株式日記と経済展望

株式をはじめ政治経済外交文化歴史などの論評です。

「裏切られた自由」フーバー元大統領(著)「正義の連合国」の見方を否定する本書

2017年07月17日 | 書評

「正義の連合国」対「邪悪な全体主義国」という従来の見方を真っ向
から否定する本書が、2011年に米国で刊行され議論を呼んでいます。


2017年7月17日 月曜日

裏切られた自由 上: フーバー大統領が語る第二次世界大戦の隠された歴史とその後遺症 ハーバート・フーバー

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成29年(2017)7月17日

 これは戦後出版界と歴史学界を画期する一大事件である
  フーバー大統領回想録『裏切られた自由』、ついに邦訳が刊行
***************************************

 待望のフーバー大統領回想録『裏切られた自由』(草思社)の邦訳板刊行が始まった。
 同時にこの本を詳細に解説する渡邊惣樹『誰が第二次世界大戦を起こしたのか』(同)も出版され、戦後の歴史解釈が根底的にひっくりかえる。

 ガリレオが、コペルニクスが、あるいはダーウィンがそうであったように、世の中の通説を転覆させ、真実をのべることは勇気を必要とする。
アメリカ人が単純に信じ込む「米国=正義」に対して、そのタブーに正面から挑戦したのが、フーバー大統領の回想録だからである。

 真珠湾攻撃は事前に暗合が解読されていて、むしろ日本をけしかけていたルーズベルト大統領の陰謀だったことは、いまや周知の事実である。しかし、日本の攻撃で一気にアメリカの厭戦ムードは吹き飛んだ。ルーズベルトの狙いは当たった。
 
アメリカは孤立主義から大きく逸脱し、まずはヨーロッパ戦線に大軍をさしむけ、ナチス・ドイツ、ムッソリーニのイタリアと戦闘。西側を勝利に導いた。いや、勝った筈だった。

ところが敵であるはずのロシアを支援し、あろうことか、戦後秩序はソ連のスターリンが最大の裨益者となった。死力を尽くしたポーランドが共産化され、チェコ、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリアばかりか、バルカン半島に到るまでソ連が手に入れた。
極東では南樺太、全千島を手に入れても足りず、アジアは中国共産党の手に落ち、朝鮮半島は南北に分断され、とどのつまりルーズベルトはソ連の領土拡大に協力したことになる。

 結果論の皮肉は、近年でもたとえば米軍がイラクに介入した結果、ISというテロリストを産み、イラクはイランの影響下に入り、アフガニスタンはタリバニスタンに変貌しつつあり、朝鮮半島では南が自ら赤化を望み、いそいそと中国圏に戻ろうとしている。

 フーバー大統領(任期1929?1933)はルーズベルト大統領に騙されていた。何かを仕掛けたなとは本能的に直感したが、当時、すべての密約は密封され、フーバーにさえ「ハルノート」という最後通牒を日本に突きつけていたことは知らされていなかった。
 フーバーは書類、議会議事録、外交文書そのほかを緻密に検証し、20年の歳月をかけて本書を書き残していた。

フーバーの言い分とは簡単に言えば「ルーズベルト外交は自由への裏切りであった」ということである。

 
 ▲マルタで東西冷戦は終わった

 東西冷戦は、ルーズベルトの失策がもたらした。そもそもルーズベルトの失敗は、ソ連を国家承認した(1933年11月)ときから始まった。大統領就任直後である。
それが世界に厄災を運び、ルーズベルト政権の周りはソ連のスパイと共産主義者に囲まれて国策を次々とあやまった。


大胆にソ連に挑戦したのは1981年のレーガンの登場だった。
スターウォーズ計画、ミサイル防衛網を前面に出して、ソ連と対峙姿勢をしめし、対抗策としてソ連は大軍拡にはしるのだが、経済力がついてこられず、あえなく頓挫。ペレストロイカ、グラスノスチを謳ったゴルバチョフが登場した。
1989年師走、ブッシュ大統領とゴルバショフはマルタの沖合のヨットで会談し、東西冷戦が終結した。

共産主義者は思想的敗北から逃れるために環境保護、人権運動、フェミニズム、少数性差別、反原発に流れ込み、日本でもその亜流がいまもメディアが牛耳っている。

さて、1938年3月8日に、フーバーはヒトラーと会見している。
「この会見でフーバーは、ヒトラーを狂信者であり、お飾りだけの愚か者だとする欧米の報道が間違っていることを確信した。ヒトラーは自身の言葉で国家社会主義思想に基づく経済再建を語った。情報の豊かさは彼の優れた記憶力を感じさせるものだった」(渡邊解説本、64p)。

その前年、1937年にルーズベルト政権はシカゴで演説した。有名な『隔離演説』である。しかも、この演説で、ルーズベルトは「国内の経済問題を話題にしなかった。具体的な名指しは避けたものの、日独伊三国によって世界の平和が乱されている、これを是正するためにはアメリカは積極的に国際政治に関与しなけれはならないと訴えた」(同72p)。

 一九三九年月一五日、ナチスはチェコに侵入した。
 「少なくとも軍事侵攻ではない。ハーハ(チェコ)大統領との合意によるものだった。さらに、フーバーが考える独ソ戦では、ドイツはソビエト侵攻のハイウエイとなるチェコスロバキアを通らざるを得ないことは自明である」(同88p)。

 次はポーランドだった。
 ここで英国のチャンバレンはポーランドの独立を保障する宣言を行った。英米は、ドイツはスターリンとの対決に向かうと考えていたから、ポーランド回廊を通過するのは自然であり、このポーランド独立を英国が保障するということは、フーバーからみれば愚かな選択であった。


▲ルーズベルトがスターリンに譲歩したのはアメリカを不幸にした

 ヒトラーは独ソ不可侵条約を結び、しかもソ連もポーランド侵攻に踏み切る。
「犬猿の仲であった独ソ両国の唯一の共通点。それが第一次大戦期に失った領土回復を希求する強い思いであった」(同99p)

