は生煮えのまま参議院で成立したが、中身の無い法案になっている。そして予定通り衆院では否決された。

このようになったのは農林省の強引な農政改革が酷いからですが、市場原理主義的な手法で零細農家を潰していけばしっぺ返しを食らうのは当然なことだ。米の需要が減って生産は増え続けるのだから価格は下落するのは当然だ。減反政策で需給調整をして米価を高値で維持するのはミニマムアクセス米などの問題が起きて限界に来ている。

減反政策の本来の狙いは米以外の農作物への転換なのでしょうが、他の農作物は米以上に国際価格との差が大きくて競争力が無い。だから減反政策による休耕田は雑草が生い茂る結果になる。民主党の「農家への所得補償制度」は小麦や大豆やコーンでも生産費と国際価格との差は補償する事で米以外の作物へ転換を進める目的がありますが、補償費は1兆円以上になるだろう。

減反政策では行き詰まり状態だったところへ「農家への所得補償制度」は新鮮に聞こえた。だから参院選挙では農家の支持を集めて民主党は大勝利した。しかし国会で実際に審議してみると民主党の案はいいかげんなものであり、衆議院での否決を前提にしたようなものであり、農家の票を民主党は「ばら撒き政策」で買ったようなものだ。政権奪取のためならば何でもやる小沢流のやり方だ。

これに対して自民党は何の対抗策も打てずに大敗したわけですが、新自由主義的な事を農業にも当て嵌めようとした。当時の安倍内閣は農林大臣が次々と変わり松岡大臣は自殺した。今の世襲議員の総理大臣や農林大臣は東京で育ったから選挙区である農村の事はよく知らない。石破大臣は稲の田植えも手では出来なかった。田植えをやった事が無いから米作りの事もよく知らないのだろう。農林省の官僚も同じだ。

製造業やサービス業は時代とともにどんどん変化してきましたが、農業の近代化はなかなか進まない。欧米では農作業も人海戦術から耕作機械による農業に変わって大規模化が進んでコストダウンが進んだ。ところが日本では機械化は進んでも耕作地の大規模化は進まずに農家の兼業化が進んで米の専業農家は13%に過ぎない。ピカピカの耕運機は年にわずかしか使われない。

欧米では大規模化が進んで日本では兼業化が進んだのは農業政策に違いによるものですが、日本では兼業農家は都会のサラリーマン家庭よりも豊かだ。その意味では日本の農業政策は成功していると言える。しかしそれはアメリカやオーストラリアなどの農産物がカネでいくらでも買える事が前提だ。しかし去年は食糧危機が起きてアメリカの農家は日本にコーンを売ってくれなくなってしまった。エタノール原料にコーンを転売してしまったからだ。

生産奨励金はWTOの違反になりますが、池田信夫氏は食料自給率を引き上げる政策はナンセンスだと言っていますが、食料政策は農業政策ではなくて安全保障政策である。アメリカはかつて大豆で輸出禁輸を行った。去年はコーンを売ってくれなくなり自動車用の燃料にしてしまった。このようにアメリカの農産物は当てにならない。

アメリカは大豆もコーンも売ってくれなくなる時が来るだろう
2007年11月20日の株式日記より


民主党は「松岡利勝」になるのか 2007年10月19日 池田信夫

民主党が、きのう農業者戸別所得補償法案を国会に提出した。参議院選挙で公約した農家へのバラマキ政策は、単なるリップサービスではなかったわけだ。小沢一郎氏は「都市と農村の格差」を解消するというが、農家の所得のほうが非農家より高いことを彼は知っているはずだ。ちょっと古い数字だが、1998年でも兼業農家の年収が856万円に対して勤労者世帯は707万円。しかも農家全体の所得に占める農業収入は15%しかない。75%が第2種兼業農家、つまり農業もやるサラリーマンなのだ。

ところが日本の納税者一世帯当たりの農業補助金の負担は12万円と、世界一多い。OECDによれば、農業所得の56%が補助金で、EUの32%やアメリカの16%をはるかに上回る。このような補助金漬けの農家に、さらに1兆円の補助金をばらまこうという民主党の政策は、財源の見通しもない無責任なものだ。法案では、一応コメなどの補助金を見直して財源を捻出すると都合のいい計算をしているが、いったんつけた補助金を削減するのがどれほどむずかしいか、小沢氏は知っているだろう。

民主党は、この政策で「食料自給率を39%から80%に引き上げる」とうたっているが、当ブログで前にものべたように、食料自給率などという政策目標はナンセンスであり、それが倍増するという算定根拠もなんら示されていない。しかも、このような生産奨励のための補助金はWTO違反になるおそれが強い。

前にも書いたように、農産物の価格支持をやめて輸入を自由化する代償措置として中核農家に所得補償するのは、意味のある政策だ。しかし、この民主党案は貿易自由化にもふれておらず、無差別にばらまくだけで、松岡利勝がウルグアイ・ラウンドのとき脅し取った6兆円と同じだ。
どうせ衆議院では否決されるから、農家向けにポーズだけとって、「否決した自民党は農民の敵だ」とでも言うのだろうが、これは「なんでも反対」の社民党より悪質な偽装ポピュリズムである。


コメント1
身近なことで恐縮ですが、連休のみ農家の社員が多くいる企業に勤めています。総じて兼業をされている方の方が(あたりまえですが)資産があり、総所得や可処分所得は多いです。農業機械を購入して支払いができない人は(地域で購入したり、組合を作ったりするため)少なく、負債の多くは(相続税対策などの)資産活用の失敗が多いように思います。田舎にいると兼業農家の方がむしろ生活が楽だということはわかっていることだろうと思われます。
住宅は私有地内に建てますし、田の固定資産税は安い。一応区画整理などの可能性もあります。都市と田舎の格差はあるかもしれませんが、それが農業のせいだと言っている人はほとんどいないのが実情です。しかし、土地を持つものの方が票につながるのは事実です。身近なものとして議員を感じられるからです(例えば高速道路、新幹線、なんとかセンターの建設)。結局ハコモノ行政に頼っている人たちが政治に熱心だったりします。まあ持たざるものが政治に関心がないということも考えられるわけですが。

コメント2
実家が鳥取県鳥取市内ですので、池田先生の『兼業農家の最大の関心事は土地を公共事業で買ってもらうこと』とのご指摘は、極めて正しいと受け止めています。
私の実家は兼業農家ではなかったですが、ここ10年間、鳥取県では、帰省のたびに、道路がどんどん増えています。自分が生まれ育った町なのに、りっぱな道路があまりに不必要にどんどん増えて、かえって道に迷うくらい。観光は廃れて、今や名産は『道路』だけかもしれない。春先になれば、その滅多に車が走らない新しい道路で牛がのんびり日向ぼっこしています。
この10月に1年ぶりに法事で帰ったら、中国縦貫道から枝分かれした市内向けの新しい高速道路が建築中でした。中国縦貫道から枝分かれした旧県道は、今でもお盆や大晦日でも 車がほとんど通っていないのに、その県道のすぐ脇で、誰も使いそうも無い新しい高速道路が建設中なのです。
法事でも、兼業農家の方は 新しい道路が何処に出来るかの話で持ちきり。
我が家は農家ではなかったですが、かなりの土地持ち。父や母がここ1~2年の間で急逝したのと、家実の周りで急に宅地開発が始まったことが重なって、兄や二人の姉達の間では、個人を弔うことは二の次で、遺産分割の話しか話題に上らない。怪文書(法律上は全く意味の無い偽の遺言のようなもの)まで2種類飛び交う有様。

