株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

福島第一原発2号機が、再び暴れ出した。2号機の[650シーベルト/時]という線量は破滅的事態

2017年02月17日 | その他

福島第一原発2号機が、再び暴れ出した。2号機の[650シーベルト/時]
という線量は、地下水(池)にポットンで破滅的事態を引き寄せるレベル


2017年2月17日 金曜日

650シーベルトの意味とアラスカの漁獲量激減とトリチウム 2月13日 カレイドスコープ

日本の新聞が、国内向けと海外向け(英語版)では内容が違うということは多くの人が知っている。
日本の国民には知らせないが、英語圏、特にアメリカ人、ヨーロッパ人には本当のことを伝えてきたのである。
それは、今でも続いている。
650シーベルトが何を意味するのか誰も語らない。
この期に及んで何一つ正確な知識を持たないにも関わらず、大げさだと嘘の情報を流す愚劣極まりないブロガーたち。
彼らは非常に有害な人間たちで、白痴か犯罪者のどちらかであると断定して差し支えない。

2号機の[650シーベルト/時]という線量は、地下水(池)にポットンで破滅的事態を引き寄せるレベル

福島第一原発2号機が、再び暴れ出した。

今まで、可能だった原子炉格納容器内の線量計測のうちで、最大の値-「毎時650シーベルト」という数字が叩き出された。

もっとも、毎時650シーベルトというのは、推定値である。

圧力容器直下まで入れたロボットカメラの耐放射性の性能は、積算で約1000シーベルトだという。
それが、2時間程度でダメになったことから、およそ650シーベルトと東電が推定したのである。


赤旗は、まあまあ書いている。

「2号機格納容器内の放射線量が推定で過去最高の毎時約650シーベルトとなり、廃炉作業の困難さを改めて浮き彫りにしました。仮に人が浴びれば数十秒で致死量に達するほど、過酷な放射線環境です。」・・・

「2~3秒で昏倒してそのままあの世行き」と書いたほうが分かりやすい。

しかし、赤旗も、どうしようもない新聞になった。
肝心なことを省いているからだ。
原発推進の共産党の機関紙・赤旗も、すべて信用していいということではない。

またまた、バカブロガーの中には、「再臨界が起こっている」と騒いでいる愉快犯が出てきた。

問題は、そんなことではない。

以下、可能性として考えられることである。
上から蓋然性が高い順・・・

1)
地下水に接触しているので、信じられないくらい高濃度の「おすいせん」・・・もとい、汚染水が海に流れ出す。
すでに海に流れ出しているが、それより流れ出る放射能の量がもっと多くなる。

それでも、福島沖で漁業をやっている。しんじられないバカである。

2)
大きな地震などが起これば、圧力容器が揺さぶられて、もっと大きなデブリ(溶けた核燃料)が圧力容器の底を破って下のコンクリへとポットンと落ちて基礎を溶かす。

2012年の時点では、熱い核燃料が圧力容器の底を突き破ったとしても、丸薬ような、鹿の糞のような、コロコロした小さな粒状であれば、チャイナ・シンドロームのようなことは起こらない。
水や空気に触れる表面積が大きくなるので、少しずつ冷えていくからである。

しかし、デブリと言われる塊になっていれば、地中深く溶け進むかもしれないと原発学者は警告していた。

それは、今回、分かったように、コロコロした小さな粒状ではなく、塊、デブリだったということである。

3)
最悪のケースは、地中深く溶け進んで落ちていったデブリが、地下水と反応するということではない。
福島第一原発の真下に、地底湖のような水たまりがある場合である。

そこに、地底湖の天井を突き破って、デブリが水の中にポットンと落ちた場合、水蒸気爆発が起こる可能性が出てくるのである。

開放空間での水蒸気爆発は、流れ出た溶岩(マグマ)が海水に触れたときに、ジュッと一気に冷やされて柱状節理を形成する。

しかし、それと同じことが溶融した核燃料によって、しかも閉じ込められた地下空間で起こった場合は、爆発エネルギーの行き場がないので、真上にある原子炉を破壊する。その破壊力は想像できない。