舞台裏では何回も複雑に執拗に交渉が続いたが、ポーランドの誤断も手伝って、ついにナチスはポーランドへ侵攻する。
「この戦いがなければ日米戦争がおこるはずもなかった」が、ポーランドの稚拙な対独外交が原因で、戦線が広がり、日米開戦への道が準備される。

その後の戦争の展開は周知の事実とはいえ、問題は「カイロ宣言」、「テヘラン会談」から「ヤルタ」会談の密約、そしてポツダムへと米英ソの『密約』が次々と進み、アメリカ国民は何も知らされないままルーズベルトとスターリンの謀議は進展し、途中からチャーチルはのけ者にされ、やがて病魔に冒されたルーズベルトは正常な判断も出来なくなった。

トルーマンはルーズベルトから殆ど何も聞かされていなかった。原爆を保有したことさえ、トルーマンは知らなかったのだ。
こうしてフーバー回想録は、アメリカの歴史学主流に投げつけられた爆弾である。
かれらが『歴史修正主義』とレッテルを貼り付け非難してきたが、どちらが正しいかは明らかであり、ルーズベルトの評価が地獄に堕ちているのだが、これを認めようとしない一群の学者とメディアが、真実をいまも覆い隠しているのである。

渡邊氏は、解説書の最後を次のように結んでいる。
 「中国と韓国は、日本を『極悪国』として捉え、歴史認識では日本の主張を一切受け付けず、二十一世紀になっても非難を続けている。歴史の捏造が明らかな南京事件についても、いわゆる慰安婦問題についても、アメリカはプロパガンダであることを知っている。それにもかかわらず、アメリカが日本を擁護しようとしないのはなぜなのか。それは、ルーズベルトとチャーチルの戦争指導があまりに愚かであったからであり、その愚かさは、日本が(そしてナチス・ドイツが)問答無用に『悪の国』であったことにしないかぎり隠しようがないからである
 歴史修正主義は、戦後築きあげられた『偉大な政治家神話』に擁護されている二人の政治家(ルーズベルトとチャーチル)の外交に疑いの目を向ける。ナチス・ドイツや戦前の日本が、胸を張れるほど素晴らしい国であったと声高に主張しているのではない。極悪国とされている国を『歪んだプリズム』を通して見ることは止めるべきだと主張しているに過ぎない。それにもかかわらず、歴史修正主義は枢軸国を擁護する歴史観だとのレッテルが貼られている。それは、ルーズベルトとチャーチルが引き起こした戦後世界の混乱の真因から目を逸らさせたい歴史家や政治家がいるからである)(同220p)。

 歴史の偽造やフェイクをまだ信じているガクシャは、本書を読むと顔が引きつるだろうし、日本の論壇にまだ跋扈している左翼は卒倒するかも知れない。



アメリカでは本書は長いあいだ公にされませんでしたが、
2011年に米国で刊行され議論を呼んでいます。

 


(私のコメント)

「株式日記」では、チャーチル首相を大英帝国を滅ぼした首相と評価してきましたが、イギリスでは名宰相と評価しているのは不思議でならない。確かにナチスドイツには勝利しましたが、失ったものがあまりにも大きかった。しかしイギリス人はそれを未だに直視できない。

ルーズベルト大統領にしても、地政学的に味方である日本とドイツを敵に回して、敵であるロシアと中国と手を組んだ大馬鹿者だ。ルーズベルト大統領はソ連のスパイの取り囲まれて、それに操られてことがはっきりしてきましたが、やはりアメリカはその事実を直視できない。トランプ大統領のロシアゲート事件もスパイが入り込んでいる可能性がある。

ダントツの軍事大国と戦争するのは馬鹿であり、スパイ工作員を送り込んで大統領を取り込んだほうがよっぽど利口だ。しかし日本はそうせずに戦争を始めてしまった。ソ連にできたことが日本ができないはずがない。現在でも中国などは日本にスパイ工作員を送り込んで日本の首相を取り込もうとしている。

それにはマスコミ各社に工作員を送り込んで仲間を増やしていく。アメリカのマスコミも中国の工作員や買収工作で中国寄りの記事を書く事が多くなった。ロシアもソ連時代ほどではないが、プーチンになってからはソ連時代のような工作活動を再開したようだ。アメリカもCIAなどの工作機関があるが中国ロシアほどではない。

第31代アメリカ大統領ハーバート・フーバーが書いた「裏切られた自由」という本書は、アメリカでも都合が悪いので2011年まで刊行されることがなかった。アメリカは自由と民主主義の国であるにもかかわらず、自分に不都合なことは言論弾圧してこのようなことが行われる。

しかし日本に対しても、戦後においてGHQは7700冊もの本を焚書処分にして日本の歴史を書き換えてしまった。だから戦後の日本の歴史はアメリカによって歪められてきましたが、フーバー大統領によって書かれた「裏切られた自由」は戦後に書き換えられた日本の歴史も、元に戻すことが出来る可能性が出てきた。

アメリカでは、東京裁判史観に意義を唱えるとアメリカの学者や記者から歴史修正主義のレッテルを貼られてきましたが、歪めてしまったのはアメリカだ。そうしなければアメリカの正当性が失われてしまうからであり、プロパガンダ上非常にまずいことになってしまう。

日本にはスパイ防止法がなく、作ろうと思っても自民党の議員さんたちも反対する。谷垣自民党元総裁がスパイ防止法を潰した張本人ですが、だから日本は政界やマスコミなどにスパイ工作員がうじゃうじゃいて取り締まることができない。そのようになってしまったのも東京裁判史観において、「日本は戦争犯罪を犯した犯罪国家」というレッテルを貼られてしまったからだ。