コメント3
取り組む必要ないですよ。そのまま村落共同体ごと自然消滅してもらったほうが良いです。
今の農産物価格を前提とすれば、概ね一農家あたり5haを超えると農業所得が500万に達し、まあほどほどの生活を農業収入だけで送れるわけです。これから競争力のある農家を育てる&農産物価格引下げを考慮すれば、1農家あたり10ha程度は確保すべきですが、今の所、それは北海道ぐらいしかありません。
なぜ農地集約が進まないかといえば、政策がまずい事もありますが、まず補助金漬けになった「兼業農家」の存在(兼業農家の総所得は都会のサラリーマンより大きい)です。さらに戦後にタダで貰った土地を、公共事業による土地収用や宅地転換による濡れ手で粟の儲けを目指しているから、やる気のある若手農家があっても農地を売ってもらえず、農地集約が進まないのです。こんな欲呆け既得権者にビタ一文税金を恵む必要はありません。
農業人口は今の一割以下でも現状の生産力を保つ事は可能ですので、「農業」を保護するには欲呆け「農家」をさっさと淘汰するのが一番です。


(私のコメント)
昨日も書いたように日本の兼業農家は特権階級であり、地方においては大きな政治力を持っている。そしてばら撒き公共工事で土地が売れれば億単位の金が入ってくる。だから兼業農家は農地を人には貸さずに手放そうとはしない。地方は道路ばかり作って通る車は1時間に数台というところがたくさんある。だから日本経済はダメになったのだ。

食糧問題は安全保障問題として考えて、農業の近代化を図るべきであり、やる気のある専業農家を育てる為に「農家の戸別所得補償制度」を実行すべきだ。そうすれば米ばかりでなく大豆や小麦やコーンなどの転作も進んで大規模化も進むだろう。その為の1兆円なら公務員の給料カットすれば簡単に財源は出るはずだ。


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (55)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税金で作られた優良農地がつぶさ... | トップ | 和解により、Googleは書籍の提供... »
最近の画像もっと見る

55 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2009-05-15 16:20:30
多くの農家以外の国民が農業の実態を知らされないまま、政策を選択させられる。官僚+御用メディア制の欺瞞ぶりを修正すべき…。とは呪文のようなワンパターンの常套句。これ自体がポピュリズムだったりして…。
Unknown (民す党)
2009-05-15 16:36:41
民主党が宣伝する政策は、バラマキ・買収のような経済政策が多く、国民の利益を害する政策は、マスコミ報道では、ほとんどされていません。
(1)民主党沖縄ビジョン
 http://www.dpj.or.jp/news/?num=10686
 ⇒分権型連邦国家、一国二制度
(2)民主党沖縄ビジョン【改訂】
 http://www.dpj.or.jp/news/files/BOX_KOA0022.pdf
 ⇒一国二制度、3千万人ステイ構想
(3)「1000万人移民受け入れ構想」
 http://www.matsui21.com/media/03/08_10voice.htm
(4)民主党「憲法提言中間報告」のポイント
 http://www.dpj.or.jp/news/?num=602
 ⇒国家主権の移譲や主権の共有、地域主権
(5)民主党「憲法提言」
 http://www.dpj.or.jp/news/files/SG0065.pdf
(6)民主党政策INDEX2008
 http://www.docstoc.com/docs/2036234/民主党政策INDEX2008

「地域主権」という言葉は、「地方自治」・「地方分権」・「国家主権」と完全に異なりますが、どのように違うかの説明もしていません。
15日の終値は9265円02銭 (Unknown)
2009-05-15 16:47:00
http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/summary.aspx?id=ASS0ISS16%2015052009
Unknown (Unknown)
2009-05-15 17:09:26
騙す方が悪いという議論より、騙される方を何とかする方が賢明だった。
どちらにしてもタイムアップ。時間切れですよ。
エコポイントがスタート メーカー、家電量販店、期待高まる (愛信)
2009-05-15 17:27:36

政府は具体的なポイントの利用方法を決めておらず

京都議定書のCO2排出量削減協定でCO2排出権が売買される。過度な節減目標を設定
されたドイツは排出量に余裕を持つカナダの排出権をお金で購入した。日本もドイツ同様に
過度な節減努力目標を設定していて、不足分は排出権を購入しなければならない。
地球温暖化のデマの発信元であるアメリカは京都議定書を批准していないので目標設定
はなされていない。隣国中国は開発途上国を理由に不参加、しかし日本のCO2排出量
削減未達成を見込み、不足排出権相応の金額を日本から罰金として毟り取る予定で中
国は今年の国家予算に計上している。【地球温暖化の騙しの手口】から分るように地球温
暖化の事実はなくCO2の排出を地球環境と関連付けるエコ運動はアメリカが主導する世
論操作で捏造された騙しの手口である、麻生内閣は日本人はまだ騙せると考えるアメリカ
の策略を黙認するのは直ちに止めて、このような偽計政策を廃止しすべきである。

【地球温暖化の騙しの手口】
http://www.aixin.jp/axbbs/tnk/tnk.cgi#tnk-cko

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj_ind.cgi
趣味と道楽 (左近尉)
2009-05-15 18:00:14
施設農業では、ダニの発生が避けられません。
(自然界では、風雨等により、ダニの密度は制限され、天敵もいます。)
是の防除には、月に二度ほどの、農薬散布が必要です。

作物一作につき、10回以上の、農薬散布となります。
これって、農業の、「近代化」なのでしょうか。

手間も、コストも膨大です。

小生は、天敵ダニを、圃場に定住させることに成功しました。
それ以来、ダニの農薬は使用しないで、済んでます。

これって、江戸時代の山奥の農業みたいで、気に入ってます。

※参考 天敵ダニは、ミヤコカブリダニが良いようです。



以下は、日本の農家を知らない人は、読んでも実感出来ないでしょうから、読まない方がいいかも。

日本国に於いては、専業農家の自立は、一般論としては、無理でしょう。
政府などの補助が無ければ、立ちゆかないとの、ご指摘はもっともです。
でも小生は補助は要らない。期待しても、相手が売国では、手が汚れる。

専業農家を造ると言っても、それは、まやかし、だと思います。
アメリカだって、穀物メジャーの猛威により、自営農家は脅かされているのだと思います。
食糧安全保障をもっと強固にするには、道楽的な兼業農家に配慮した政策が重要と思います。アメリカ農産物や、非工業国の農産物と競争できる、産品は、ブランド商品だけでしょう。全てそうなれば、よいですが。それは、理想であり、実現不可能な幻想でしょう。
一農家あたり、平均で、百万円ほどの、補助金を出さなければ、次世代で、日本の農業は、実体的にも崩壊するでしょう。欧州諸国はその程度は出しているようですね。
耕地の集約化という、ガイドは、個人農家に向けられた、配慮ではなく、「国際資本=穀物メジャー」に向けられた、媚びでしょう。

小生の小学生の時、父が言いました。
『これからは、農業では食べられない時代になる。』
『機械いじりか、それとも商売人になるしかない。』

日本の農政は、零細農家を潰して、労働人口を増やす。

この、資本の論理一直線です。今も変わりません。もっと酷くなっている。
そりゃそうでしょう、零細農家は殆ど、放逐されちゃった。
残っているのも、70近い爺さんばかり。

この、構造改革路線を突き詰めれば、日本の農業は消失するでしょう。
今の大臣は、ポチのイシバだ。これは、カイカク人形で、太郎の弾避けダロウ。
日本の農地はまだ高すぎて、メジャーには計算が合わない。
ところが、ポチの官僚やマスコミは、くふんくふんと、猫撫ででしっぽ振り。
馬鹿なペットは、計算なんぞ出来ない。可愛いければ良いと信じてる。

食糧安全保障は、金銭や経済学では、割り切れません。

幸いなことに、いまは、一俵が、一万四千円でも、米を作ってくれる、篤志家が沢山います。食糧生産の集約化を言うことは、もっと安く米を作れと、言うのと表裏一体です。昔は、こんな言い方もありました。
『百姓と雑巾は強く絞れば、搾る程よい。』
TORAさんの仰っていることは、これと同じに聞こえます。