そうなった場合に何が起こるのか・・・

福島第一原発のサイト内には、誰も立ち入ることができなくなる。
つまり、使用済み燃料プールの中に格納されたままになっている核燃料棒を冷却できなくなる、ということである。


それ以前に、水蒸気爆発のエネルギーが大きければ、建屋もろとも吹き飛んでしまうということである。

また、煙突の鉄骨が錆びついて、破断個所が何ヵ所も出てきている。

しかし、その補強ができない。線量が高すぎるのと、いつ倒壊するかも分からないからだ。

倒壊すれば、原子炉のカバーか、使用済み燃料プールの上に倒れ込む。
原子炉であれば、破滅的な事態に発展する。

上の 1)と2)は、状況から見て、すでに始まっている。それは人の目で見ることはできないが、否定はできない。

3)が起こった場合、私たちは覚悟を決める必要がある、ということである。

それを正確に察知することは、もうできない。仮に東電にそれが分かっても、決して発表しない。
国民殺しの安倍官邸は、東電に圧力をかけて発表させないだろう。

この政権が何度もやってきたことだから、今さら、驚くに値しない。
安倍と同じく、漢字が読めない官房長官の菅義偉は、馬鹿のひとつ覚えのごとく、「問題ない」という日本語しか知らないからだ。

私たちが知ることができるのは、東電が予定しているという、2月中に同じタイプのロボットカメラを2号機格納容器内に入れて計測した線量の値である。

2012年の計測では73シーベルトだった。

そして、つい10日ほど前-2月2日の測定では530シーベルトだった。

そして、今回9日に公表された線量は650シーベルトであった。

今月、再び同じ耐放射性の性能を持つロボットカメラを入れて測定した値が、650シーベルト以上であれば、最悪の結果が起こる事態が見えてくる、というわけである。

赤旗は、海洋汚染も書かないし、この水蒸気爆発の可能性も書かない。わかりきったことだろうに・・・

今月中の再測定で、さらに高い線量が検出されれば、地下で起こっていることは新たなステージに移ることになる

今日の状況が訪れることは、2013年7月に、すでに書いている。
そのとおりのことが起こってしまったのである。(後略)



(私のコメント)

福島第一原発の様子がどうなっているのかわかりませんが、2号機にロボットを入れたところ、650シーベルトという計測値が出たそうです。しかしロボットは放射線にやられて帰って来れなかったそうです。放射線でやられて動けなくなったらしい。それほど強い放射線が出ていて、そこから推測した数字らしい。

ようやく手掛かりらしいものが出てきましたが、カレイドスコープのサイトでは最悪の事態も想定された記事が書かれている。核燃料が溶け落ちたことは分かっているが、溶け落ちた燃料がどうなっているのかがまだわからない。圧力容器の底が抜けて格納容器の底に溜まっているらしいのですが、まだ熱を持っていて核燃料の塊がさらに溶け落ちていった場合は大変なことになる。

格納容器の底のコンクリートで止まっていればいいのでしょうが、地震などで亀裂などが入れば、さらに溶け落ちる可能性がある。デブリの表面が固まっていても中心部は核反応などでドロドロかもしれない。まだ格納容器内部は熱で水は水蒸気状態で蒸しているようですが、全部水没させるわけにいかないのだろうか。

このまま核燃料が溶け落ちて行って地下水と触れ合えば水蒸気爆発する危険性もある。そうなると上の原発建物全部が吹き飛ぶことになり、放射能が日本の中心部に降り注ぐかもしれない。そのような危険性は考えられないのですが、デブリが今どうなっているのかも今はわからない。どこにあるのかも分からないのだ。

650シーベルトという放射線と、一部のデブリが撮影されたということですが、圧力容器の底が抜けたことは確認された。本来は圧力容器の内部には水が循環しているはずであり、水がなくなって核燃料が溶けるというような設計にはなっていない。鉄は熱で簡単に溶けてしまうからセラミックなどで多重構造にしてあれば溶け落ちることはなかったはずだ。