しかし事実は、アメリカは非戦闘員を無差別爆撃と原爆で大量虐殺した国であり、戦争犯罪国家はナチスドイツとアメリカだ。現代は核戦争の時代であり、先進国間では全面戦争はできなくなり、スパイ工作活動がその主戦場になっている。にもかかわらず日本にはスパイを取り締まる法律が作れない。

しかしスパイによる工作活動は、うまくいけばこれほど痛快なことはないが、失敗すれば永遠に後ろ指を刺されて後ろめたい思いをすることになる。朝日新聞なども従軍慰安婦問題で長いこと頑張ってきましたが、自ら誤報を認めざるを得なくなり自分で自分の首を絞めることになった。

プロパガンダ戦争は相手の国民が愚かなら大きな成果が見込めるが、懸命な国民であった場合は逆にスパイ工作活動が見破られて信用を失ってしまうことになる。中国や北朝鮮に行けば美人スパイにハニトラされるといったことは有名になってしまって、石破氏なども北朝鮮に行ってハニトラされたらしい。橋本元総理の中国人女スパイのハニトラは有名だ。

アメリカによる日本に対するプロパガンダ工作も、フーバー元大統領などの著書が出るようになって、東京裁判史観も覆される時が来るかもしれない。以前なら明らかにされなかったような事も、ネット化社会においては何でもバラされてしまって、いわばスパイ工作活動の国民総力戦の時代になってきている。

韓国なども日本に対して露骨にスパイ工作を仕掛けて、日本の政治家などを買収していますが、竹島問題なども政治家に金がばらまかれて買収されてしまった。それで竹島に港や建物が建てられても日本は何もしなかった。北朝鮮による拉致問題でもやはり金がばらまかれて日本政府はなかなか動かなかった。

派閥の領袖たちは子分を養うために金を必要とした。その金を中国の工作機関からもらうこともあり、ODAの6兆円の金がキックバックされた。だから田中派は100名もの大派閥になったのだ。小泉総理の北朝鮮訪朝も1兆円の資金提供があったからであり、朝銀救済の1兆円の公的資金は北朝鮮にわたって金正日との会談ができて5人の拉致被害者を取り戻すことができた。つまり一人2000億円の金が使われたのだ。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (32)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マンションの管理業務は肉体... | トップ | ネット化社会になってメディ... »
最近の画像もっと見る

32 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大英帝国を滅ぼした首相チャーチル (kashin)
2017-07-17 11:41:47
チャーチル時代に、イギリスは領土を最大に失っているのだからね。日本の実力を甘く見過ぎたのが原因だった。
期待するだけ無駄なんじゃ無いかと (noname)
2017-07-17 12:50:25
今日のテーマについてアメリカが態度を変える可能性に期待するのは時間の無駄かと。そういうことをやれるのであれば過去において今では自国民であるネイティブインディアン、アフリカ系米国人に対して行った数々の極悪非道な行為を認めて謝罪すると思います。

それとトルーマンは原爆投下を行ったときの大統領です。
http://mainichi.jp/articles/20160512/ddm/001/070/137000c

インディアンの末裔は今普通のアメリカ人として暮らせていますか?黒人差別はいつになったら終わるのでしょう?

これが解決する前に対日姿勢を切り替える可能性は無いと思いますね。
Unknown (Unknown)
2017-07-17 13:05:15
>朝日新聞なども従軍慰安婦問題で長いこと頑張ってきましたが、自ら誤報を認めざるを得なくなり自分で自分の首を絞めることになった。

それは国内向けで、朝日新聞英語版では↓
■絶賛捏造継続中。朝日新聞英語版。
 https://www.youtube.com/watch?v=tYYAaaerTUg&feature=youtu.be
Unknown (Unknown)
2017-07-17 13:11:14
>歴史の偽造やフェイクをまだ信じているガクシャは、本書を読むと顔が引きつるだろうし、日本の論壇にまだ跋扈している左翼は卒倒するかも知れない。

宮崎正弘氏はそのように言っているが、ほとんど期待薄。
事実なんかどうでもいい連中なんだから。
今の世界は日本の出方で変わってしまったであろう (Unknown)
2017-07-17 15:04:56
日本とドイツが同盟を結び中国と泥沼の戦いを繰り広げたから、米国はソ連の調略に簡単に引っかかったのだ。

日本の戦略の欠点に気づくほどの優秀な人材が日本に一人もいなかった敗戦の真実は、日本が最大の被害国になったことで証明された。
アメリカはどうにでも変わるが最後は民主的だ。 (Unknown)
2017-07-17 15:07:43
ロシアや中国より、まともなアメリカを洗脳したほうが良い。
>アメリカによる日本に対するプロパガンダ工作 ... 東京裁判史観も覆される時が来るかもしれない。 (Unknown)
2017-07-17 16:26:35
アメリカで内戦でも始めたら可能性はありますが、現状では、

絶対にありえません!
絶対にありえません!
絶対にありえません!
Unknown (八坂)
2017-07-17 16:34:51
>プロパガンダ戦争は相手の国民が愚かなら大きな成果が見込めるが、懸命な国民であった場合は逆にスパイ工作活動が見破られて信用を失ってしまうことになる。

親米事大の売国ポチが愚かだから、アメリカは大きな成果が見込める。自衛隊を米軍の飼犬にできたし、年次改革要望書をホイホイ実現する親米政権が長続きするから笑いが止まらない。
スパイ防止法が出来て一番困るのは日本を自在に操るアメリカ様のスパイである。だから日本ではスパイ防止法が出来ない。
【台湾KSM放送】謝長廷駐日台湾代表 『蓮舫は正真正銘の台湾人。台湾籍離脱させない』 (sankei)
2017-07-17 16:47:41
中国GDP6.9%成長は“演出”…

日本女性、まさかの首位転落 平均寿命で香港に抜かれる 男性も3位から4位に順位下がる ← 何故、何故?