政治家の政治生命を絶つのに、マスコミで、スキャンダルを流す。
これって、米穀の常套手段。

農家は、農地を高く売って、ボロ儲け。
これも、米穀の、キャンペーンでしょう。

実際の、農地の値段は、一反(都会風にいえば、300坪)が百万円以下で売買されてます。是が現実です。道路にかかって、売っても、坪当たり、2~3万が好いとこでしょう。
これが、本当の現実です。大きなお金が動くのは、箱物です。これなら、一事業で、10億以上は、ざらなのでしょう。そして、その半分は、多層化された、土建・建設業者に見えない利となって蓄えられるのです。これらを統制しているのが、小沢などに代表される土建利権政治家です。農家は政治力なんて無いです。あれば、米の値段が、これほど下がることは無いでしょう。TORAさん、我が郷には、百軒以上の農家がありますが、そこで、専業でうまく行っているのは、たった一軒です。たった一軒ですヨ。それは、自分の産品の、ブランド化に成功した農家です。これは、極めてまれな例で、政策立案の、見本にはなりません。専業農家だって、10町歩の耕作の合間に、土木工事で日銭稼いでいたから、何とか、子弟の教育が出来たのです。でも今は、小泉がぶっ壊したので、干上がってます。子供の教育は終わったので、『そんなの関係ネエ。』で済んでますが。これからが問題。次世代の子弟は、ふて寝してます。

現在、もし、国境が無くなったら、日本の農家は、一瞬で、霧散します。
食糧の安全保障は、この認識がなかったら、語るべきではないでしょう。
日本の、屯田兵は、戦地に赴くのに、ゼニよこせ。
そんな事は、言いませんよ。
自前で、野戦車(あっち風に謂えば、Jeep)用意して、銃も好きなように、誂えてます。

兎に角言いたいことは、売国政治や、マスコミは、邪魔するな。
デラシネは所詮は浮き草。ミズスマシ。
一所懸命は、百姓の特技で、農閑期には、大工もすれば、物書きにもなる。

日本農業の国境を構築している、骨材は、兼業農家の道楽ごころ。

今、ふて寝している、子供らが、活動し出すときは、彼等は、立派な、ダニに対する天敵に成長しているでしょう。
無駄な公共事業 (Unknown)
2009-05-15 18:05:12
水売れない徳山ダム 導水路建設もってのほか ありあまる長良川河口ぜきの水
<< 前の記事 | ニュースの目次に戻る | 次の記事 >>

10月8日「愛知民報」
 徳山ダムの試験湛水(たんすい)が9月25日に始まりました。いったん満水にして、水圧に耐えられるかなどの試験を経て、2008年の稼動をめざします。完成すれば、ダム湖面積が浜名湖の2倍、総貯水容量6億6000万トンという国内最大のダムとなります。


巨大事業

 徳山ダムの建設事業費は当初2540億円でした。03年8月、国土交通省と水資源開発公団は1010億円増の3550億円になると発表しました。国民や関係自治体が反発し、事業費が削減されましたが、それでも、総額3353億円の巨大公共事業となりました。
 国からの補助金を差し引いた実質負担額を試算すると、愛知県は約290億円、名古屋市は約260億円になると見られます。





ツケ回し

 徳山ダムの開発水量は、水道用水、工業用水合わせて毎秒12トン。そのうち愛知県は水道用水2.3トン、名古屋市は1.7トンを確保する計画です。しかし、ばく大な建設負担金を出しても、水道用水が売れるあてはありません。

 木曽川水系では、76年に岩屋ダム、つづいて阿木川ダム、その後も高度経済成長時代のように水需要が増大すると見て、94年には長良川河口ぜき、96年に味噌川ダムが完成しました。しかし、水需要は見込みどおりに伸びず、開発水量にたいし最大取水量(実績)は水道用水で6割、工業用水で4割程度にとどまっています。

 国民の反対を押し切って建設された長良川河口ぜきですが、愛知県の名古屋臨海工業用水(8.39トン/秒)、名古屋市の水道用水(2.0トン/秒)は一滴も使われていません。愛知県も名古屋市も、長良川河口ぜき建設の時点で「水余り」状態になっていたのです。

 愛知県と名古屋市は、水利用が伸びないのに、長良川河口ぜきなどの莫大なダム建設負担金を毎年支払っています。それが2000年と02年の県営水道料金値上げの要因になりました。

 徳山ダムの場合でも、08年に運用がはじまると、水利権をもつ愛知県と名古屋市は実際に徳山ダムの水を使わなくても、水資源開発公団(現独立行政法人水資源機構)が建て替えた建設費の元利返済を毎年おこなうことになります。

 建設負担金が水道事業経営を悪化させ、一般会計からの税金投入や水道料金値上げにつながります。ムダな大型開発のツケは結局、県民に押し付けられる構図です。




二重のムダ

 徳山ダム完成後の最大で最悪の問題は導水路建設です。国土交通省の示した徳山ダムの導水路建設計画は、揖斐川から長良川を越えて愛知県犬山市まで延長約48キロメートル、総事業費約700億~900億円の大事業です。事業費900億円の場合、名古屋市の負担は56億円にのぼります。

 水需要がないまま導水路の建設を強行すれば、徳山ダム本体につづく2重のムダ遣いです。

 導水路建設論議の前に、開発水量の14%しか使われていない長良川河口ぜきの水の有効利用をはかるべきでしょう。

 日本共産党の八田ひろ子前参議院議員は「ムダな大型開発事業はやめて、福祉やくらしに回すべきです。徳山ダムの導水路計画はムダの典型です。建設計画をただちに断念するべきです」と語っています。


http://www.jcp-aichi.jp/news/061008-155418.html
兼業農家の収入が多いのは当然のこと (こってり)
2009-05-15 18:26:30
>兼業農家の年収が856万円に対して勤労者世帯は707万円。

兼業農家は、勤労者として働き、休日にも耕作しているのだから、勤労者世帯より収入が多いのは当たり前で、その差額149万円は少な過ぎる。

まさに、ボランティアとしか言えない収入だが、それでも耕作を続けられるところに、金だけでは測れない「何か」が農業にあるからだろう。

前記事で左近尉氏はその「何か」を懇切に述べておられるが、農家を票田としてしか見ていない小沢のような利権政治屋の目には留まらないだろう。

>食糧問題は安全保障問題として考えて、農業の近代化を図るべきであり、

安全保障問題だから、石油に頼る「農業の近代化」は安全保障にはならないのです。

>やる気のある専業農家を育てる為に「農家の戸別所得補償制度」を実行すべきだ。

日曜農家でも、やる気がある農家は沢山あります。

そもそも、やる気が無かったら農業とりわけ手間のかかる園芸など出来ません。

話が逸れますが、私は11月の七五三詣の飾付けにと現在20余鉢の小菊を育てています。

春になり、新芽が延び、それを挿し木して、秋になって開花して、花が凋むまで、水分を切らすと下葉が枯れ上がるので、朝夕の潅水を欠かせません。

潅水の労力を考えれば、秋に園芸店で菊の鉢植えを買った方が得かも知れませんが、私は「やる気」で菊を育てているので、作業が苦になるどころか楽しいのです。

従って、損得を度外視して耕作している人々の心もわかります。

農家でも、専業だからやる気があり、兼業だからやる気が無いという区別は成り立ちません。

>そうすれば米ばかりでなく大豆や小麦やコーンなどの転作も進んで大規模化も進むだろう。

究極の「過疎化政策」ですね。そこまでして自給しなくとも、それらの輸入が止まれば牛や鶏を食べてしまえば良いのです。

味噌や豆腐の原料なら国内で自給も可能ですが、飼料の自給は無理です。

>その為の1兆円なら公務員の給料カットすれば簡単に財源は出るはずだ。

石油が手に入らなくなれば、幾ら所得保障をしてもらっても耕作不能になります。

耕作面積が少なければ、手作業でも耕作できるので、「食糧問題は安全保障問題」と主張されるなら、小規模兼業農家の温存乃至は増加こそ安全保障に繋がります。

そもそも、TORAさんは農民の心というか、日本人の心を理解しておられるのでしょうか?