スリーマイル事故の時は、核燃料が溶けて圧力容器の底に溜まっていた。圧力容器に穴があいて底のコンクリートの床に溶け落ちているらしい。問題が核燃料に熱が溜まってさらに地下に溶け落ちていくことであり、それが地下水に触れれば水蒸気爆発を起こすことになる。それが最悪のシナリオだ。

格納容器の底は何メートルもののコンクリートの床だから、簡単には穴はあかないが、熱でコンクリートも脆くなって地震などで亀裂が入るおそれがある。そこから汚染された水が流れ出る恐れもある。まだ圧力容器も格納予期内部も沸騰した水蒸気でいっぱいであり、熱はかなり溜まっているようだ。

福島原発の解体作業はまだ準備段階で、燃料プールにある核燃料もまだ4号機を除いて入ったままだ。とりあえずは燃料棒を取り出して燃料プールをカラにしなければ、またいつ暴れだすかもわからない。地震などでプールに亀裂が入って水がなくなれば、保管された燃料棒は核反応で大爆発する可能性がある。

軽水炉型原発にそばの燃料プールに核燃料棒を保管しておくというのは、ダイナマイトのそばでストーブを炊いているようなものであり、原発の設計者は気が狂っているとしか言えない。燃料プールは一時的な保管場所なのに、しまう場所がないからプールが収納庫になってしまっている。

福島第一原発は、まだ解体の目処もたっていませんが、内部を観察できるロボットもまだ出来ていない。1000シーベルト程度ですぐにロボットが壊れてしまう。極限状況で作業できるロボットがないのだ。最も有機ELパネルすら出来なくなってしまった日本の電機メーカーでは無理なのだろうか。

圧力容器にしても熱で穴があいてしまうような容器では使い物にならない。セラミックと鋼鉄の多重構造にして、核燃料が溶けるようなことがあっても底に穴があかない物を作るべきだった。冷却水がストップしてしまうような事態を想定していなかったのだろう。東芝や三菱や日立の原発エンジニアの想像力に欠けた設計が事故の元になってしまった。軽水炉そのものが50年前の技術であり、新型の次世代原子炉でなければ新設は無理だろう。

『事件』 ジャンルのランキング
コメント (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 失敗を隠すため部下を「チャ... | トップ | グローバリストの世界政府に... »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
>核燃料が溶けるようなことがあっても底に穴があかない物を作るべきだった。 (Unknown)
2017-02-17 14:07:07
米国に賠償作業させろ!
この手の情報の真偽は… (ponpon)
2017-02-17 14:21:28
本当に福島がヤバイのであれば、首都圏在住の皇族、大資産家、政財界の要人たちが真っ先に逃げ出すでしょう…。(笑)

一般人は、そういった動きが実際に見られるかどうかを観察していれば良いだけかと…。
極限状況で作業できるロボット (Unknown)
2017-02-17 14:50:07
>最も有機ELパネルすら出来なくなってしまった日本の電機メーカーでは無理なのだろうか。

極限状況で作業できるロボットと、有機ELパネルは、何の関係もない。
引用記事のカレイドスコープ (Unknown)
2017-02-17 14:55:24
このサイトの案内に、
「ようこそ、陰謀の迷宮へ--」
とある。

陰謀論なら、ponponの出番だよ!
新型の次世代原子炉 (Unknown)
2017-02-17 15:02:58
>東芝や三菱や日立の原発エンジニアの想像力に欠けた設計が事故の元になってしまった。
>軽水炉そのものが50年前の技術であり、新型の次世代原子炉でなければ新設は無理だろう。

「新型の次世代原子炉」って、
これのこと?