7 :名無しさん@1周年:2017/07/16(日) 18:33:21.61 ID:B/S6NBO10.net
現在の自民党の派閥

清和政策研究会  細田派 97  ←安倍支持
志公会        麻生派 60  ←安倍支持(石破キライ)
平成研究会     額賀派 55  ←石破支持?
宏池会        岸田派 46  ←安倍支持(禅譲待ち)
志帥会        二階派 43  ←安倍支持
水月会        石破派 19  ←石破支持(19人w)
近未来政治研究会 石原派 14  ←安倍支持?

結果 
安倍 260
石破 74

どう見ても石破総裁はムリですね
Unknown (マスゴミ)
2017-07-17 17:42:32
特に糞屁新聞に至っては読者層まで糞だからな
ニュースの中身もトンスル臭いし
読売新聞も糞だが
糞だらけだな
全く
Unknown (マスゴミ)
2017-07-17 17:47:12
マスゴミは馬鹿ばっかだから9500円もする本買わないよ
取材といってもバカッターみたりqインターネット見たり株式日記見たり精々週刊誌のつり革広告盗み見するくらいだろ
米中、転機の「100日」 トランプ氏「少し甘かった」 朝日新聞デジタル 7/17(月) (sankei)
2017-07-17 18:35:59
【野口裕之の軍事情勢】
中国の宇宙制覇に手を貸すドイツ 独の悪癖「チャイナ愛」で自衛隊保有の米…

自撮りで転倒し美術品壊す 米
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6247234

JR東海 リニア借入金は3兆円

アラスカの森に「砂漠」の段々畑 永久凍土解けて変化か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170717-00000009-asahi-int
Unknown (Unknown)
2017-07-17 18:42:46
TBS「広告主への問合せはやめてほしい!視聴者窓口に連絡を」株主総会で・サンモニでガス抜きかhttp://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6730.html
    ↑      ↑
TBSどもの、虚偽報道や偏向報道は、「言論の自由」の対象外だ。凶悪犯罪だ!

政治が虚偽報道や偏向報道を「強制介入」して改悛・改善させるべき!  
 ↑     ↑
国民はマスメディアを許さん。
http://blogs.yahoo.co.jp/sasaootako/62545903.html
          「 It's Media!」

NHKだけではなく民放テレビ局、新聞社全般に言える事ですが、局への抗議が上層部に上がることはほとんどありません。

問合せ窓口には「クレーマー対応マニュアル」が有り、意見や抗議は全て「クレーム」として一括処理されます。そのあと担当部署において選別されたクレームは、局に都合の良い意見だけが抽出されて、残りは一読されることもなく破棄されてしまいます。結論として言いたいのは、局への直接抗議ははっきり言って無駄です。民放ならば広告スポンサー、NHKなら総務省へ抗議の矛先を向けなければなりません。
     ↑
これからはテレビ局では無く「番組スポンサー」に抗議しよう。

「おたくの企業は日本国民を貶めているが、それで良いのか!!?」と。
Unknown (Unknown)
2017-07-17 18:49:16
>スパイ防止法が出来て一番困るのは日本を自在に操るアメリカ様のスパイである。(八坂)

アメリカの不満は、日本にスパイ防止法がないことである。
米軍の軍事情報がただ漏れになっている。

(八坂)は中共の工作員だから、それが望ましいわけだ。
歴史は自分で調べて見よう (智美子)
2017-07-17 19:07:19
私達がWW2戦後生まれが、エイブラハム リンカ-ンに抱くイメ-ジは、奴隷を開放した善人、

日本人にとって奴隷制度は無かったから、全くの無知の中にこの知識が偉人伝で詰め込まれる、

アメリカインデアンを虐殺した、虐殺魔リンカ-ン、この事実は何故か大多数の日本人だけでなくアメリカ人も知らない、ソルジャ-ブル-https://www.youtube.com/watch?v=ixdotWCG_A0
 ダコタ戦争(南ダコタでのス-族虐殺)38人のス-インデアンを公開処刑したhttps://www.youtube.com/watch?v=1pX6FBSUyQI
 「ロング・ウオ-ク・オブ・ナバホ」も検索して見て頂きたい。
 偉人伝の登場人物を悪く言うと、言うものが窘められる変な国が日本である、歴史的事実を直視し、評価し直すことが悪とすらされる、こんな思考回路が学校教育の中で組み込まれてしまっている、
 私も貴方も自分で検索して調べると、今までの思っていたことが覆る、それがが始まりです。
一人でも二人でも、東京大空襲の死者についても国籍を問わず理解してもらいましょう、中に事実を認められず発狂するがごとく、反応する方が居ますが、放っておきましょう、また誰かに出合って事実を知ります。大切な事は歴史は正しく検証する事、恨みは相続しない事、負の財産を相続すると、身を滅ぼします。キング牧師の自由の行進・ブラックパンサ-・私達の青春時代から50年黒人の大統領すら輩出する時代に成ったのですよ、中々人々の意識は変化しませんが。訴え続ければ後半世紀先にはもっと良い時代が来ます。事実を伝えその人の判断に任せる、押し付けはダメです。自分で考え理解したことは、押し付けられたことより人を動かします。
日本の新聞を一番真面目に読んでいるのはどこか,それはアメリカ大使館ですよ (旧コメ)
2017-07-17 20:21:49
朝日新聞だけでなく、毎日新聞も、多くが強烈な反日記者が潜んで日本の ...
blog.goo.ne.jp/2005tora/e/4ef528dce714889e8690d5d0a48e09f1
1. キャッシュ
2017/06/20 - 朝日新聞だけでなく、毎日新聞も、東京新聞も、各種地方新聞も、多くが強烈な反日記者が潜んで日本の国益を潰して回っている
2017年6月20日 火曜日◇
... 日本の新聞を一番真面目に読んでいるのはどこか,それはアメリカ大使館ですよ。
Washington Post 女記者を英語で下放を勧める (映画男達の大和)
2017-07-17 20:28:59
「The Washington Post Is An Amateur」
(ランダムヨウコWashington Post 紙女記者を再教育!) 2015-01-09
https://www.youtube.com/watch?v=y3Jj8_fvdeM
    ↓   ↓
大変なお怒りですね。穴という女が何をしたのかだいたい分かりましたが、そもそもアメリカ人に正義や騎士道精神を求めるのがムリな話です。こいつらは大陸に居た人々を大虐殺し、アフリカから黒人を奴隷として略奪し、日本に原子爆弾という人類史上最悪の実験を行っても恥じない国なのです。祖先はイギリスからの犯罪者,ゴロツキですからね。日本のように武士道精神を培った民族ではなく、中韓米などは強いものには尾を振り、スキあらば弱みに付け込む金巻き上げるチンピラ民族です。正義と言う言葉も知らないでしょう。