出来ることなら、市民農園でも借り、耕作の真似事でもなさってから、農業問題を論じられることをお勧めします。
Unknown (Unknown)
2009-05-15 18:49:13
ニッポンの農業問題についてはTORAは完全に見えてるな
TORAの考え方を全面的に支持する
Unknown (Unknown)
2009-05-15 19:47:25
>ニッポンの農業問題についてはTORAは完全に見えてるな
>TORAの考え方を全面的に支持する

きつすぎる、皮肉ですナ。

でもこれって、TORA氏の究極の釣りだったりして。
Unknown (Unknown)
2009-05-15 19:52:13
男女共同参画社会 訳のわかんないジェンダーフリーのために10兆円使われている。農業予算の数兆など安いものだ。人の住まない家は荒れ 傷んでいく。国土も同じ 耕し守ることの意味を分かっていない。
食糧安保 (神風特別攻撃隊)
2009-05-15 20:10:46
 結論から言うと之はいつも維持できるものではない。絶えず変動して、絶えず注意を払うものである。
 TORA氏が言うように食糧安保を言うなら、国民は米をイヤでも食べる事である。そのほうがいろいろな意味で国全体として安全であるという感覚が必要である。
 之は経済の問題ではなく生存感覚の問題である。しかもそれは各自か自覚すればそれでお仕舞いで、何等金が要るわけではない。
 この元の感覚が狂っている。
以前にも記したが分け合って一反ほどの田んぼで米を作った。
日曜日と土曜日を機械を利用してである。
 その作業を覚えている順に記すと、
稲刈りが終わった後
1)暮に田んぼを起こす。大体。5時間だった。
2)年明けに再び田んぼを起こす(之はするときとしないときがあった。恃まれてするわけだから。多分世話がかかると見たからだろう、三回起こすとよいとのことであった)
3) 三月にもう一度起こす
4)四月下旬に水利組合へいき、水当番をきめる。これは土地所有者がいった
5)その水路の点検と水板の設置と、漏水箇所への布つめ
6)水が入る。あぜの補修(昔はドロをぬったが、今はとたんを細長くきったものを植えた。
6)しろすり、之は半日くらいであった
7)田植え、之は金を払って業者に頼んだ
8)肥料やり、やら草取りは土地所有者がした。
9)消毒及び米は熱帯植物だから雨季と乾季を人工的に作らねばならないために、田んぼの水切り、その後の水入れの水の世話及び草取り
10)稲刈り(之は機械でした)
11)稲を干すための、はざを作って、稲を干す。
  稲刈りの方が辛い。いがいがつき、体か痒くなる。
12)すずめに食われないように網をハル
13)やがて脱穀である。l之も機械でした
 はざをかたずける
以上だと思うがそれで5.5俵から6.0俵だったとおもう。
 金額にして10Kg3500円として12.6万である。
では人工は多分控えめに見て15人工だろう。
これが実情である。もっとも子供のときしたことを40歳過ぎてしたわけだが、子供の頃の記憶と比べると格段に楽である。
 稲刈りの辛かったことは今でも覚えている。
これが何処へ行くかは実のところわからない。
 米が作られる土壌にするまでにどれだけの労力が必要だった事か。それうをいとも簡単に埋め立てをするわけだが、それは貿易ができるという前提があるからである。貿易をしないと、米すら作れない。

 その昔は稲刈りが終わると麦を作る準備と、薪を取りに里山へ行った。
それがなくなったのは貿易で石油やガスが入るからである。

しかもその労力ときたら比べものにならない。

 米だけを作るにしても時期があるから短期間にしなければならない。
先日わずかばかりの耕作地にトマトを7本植えようとして、苗を買いに行ったら、知り合いがいた。彼は私より農作業を長く広くしている。
 <何をしに来たの>
 <トマトの苗を買いに)>
 <今年はまだ早い、連休明けがいい>
天候へ微妙な判断までは私はできない。その昔は種から作ったと親父は言う。種の良し悪しまで見分ける能力は私にはない。

もう20年前だが千葉県から来た人がいた。親父が農業をしてくれといわれて、その代わり、余暇に好きなことをさせてくれと約束で継いだ。
確か人参を作っていると話した。西武と契約してやっと経営が安定したにので何故と聞くと、農業など博打のようなものだ。あるときは高値、あるときはただ、とても落ち着いてはいられなかった。それを西武が契約栽培にしてくれというから、それに乗った。漸く経営がおちついた。
 その時色々な話を聞いたが、覚えている事は農業は博打だという言葉である。それより見ると米のありがたさはわかるだろう。
 この不安定な農業に農業と関係ない人々がぶら下がっている。しかも、自動車と同じく政府に保護されて。
 此処が問題で、それは政治的に解決をしないと駄目である。
色々調べると、左近尉氏が言われるように、我国の農業は崩壊している。しかし米や野菜は出てくる。これが不思議でならない。
 経済ということかもしれないが、私が直接購入している農家も親父はあと5年だが、息子がやると話している。それが現状だろう。
 人を介して購入しているから、その農地がどのような形態かしら無いが地図で見ると、大規模な農地にはすることはできない。山間部だからである。
 唯一つ私が思うことは大東亜戦争は食料について、全く考えずにした戦争だということを我々は自覚する事である。山本五十六氏たちは食料に対する無知そのもので戦争を始めたという事である。
 太平洋で多くの人々は戦闘で死んだのではない。餓死して死んだ。それが実情である。その比率は確か80パーセントではなかったか。
 戦前我国は食料を求めて人々は満州へブラジルへといった。
これが貿易で一部分解決した。貿易赤字が今年出たわけだが之は国民に微妙な影響を与えるだろう。
 私が見たところ大多数の日本人は食料に対して無知である。
食料はそれがあるだけでは食料にならない。燃料を使って調理をする必要がある。それと食料は口に入らないと食料にならない。つまり輸送という事が必ず必要である。
 最低この三条件があって初めて食料である。子の一つでも欠けると食料にならない。
 更に保存が基本的にはできない。穀物は別である。このありがたさ。漬物のありがたさ。
冷蔵庫の威力の大きい事。
 色々上げればきりが無いが、日本人が食料に対して無知である事は事実で、このことをおせっかいだが、若い人は考えられる事を進める。
 私は長じてきずき、ほんとに馬鹿だとつくずク思ったからである。
Unknown (Unknown)
2009-05-15 20:17:03
>耕作面積が少なければ、手作業でも耕作できるので、

小生は、基本的には、トラクターは使用せず、手作業で、施設園芸を行っております。私の実感では、施設園芸ならば、日本の国民は、4億人ぐらいまで、養えます。

ただし、人力では余分な農地があるので、其所は、トラクターで時折、ロータリー掛けして、荒れるのは防いでおります。食糧危機の折りには、此処を、余人に開放します。

最低限の、電気は必要。これは、ロシアとの核協定で、アメとの天秤に掛けました。
是で、円は、独歩高ですネ。

マスゴミは、円高を無視か、別の要因で説明してますが。

アメの穀潰しは、最後の、バイオの札を切りましたネ。
英国の、提灯研究機関は、メヒコのインフル死亡率を、捏造数字で誤魔化しのアナウンスをしてます。たぶん、遺伝子組み換えのバイオ兵器なのでしょうから、このウイルスは、伝播をする度に、感染力と死亡率が低下します。SARSは、僅か、2年も経ずに、消滅しました。発生国の死亡率は、驚天動地の数字です。しかし、日本のマスゴミは、それはスルーです。

この札を切ったことで、『米穀は自動的に消滅する。』でしょう。日本人は、穀物生産国ですから、このことは、理解のアウトレンジです。しかし、西欧諸国は、牧畜の国ですから、アメの犯罪は見え見えです。これで、米穀の、CIA というより、軍産の突出部隊フィーマ(FEMA)残存部隊は、実質的には、世界の新しい官憲から、訴追されることとなります。
うん・・・・ (聖職者)
2009-05-15 20:28:53
日本の農業には未来がないのは確定しているから、議論するだけ無駄かな?