■世界が今、注目する次世代原子炉がある。東芝が開発する「4S」と呼ばれる超小型高速炉だ。燃料交換なしで30年間の連続運転
http://www.asyura2.com/13/genpatu33/msg/883.html
今一 (山桜)
2017-02-17 15:23:21
よくわからない。何故今なのか、それによって何が変わろうとしているのか、全然わからない。
いつも読んでいます (Unknown)
2017-02-17 16:37:32
ほぼ同意見なのですが、放射能事故が起きた時に対処するロボットは、1980年代頃に東工大の教授だったと思うのですが、研究、開発していました。

しかし、原発反対派が、「そういうロボットを作るということは、原発が安全じゃないという証拠だ!」と騒いだので、研究を中止したという話を聞いたことがあります。

当時は、絶対に安全ですと言い張っていましたから、万が一の備えさえ許されなかったみたいです。もちろん、コストカッターが許されるとも思えないのですが、、、
小泉・安倍政権のタッグで今の福島の状況があると言えるでしょう (noname)
2017-02-17 19:24:55
小泉政権が三菱重工の開発した原発事故向けの特殊小型ロボットMARS-iの廃棄を命令し、安倍政権で電源喪失時に備えた対応をおろそかにした結果が今の福島です。
Unknown (Unknown)
2017-02-17 19:44:43
解らないのは、放射線がひどいとロボットはどのように壊れていくのか、だ。

4S原子炉については
http://www.gepr.org/ja/contents/20121015-03/

直径0.9m×4m
部品数50個以下
止められはしないが30年間安全に発電できる。
潜水艦の直径は9-10m。
1m×4mなら何本も束ねて原子力発電できる。原潜誕生。部品数50個はすごい利点。しかし止められはしない。
>小泉・安倍政権のタッグで今の福島の状況があると言えるでしょう (noname) (Unknown)
2017-02-17 22:06:16
東日本大地震によって、今の福島の状況があると言えるでしょう。

人間の影響力なんて、自然の脅威に遭遇して、ただ狼狽するのみ。
Unknown (慰安婦)
2017-02-17 22:21:23
突然地底湖w

安倍が〜
まるで朝鮮人のような論理であるww

全電源喪失を想定しなかったのは40年くらい前の原子力なんちゃら委員会の偉い学者達の責任である
Unknown (Unknown)
2017-02-17 22:23:54
>よくわからない。何故今なのか、それによって何が変わろうとしているのか、全然わからない。(山桜)

そうだね、わからないことだらけ。
下記リンクを読むと、さらにわからない!

■【スクープ!】北朝鮮「核開発」協力疑惑の研究者 京大[原子炉実験所]准教授は
「拉致実行犯」の娘と結婚していた
http://www.shinchosha.co.jp/news/article/379/
株式日記はブログランキング3位 (普通の日本人 嫌在●)
2017-02-17 22:31:58
では、2位のブログは何を書いているのかな? ・・・・おお、確かに面白い!

教育勅語を暗唱させる「安倍晋三記念幼稚園」が「よこしまな考えを持った在日韓国人や支那人」なるヘイト文書を保護者に配布。
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/171f996f8324f27bcc075aeb1f4bfb84


◆このブログ、左側にあるブックマークも、臭すぎ!
 今や反日勢力であることが露呈した日弁連臭プンプン

澤藤統一郎の憲法日記
尊敬する大先輩弁護士です。視点も香しい文章も勉強させていただいてます!

御苑のベンゴシ 
森川文人のブログ司法研修所の同期で親友の森川弁護士のブログです。私より思いきりが良い人権派。物事の本質が何か原理原則はなんだったか諭されて、我に帰る時があります。

津久井進の弁護士ノート
元同僚で、日本有数の「災害弁護士」津久井さんのブログです。八面六臂の活躍中の彼ですが、最近久しぶりに更新がありました。

原爆症認定訴訟 
近畿弁護団通信原爆症集団認定訴訟の先頭を切って勝利し続ける近畿弁護団のブログ。貴重な裁判報告で満載です。かつて私も所属していました。

のら猫 寛兵衛
国境なき通訳団創設者の中嶋寛さんの国際政治ブログ。そのウィットに富む変化球が凄い。

上脇博之 
ある憲法研究者の情報発信の場兵庫が誇る硬骨の憲法学者上脇先生が今日も不正を斬る!

Matimulog
北の天才民訴学者町村泰貴先生の人気ブログ。柔軟で広い視野!