「男達の大和」は映画で見ましたが、
史実によれば沈没した大和や巡洋艦「やはぎ」、数隻の駆逐艦から脱出し漂流中の日本兵、ボート、筏の上の無抵抗兵士を、空母の艦載機が入れ替わり立ち替わり数時間に渡り機銃掃射をおこない殺戮し、周囲を血の海に変えたことは、映画化されていませんでした。米軍が犯した残虐行為の場面を映画にせず。
Unknown (TBS井上弘(生没不詳))
2017-07-17 20:38:24
Unknown (Unknown) 2017-04-30

新聞等マスメディアは、広告主に逆らいません。つまり、彼らに不利な情報は、出しません。

彼らに不利な、意見は書きません。
彼らに有利な情報が優先します。

自体実態は、庶民の洗脳装置です。

そう理解すれば、全体が見えてきます。銀行が3時で閉店するので、無理して、並んで、行きます。平日に会社を休むか休み時間に無理して行きます。
こんな理不尽な事、どのメディアも其の事に触れません。

彼らは弱い者の味方の振りはしていますが実態は、強い者の見方、お金の奴隷です。

>国民が馬鹿にしてる?賤業ランキング:一位「新聞記者」  
  
職業ランキング:一位は「新聞記者」
ttp://natto.2ch.net/mass/kako/997/997370323.html

◆アメリカの職業ワースト
 1位 新聞記者
 2位 中古自動車のセールスマン
 3位 弁護士

◆日本の職業ワースト (もちろん戦前?)
 1位 新聞記者
 2位 証券マン
 3位 地方公務員 → 「デキの悪い小卒」以外になり手なかったw

TBS社長 井上弘「犯行録」

「日本人はバカばかりだから、我々テレビ人が指導監督してやっとるんです」(2003年)
「テレビは洗脳装置。嘘でも放送しちゃえばそれが真実」(1998年TBS副社長時代)
「NHK受信料を値上げして、その一部を民放にも分配するべき」(2005年)
「社会を支配しているのはテレビ。これからは私が日本を支配するわけです」(2002年社長就任時)
入社式新人に発言「君たちは選ばれた人間だ。 君たちは報道によって世の中を動かす側の人間。 対して一般国民は我々の情報によって動かされる人間だ。 日本は選ばれた人間である我々によって白にも黒にもなる」
http://blog.livedoor.jp/plus10a/archives/1160149.html
Unknown (Unknown)
2017-07-17 22:02:43
4年生の「問題」男子児童に「窓から飛び降りろ」...教師が謝罪 ← 無能有害教員!!
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6247265
コメ 5,000
何主義であろうと、実質的に采配権を握っている連中がアホだと、社会は低次元化・退化する… (ponpon)
2017-07-17 22:20:59
ぶっちゃけ、「○○主義は良くて、○○主義は悪い」という話は意味が無い…。

> ルーズベルトはソ連の領土拡大に協力

もし、↓の陰謀論ネタが本当なら、ルーズベルトはイルミナティ・フリーメーソンだったか、そのパシリだったことになりますけどねぇ…。

http://golden-tamatama.com/blog-entry-2031.html
『弁護士、詩人、多作な作家として活躍していた南部連邦の将軍、アルバート・パイクは、1857年に秘密結社イルミナティの最高幹部(最高位33階級)にまで登り詰め、「黒い教皇」と呼ばれるようになった。(彼は「KKK」の創始者でもある)』
『彼が1871年に、イタリア建国の父であるジュゼッペ・マッチーニに送っ た書簡(手紙)には、予言ともいえる恐るべき「未来計画」が書かれていた』
『それによると、まず、「世界を統一するために今後3回の世界大戦が必要だ」と書いてあり、「1回目はロシアを倒すために、2回目はドイツを倒すために。3回目はシオニストとイスラム教徒がお互いに滅し合い、いずれ世界の国々もこの戦争に巻き込まれ、それが最終戦争に結びつくだろう」と書かれていた』
『アルバート・パイクの“予言” (未来計画)』
『この手紙の内容をもっと詳細に紹介すると、次のような恐るべき“未来計画”が書かれていたのである』
『第一次世界大戦は、ツァーリズムのロシアを破壊し、広大な地をイルミナティのエージェントの直接の管理下に置くために仕組まれることになる』
『そして、ロシアはイルミナティの目的を世界に促進させるための“お化け役”として利用されるだろう』
『第二次世界大戦は、『ドイツの国家主義者』と『政治的シオニスト』(パレスチナ地方にユダヤ人国家を建設しようとする人々)の間の圧倒的な意見の相違の操作の上に実現されることになる』
『その結果、ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナに『イスラエル国家』の建設がなされるべきである』
『第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである』
『世界的な紛争の拡大が計画されている』
『キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる』
『予言は当たるものではなく、当てるものだ!』
『この手紙が書かれたのは1871年8月15日。この時、まだ第一次世界大戦(1914年勃発)も、第二次世界大戦(1939年勃発)も起こっていなかった』
『この手紙の中に書かれている「ドイツの国家主義者」を「ナチス」に、「政治的シオニスト」を「ユダヤ人」に置き換えると、第二次世界大戦の構図をはっきりと捉えていることが分かる』
『一番不気味なのは、中東での戦争を引き金にして「第三次世界大戦」の勃発を予想している点であろう』