>この札を切ったことで、『米穀は自動的に消滅する。』でしょう。日本人は、穀物生産国ですから、このことは、理解のアウトレンジです。しかし、西欧諸国は、牧畜の国ですから、アメの犯罪は見え見えです。これで、米穀の、CIA というより、軍産の突出部隊フィーマ(FEMA)残存部隊は、実質的には、世界の新しい官憲から、訴追されることとなります。

フィーマ(FEMA)が何のために、非常事態時の大権を持っているのか、分かっています?
そうなる前に、おのれらが勝利を手にする為ですよ。

次は核でも飛ばしそうですな。
Unknown (Unknown)
2009-05-15 20:52:49
>次は核でも飛ばしそうですな。

なんか、波長が同期してますね。

アメの、ミサイルは、ガラクタだから、信頼性が無いのは、彼等が一番知ってます。
かといって、巡航ミサイルは、全て撃ち落とされますしネ。

まさか、合図の○○△が、肉弾三勇士するほど、根性あるとも思えません。

ことを起こす前兆があけば、空母がまた、家裁でも熾すのでしょうか。
Unknown (Unknown)
2009-05-15 21:09:50
上のほうでも書き込みがあるますが、TORAさんは二酸化炭素排出権で日本がBIS規制に続き
完全屈服したことを取り上げないのですか?
文化戦争についても取り上げて欲しいです。
食料の安全保障 (やすじ)
2009-05-15 21:44:42
米国などの食料がやすい やすいというのは 想像だがプエルトリコとかメキシカンこきつかってないかな むかしの奴隷みたいに 日本でも不法入国者がいるでしょ ああいう人なら足元みられるから安く使えるし

それで日本の農業が壊滅したら めちゃくちゃ足元みて高く売るのではないでしょうか?

しかし農家はもう終わってるかもしれない 農家やっていたら日本の若い女性がお嫁にこないのよ それで外国から・・・

少死化といい 農家の四面楚歌といい もうなにもかも手遅れだね

このまま 数十年したら・・・・、

いますぐでも 幼稚園とか小学生でなくお金のかか大学などを無料化すべきだ

なに 成人すれば税収があがるし 人がいなくなったらいくら税金あげても・・・・、

しかし政治かも商売だから無理か 駄目だこりゃ
民す党はすぐ解党しなければならない。 (Rock)
2009-05-15 22:13:59
 朝鮮人詐欺師小沢は、在日朝鮮人党員、サポータを引き連れて、サイシュウ島へ帰れ。二度とくるな!「日本列島は日本人だけのもちのじゃあない」とほざく、キモチの悪いハト山とか言う完全にキチガイの目つきのアメリカ帰りの理系バカや、家業のスーパーの利益のために「中国さま」に媚び「靖国参拝について中国の了解を取ったのですか!?」と日本の総理大臣に「迫った」、これもとてもとてもキモチわる~い目つきのおからとか言う奴、貴様らは日本人にとって災厄以外の何ものでもない。アタマが完全に狂っている。日本から出て行け!好きな好きなシナ、朝鮮、アメリカ、イスラエルの主権下へでもどこでも行って二度と帰ってくるな!きさまらの言動はすべてが完全に外国の傀儡としての言動だ。ウラに外国のスパイの影が見える。隠された出自からくる日本への逆恨みが見える。
 これが、日本国民の普通の気持ちだ。国家主権を踏みにじる奴に人権を語る資格はない。人権は国家があって初めて成立する。地球国家の多数決の世界では、日本人の人権は完全に失われる。日本の歴史は踏みにじられる。道を歩くのに、シナ人が多数決で確立した権力の了解を必要とするようになる。小学生の脳しかなかった理系の永田を善導できず自殺に追い込んだ中学生集団・民主党はその「外国人でも党員になれる」と書いてある「党規」と一緒に、この世界から消えてなくなるべきである。そんな政党は世界には、共産主義政党でもみあたらない。だからキチガイというのだ。わからんのか?
すぐに解党せよ!
Unknown (Unknown)
2009-05-15 22:17:22
自民党政権でも民主党政権でも公約が遵守されないという事実はあまり変わらないのかも。選択するにも現実にはより”マシ”な方を選ぶのが精一杯。現状では将来の世代に借金のツケをなるべく残さない、より富裕層と貧困層の固定化を防ぎやすい方策を目指すべきだ。どう転ぼうが、今すぐバラ色の未来が訪れる可能性は殆んどない。
水田で発電をしよう (Unknown)
2009-05-15 22:27:03
オランダの研究チームが、稲の水田1ヘクタール当たり最大330ワットの電力を得られるという、微生物燃料電池(Microbial Fuel Cell:MFC)を開発した。

『Environmental Science and Technology』誌に掲載された論文によると、この研究チームが開発したものは、土の中に生息するバクテリアを利用する、超小型の発電装置だ。

バクテリアが有機物を吸収すると、余剰の電子を排出するので、これを装置で収集する。[Ars Technicaの記事によると、イネなどの植物が根から土中に有機物を排出する作用を利用。同研究チームの沈殿型MFC(sediment microbial fuel cells)では、植物の土中に陽極があり、陰極が水のなかにある。]

ハーバード大学のPeter Girgius教授(微生物学)も、半年ほど前に、土壌中のバクテリアをエネルギー源として利用できる可能性を指摘している。

Girgius教授は、「テラワット(規模のエネルギー)が、われわれの生物圏を循環している。太陽エネルギーはいずれ土壌や沈殿物に蓄積される。地下にある太陽エネルギーだと考えてほしい」と述べている。

また、大規模なゲノム研究機関であるJ. Craig Venter Instituteの研究者らが中心となって、エネルギー生成効率の良いバクテリアを遺伝子操作で作り出す研究に取り組んでいる。

こういった技術は、2007年に急速に立ち上がった。Girgius教授らが起業したLiving Power Systems社をはじめとするいくつかの新興企業が、電力インフラの十分に発達していない国の市場に参入しようとしている。

送電網が既に整備されていて、電気代も安価な国では、この技術を売り込むのは難しい。しかし、地球上の数十億にのぼる人々は、大抵は電力インフラのない、都市部から離れた環境で暮らしており、この技術はこうした人々に売り込むにはぴったりだ。

300ワット台というのは潤沢と言えるほどの量ではないが、米Potenco社のヨーヨー型携帯発電機(日本語版記事)(最高で40ワットを生成)や、グァテマラで製造されている風力タービン(50ワットの生成を目標としている)に比べれば十分な数字だ。

[Living Power Systems社のウェブサイトによると、コストは$0.75/KWhで太陽エネルギーと競合可能。原料はどこにでもあり、技術的にも単純でインフラ整備も必要ないので、ほとんどどこでも利用可能と主張している。]

微生物を利用した燃料電池の耐久性や拡張性の判断は難しい。だが少なくとも、微生物を利用したエネルギーの「農場」というコンセプトは、送電網の行き渡っていない農村部で、クリーンなエネルギー・ソリューションを設計しようという建築家やエンジニアにとって、考慮すべき選択肢の1つではあるだろう。
http://wiredvision.jp/news/200804/2008041022.html
Unknown (Unknown)
2009-05-15 23:25:59
地方で暮らしていると、農作物の安さに驚かされます。
規格品でなければ、トマトなんか5個100円とかで売っています。
主食のコメも、カロリーを全部自炊すれば驚くほど安上がりです。
ご飯茶碗一杯12円でもコンビニのおにぎりで100円、ランチでは200円になります。

大都市圏では、外国から野菜を空輸して調達するようですが
田舎では、採算が取れない為に出荷できない野菜を畑でつぶします。

農業を語るには、複雑怪奇な流通についても触れなければ
12円のコメと120円のおにぎりを同列に扱うことになってしまいます。
Unknown (Unknown)
2009-05-15 23:34:38
>民す党はすぐ解党しなければならない。
キチガイすぎてフイタw
これ荒しじゃないの?w
Unknown (Unknown)
2009-05-16 01:48:28
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/giin/1240050843/l50
Unknown (Unknown)
2009-05-16 02:17:55
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1242212753/l50x
Unknown (Unknown)
2009-05-16 02:21:54
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1242229069/
Unknown (Unknown)
2009-05-16 02:53:11
http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/ms/1240291492/l50
Unknown (Unknown)
2009-05-16 02:57:12
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1242178168/
http://ex24.2ch.net/test/read.cgi/campus/1241408019/
幸せとは (nori)
2009-05-16 03:08:43
 たとえ、年収1千万あっても、変化の無い生活には耐えられない。