人権は国境を越えて-弁護士伊藤和子のダイアリー
今、人権派弁護士と言えば伊藤さん!国際的視野で日本の問題も分析されています。
Unknown (Unknown)
2017-02-17 22:39:36
nonameは、「菅直人」の名を出さないなww
なにやら騒いでいる人がいますがw (noname)
2017-02-17 23:19:14
海水注入「もったいない」 東電本店が難色
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0904P_Q2A810C1CR8001/

東電の名前も出してないですよね。

事故が起こってしまってからでは原発はどうにもならないと思ってますので。起こったあとのことをとやかくいう気はないですよ。電源ケーブルのコネクタが合わなくて使えなかったという話を除けば、あの近辺で流れている情報もどれが本当かわからないですからね。東電が悪い説、官邸が悪い説など色々あって判断出来ません。故吉田所長も事故前の対策に反対した方の一人だったかと。

菅直人氏せいに出来るのに、なんで安倍氏は福島がアンダーコントロールなんて言ったんでしょうね?それに今日のトピックの通りならアンダーコントロールは大嘘ですよね。
日本大丈夫なの? (Unknown)
2017-02-18 01:50:13

今日の内容は、強烈ですね!
Unknown (原発事故は進行)
2017-02-18 06:39:29
専門家も廃炉に至る見通しを見いだせていない。
もうお手上げだ
いくら貧しくなっても、原発に頼ることはやめよう。
Unknown (Unknown)
2017-02-18 15:07:19
このサイトに書かれているように問題となる量の放射能が海に漏れ出しているのであれば、福島沖の水産物は相当に汚染されているはず。

しかし、福島産の水産物は現在はテスト的に漁獲し全数検査されているがセシウムに関してはNA。
海底に生息するカレイなどであってもである。
http://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/201585.pdf
このデータは嘘なのだろうか?

引用先のサイト、要するに体制側が真実を隠蔽していると不安を煽ることが目的であり、
根拠が非常に怪しい。
「3.11異聞」圧力容器の下40CMのコンクリ-ト (智美子)
2017-02-18 18:07:01
圧力容器から漏れ出した、核燃料=溶融金属が自己発熱していて1500℃以上なら一体何時間40CMのコンクリ-トが耐えられるのでしょうか? 耐火煉瓦ではありませんよ、パチパチ音を立てて湯はコンクリ-トを弾き飛ばし下へ下へ落ちて行きます。2000℃を超えているなら、陶器の釉薬のように穴をガラス状の物質が取り囲み下へ下へ進んでゆくことも考えられます、この考え方の方が自然でしょう、とすれば今核燃料は何処にあるのかな?核分裂が止まっても崩壊熱は湯を溶かし続けるのでは、誰もこの当たり前の事に言及しない。怖くって話せない悪魔のスト-リ-です。ホラ-か法螺ぐらいに読んで下さい、2011年4月時点でこの様な話は出ていなければならないのだが、怖すぎて出来なかった。
 それがマスコミや原子力関係者(菅直人氏含む)でしょう。
 解けた金属をコンクリ-トの床に落とした経験のある方なら、何方でも理解出来そうです。
 ある意味今日まで大爆発等が発生しなかったんだから、解けた核燃料の大半は地球内部の核燃料と比重が似通った部分に達しているのかも知れない、
 そうであってくれれば再爆発の心配はどうなんだろう。この辺りは、機械の技術者として「3.11異聞」として記録しておくべきなのだろう。
全文仮説でフィクションです。読者自身でお考え下さい。
Unknown (ぺぺ男)
2017-02-20 22:22:58
あなた、2007年7月19日に書いた自分の記事見てもそんな事言える?w
afrtye35@gmail.com (Suplemen Untuk Kesehatan Jantung)
2017-02-25 12:00:23
2017年4月時点でこの様な話は出ていなければならないのだが、怖すぎて出来なかった。 http://www.vigpower-capsule.web.id/suplemen-untuk-kesehatan-jantung-terbaik/
Unknown (笑氏)
2017-02-25 12:47:43
ナゼ今なのか?
もうすぐ、冬の北西風から春の南風に変わるからじゃ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。