> 真因から目を逸らさせたい歴史家や政治家がいる
> 事実を直視できない
> 自由と民主主義の国であるにもかかわらず、自分に不都合なことは言論弾圧
> 正当性が失われてしまうから

自分の立場を有利にするために、重要な事実が広まらないようにしたり、自分にとって都合の悪い人物を左遷するようなケースは、皆さんの身の回りにも大なり小なりあるでしょうし…。小さな子供でも、親に怒られないように嘘をついたりしますからねぇ…。
結局、官邸政治の都合じゃね? (Unknown)
2017-07-17 23:04:28
安倍総理の私利私欲の家計学園との安倍夫妻ともどもの汚職まみれの果てが国内政治を腐らせて・・・挙句の果ては裏アメリカ筋に都合よく踊らされて、もう用済みで自爆リセット直前じゃん?

いつもの政治ショーの典型的パターンじゃん?

第1次安倍内閣の時も突然の腹痛辞任は前代未聞だったけど・・・今回も韓国の朴クネと同様なお友達との実質汚職まみれの弾劾辞職みたいになるんじゃないの?

考えても見なよ!家計学園の短期就著応的な各種大学、家計グループの下は保育園なのかインターナショナルスクールかしらんが・・・安倍総理も安倍明恵も過去に関係者として給与を得ていたし、安倍明恵だって今も名誉園長などしてるようでは、何も関係してませんとか・・・忖度、便宜などしてませんっていくら喚こうが終わってるんだよ!

家計学園の会計処理関係と安倍明恵の脳天気な名前貸し(対価は当然得ているのは、官僚や裏アメリカ筋には全部証拠握られとると思うよ。

マスコミの問題もないでもないが・・・今後の安倍内閣の終了は安倍の自業自得にすぎないよ。

ま、反対コメントを募るためかどうかは知らないけど・・・TORAさんのおおぼけのコメントテーマ上げは見ていて目を覆いたくなるのは私だけの気のせいだろうか?

八坂はんの奴隷ポチ論がこの頃説得力を意外と増してきたような気がしてきて・・・世の中の出来事は皮肉なものだなぁとかせせら笑いもでないくらいですね

ま、正解再編は時間の問題だからさ、子の顛末を今後政治の教訓にしてみましょうね?
大ぼけパフォーマンスもほどほどにしたらいいのに? (Unknown)
2017-07-17 23:31:47
家計学園グループの不正会計処理や学校設立拡大連続の真実が暴露されたら・・・TORAさんのおおぼけも笑いものにされかねないからさ!

「愛国」謳ってビジネス大繁盛
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=126140
>森友問題発覚後、「第2の森友問題」としてにわかに話題になっていたのが、加計学園グループ(岡山市)が愛媛県今治市に新設予定の岡山理科大学獣医学部をめぐる問題だ。

今月3日、同学部の建設用地として、今治市が36億7800万円相当の公有地(16・8㌶)を無償で譲渡し、校舎建設費用96億円の助成(8年間)を決めて物議を醸した。

森友学園の「土地代の8億円値引き」と比べてもケタ違いの厚遇だが、その背後には安倍首相とかかわりの深い人脈があった。

 加計学園グループ(加計孝太郎理事長)は、「加計学園」「順正学園」「英数学館」「吉備高原学園」「ゆうき学園」「広島加計学園」の6つの学校法人と社会福祉法人「順正福祉会」を運営する大規模グループで、

岡山県を中心に6つの大学、6つの専門学校、小中高、幼稚園・保育園、特別養護老人ホームや美術館を手広く運営している。

 加計理事長は、安倍首相が大学卒業後、米カリフォルニア州立大ロングビーチ校への語学留学中に知り合った40年来の知己の間柄で、この3年間だけでも14回もゴルフや食事を共にする仲だ。

加計氏は、日本会議メンバーで構成し、戦争肯定の教育を提唱する「新しい教科書をつくる会」の派生団体「教科書改善の会」の賛同者でもある。

同学園が運営する「御影インターナショナルこども園」(神戸市東灘区)では、やはり昭恵夫人が名誉園長に就き、

「日本の英語教育」について講演。

同じく講演に招かれた同学園傘下の英数学館では、下村博文元文科大臣(日本会議国会議員懇話会副会長)の夫人と学園の「功労者」として紹介され、「昭恵夫人には米国バージニア州グレートフォールズ小学校との姉妹校締結の橋渡しをしていただいた」と称賛を受けている。・・・」(以下本サイト参照の事)

<こんな話、随分昔から折に触れしておいたのに、TORAさんの安倍(明恵夫人ともに)⇔家計学園とのなんの法的問題なしのおおぼけパフォーマンスには突っ込む気力もなくすけど・・・ま、この顛末を見ててご覧よ・・・政界再編に絶対なっていくしかないからさ

今後はロス茶筋とアラブ筋の勢力が強くなっていくからね!安倍とかトランプ政治は長くは続かないよ
近衛上奏文 (Unknown)
2017-07-18 03:01:24
http://www.geocities.jp/yu77799/siryoushuu/konoe/jousoubun.html

________________________
(前略)
抑々満洲事変、支那事変を起し、これを拡大して遂に大東亜戦争にまで導き来れるは、これら軍部内の意識的計画なりしこと、今や明瞭なりと存侯。 満洲事変当時、彼等が事変の目的は国内革新にありと公言せるは、有名なる事実に御座侯。支那事変当時も、「事変永引くがよろしく、事変解決せば国内革新はできなくなる」と公言せしは、此の一味の中心的人物に御座侯。