 今は東京近郊の鉄道駅から3分ぐらいのところに住んでいるが、結局、老後を考えれば考えるほど、田舎暮らしは大変だと思わざるを得ない。

 目の前コンビニ。老後はコンビニ。これが一番と思っているので、農業はムリだね。

 
Unknown (Unknown)
2009-05-16 03:10:12
http://critic6.blog63.fc2.com/
Unknown (U)
2009-05-16 07:18:17
戦前は大地主と小作人の階級があったが農地解放で皆、平等になった、いいことだ。しかし戦後の農政は農業だけで生活できないように農水省がしてしまった、日本の食量基地として北海道は期待されていたが、食料安保の考えもなく、安ければばよい、と北海道の農業・酪農を殺したのは、東京のアメリカかぶれの官僚どもだ。いくら農地集約し農業法人会社にして米国のまねをしても、石油を食うだけで、農業では米国路線では必ず負け、日本の農地は米国資本に簒奪され、日本は食料も支配され奴隷に落ちる、それがユダヤの目的なのですよ。農水省はこれが解っているなら、日本の破壊者・売国といわれても仕方ないだろう。私はキリスト教の農水官僚を知っている。日本の仏教でもやっておれと言いたい。
次期総選挙の選挙結果を捏造するためのイメージ作り (愛信)
2009-05-16 08:06:32

【アンケート結果】「あなたが選ぶ、首相にふさわしい人」
博士の独り言(みなさまのご協力に感謝)より転載

 結果については、上位が、
1位が麻生太郎氏(現総理)で1,182票(得票率は57.8%)。
2位が安倍晋三氏(前総理)で317票(同15.5%)。
3位が平沼赳夫氏(平沼グループ)で148票(同7.2%)の順となった。
読売新聞社が実施した面接方式の全国世論調査(4月25~26日)によると、首相に最も
ふさわしい国会議員のトップは小泉元首相14・8%、2位は舛添厚生労働相9・0%の
デタラメな情報操作を暴露した衝撃的なニュースを広めよう。
読売新聞社のこの情報操作は次期総選挙の選挙結果を捏造するためのイメージを作る
準備工作と考えられる。

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj_ind.cgi

http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi#5月8日_00時07分54秒
Unknown (Unknown)
2009-05-16 11:13:31
>読売新聞社が実施した面接方式の全国世論調査(4月25~26日)によると、首相に最も
ふさわしい国会議員のトップは小泉元首相14・8%、2位は舛添厚生労働相9・0%の
デタラメな情報操作

多分、デタラメな情報操作というより、
「何も考えていないアホなおばさん」が小泉を
今も支持しているのだと思う。
小泉支持派はIQが低い=B層という公的資料
もあるし。
内の母親はその読売新聞の調査結果に「何も考えてないアホなおばはんが多いということや」と吐き捨てるようにいっていたよ。
だったらあんたは何かを考えているアホではないおばさんなんですか?といいたいが(内の母親は教育学部卒の元教師だから経済の知識はゼロ)、確かに高校生の時計測したIQが145と
比較的高く、B層ではない訳だ。


Unknown (Unknown)
2009-05-16 11:18:31
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1242350661/
特報 (Unknown)
2009-05-16 11:56:40
自民も民主もアメリカ製だよ、今さら 

皆さん、恐ろしい裁判員制度が始まりますょー。

民間と法務機関がグルなんだって。投資ファンドぼろ儲けー

http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.ojp.usdoj.gov/nij/journals/259/prison-

privatization.htm&ei=_SkOSva4O8GMkAX5o5ykBA&sa=X&oi=translate&resnum=1&ct=result&prev=/search%3Fq%3DDirector%2Bof%2Bprivatization%

2Bprison%26hl%3Dja%26lr%3D%26sa%3DG

民間人裁判員制度は、「投資民営化刑務所」を促進するのが目的のカンフル剤であった。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=Director+of+privatization+prison&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&aq=f&oq=

ガイド刑務所民営化に
by Dana Joelダナジョエルで
Backgrounder #650 背景# 650

INTRODUCTION はじめに

America has been getting tougher on lawbreakers. アメリカの厳しい
lawbreakers取得されています。 This is something that the public long has been demanding.
これは 、 国民の長いことを要求されているものです。 The problem it creates, however, is a
shortage of prison capacity to hold the increased numbers of convicted criminals.
この問題はそれが作成されますが、刑務所の不足有罪判決を受けた犯罪者の
増加数を保持する能力です。 This has led to: prison overcrowding, sometimes prompting court actions against penal systems; rapidly rising

operational outlays; and taxpayer resistance to the cost of new prisons.
これにつながっている:刑務所の過密、時には刑事裁判所のシステムに
対するアクションを要求する;急速に上昇運用支出、新しい刑務所のコストを納税者の抵抗です。


刑務所の労働者を契約

By putting prisoners to work and paying them competitive wages, many private companies are reducing prison costs for the government by

withholding earnings for taxes, room and board, family support, and victim's compensation.仕事と競争力の賃金を支払うことに囚人を置くことで、多くの

民間企業 、 税金 、 部屋と食事、家族を支えるための収益の源泉で、被害者の補償は 、 政府の刑務所のコストを削減している。 Such employment

also gives prisoners the skills and work experience that will prepare them for the job market when they are released. このような雇用も捕虜がリリース

されているときには 、 雇用市場のために準備する実務経験のスキルを与える。

Private business has become increasingly interested in prison labor during the past decade. 民間企業が刑務所の労働では 、 過去10年で関心となっ

ている。 Prompted by state and federal measures lifting restrictions to private sector use of prison labor, some eleven states contract out the work

of an estimated 1,000 convicts. 州および連邦政府の指示による措置の刑務所労働の民間部門を使用するように制限を解除、推定 1000人受刑者の

仕事の一部を11の州の契約。 Over twenty firms, ranging from small businesses to multinational corporations, provide jobs for inmates. 20企業、中小

企業の多国籍企業には、受刑者に仕事を提供するさまざまなオーバー。 For instance, Best Western International, Inc, a major hotel chain, employs

over thirty Arizona prison workers to operate the hotel's telephone reservation system. 例えば、欧米のベストインターナショナル株式会社は、大手ホ

テルチェーンは、ホテルの電話予約システムを運営する30以上のアリゾナ刑務所の労働者採用しています。 Since the Best Western program began in

1981, inmates have paid $182,000 in taxes, contributed over $187,000 to the state for room and board, and paid at least $112,000 in family support.

1981年以来のベスト欧米のプログラムを開始した、受刑者、 182000ドルの税金を支払っている部屋と食事のための 187000ドル以上の状態に貢献し、

家族を養うには少なくとも 112000ドルを支払った。 Similarly, Trans World Airlines, Inc. hires young offenders from the Ventura Center Training School

in California to handle over the phone flight reservations. 同様に、トランスワールド航空会社のフライト予約の電話を処理する訓練学校カリフォルニア

州ベンチュラセンターから少年犯罪者採用。 The inmates have paid a total of $13,000 in taxes, $15,000 for room and board, and $11,000 to victims

for restitution. この受刑者は、 13000ドルの税金の合計は、 1万5000ドルを支払っている部屋と食事の 11000ドルの被害者に返還。

In most cases, the state correctional system provides the working facility for the private firm. ほとんどの場合 、 州矯正システムは 、 民間企業の作

業施設を提供しています。 The firm manages and trains the inmates and releases their earnings to the care of the state. 会社を運営し 、 国家の世

話には 、 受刑者とその収益の電車をリリースします。 The wage rates, in most instances, are negotiated between the state agency and the private

firm. 賃金率は、国家機関と民間企業の間に交渉しているほとんどのインスタンスです。

Florida is Leader フロリダリーダーです
Florida in 1981 became the first state to contract out the entire state prison industry to private management. 1981年に民間の管理には 、 フロリダ

州の刑務所業界全体を契約する最初の状態になった。 Prison Rehabilitative Industries & Diversified Enterprises Inc. (PRIDE), a firm based in

Clearwater, Florida, now manages all 53 Florida prison work programs as a for profit operation. 刑務所障害産業と多様な企業株式会社(プライド)は、