 これら軍部内一部の者の革新論の狙いは、必ずしも、共産革命に非ずとするも、これを取巻く一部官僚及び民間有志(之を右翼というも可、左翼というも可なり、所謂右翼は国体の衣を着けたる共産主義者なり)は、 意識的に共産革命にまで引ずらんとする意図を包蔵しおり、無智単純なる軍人、これに躍らされたりと見て大過なしと存侯。

 この事は過去五十年間、軍部、官僚、右翼、左翼の多方面に亘り交友を有せし不肖が、最近静かに反省して到違したる結論にして、此の結論の鏡にかけて、過去十年間の動きを照らし見る時、そこに思い当る節々頗る多きを、感ずる次第に御座侯。

 不肖は、この間に二度まで組閣の大命を拝したるが、国内の相剋摩擦を避けんがため、できるだけこれら革新論者の主張を容れて、挙国一体の実を挙げんと焦慮せる結果、彼等の主張の背後に潜める意図を十分看取する能わざりしは、全く不明の致す所にして、 何とも申訳無之、深く責任を感ずる次第に御座侯。
(後略)
_______________________

支那事変勃発の初期に近衛内閣は船津和平工作やトラウトマン和平工作など蒋介石と和平を結ぶための努力を行っていた。

その和平に反対したのは近衛の政策集団である「昭和研究会」に潜入していたコミンテルンのスパイであった尾崎秀実である。

また尾崎は昭和16年になると日本軍の対ソ戦を阻止すべく南進策を近衛に進言していることがゾルゲの獄中手記に書いてある。

「近衛上奏文」は日本の国策もまたコミンテルンによって操られていた事を暗に証言したものとなっている。

戦争継続を欲していたのは共産主義者であり、それは「革命は戦争の中から生まれる」というロシア革命の再現を狙った戦略であった。
意味不明で、中身のない話はうんざり (Unknown)
2017-07-18 05:14:26
>ぶっちゃけ、「○○主義は良くて、○○主義は悪い」という話は意味が無い…。

偉そうなこと言うなポンポン

>自分の立場を有利にするために、重要な事実が広まらないようにしたり、自分にとって都合の悪い人物を左遷するようなケースは、皆さんの身の回りにも大なり小なりあるでしょうし…。小さな子供でも、親に怒られないように嘘をついたりしますからねぇ…。

おまえのことだろう。
ponponは完全なロシアの工作員と断言できるであろう (Unknown)
2017-07-18 05:43:04
>陰謀論ネタが本当なら、ルーズベルトはイルミナティ・フリーメーソンだったか、そのパシリだったことになりますけどねぇ…。

ぶっちゃけ、「○○主義は良くて、○○主義は悪い」という話は意味が無い…。


そんな意味のない想像より、ソ連の米国調略は歴史上の事実だ。ドイツの病的国粋主義と病的共産主義を信奉したソ連の国家存亡をかけた米国の調略そのものが第二次世界大戦だったのだ。


Unknown (sankei)
2017-07-18 07:47:23
岸田文雄外相が10億ドル支援表明

岸田文雄外相が10億ドル支援表明

在日米軍司令部のツイッターに感謝の書き込み多数 富士山での女性救助

サイクリング中、クマに襲われる・・秋田市上北手小山田

キム小室圭(出自不詳)、秋篠宮邸へ・・上着も着ずに銭湯にでも行くの?
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/3aa1b0384e2ba2b9d6cac4abb82aa0c3
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170717-00000048-nnn-soci
Unknown (転載)
2017-07-18 07:58:05
日本のマスコミ、英語が出来なかったww トランプ大統領、仏大統領夫人に「とてもいい体だ」→日本のマスコミ「セクハラ発言だ!」→誤訳だったww~ネットの反応「ただしハングルは得意」「またフェイクニュースか」
http://anonymous-post.com/archives/9708

語訳で誤解を広げるのもパヨクの得意技!マスゴミはスパイ組織だ!
2017/07/17(月) 20:53:38 ななし

CMチェックします

CMは会社やタレントを細かく分析や確認をしている。この企業は韓国企業よね~とか 在日朝鮮人、創価タレントばっかりやな~とか 特に深夜番組はパチンコCMばかりで韓国押し押しワード、商品、タレントがバンバン出没する。ここは日本なのに侵略され感が半端ない。「竹島は日本!  日本海は正式名称!」ロー○製薬へ竹島名称の確認をした日本人が実刑にされた事件は一生忘れない。
2017/07/17(月) 21:21:50 うみ

> うみサン

ロート製薬に抗議した人達が法的に問題になった理由は、会社に出向いて怒鳴りつけるなどの行為(強要罪)をしたからです。電話で意見する事やネットで番組内容とスポンサーを批判する事は「言論の自由」です。気をつけたいのは「強要」「脅迫」しない事です。
2017/07/17(月) 21:39:06 反日マスコミ問題

日本人も戦わないと・・・

余りに日々殺人が多すぎる。レイプも多いのにうやむやにされ医師の輪姦なんて言うのももう報道されない。帰化人とか日本人成りすましが多いと思う。
川崎デモでも何もしない日本人をテロリストみたいな朝鮮人が囲んで歩かせなかった。強気で頑として川崎は自分たちの物と言うためにはそれこそ命を懸けて戦っている侵略者たち。マスコミも議会も一般市民も上から下まで朝鮮人は毎日男も女も戦い続けている。日本人はいい人に成ろう、おもてなしと教育されている。毎日TVに乗せられて遊びほうけている。
2017/07/17(月) 21:52:37 憂子

本当にこれ ただの闇から闇(もみ消すだけ)で改善一切無しむしろ悪化…「広告主(スポンサー)への問い合わせ推奨」ですわ

>TBSの役員は株主総会で株主に対して
>「広告主(スポンサー)への問い合わせはやめてほしい!視聴者窓口まで連絡してくれ」という旨の発言をしたが、
>私もTBSの視聴者窓口には「サンデーモーニング」や「みのもんた 朝ズバッ!」や「ひるおび」などについて
>何度電凸しても全く改善していない。(関連記事1、関連記事2、関連記事3)