会社のクリアウォーター、フロリダ州、フロリダ州の刑務所作業する 、 すべての53のプログラムを管理して利益操作のために拠点を置く。 PRIDE made

a $4 million profit last year. プライドは昨年 、 400 万ドル利益を得た。 Many states considering privatization of prison industries are studying the

PRIDE 多くの州刑務所産業の民営化を検討し誇りを研究している

operation. 動作が可能です。 PRIDE employs only inmates who want to work. プライドは 、 作業する受刑者のみ採用しています。 As such, work is

viewed as an opportunity rather than a punishment. このように、仕事は罰ではなく 、 チャンスと見ている。 PRIDE pays 60 percent of the workers'

wages directly to the state government to defray the costs of imprisonment. プライド直接州政府に監禁するのにかかる費用は 、 労働者の賃金の60

% を支払っている。 PRIDE products, which range from optical and dental items to modular office systems, are sold to the local and state

government agencies. プライド製品、オフィスシステムは 、 光モジュールに項目を歯科 、 と地元州政府機関に販売されているからです。
Unknown (Unknown)
2009-05-16 12:29:04
自民党と民主党が隠す、アメリカの農産物の実態

1995年に抗生物質ニューキノロンが米国でブロイラー飼育に使われるようになりました。
それで鶏・ブロイラーでその抗生物質に耐性菌が選択、淘汰されました。
3年後、その耐性菌による食中毒が8倍に増えました。
つまり耐性菌の侵入を防ぐには、餌や予防で抗生物質を常用する現代的畜産によらない
飼育がされた家畜のものを選ぶことです。

遺伝子組み換え食品による拡散このような耐性菌だけでなく、遺伝子組み換え作物が体の
中に薬剤耐性遺伝子を持ち込みます。そして、その遺伝子が体内の常在菌に伝わることが起きます。

遺伝子組み換え操作では、持ち込みたい組み込みたい遺伝子と組み込み、
組み換えができたか調べるための目印遺伝子を一緒にセットで扱います。
その目印遺伝子は大概はある抗生物質に耐性の遺伝子です。


例えば大豆の細胞に、除草剤ラウンドアップに耐えられる遺伝子と抗生物質耐性遺伝子を
セットで組み込み操作をします。次にその抗生物質を大豆の細胞に与え増殖します。
組み込みが失敗したものは、抗生物質で破壊されたり増殖ができませんから淘汰されます。
このようにして作られた遺伝子組み換え大豆には、薬剤耐性遺伝子が必ず含まれています。
そしてこれを食べると、その遺伝子が常在菌に「動く遺伝子」の働きで移ることが英国で確かめられています。

耐性化したら、ワクチンを開発しても皆無。
http://www5.plala.or.jp/nijiya231-9288/HATAKE/idennsi/hatake_0321.htm
Unknown (Unknown)
2009-05-16 12:31:33
なんか、波長が同期してますね。

て、あんたも同じかい?俺と?
自国内で②発使用するだろうな、アメリカのアホ。
頓挫したらしいが。
Unknown (Unknown)
2009-05-16 12:37:54
今年から日本独自のコーンを栽培しますよ。
昔の正常な品種をね。

Unknown (Unknown)
2009-05-16 12:49:09
http://asx.pod.tv/dpj/free/2009soukai300k.asx
Unknown (Unknown)
2009-05-16 13:06:43
男女共同参画 キムミョンガンで検索すると・・・・。
この施設、国庫の年金積立から設立されているセンターなんだが・・。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E7%94%B7%E5%A5%B3%E5%85%B1%E5%90%8C%E5%8F%82%E7%94%BB%E3%80%80%E3%82%AD%E3%83%A0%E3%83%9F%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%80%80&lr=&aq=f&oq=

Unknown (Unknown)
2009-05-16 13:10:44
農業の個別保障に使わず、こんなのに10兆円も・・。役人天国、庶民は地獄。
高市早苗も無視して推進したし、麻生も民主党も賛成。変態集団ですか?

http://www.women.city.yokohama.jp/books/detail.cfm?PageNum_lstGET=5&ROWS=25&A8001=0&freeword=%E8%AA%AD%E6%9C%AC&CNT=109&act=det&sort=
Unknown (Unknown)
2009-05-16 14:19:30
奪った農民票は民主党にとって今後も大切なものなのに、選挙後、公約をうやむやにしているということは、これからも、できないということかもしれませんね。

民主党は、大きな嘘公約を積極的に行ったということですから、農民票を奪い取ることがあの時、絶対必要だったんでしょうね。
しかし、次の選挙はどうするんでしょうか。
屯田兵 (半分専門家)
2009-05-16 14:20:58
>食糧問題は安全保障問題として考えて、農業の近代化を図るべきであり、やる気のある専業農家を育てる為に「農家の戸別所得補償制度」を実行すべきだ。

今さらですが念のために書いておくと、日本では元から生態学的に今の人口では自給不可能なので、食糧生産を工業化し、農業に頼るのをさっさとやめるべき、というのが私の意見です。

しかしそれはひとまずわきに置いて、本気で農業が国家安全保障上必要な事業で、かつ不採算事業であると思うのなら、民間ではなく公務員に農業をやらせるべきですね。

同じ理由で自衛隊も税金で公務員がやってますよね。
とういうわけで、独立行政法人の農作会社を作って暇そうな公務員を出向させ、休耕田などを復活させるための野良仕事をやらせたらどうでしょうか?

これでほぼ解決すると思うのですが、まあお役人様たちは嫌がるでしょうねぇ…(^^;
Unknown (Unknown)
2009-05-16 14:38:17
http://www.asyura2.com/09/lunchbreak20/msg/347.html
Unknown (半分専門家)
2009-05-16 14:39:57
>今年から日本独自のコーンを栽培しますよ。
>昔の正常な品種をね。

・・・色々と容赦無いツッコミを入れたくなるご発言ですが(^^;、とりあえず「とうもろこし」という作物がどうやって今の栽培種になったか、一度お調べになった方がよろしいかと思います

遺伝子組み換え以前に、日本独自でもなければ正常な発現型の株でもありませんよ>コーンの栽培種
Unknown (トロ)
2009-05-16 15:11:10
地方の無駄遣いと農家の保護は別個の問題として議論するべきではないでしょうか。

地方に余分な道路ができて、そのおかげで土地を高く買ってもらえるような農家はごくごく少数の例であり、すべての農家がぼろもうけしているわけではありません。

国が、地方の道路やインフラにお金をつぎ込んだとして、農家の所得があがるとは思えませんしね‥

>日本では兼業農家は都会のサラリーマン家庭よりも豊かだ。

ではなぜ、都市部に人口が集中しているのでしょうか?
兼業農家が良い暮らしをしているのなら、豊かな生活を求めて、サラリーマンを辞めて兼業農家をする人が増えてもおかしくないはずです。
いまなら、左近尉さまがご指摘のように坪当たり2~3万と農地もお買い得ですしね。

>目の前コンビニ。老後はコンビニ。これが一番と思っているので、農業はムリだね。

案外nori様の上記の意見が、奇麗事ではない本音をついているのではないでしょうかね?