>だから、最近は、株主を含む視聴者たちは、
>TBSの視聴者窓口ではなく、広告主(スポンサー)への問い合わせをするようになっているのだ。

何度も根気よく電凸してましたもんね。
向こうは、そこで聞き捨ててほくそ笑んでいたようだが。だから、広告主(スポンサー)に伝えるしかない。今では常識w
2017/07/17(月) 21:57:25 TBSのヘイト
Unknown (Unknown)
2017-07-18 08:06:28
【緊急】中国海警局の船2隻が青森沖領海侵入 周辺海域で中国公船の侵入は初
http://www.honmotakeshi.com/archives/51711902.html

やりたい放題だろコレいいのか何を考えてるデンデンチョンゾー、イナダ?
Unknown (浦島花子)
2017-07-18 08:09:49
>アメリカが態度を変える可能性に期待するのは時間の無駄かと。そういうことをやれるのであれば過去において今では自国民であるネイティブインディアン、アフリカ系米国人に対して行った数々の極悪非道な行為を認めて謝罪すると思います。(NONAMEさん)

>歴史は自分で調べて見よう。大切な事は歴史は正しく検証する事、恨みは相続しない事、負の財産を相続すると、身を滅ぼします。 (智美子さん)

そうですね。全ての人が同じ歴史認識を持つことは不可能だし時間の無駄ですね。米国について言えば、悪いと思ったから、マイノリティーへの優遇措置はしてきています。先住民も黒人も一枚岩ではないし謝罪賠償とかは難しいでしょう。近年、州によって大航海時代の偉業を称える「コロンバスの日」の祝日を「先住民の日」と呼称を変え、今年はアラスカ州が変更しました。極悪非道な行為があったことは多くが認識しているし、少しの内政不干渉の時期があっても、反省する間もなく戦争に戦争の国ですから。

>東京裁判史観も覆される時が来るかもしれない。(TORAさん)
>トピックの宮崎正弘氏の「正義の連合国」対「邪悪な全体主義国」という従来の見方を真っ向から否定する本書が、2011年に米国で刊行され議論を呼んでいます。(宮崎正弘氏)

人類史は紀元前から始祖アブラハムの三大宗教が戦争を繰り返し、先に頂点に立った者がルールを決めているのが今で、キリスト教文明というわけです。最後まで影響を受けなかったのは、日本と韓国だけと言われます。日本は「文明開化」で受けたんでしょうね。戦争もグローバリストの利権、戦利に敗戦利権、ばらまき外交、謝罪外交、ODAも利権なのでしょう。

米国ではヒストリーチャンネルで「歴史修正」側のドキュメンタリーも放映していますし、勝てば官軍、人類史上、敗戦国なんて数えきれないでしょう。日独伊が勝っていれば「正義の連合国」になっていたし、米国人だって、自分達が敗戦国だったら戦争犯罪を裁かれていたと思っていますよ。正義なんてない、それが戦争でしょう?歴史を正しく検証する自由はありますが、それを70数年後に「東京裁判を覆す」なんて世界に宣言したら「キチガイ」だと思われます。智美子さんの「恨みは相続しない事、負の財産を相続すると、身を滅ぼします」ですね。

ポチでもわかる安全保障講座 (八坂)
2017-07-18 08:24:05
いや、そもそもアメリカは日本に機密情報を漏らさないので、日本にスパイ防止法を要求する動機がない。日本に機密を漏らせばスパイ防止法でFBIに逮捕されるから漏らせない。何処の国でもそれが常識だが、オメデタイ事大ポチに常識がわからない。自衛隊も米軍の機密にはアクセス不可なブラックボックスであり、米軍から貰った兵器はバックドアから自由に米軍に乗っ取られる仕組みだ。このように奴隷ポチは無知が多い。信仰的なアメリカ崇拝が現実を見えなくしている。
Unknown (ケント・ギルバート)
2017-07-18 13:07:06
東京新聞社会部の記者が繰り出す野党議員のような質問で 官房長官の記者会見が荒れている!  産経新聞 7/18(火)

ケント・ギルバート 「加計問題=フェイクニュースと誰でも理解できる」 「米国はトランプが先頭に立ち、CNN他反米マスゴミと全面戦争状態!!!」

日米の「問題」はすべて同根、つながってる!

シナで次々と拘束される日本人自称の会社員ども
Unknown (3次中曽根内閣で、佐々淳行初代内閣安全保障室長 )
2017-07-18 13:16:37
>私は警察庁や防衛庁に勤めていた時代に、外国の情報機関から満足に情報が入らず、相手に「何故くれない」と聞くと、「日本に話せば2~3日後に新聞に出てしまう」と言われたことがしばしばあった。役人や政治家がマスコミにしゃべってしまう。佐々淳行初代内閣安全保障室長
   ↓          ↓
「米国に話せば2~3日後に特亜3族に筒抜けにされ、日本の作戦が全部裏目に出てしまう」
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/3fdbc5999caf3b7179a0ced29d3173a6

「貴方はグッド・プライムミニスター(首相)だ。でも、悪いけど、日本人の魂は抜かしてもらうよ。グッドバイ」
(マッカーサー日本を去るとき、当時の吉田茂に捨て台詞)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
国民のための大東亜戦争正統抄史60~66東條内閣の和平努力 (東亜連盟戦史研究所)
【東條内閣の和平努力】 60、組閣の大命、東條英機に下る  近衛は辞表を捧呈した後、木戸内大臣と後継首班について相談し、  「政治的にみれば、海相よりは陸相の方が適......
斎藤一人 劣等感の正体。恐れは妄想、騙されてはいけない。  (国民国家の黄昏にて)
<!-- 斎藤一人 劣等感の正体。恐れは妄想、騙されてはいけない。 -->
国民国家の黄昏にて - 表紙 (国民国家の黄昏にて)
このブログで掲載している論文「国民国家の黄昏」の表紙のページです。