実際、兼業農家は土日祝日をつかって農作業のノルマをこなしてしてしまわなければならず、他にも、農業関係の寄り合いや水利組合に入って共同で、田んぼの畦や用水路の掃除や草刈をしたり、
祭りなどの行事等の運営などやるべき仕事に事欠くことがありません。

結局、利便性や豊かな暮らしと離れがたい人が都市部にいるわけで、それはそれで一向に構わないのですが、

>これから競争力のある農家を育てる&農産物価格引下げを

というTORAさまの意見を拝察しますと

都会に暮らしていて専業農家になるつもりはない

でも、品質がよく安全で安い農作物は必要だ

だから、兼業農家は

>村落共同体ごと自然消滅してもらったほうが良いです

といってるように聞こえるのですよ。

田舎のひとびとは、面倒なしがらみとは思いつつも、それなりに村落共同体というものを愛しているわけです。

そういうのを全部排除して、
おいしいとこだけを欲しい
なぜなら、

>日本の兼業農家は特権階級であり‥

なんだか、ひと昔前の中国の文化大革命を思わせますよ。







 









 





ある意味おかしいですよね (surnivers)
2009-05-16 15:49:49
ワシはIT業界のサラリーマンですが、まぁ確かに平社員なのですが、社長なら当然仕事を受注しないと行けません。
常にキャッシュフローの心配をして、しかもうちの業界は大体2ヶ月先に入金です。
だから2ヶ月の間は必ず赤字なのです。

でも補填なんてもらえません。
凄い特典ですよね。
農家がもっと自己研磨して効率を上げれば良いのにそれを邪魔するのが農水省を始めとする関連団体。
おいおいと思います。

しかも人口分布言えばサラリーマンは圧倒的な人口を誇っているのに一番冷遇されています。
明らかに変です。
正直選挙区という考えそのものがおかしいのかも?戸すら思えてきます。
やるなら道州制の大選挙区かな?と。
そうすれば農業優遇がなくなると思いますが・・・
Unknown (Unknown)
2009-05-16 23:42:19
まだIQを「賢さの単位」だと勘違いしてる奴がいて飲み途中のコーヒー吹いた(笑)
お米で餌付け (平安京)
2009-05-17 00:12:33
あと、完全米飯給食への移行も必要ですね。

米飯給食実施回数は、平成18年度で平均2.9回/週(文部省)
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/001/kyusyoku/07022019/001.htm
Unknown (Unknown)
2009-05-17 12:36:19







≫遺伝子組み換え以前に、日本独自でもなければ正常な発現型の株でもありませんよ>コーンの栽培種


馬鹿向けの記事だとあなた程度の扇動方法の説明となります。遺伝子組換えで危険なのは、変異マーカーを入れた変種です。

悪質なデマゴークを書くのはやめた方がいいよ、専門家さん。素人なのに、専門家というのは笑えます。

国民に害のあるものを推薦している貴殿の記事は弊害がありすぎます。ただの情報テロに等しいものです。ご注意を。
Unknown (Unknown)
2009-05-17 12:44:53
最近、産経新聞の購読者や信奉者による情報のデマがひど過ぎ。朝日と同じレベルに到達。

Unknown (Unknown)
2009-05-17 12:48:24
産経のアホどもは、陰謀を否定してごまかして逃げていたが、
映画、天使と悪魔を制作されて報道もできないほど間抜け。

陰謀と否定していた団体が事実だったのだから、報道もできない。
それが産経バカ保守。

正常な保守は産経なんて読みません。
Unknown (Unknown)
2009-05-18 07:30:44
池内ひろ美 キム ミョンガン(逮捕歴あり)は2年前期間工差別発言で2ちゃんねるで祭りになっていたのですが


どうやら旦那は「韓流」の仕掛け人 池内ひろ美のバックには大物ヤメ検弁護士がいるとか。
男女共同参画社会推進センターでググると192,000 件もヒットするのにいったい何やってる団体ですか?地方自治団体とくっついているようです。
こんなものに多額の税金(10兆)が使われ しかもマスコミはスルー 農業への補助金ばかり目の敵 何かおかしい

34 :名無しさん@七周年 :2006/11/22(水) 02:20:08 ID:CBbw6e300
実際にセックス奉仕隊を利用した人の声

734 名前:名無しさん@七周年 投稿日:2006/11/21(火) 10:59:36 ID:/567Zor5O
売春ブローカー・池内ひろ美の業務内容
ttp://rasa2003.exblog.jp/5365715/

Commented by かば女 at 2006-09-19 05:19 x
私は、かつてキムに2万円支払い、セックス目的で男性を紹介してもらっていました。
奉仕隊の人はほとんど妻子もちでした。私とホテルに入っている最中でもほかの女性からじゃんじゃん携帯にメールが入り、
性病をうつされたこともあり、縁を切りました。やはり、浮気、不倫は悪いことだとわが身の愚かさを反省しています。
やはり、キムのような人の弱みに付け込む商売は許せません。いつかは裁きの時が訪れるでしょう。
このような発言の機会をあたえていただいて、感謝にたえません。
自分の家族を大切にできない人が、第三者を大切にできるでしょうか。自分のことも含め、反省しています。


42 :名無しさん@七周年 :2006/11/22(水) 02:21:01 ID:2JQBh1dz0
661 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2006/11/22(水) 01:22:30 ID:T8z/cjoQ0
御社の東京電力サービス懇談会委員を勤める池内ひろ美氏についてお伺いしたいことがあります。
池内氏は公式プロフィールによると離婚カウンセラーとして活動を行っているとのことですが
最近一部では相談に来た女性に対して男性を紹介しその男性と肉体関係を結ばせ
また実質的な対価として金銭を受け取っているとの報道がされております。
報道の通りであれば積極的に不倫行為を行わせるという非道徳的な行為の手助けをしているばかりでなく
前述したページにあります通り売春斡旋罪にも問われかねない活動をしていることになります。
私は毎月御社に電気代を支払っておりますがその支払いの一部が以上のような
反社会的行為を行う人間のもとへ支払われていることに強い憤りを感じております。
私は一ユーザーとして上記の事案についての説明を求めるとともに
もし上記の報道が事実であれば一刻も早く池内氏の役職を解くように要請いたします。
夫の価値を謀略で失墜させて、収穫を行う詐欺グループ ( ワイドショーで離婚意欲を涵養中 )
2009-05-20 22:07:24
B層の中年女性を騙して離婚させて、手数料を稼ぎ、
性的満足コンサルタント兼施術師を派遣して、口入れ家業で儲け、
骨抜きにして、資産の制御不能なぬれ落ち葉女性から金を奪うというソリューション、あるいはビジネスモデルか。

ドラマであったけれど、わざと離婚させるように噂(謀略)ばらまく主婦グループの描写があったけど、あれ敵性異民族のマスゲームなのよね。

夫在宅なんとか症、なんていう病名をでっち上げた医者がいた。
戦地のような会社から、帰還した老兵のような夫に、いままで放牧状態で好き勝手にしてきた妻が、夫からのストレスを受けて早死にするのは虐待だと、
ストレスに曝され続けて稼いできた夫を虐待するという、マスゲームがワイドショーで流された。

寄生虫の論理に、世間知らずの利己的遺伝子は乗せられてしまう。比較対象検討する能力がないB層だから。


そういえば、似非童話が苦節うん十年の戦いの記念誌とかを高額で売りつけたりしますね。差別があったと称して、某民族系団体が講師の派遣を要求して、社員の人権教育をして稼ぐとな。
最近、日立の中の工作員が活躍したのかな。雪印とか不二家もあったね。

シンスゴという人のエッセイを一時期読んだのだけど、民族内のイジメの凄さを知りました。弟がイジメぬかれたとか。自分の部下に対して、横暴な態度を示すとか。

なるほど、日本人を絡ませずに、彼らの生態、習性を明らかにすれば、誰がレイシスト(差別主義者)かわかるという訳。


海の向こうから使徒が来る。農地を奪えと使徒が来る。
水を奪えと使徒が来る。そう、天使は自称なんだよね。
嘘つき程、自分を褒めたたえる技術があるね。要注意。

プランテーションは、モノカルチャー農業で自給を絶って支配する手口でしたね。いつもの手口か。
Unknown (Unknown)
2009-05-24 20:45:03
http://www.nhk.or.jp/saitama2/senkyo/
http://www.saitama-senkyo.com/vote/2009/0524/index.html
Unknown (Unknown)
2013-07-23 05:36:14
調子にのるな。

日本の癌はお前達だ。

金よこせの糞百姓め。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
人糞ロンダリングと日本の農林複合経営 (森羅万象の歴史家(大東亜戦争の名著から萌えるフィギュアまで))
きょねん所長は、既に限界を突破しているであろう山間地域の集落において、約10年近く放置されていた果樹畑の手入れを行った。 柿、梅、桃、キーウイに巻きついて絞め殺そうとしている蔓(つる)を果樹の幹から剥がし、イラ虫の付いた枝葉を切り落として風通しを改善し...